いやぁ…みたよ!>ペ・ドゥナ主演映画!
金沢で上映してたので、高岡まで出たついでに行ってきました!

 学校の学園祭のお話で、脇役がこんなに強力なのはすごいなぁ〜って!音楽レベル的にも若手のすごい人たちだそうだけど。(最近は音楽シーンからはとーんと遠のいていたのでぜんぜん知らないんだけど。苦笑)
まぁ、なんやかんやで、なんとかLIVEが終わるっていうお話。(笑)
 帰りの電車でパンフを全部読んでみたんだけど…キャスティングが決まるまでとか、いろいろ試行錯誤があったようで。主演ペ・ドゥナってのも監督の半分独断と偏見状態で決まったものらしいし。(笑)彼女の存在、動作ひとつひとつのアドリブっていうか、それが追加追加でソンさんっていう現実味の無い韓国留学生のキャラクターが出来上がっていったらしいから、ドゥナちゃんがいい刺激になって、いい映画になったってのがわかって、ふぁんとして、本当にうれしかったー!来日試写に行けなかったのが悔やまれるわ。3列目だったのに…(涙)

 よくメインどころ4人のキャラクターの中で、取り上げられてるのは立花恵役の彼女(女系家族に出てる人)だったりするみたいだけど、確かに彼女だけ生活感の無い役だったので、「???」だったりしたけど、私がすごいなぁっていうか、いいなぁって思ったのは響子ちゃん役の前田亜季ちゃん。
 この子ってって確か前田3兄弟じゃなかったっけ?私が好きな愛ちゃんの妹さんだそうで。昔関係した仕事で前田3兄弟(一番下は弟だった気がする)で。その仕事の直後に愛ちゃんがテレビに出ててたのをみてたんだけど…今回の亜季ちゃんのかわいいさ(爆)がいい。本当に普通の子の役で。何気にドラマ引っ張ってるじゃない?って。地味な役なんだけど、人間が空気と水がないと生きていけないのと同じような感じでポイントが高いキャラでした。もちろん4人がいて…ってことだと思うけど。

 最後のブルーハーツは「やっぱりかー」ってちょっとガックシきたな。(笑)ま、本家だからしょうがないなぁって思うけど。