いやぁ、よく使ったなぁ…、と思う
『フェンディ』の"ピーカブー"。
購入したのは2014年3月。
当初はお出かけ用のつもりでしたが
サイズや佇まいがベストマッチで
いつの間にか通勤カバンに定着。
途中、ゴヤールやコーチに浮気しつつ
そして育休の中休みもありましたけど
それでも足かけ8年間。
雨の日も風の日も、よく頑張りました。

しかしながらそこはさすがにトップメゾン。
くたっとしてきたとはいえ
まだまだ現役で使えるコンディション。
ですが今の私には少し小さいのです。

まもなく2歳になるベビーを
保育園に預けて時短勤務中の私は
とにかく通勤時の荷物が多い。

スマホ、長財布、電車の定期券、ハンカチ、
車&家のキー、化粧ポーチ、予備マスク。
カバンの中身の通常バージョンはこれくらい。
自分のものだけだったら余裕なんですけど
現在は仕事帰りに保育園にお迎えに行き
直接小児科や皮膚科、実家に寄ったりするので
消毒用ジェル、母子手帳&お薬手帳、
せんべいケース(イザ用最小限のおやつ)
ウェットシート、保湿剤、ペット麦茶、
が追加されてます。

当然のことながら
これだけのものをすべて収容すると
"ピーカブー"はほんっとパンパンに。
美しい容姿を保つ余裕なんてなく
かわいそうなくらい酷使されてる感満載。

しかーし!
そんな頑張りを突破してくるのが
ちょくちょく登場するA4書類たち。
ベビーの予防接種だとか
市の定期健診だとかの予定があると
朝イチの時間帯を予約して
通勤カバンに問診票等を放り込み
受診してから保育園に送り届け
会社には遅刻出勤することになりますし
保育園に提出する書類がある場合は
朝から書類を持って出勤し
園でのお迎え時に先生にお渡しします。
A4クリアファイルは
パンパンの荷物に押し退けられながらも
なんとか滑り込ませることが可能ですが
角2封筒となるともう絶対にムリ。

だからもう少し大きなカバンを…。
と思っていた矢先
雑誌の通勤バッグ特集で
ひじょーに気になるものを発見✨

22-09-22-16-02-26-635_deco

この四角四面のカクカクした感じ、大好き♥️

『ボッテガヴェネタ』の
"アルコトート"の新作だそうで。

もともと"アルコトート"はデビュー時から
ちょっと気になる存在ではありましたが
やっぱり『ボッテガ』といえば
細かいイントレチャートの
"カヴァ"が王道という印象があり
こちらは邪道かな~と思ってました。

もちろん"カヴァ"もステキで
日本上陸時は相当憧れまくりました。
しかしあまりのハイプライスにおののき
当時の私にはまったく手が出ず…。
その後年齢と収入が増加するに伴い
何度も購入を検討したものの
どうもあのくたっとしたソフトな感じが
自分の好みやイメージと合わなくて
購入するまでには至らず…。

そんなところへ『ボッテガ』から
超好みのタイプの
カッチリカクカクバッグが登場したワケです。
しばらく様子見でしたけど
次から次へとシリーズが増えていく…。
シーズンごとに(または地域限定で)
しっかり新色が出てくる…。
これからはこのシリーズが
『ボッテガ』の王道になるのでは…!?
なんて思ってるときに出た、秋の新作。

紹介記事を読んでみると
こちらはキャンバス地でできていて
レザーのものより軽いらしい。
(そしてレザーよりプライスも少々軽め。)
フムフム。
めっちゃいいじゃない。
秋冬に向けてキャンバス地って
ひっかからないことはないけれど
とにかく今は容量の大きなカバンが必要。
そこに好みのタイプが現れたのですから
もうコレは買いでしょう♪

そう思い、タカシマヤのショップに
早速買いに出かけました。

が。
実物を見てみると…う~ん(ーωー)
キャンバス地とはいうけれど
A/Wに出でてくるくらいだから
コーティングされてたりするのかな~と
勝手に都合よく想像していたのですが
マジで生粋のキャンバス地でした。
朝夕涼しくなってきた今日この頃。
心がときめきません…!
「なんでこのシーズンにこの素材…?」
と尋ねると
「デザイナーが変わりまして
 まずは出したいものを出す、
 といったところでしょうか…。」
というお返事。
納得しました。

