2005年11月21日

続・平熱の話&インド記

平熱のコトご心配おかけしてます(>_<)

ちょっと自分でも気にかけてて、ちょこちょこ体温を計ってるんです。

なんかね、1日の中で差が激しいんですよ。36度くらいの時もあれば、34度くらいの時もあって・・・。(最近、もう34度切りそうで怖いです)

でも、36度だとちょっとダルイというか、上がるんじゃないかと心配になります。

養護の先生から又聞きで、聞いた話ですけど、規則正しくない生活をしてると、平熱が低くなるらしーです。

だから最近の子どもは平熱が低いとか。

あたしなんか遅寝遅起で、その典型って感じです・・・(−_−;)

平熱が低いと内臓脂肪が溜まり易い、便秘になりやすい、風邪ひきやすい・・・なども聞いたことあります。

あたし便秘だし・・・。最近妙に体調悪いし・・・。ダメですねー。なんとかしないと!

さて、ココから先はインド記の話しますね☆↓↓↓

前回、ちょっと予告しましたけど、マジメな話でーす。

実習で経験した辛いこと・・・って言うか、インドで経験した辛いこって感じですね。

まぁ、内容的には実習の枠に入れて良い、学びのひとつだと思ったので、これで実習編は最後にしますね!(注:インド記は終わってません)

まぁ、実習ですから、言葉は通じないし、レクレーション考えなきゃならないし、アンケートも取らなきゃならないし、発表用に(インドの受け入れ先大学院で実習の成果を発表するの)原稿書かなきゃならないし(パソコンないから手書きです)、そういう大変さもあるんですけど、泣くほど、悲しいことがあって(;_;)

アジア圏内やアフリカ圏内など、貧しいと言われてる地域を旅行された方はよくご存知と思いますけど、物乞いの人がいるんです。そこら中に。。。

子どもから大人まで。中にには足がなかったり、小さい赤ちゃん抱いてたり。

うちのゼミの先生が支援してる、子どもの教育に関する活動をしてるNGOの考えでは、

「物乞いの人に今この瞬間お金をあげても、長期的に見ると何の解決にもならない。それに、世界的なお金持ちの全財産を貧困対策に費やしても貧困は解消できない。本人は物乞いでお金を得られることを覚えると、働かなくてもお金を得られると思い、より労働の意思が落ちてしまう。本当に自立した人間らしい生活というのものは、労働によりその対価として得たお金で暮らしていくことではないだろうか。」

って感じなんですよ。

だから先生はその考えを支持してて、物乞いの人には一切お金をあげないんですね。

で、あたし達ゼミ生もその話をずっと学んできたから、そうしよう思ってたんですよ!もちろん正しい考えだと思います。

でもね・・・。

実際、物乞いの人って現地語だから何話してるのか分からなくても、手差し伸べられて、何か喋ってたら、ニュアンスで「お金ちょうだい」的なことだろうって分かるじゃないですか。

想像してみてください・・・。

現地の薄汚れて着てる物もボロボロで、布を巻いてるだけのような子どもや赤ちゃんを抱いたお母さんや足のないおじいちゃん。

そんな人たちが以前書いたような日本みたいに整備されてない交通の激しい交差点で。

彼らに腕をつかまれてすがられて、「NO!」って言ってもしつこくずーーっとピッタリ隣に着いて来るんです。何喋ってんのか分かんないけど必死さはヒシヒシ伝わってきて、生きるために懸命な様子が伝わって・・・。

あの腕をつかまれてすがられる感触、忘れられません・・・。

それでも、「NO!」って言ったんです。そしたら、汚い言葉でののしられたり(なんとなくニュアンスでね)、体をどつかれたり。

もうね、みんなそんな目に合うとシーーーンってしちゃうんです。言葉がその後出ない。暗い雰囲気になっちゃって、朝からそんな出来事にあった日にゃぁ、凹みまくりで。

あたしも、悲しくて、辛くて。現実をつきつけられた感じです。

貧困の原因ってたくさんあって、一言じゃ言えないんですけど、貧富の差もひとつの原因なんです。だから、こういう目に合うのも、先進国に住む人のさだめかな、と思ったり。

先生やNGOの理念が果たして本当に正しいのか分からなくなっちゃって。

だって、貧困なんて正直あたしが生きてるうちになくなるワケないと思うし、現地の言葉も喋れないから物乞いの人にNGOを紹介してもあげられない。だったら、明日の命をつなぐために、今この瞬間の空腹を解消するためにお金や食べ物をあげたって良いんじゃないか、・・・・って思っちゃったんです。

