2011年07月12日

「AIKO SUMMER NIGHT 2011」

大好きなみんなへ

7月8、9、10日のライブに来て下さった皆さん、本当に有難うございました。
とても暑い中、それぞれの想いを胸に、ライブ会場までお越し頂いたこと、心から感謝申し上げます。

……。
想いばかりが溢れて、何からお話して良いのか分かりません。
まるで言葉を全て失ってしまったかのように。
それでも、大好きなみんなに何か伝えたくて、何か感じて欲しくて、上手くは言えないけど、頑張って話してみるね。

ライブ。
いつも変わらない場所。いつもと変わらない音楽。いつもと変わらない香り。そして、いつもと変わらない顔ぶれ。
でも、いつもと違うこと。
それは、みんなの心と私の心の中には、いつもは無かった想いや、いろんな気持ちがあったのではないかと思います。

ホント、楽しい時間を過ごせば過ごすほど、寂しくて切ない想いは増すばかりだね。
温かくて楽しい思い出があまりにも多過ぎて、今では胸が苦しくなるほど、みんなに…会いたいよ。

みんなの笑顔や声援が、瞼を閉じても、一人静かな部屋の中でも、鮮明に残っていて、嬉しいのに何だか辛かったりして。
みんなと一緒に過ごした楽しい時間は昨日のことなのに、もう随分前のことのようにも感じます。

うん。
私には音楽の才能なんて無くて、歌手になりたいという夢を抱いていたわけでもなくて、人前で上手に話せるわけでも歌えるわけでもなくて。
でもね、ご縁あって北原愛子としてデビューして、数々の素晴らしい楽曲に出合い、とても親切なスタッフさんやバンドメンバーさん達に出会い、そして何よりみんなに出会えて。
握手会やイベントやライブをするにつれて、日に日にみんなのことが好きになって。
何でも良いから、こんな私にでも出来ることがあるんだったらみんなにさせてもらいたいって思った。
それが北原愛子として活動することだったんだぁ。
歌詞を綴り、精一杯、歌うことだった。
手を握り、言葉を交わし、私なりに元気付けることだった。
そして、ライブで共に過ごすことだった。

何か出来たかな。
何か伝えられたかな。
何か残せたかな。

ありがとう。
私にはたくさん残っているよ。
この心が、身体が、たくさんの思い出で満たされ溢れるほどに。
優しくて、温かくて、陽だまりみたいで。爽やかな空のように、風のように。
みんなといる時の自分が一番好きだったな…。

もしかしたら、私が引退することで、悲しんだり寂しい想いを抱いている人もいるかも知れない。
心にポッカリ穴が空いちゃてる人もいるかも知れない。
でもね、きっと、サヨナラから始まることも多いんじゃないかと私は思ってる。
もし、ポッカリ穴が空いたなら、その穴には楽しくて眩しくて温かいものでいっぱいにすれば良い。

みんな。
みんなはとても優しくて素晴らしい人達ばかり。
自分で思っているよりも、もっともっと素敵。
私が何でライブであんなに煽るのかって?
それは、みんな、気持ちだけで限界以上のもの、自分が思う以上に本当は頑張れるってことを伝えたかったの。
気持ちだけで、あんなに頑張れる。
あんなに輝ける。
だから、どんな日も、その心に光を。太陽を。
そして、その心に勇気を。
愛を。

ねぇ。
北原愛子は居なくなっても、私は同じ空の下にいるよ。
何があっても笑っているよ。
例え辛いことがあっても、最後には笑っているよ。
だって、みんなに出会えたこの世界は本当に本当に素晴らしいところだから。

ありがとう。
何度伝えても足りないのは分かっている。
全て伝え切れないとしても、この世界で感謝の気持ちを伝える一番素敵な言葉だから。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。
何度だって言わせてね。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。

例え何年経っても、何があったとしても、みんなの幸せを祈っているよ。
いつまでも、いつまでも。
これだけは忘れないでね。
この空の下には、あなたを想う私がいるってことを。

あなたに出会えて本当に良かった。
幸せをいっぱい有難う。
また、どこかで会えると良いな。

たくさんのメッセージやお手紙やお花など、愛がこもったプレゼントもたくさん有難う。
一生の宝物にするね。

ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。

スタッフの皆さん、バンドメンバーの皆さん、私に携わって下さった全ての方々。
そして…可愛くて優しくて、明るくて泣き虫で、逞しくて弱い、もう、たまらなく愛しいみんな。
本当に本当にありがとう。


北原愛子を愛して下さった皆さん、本当にありがとうございました。
Thank you for wonderful days!!
with love
Thank you.Thank you.Thank you...


北原愛子


happy_kitahara at 01:20