そしてやっぱり。
「ボッテガといえばレザーですよね~。」
「えぇ、まぁ、やっぱりそうですね~。」
「ボッテガのファーストバッグが
 レザーじゃなくてキャンバスって
 なんか気が進まないんですよね…。」
「確かにこちらのバッグは
 他の方と被らないって点では
 オリジナリティがあっていいと思いますが
 やはりベースにレザーを持っていて
 そこにセカンドとしてっていう持ち方が
 いいのかもしれませんね…。」
とスタッフの方と話し合い
キャンバスはやめてレザーで検討することに。

明るいカラーのものが良いとリクエストして
白やクリームイエローなど
数点出してもらいましたが
サイズがミディアムだと
なんだかノッペリした感じがして
どうもピンと来ません。
スモールサイズも提案してくれましたが
A4がギリギリってところがNG。
「キャンバス地のものは
 黒のトリミングがあるところが
 メリハリがあって好きだったのかも…。」
と呟くと
「こちらはどうですか?」
と言って出してきてくださったのが
外側と内側のカラーリングが異なるタイプの
ビアンコ/ネロ(つまり白黒)。

全体的にパキッとした白なんですけど
レザーの側面からチラッと黒がのぞくので
ノッペリ感がかなり軽減されてます。
…めっちゃイイ✨
新作入荷のタイミングのため
すべてのカラーが1点ずつ揃っているという
奇跡的な状況で
他の組み合わせも見せていただきましたが
やっぱり圧倒的に白黒が好き。

しかしワントーンのものと比べて
ツートーンのものはプライスも少々上乗せ。
キャンバス地のものを買うつもりで
275,000yenの出費の予定をしてたのが
ドーンと352,000yenまであがります。
なんだろ。
30万超えると心のハードルがあがります。

でも。
今回ばかりはいつもと状況が違います。
欲しいか欲しくないかじゃなくて
要るか要らないか。
要る。
今すぐ必要。
買わなきゃ。
だったら、気に入ったほうにしよう。
どっちにしても小さな金額ではないんだから。

22-09-25-15-07-11-558_deco

ということで、こちらを連れて帰りました♥️

キャンバスのアルコを検討してるときに
「レザーはステキだけど重いのがネック。
 その点キャンバスは軽くて使いやすい。」
って声を見かけたのですが
私には全然重くありません。
手持ちの名だたる名品バッグの重いこと重いこと。
それらに比べたら逆に軽いくらいでカワイイです。

造りは"カヴァ"と同じく超シンプル。

22-09-22-16-04-17-325_deco

ザ・お仕事バッグっていうサイズ感で
今現在は用途にないけれど
将来的にはタブレットやノートPCをいれて
ラクラク持ち運べるな、と思います。

余談ですが
タカシマヤの『ボッテガ』には
ベビー連れで伺いました。
対応してくださったのは
若い男性スタッフなんですけど
年齢を聞かれたのでまもなく2歳と答えると
「大変なときですよね。
 そんななか店頭まで足を運んでいただき
 ありがとうございます。」
なんて労ってくださり
寝起きでグズってるベビーを
「なんか面白いものないかな…。」
とジャケットの内ポケットをゴソゴソして
メジャーや電卓であやしてくれたりと
ものすごく優しく対応していただきました。
若い男性なのに珍しく
積極的にベビーに接してくださるなと思ったら
「こちらに就職する前は
 保育士を目指して勉強してたんです。」
とのこと。
ベビーが抱っこから降りずグズグズで
けっこう大変だったはずなのに
この男性スタッフのおかげで
とっても気持ちの良いお買い物になりました。

そんな購入経緯もひっくるめて
なにはともあれ現在の私の
"クオリティ・オブ・育児ライフ"を
充実させてくれるはずの新しい相棒!
よろしくお願いします、アルコ!