そしたら、そのうちNGOに出会うまで、仕事が見つかるまで生きていけるって思うんです。

先生やNGOの理念はもちろん正しいと思うし、理想論だって思うかもしれないけど、理想がなきゃ現実はよくならないと思うんです。

結局物乞いの人にどう対応したら良いのか分からなくて。

物乞いの人なんて毎日会うから、毎日落ち込むし、日々悩んでました。

このことで思い悩んで泣いちゃった子もいました。

まぁ、結果、お金は誰にもあげなかったんですけどね〜☆でも、いまだにどうしていいのか、何が一番未来につながるのか答えが出なくて。インドで忘れたくても忘れられない、1番辛くて、でも、1番心に残ってる経験でした。

変な言い方ですけど、金出しても経験すべき、経験して良かったなと思えることでした。(ほんと変な言い方ですけど!)

だって、今までゼミ内でストリートチルドレンや物乞いについて議論してきたけど、実際あんな風に腕をつかまれないと、すがられないと分からないことっていっぱいあるんだって衝撃でした。

理屈じゃ片付けられなくて、ほんと感情が優先しちゃいます。

どうするのが正しい・・・っつーか、とるべき行動だと思います?みなさんだったらどうします?(ちょっと聞いてみたいんです)

なんか難しい話でごめんなさい・・・(^_^;)

まだあたしの中でも整理しきれてないコトなので、書いててよく分からない文章になっちゃったかも。。。

こんなマジメでややこしいお話をココまで読んでくれて、ホントありがとうございました(^−^)ノ

  
Posted by happy_happy_422 at 23:49Comments(20)TrackBack(0)旅行記 

2005年11月18日

平熱の話&インド記

昨日、微熱が出ました。実はここ1ヶ月くらい、週1で、たいてい水木金辺りのどこかで、微熱が出るんですよ。

1日ほっといたら治まるし、8度以上は上がらないので、病院には行ってないんですけど。。。こうも毎週だとオカシイですよねぇ。

自分の体がどーなってんのかナゾでぇす。

そうそう、あたし平熱が34度台だったりするんですけど、、コレ異常ですかね?(笑)別に冷え性の自覚もないんですけど・・・(今計ったら34.39でした☆)

今日友達に話したら軽くひかれましたー(笑)

だから、36.9度くらいになると、もうだるくてエラくて、たぶん周りから見たら、大げさだな・・・ってくらいヒーヒー言うんですよ。でも、きっと普通の人から言うと、8度くらい出てる状態なんじゃないかと・・・。

ちなみに、今酔ってるので文章がオカシイかもしれない今日の更新!(最近外で飲むお酒が美味しくって!!!)(笑)

前置き長くてすいませ・・・!インド記は相変わらずの実習編でございますぅぅ。

スラムの黒板

←コレはとあるスラムで、NGOが授業をしてる教室にあった黒板。

拡大してみてください。。。。。。分かる?

字が逆でしょ?ちょっとビックリでした!

↓↓↓とある託児所にて。お昼寝中〜〜〜〜♪♪♪

ANPC

超きゃわいいっしょ!!!???マツゲフサフサ!!

惚れるうぅぅぅ〜〜〜〜〜!!!(*≧▽≦*)

インドの子どもって貧困家庭やスラム出身のワリに派手で可愛い服着てたり、金やら銀のアクセつけてたりするの!(ちなみに金はお金持ち、銀は貧しい人って認識みたい)

ANPC

聞いたところによると、アクセ類はおばーちゃんからもらったりするらしーのね。代々受け継がれてるのかな?

服はインド人って原色使いの派手な服着てる人が多いから、コレはお国柄?(こないだのインド記で話したバンジャービドレスとサリーは大人の女性しか着てませんからね)

この↑写真の子ども達が昼食を食べるのを手伝わせてもらったんだけど、もちろん手で子どもの口に食べ物を運ぶの。これが難しい!!自分の口ならまだしも、人の口の中に指先だけでゴハンを入れなきゃならないワケで・・・。うちらは慣れてないからボロボロこぼしまくりでした(>_<)託児所の先生にも子どもにも申し訳なかったなぁ。。。

でも、そーゆーのを「気にしないで!」って言って、「こぼれたゴハン粒の掃除はあたしたちの仕事。あなたは大いに実習しなさい!」って言っちゃうところがカッコ良かったです(*^∀^*)日本じゃないなぁ・・・。

そうそう、同じくこの写真↑の子ども達とはインド式、日本式それぞれの折り紙の折り方を教えあったりして面白かったですよ♪これが結構違いがあって楽しい!たかが折り紙と言えど、国の文化が出るなぁって思いました!

ベストショット!!!↓↓↓

ANPC

良い感じに撮れてません?

あぁん!超かわゆいいいいいいい!!!(^O^)

白い歯が眩しいゼ☆コノヤロー!!

 

でもね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、

実習って楽しいことばっかりじゃないんですよ。

インドで感じた苦悩(?)を次回はお届けしたいですー☆

(たぶん超マジメな話になる・・・・・・・・予定)(予定は未定だ☆)(・・・)

そうそう、明日から2〜3日帰省するので、更新できないかも・・・?ネットカフェにでも行けたら更新します!

  
Posted by happy_happy_422 at 02:03Comments(14)TrackBack(0)旅行記 

2005年11月15日

『1リットルの涙』

最近ずっぽりハマってます。そりゃーもーどっぷり☆(笑)

今日も見てました♪

実話で、ヒロインは進行性の不治の病で、だんだん障害が出てきてウマく歩けなくなっちゃうんです。

で、ヒロインの弟が友達にからかわれるんですね。

「オマエのねーちゃん、ウマく歩くこともできねーのかよ!ぎゃははは!」って。

こーゆーのたかがドラマなんですが、ものすっごいムカツクんです。震えるくらいに、涙が出るくらいに、本気で殴り飛ばしてやりたいほど。

まぁ、中学生くらいならこーゆー子っていますもんね。どうしても。分かってるんですけどね。

弟は悪口たたかれるのも仕方ないから・・・ってだまってるんです。言い返さない。

そんな弟にヒロインの妹が言うんです。

「亜也ねぇはすごいよ!人にジロジロ見られても外出して、いつも明るくニコニコしてて、リハビリも頑張って、何でもひとりでできるだけ頑張ってる。亜也ねぇの何が恥ずかしいの!?悪口たたかれて何が仕方ないの!?」

すごく、胸にジーーンとしちゃいました。良いセリフだなぁって(^−^)

大学の先生に教わった言葉にこんなのがあります。

「仕方ないって諦めたら、妥協したらそれ以上進化しない。良くならない。仕方ないって言葉は口に出すな。仕方ない病にかかるぞ。」

あたしの大切にしたいコトのひとつです。

高校の時の友達に、足が不自由で、人より歩くのが遅い子がいるんです。でも、すごくすごーーく大事な友達なんです。

その子のコトを思い出しました。その子もこうやってからかわれたり、ジロジロ見られたり辛い思いをしてきたんだろうか、って思ったら涙が止まらなくて。

あまりその子の足のコトはお互い話さないけど、一度だけその子が

「あたしと一緒に歩くと教室移動とか遅くなっちゃうから、めんどくさいと思わない?」

ってあたしに聞いたことがありました。

やっぱりずっと気にしてたんだなぁって目頭が熱くなりました(T△T;;)

足が不自由でも、笑顔のステキなあたしより何倍も可愛い女の子なんです。自慢の大スキな友達なんです。

だからでしょうか。なんか涙が止まらなくなっちゃいました(泣笑)

このドラマ、エンディングにご本人である亜也さんの写真と病気になってから綴った言葉が紹介されるんですよ。

これがすごく良いんです!!!

今期イチオシのオススメなドラマです・・・。

☆オフィシャルサイトはここ。火曜・10時からフジテレビ系列で放送してます。

  
Posted by happy_happy_422 at 22:24Comments(25)TrackBack(0)テレビ 

2005年11月14日

インド記

皆様、お久しぶりですー。更新止まっちゃってて、ごめんなさい・・・!!(TДT;

ちょっと多忙&旅行に行ってました☆

また、旅行記もアップしたいです♪でも、その前にインド記終らせなきゃいけないですね(笑)

・・・・・と、言うワケで、恒例のインド記!今回は前回の実習の続き。

実習の写真が一番多いのですよ。あんまり実習の話は楽しくはないと思うんだけど・・・。付き合ってもらえたら嬉しいです♪

レクレーションした時の写真たち。↓↓↓

おりがみおりがみ

 

 

 

 

めちゃキューートな笑顔!インドの子ども可愛すぎる。顔ちっちゃくて、目大きくて、まつげは見たことないほどのフサフサ具合!うらやましかーーーー。コレは紙飛行機作った時かな♪

おりがみおりがみ←折り紙でおすもうさん作って、紙相撲試合をやってるとこ。ビバ!いぶんかこーりゅー!!!

 

 

クラスはNGOの1階で屋根があるだけの、地べたに座ってやってました。写真はみんな裸足でしょ?あたしも、もち裸足で☆コレが結構気持ち良いですよぉ〜!足も靴も汚れるけどね〜。インドで町を歩くならスニーカーでなく、ビーサンや、特にトングがオススメ(^▽^)

そうそう、右側の上下の写真に写ってる先生(女性)が来てるのがあの有名な民族衣装のサリー!街中ではサリーを着てる人で溢れ返ってます。つーか女性で洋服着てる人いたかな・・・?って感じです。

うちわうちわ

←コレはスラムの寺院(寺院が教室がわり)で授業をしてるクラスで、うちわづくりのレクレーションをしたの。

 

 

ほらほら。この子らが着てるのがバンジャービドレスってゆー、もうひとつのインド人女性の服。インドでは、コレかサリー着てる人がほとんどなのー。

女の子ばっかなのは、女の子だけのクラスだから。ココでもアンケートとらせてもらったの。みんな素直に協力してくれて大感謝!(≧O≦)ノ

アンケートの内容を少し紹介すると、将来の夢とか、家族との仲を聞いてみたりとか、食事についてとかね。中には、1日1食なんて子もいて呆然。。。 「今もおなかすいてるの」って言ってた・・・。女の子はほとんどがお父さんと話すのは緊張するんだって。インドは父親の権限が強いってことを実感した答えでした。あとね、一番感動したのは、 「つまらないことは何?」って聞いたら「このクラス(NGOのクラス)でお金持ちの人からお金を取ることは、いけないことだと教わったから、つまらないことよ」って返って来て・・・・!!!もーーなんていい子達なんだろうって感動しました。

いや、人から物取っちゃいけないなんてあたりまえなんだけど。でも、それを貧困の真っ只中にある子達がさぁ、経済的に豊かな国から来たあたし達に、ハッキリ言えるなんて。泣けるうぅぅ〜〜〜。

  
Posted by happy_happy_422 at 22:16Comments(17)TrackBack(0)旅行記 

2005年11月03日

こころがきれいになってく

今日は久しぶりに一人暮らしの家に親が来たので、一緒に観光してきました。

紅葉

久しぶりに親に会うと、親の優しさが分かるし、優しくできるなぁなーんて思います

それにしても、前日の夜にいきなり

「明日、そっち行くからー」

とか電話で宣言してくる辺り、さすがあたしの親だと思う計画性のなさ(笑)

 

観光してた時、山々の紅葉がとってもキレイだったので、思わずパチリ☆

紅葉

でも、こんな時に限ってデジカメを忘れたので、荒い携帯の画像です、すいません〜。(相変わらずのうっかりっぷり)(笑)

ちょうどその辺りは今が紅葉の見頃で、本当にキレイで・・・(^−^)

四季の美しい日本に生まれて良かった!

万歳!

 

まぁ、だからこそ、尚更デジカメがないのが悔しいんですけど・・・(>_<)

 

さて、話は変わりますが。。。

今日とってもステキなブログを教えてもらったので、紹介したいな〜と♪(すでにご存知だったらごめんなさーい)

モックンに教えてもらったんですけど、(モックンありがとう!!)

『KOKOROちゃんねる』さま。

涙が止まらなかったです。

こういう言葉を聞くと、自分の中の忘れてた気持ちがちゃんとよみがえってきて。

イライラやムカツキがスーーッってなくなって、キレイな気持ちになってく。

それで、あたしもまた頑張ろうって思えるの。

あたしが下手にどうこう言うより、自分の目で見た方が確実に伝わると思うので、ぜひジャンプしてみてくださいー。

とりあえず、『KOKOROちゃんねる』をクリックして、

はじめての方へ

◆感動フラッシュ(殿堂入り)がオススメです。

をクリックして、

★クリックするとフラッシュが再生します(^−^)読み込みに時間がかかります

ってところをクリック!

あとは、フラッシュが再生されるまでおとなしく待ってみてください☆

BGMも良いので、音量に注意してぜひ聞いてみてください〜。

そういえば、超有名どころだけど、そーゆー話をもっと読みたい方は

『泣ける2ちゃんねる』

もオススメ!

※レスはコメント欄に変更になりましたー。「続きを読む」ではやってませんよー。

  
Posted by happy_happy_422 at 21:19Comments(20)TrackBack(0)日常 

2005年11月01日

『この胸いっぱいの愛を』

2005年(日)

監督:塩田明彦

原作:梶尾真治

出演:伊藤英明、ミムラ、勝也涼、宮藤勘九郎、他

※微妙なネタバレ有りなので、ヤな方は回れ右!

こないだ、映画館で見てきました。

この時、あたしちょっと荒んでたんですよ。心が・・・(笑)なのでちょっと辛口かも。

この塩田監督って、「黄泉がえり」の監督なんですよね。更にスタッフもかぶってる人が多いの。まぁ、未来からの黄泉がえりって言ってるくらいだから、このくらいリンクしててもおかしくないんですけどね。

だからなのか、展開が「黄泉がえり」と似てるような部分があったり。でも、ストーリー的にはまったく別のお話だと思うので、「黄泉がえり」を見なきゃ分からないとか、そんなことはないです(^^)

この映画で一番ビックリしたのは、ミムラ!黒髪だからか、性格が今までとは違う役柄だからか、ミムラに見えなくて。「いま、会いにゆきます」(@ドラマ)のほんわかしたイメージともぜんっぜん違うし、こうやって演じ分けられるのはスゴイことだなぁ〜と。笑ったらミムラに見えるんだけど、見事だったと思います。

あと、子役の富岡涼くんが良かった!子どもだから受け入れられない現実を拒否し、許容していく表現が巧かったなぁ。表情がイイ。だだをこねる(?)シーンとかあたしをイラつかせるくらいだったし(あたしの心が荒んでたからかもしんない・・・)

この胸いっぱいの愛をもボロボロ出ましたよ。最近で一番泣いた映画だと思う。3,4回は泣いてたもん。ただ、その泣きは大筋である伊藤くん以外の脇役の話に泣いてしまったんですけどね・・・・・(^^;)伊藤くんの話はなーんか泣けなかったんですよね・・・。

泣くほど感動したシーンは良かったんだけど、全体的に見るとイマイチ・・・。なんでだろ?ときどき、なんでこうするかなー!と思うような展開があったり、黄泉がえるっていうファンタジー的要素があるクセに他は妙にリアルだったり。(これは「黄泉がえり」にも言えるけど)

そのリアルくささが、心に響くんだけど、悲しいんですよね・・・。まぁこれはぜんぜん受け入れられる範囲です。

でも、ところどころ、あたしには受け入れられないシーンとか、展開とかあって・・・。もやもやしちゃったり、イラッときたりしちゃうんです。空想シーン(?)とかはちょっとダメでした・・・・・・。完全なネタバレはいつも避けてるので、具体的にココがダメ!とは言えませんが・・・(^^;)

うーん、コレはなかなかレビューを書くのが難しい(汗)

「黄泉がえり」と比べたらあたしは絶対に「黄泉がえり」が好き。

でも、バイオリンの音色はキレイで良かったし、主題歌・柴崎コウの「Sweet Mom」は好き。

泣いたからといってすごく良い映画だったとは言えないですね。お金損した!とまではいきませんが。。。まぁまぁといったところかな(^^;)DVDで十分かなと思います・・・。(偉そうなこと行ってごめんなさい・・・)

オフィシャルサイトはここ。

注:レスはコメント欄に変更になりましたー。「続きを読む」ではやってませんよー。

  
Posted by happy_happy_422 at 22:30Comments(13)TrackBack(0)映画レビュー 

2005年10月28日

インド記

前回は、観光のお話、それまでは交通文化の違いについて話してきました。でも、まぁ今回は観光ではなくてあくまで実習なので、ちゃんと勉強したんだゼ☆(¬∀¬)bニヤリ 的なお話を・・・。

大まかに言えば、国際協力を勉強しに行った、んです。

もうちょっと、詳しく言うと、いろんなNGOにお邪魔して、質問させてもらったり、貧困に関するアンケート取らせて貰ったり、レクレーションをしたりしたんです。最後にインドの受け入れ先大学院での発表もあったりして。

大学

大学内

 

 

 

 

その受け入れ先大学院の校舎の玄関(?)とあたしらが講義受けたり、発表した部屋。よく見るとこの椅子の右側に小さい机(?)が取り付けられてて、そこで書き物するの。何時間もやってると体が右に傾くうぅぅ〜〜。

スラム街

 

←大学前のスラム。つっても、生活レベルはマシな方のスラムですけど。この中も入ったけど迷路みたいで、迷いそうに入り組んでるの。ひとりじゃ入れない!!

 

スラム×ビル

←受け入れ先NGOの支援してるスラム。拡大したらよく分かるんだけど、後ろにビルが建ってるでしょ?いい対比だなと思って撮ってきました。街中では立派なビルや飲食店と貧困が一緒に混在してて、貧富の差を見せ付けられます・・・。世界の縮図みたい。

 

クラス

 

←上のスラムにある教室。これでも立派な教室。

 

 

授業風景

 

←その教室内での授業風景。子ども、めちゃくちゃかわいいーーーーー!!!(メロメロ)

 

この子ども達ね、最初は言葉も通じない、肌の色も違うあたし達にビビって泣き出す子もいたの。でも、一生懸命スキンシップしたりしてると懐いてくれて!ココはオリエンテーションで来ただけだから、ほんと30分くらいしかいなかったんですよ。なのに、あたし達が帰る時は後ろからずーーーっと着いてきて、振り向いたら、手を振ってくれて、車に乗っても後ろから走って追いかけてきて、ずっと手を振ってるの!!(。・>Д⊂・。)ウワーン!!

ドラマじゃないのに、30分しか一緒にいなかったのに、あんなに追いかけて手を振ってくれたコトに全員感動です・・・・・・・(涙)

さて、お次は・・・

カラテ

←じゃじゃーーん!!とある「女の子だけの学校」(10才〜15才くらいまで。寮住まい。)のグラウンドでのいち風景。「ジュードー?」って聞いたら、「カラテ!」と言われました。そんなにカラテ有名なんだ!びびびっくり☆☆

 

職業訓練

 

←上の学校の敷地内にあるパンを作ってる職業訓練所。中に甘〜いクリームの入ってるコロネみたいなパン。買いました。めちゃウマ〜〜ヽ(*≧▽≦*)ノ

 

インドは女性の地位がホント低いのね。だから「女の子だけの学校」が必要なの。ココでは家庭で女性として役割を果たすために、普通の授業+料理・裁縫・育児なんかの授業もあるの。中には結婚斡旋まですることもあるんだとか!でも、ココの女の子達、同い年の男の子と触れ合う機会がないからか、うちの男子達が近づくと、キャーーキャーー!悲鳴上げて逃げられてました(笑)

ちなみに、フツーの公立小学校(共学)では女の子は午前授業のみ。夕方に帰ると危ないからなんだって。他の小中学生くらいの女子に「悩みは何?」と聞いたら「セクハラ!」って答えが帰ってきました。。。"(ノ_・、)"どれほど女の子が生きにくいかよく分かります。。。

この学校の女の子達、相当あたし達に興味があったみたいで(そりゃそーだよね。日本からのお客さんなんて珍しいもん)、動くたびに黒山の人だかりなの(笑)たぶん100人はいた・・・!握手や名前を次々に求められて大変疲れたんだけど、楽しかったなぁ〜〜♪♪

さて、実習の写真は多いので、まだまだ次回に続きまぁ〜す。

注:レスはコメント欄に変更になりましたー。「続きを読む」ではやってませんよー。

  
Posted by happy_happy_422 at 19:07Comments(20)TrackBack(0)旅行記 

2005年10月26日

『チャーリーとチョコレート工場』

2005年(米)

監督:ティム・バートン

製作:リチャード・D・ザナック、ブラッド・グレイ

出演:ジョニー・デップ、フレディー・ハイモア、他

※微妙なネタバレ有りなので、ヤな方は回れ右!

今更感たっぷりで申し訳ない・・・。レビューはとうに仕上がってたんだけど、アップするのが遅くなりました(>_<)

友達が猛烈にハマってて「絶対見ろ!」とプッシュするので、軽い気持ちで映画館で見てきました。(原作は読んでません)

たいして期待してなかったんだけど(失礼)、見たらもーー面白くて面白くて!

笑っちゃったシーンもいっぱいあるし、大人も子どもも楽しめる作品だなぁと思いました。ファンタジー&ブラックユーモアたっぷりの奇妙で不思議なヘンテコで可笑しい、そんな印象。

ティム・バートン×ジョニー・デップというタッグに期待した人も多いんじゃないかな。そしてその期待はやっぱり外れてないと実感(^−^)♪

あたしはお約束のように、『パイレーツ・オブ・カリビアン』でジョニーにハマったので、カッコ良いジョニーが見たくて。だから予告を見た時点では、この映画のジョニーにはあんま心躍らなくて・・・(苦笑)

でも、鑑賞したら、やっぱジョニーって巧い、ベテランだ。と感心せずにいられないの!!『パイレーツ・・・』の時と同じ人とは思えないし、ウィリー・ウォンカの奇妙な人格をしっかり自分のモノにしてるし、表情とか細かいし、素敵!こーゆー変人な役とホント相性いいなぁ〜(笑)

子役のフレディーくん(@『ネバーランド』の子役)の演技も上手で、彼をとりまく貧乏だけどあったかい家族にホッとして心温まりました

彼のおじいちゃん役のディビット・ケリーがまたイイ味出してるの。英国のおじいちゃんってイメージがピッタリ。その他の子役たちも個性的で憎たらしい子どもをしっかり演じてて、良かったです。なので、彼らが酷い目にあっていくのを見るのも爽快でスカッとします(笑)

あと、チビなオジサンのウンパ・ルンパ族!!この役はディープ・ロイがひとりで何人もいるウンパ・ルンパ族を演じてるんだけど、もーーめちゃキモイんです(笑)(褒めてます)キモいのに可笑しくて可愛くて(?)楽しいのーー(*≧▽≦*)ウンパ・ルンパ族の歌と踊りが最高!言葉で言い尽くせない様なシュールで不思議で変で独特で笑える世界を演出してます。あの変な世界観は見なきゃわかんないですねー。ウンパ・ルンパ族が強烈過ぎて頭にこびりついて離れません。デップに負けてない!ツボりまくり

 

セットは本物のチョコリスを使ってたりして、その質感がよく出てました。工場の中のお菓子は不気味なほど色鮮やかでソレがまた良かったです。あんな工場見学したいって思わせてくれます♪(酷い目にはあいたくないケド・・・)

ストーリーは冒頭でブラックユーモアたっぷりと言ったけど、中途半端な終り方はしてないので、見終わった後、スッキリしないなんてことはないと思います。映画に出てくるウォンカのチョコレートが食べたい・・・!

注:レスはコメント欄に変更になりましたー。「続きを読む」にはありませんよー。

  
Posted by happy_happy_422 at 19:18Comments(18)TrackBack(0)映画レビュー 

2005年10月24日

インド記

まさか旅行記がになってもまだ終りそうにないなんて思いもよりませんでした。いい加減インドの記憶が薄れつつあるので、困ります☆頼むよ、脳みそ!

えっと、インド記で観光1日目が終了したので、観光2日目。

タージマハルって知ってます?めちゃ美しいイスラム建築世界遺産です。2日目に行ったのはタージマハル・・・・・・・・・・・・

じゃなくて、偽タージマハル(笑)本物をまねて、タージマハルに似せて作った建物。名前忘れたので、勝手に偽タージハマルって呼んでました(笑)

偽タージマハル

偽タージマ

←白と青のコントラスト万歳!

 

 

 

偽タージ

にせたーじ

←見にくいけど、この中央の棺にお金を入れて、禁欲を誓うんだって。あたしらは知らずにお金入れて、手合わせて祈っちゃいました(笑)

 

 

タージハマルには行ったことないけど、似てるでしょ?(上のタージマハルの文字をクリックで写真が見れます)(アップしてる写真はクリックで大きくなるよ)

イイお天気で青空の中にそびえ立つ真っ白な建物がとてもキレイでした

イスラム教ってテロのせいでどーしても過激にみられそうですが、一部の人たちだけで、本来とても真面目な人が多いとか。世界のイスラム建築はとてもキレイで有名なので、一度巡ってみたいです(^∀^)

でも、インドにいる時にムスリム(イスラム教徒)の集会をたまたま見たんだけど、現地語で大勢の人が声を張り上げて合唱(?)してたのは、怖いと思っちゃいました。(例えるなら選挙かお経を大声で合唱してる感じ)

インドはヒンズー教徒がほとんどですが、時々街中でイスラム教徒を見ることもあったの。女性は黒い服(よくTVとかで見るやつ)で全身を覆ってるのですぐ分かります。

最後は世界遺産エローラ(あたしの写真は分かりづらいので、文字をクリックでイイ写真アリ)

エローラエローラ

 

 

 

 

 

 

アジャンターと並ぶ有名石窟寺院なの。(アジャンターって何?って人はココ

アジャンターは山の岩肌に窟(くつ)(岩穴のこと)を彫ってたけど、エローラは平地にあって、岩を彫って作った巨大な建造物の中に窟を彫って、ソコにブッタや女神やらの神様を彫ってあったりするの。

すっごく大きい建物で、まるで迷路みたいなコトになってて、面白かったです

そのエローラの高いところに登って、見た景色↓

エローラからの景色

この日はホントお天気が良くて

空がきれー!(^^)

この青空の下、エローラのことを「エロ」とか「エローリ」とか言ってみんなで笑ってたのは内緒です(笑)(中学生かよ!)(世界遺産なのに・・・)

エローラも偽タージマハルも現地の観光客が大勢いたんだけど、インド人って写真好きらしくて、あたし達の後ろをゾロゾロついてきて、写真撮ろうとしたらフレームに入ってくるの!それもひとりやふたりじゃなくて何十人も(笑)

最初は楽しかったけど、もう歩く先々で「フォート(写真)」「フォート」ってうるさくて、正直ちょっとげんなり・・・(^^;)エローラって迷路っぽく入り組んでるから、女は暗がりに連れ込まれないように気をつけなきゃいけないって言われてたから尚更怖くて中には子どもをダシに一緒に撮ってくれって言われて、何組の家族写真にお邪魔したか分かんないもん・・・。まぁ、子どもは確かに可愛いし、交流できて楽しいんだけど、観光時間の半分は写真撮るのに費やした気がして疲れた〜。

まぁ、これも旅の思い出です(^_^)

ところで、この観光してて、みんなで言ってたんだけど、日本はお寺とか神社とか木材でできてるじゃない?でも、インド岩!

日本ってこう考えたらやっぱ木(山)の国なんだなぁ・・・と。(最近は少ないけど)

ココに気づいた時すごく文化の違いを感じました☆

以下、レスについての変更。(大事なこと書いてるので、読んでください)

  More
Posted by happy_happy_422 at 12:12Comments(20)TrackBack(0)旅行記 

2005年10月22日

ただいまぁ〜

!!!実習おーわりっ!!!

やっと帰ってきました。

ブログ放置でごめんなさい・・・。コメントとか返してなくて申し訳ない。

でも、実習は今まででもトップクラスの充実度を得られたし、計画性もあってすごく良い受け入れ先でした(^^)

ところで、よくよく考えたら今年始まってからこれで実習5回目!(驚)行き過ぎだろ・・・。

その度に痩せてはまた戻ります(笑)痩せたままをキープしたいんだけど・・・。

 

つき花

 

 

 

 

実習中、1日だけお休みがあったので、夕方にひとりでお散歩。

その時にパチリ。

最近がキレイすよねー?田舎だから特にキレイに見えました。

時々バカみたいに大きい月が出ててビビります(笑)そんなことないですか?

この月もなかなか大きかったんだけど、写真にするとちっちゃいね〜

でも、湖面に写った月なんてなかなか風情があって素敵でした♪

夕焼け

 

ちょっとだけ夕焼け

グラデーションが良い感じ。

 

そうそう、この散歩ね、途中から電話しながら話してたんだけど、そしたら迷子になちゃって!(笑)あたりはどんどん暗くなるし、人はいないし、ココがドコか分からないし、帰り方も分からない。超不安(((||| ̄Д ̄;)))そんな時見つけたのが・・・・・・・交番(笑)おまわりさんに初めて道を聞きました・・・(恥)

実習中、寒さが厳しくなったみたいで帰ってきてすぐコタツ出しました。もー本格的なですね☆

さて、遅すぎてコメントの内容忘れちゃったかもしれないけど、一応以下、レス。

  More
Posted by happy_happy_422 at 23:58Comments(18)TrackBack(0)日常