ハッピー昭和クラブ

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話 あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

昭和大好きブロガー達による、昭和歌謡と映画のこぼれ話
あの映画は、あの曲はまさにそんな事だったのか!と感動再び!

2016年04月

キリスト教会互換性あり

教会居抜き変化
 近年、ヨーロッパではキリスト教徒の数が減りつつあるそうです。
例えば、イギリスでは、その数が10年前の72%から59%に減っている(2013年)のだとか。
したがって、閉鎖される教会もちらほら。
 しかし、閉鎖された教会の施設がもったいないということで、なんとイスラム教のモスクに
転用される教会も、ハンブルクやイスタンブールで出てきました。飲み屋でいうところの”居抜き”です。
(参考週刊誌:アサヒ芸能2013年10月24日号、島田裕己先生のコラム)
 つまり、キリスト教もイスラム教もハード的に互換性があったのです。
 ソフトもつきつめれば実は似てたりして。共に”同根”という説もあります。
 ここで、ちょっと話はコンピューターの話になります。
 かつて、大型コンピューターの時代、国内ではIBMと国産メーカーがしのぎをけずっていました。
私もそんな国産メーカーの営業をやっていました。
 で、その会社は実はIBMのビッグユーザーでもありました。IBM互換機を開発するためだったのでしょう。
特に、ソフトの基本部分はコピーとはいいませんがそれに近いものあると聞いたことがあります。
 そんな類の話でいけば、太平洋戦争中、石油封鎖されたため日本は戦争で使う石油をパナマあたりから
買っていたそうです。もちろんパナマは産油国ではありません。産むのはアメリカです。
 パナマは仲立ちです。運河があったから戦争ができたのかもしれません。
 近頃のニュースではなにやらパナマに耳目が集まっています。
 当方にはパナマ帽ぐらいしかご縁がありませんでした。


 

 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

旬を焼くだけー

 空豆素焼き
 空豆がそろそろ出回ってきました。九州産で天変地異でちょいと時節柄すったもんだのころとぞんじますが。
で、まんま焼きました。茹でません。
 味も凝縮少々の岩塩なんぞマッチしまする。
 むこうに見えるは伊豆産のタケノコです。
 まずは、下処理は格闘ののち焼きました。友は田楽味噌です。

 トンちゃんもシンプルに焼きました。
自家製塩レモン焼きです。アンダーはきゃべつ、明日葉、タマネギの茹でです。
納豆うどん添えだぞえ。
 今日も料理しませんでした。
豚塩レモン≪焼き
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

いったり来たり

  3年ぐらい前に対馬のお寺から仏像が盗まれました。
 犯人は韓国の窃盗団で韓国で捕まり、仏像も確保されました。
 しかし、その仏像は14世紀で韓国彫られたものなので、所有権は韓国にあります・・・という韓国のお坊さん
の訴えがとおり、仏像は韓国に留め置かれている・・・というニュースがありました。

 対馬仏像所在
 最近、そのあたりが韓国とでどうのこうのなっているというニュースも小耳にはさみました。
多分、実は世界中でこの類の話はあまたあるのでしょう。
 ナチスがイタリーの美術品を分捕ったとか、日本だって廃仏棄却で仏像、美術品で欧州に散逸したとか。
きりがない話でしょう。 
 ただ、外交問題がからむと、ややこしいことになるのでしょうか。
八幡渡来人
 
 話はかなり古にさかのぼります。
 全国各地にある「八幡さま」のルーツは大分の宇佐神宮なのだそうです。
 そこから、広まったのです。で、皆の衆は正月に初詣ができます。
 そいでもって宇佐神宮をエスタブリッシュしたのは半島からの渡来人なのだそうです。
 今、半島に住まわれている方々と同系統だかどうかはわかりませんが。
 ある意味ご近所なので、いろいろ行ったり来たりがあったんでしょうか。
 以上、観音菩薩御開帳満載のアサヒ芸能の記事からほんのかいつまんだものです。
 詳しく、お知りたい方は宗教学者の島田裕己先生の著作をお読みになられるのが良いでしょう。








にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

茶色い北海道犬もいます

北海道犬ピンキー
 昭和43年(わたくし小学生時代)から昭和59年までわたくしの実家で犬を飼っていました。
北海道犬の血統書付きメスでした。
 名前は「ピンキー」です。もちろんピンキーとキラーズが流行っていたからです。実家に住み込んでいた飯村君というサイケファッションと音楽が好きなあんちゃんが名づけました。
 北海道犬というと白というイメージが定着しています。ソフト銀行さんのCMの影響ですね。
ですが、写真の通り茶系もいるのです。赤犬です。柴犬によく間違われましたが、それより一回り大きく、機敏
でお利巧です。堀で筏から水上に飛び込み、泳いだりもしました。犬かきはピンキーから教わりました。
 もともとはアイヌ犬みたいなもんでしょう。昔は熊狩りに重宝したそうです。
 近所に「リキ」という大型な秋田犬のメスのライバルがいました。
 あるとき、路上で鉢合わせ(ピンキーは庭では放し飼い。たまに脱走。リキもしかり)、一騎打ち。
 メス同志の喧嘩は闘犬より激しいぐらいです。ピンキーの方がはるか小さいので、やばい!と思いましたが
蓋をあけてみると、リキがケツをまくって逃げているのです。ピンキーは最盛期のゼロ戦の如く小回りが効いていました。
 きままな恋の結果雑種の子供を何度か出産しました。
 高校の時、同級生が白の北海道犬のオスを飼っていたので、かけ合わせてブリードしようと画策しました。
 しかし、同級生の家が湘南の方で遠いので断念しました。
 16年間生きたので、まあ犬では長生きの方だったでしょう。
 今 飼い主のバカ息子にネットにかくも引っ張り出されているとはヘヴンから「ワン」一声してるかも・・・ソフト銀行のCMがきっかけです。こちらはヘイブンか。


 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!

東洋大学創設者オカルト撃退

井上円了写真
 写真は東洋大学の開設者の井上円了さんです。哲学者です。
彼は明治中期に世の中の様々な迷信や俗信をあらゆる知識(自然科学、気象学、物理学、医学などなど)を駆使して、その真相を解明しました。
 たとえばある山村で屈強な大男がいました。たたりがあると村民から恐れられていた山に登ると言い出しました。皆の衆は強く引き止めます。が、山深く勇躍入っていきます。
大男山へ冒険
男は一夜を明かしたのですが、這う這うの体でくたくたになり戻ってきました。
明け方に眼前に大入道が現れて気絶したと語ります。
大入道解明
  円了はいとも簡単に解明します。
この男のてめえの影が朝日に照らされ濃霧のスクリーンに映し出されたのだと。これぞフロッケン現象なのですと
解きます。
 ある地方では雨でなまぬるい風が吹く晩に提灯ほどの火の玉が出現するという。しかも人をまわりをグルグル
回り追っかけてくるらしい。怪談に出てくる人魂です。
ひとだま解明
 
これに対し円了は、地中から出てくるガスが原因とすっぱり言い切ります。
この地方はガスの発生しやすい地層で湿地であるからして、そのガスが放電現象などで発火、火の玉となるのだと。人を追っかけるのは、人が動く空気の流動によっておきると説きました。
円了火の玉解明
  また、火の玉を人魂というなら、世の中何百何千万もの火の玉であふれ返って、電灯もランプをいらないよと
切って捨てます。
 ひとの魂を弔う、お坊さんがよく入学する大学の学長の話でした。こりゃまた失礼。
 
 NHK教育テレビ「知るを楽しむ  明治サイエンス事件帖」から
 
にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ にほんブログ村
おもしろいと思ったら、クリックしてください!
きたさん
1975年「空飛ぶ鯨」でデビューしたちゃんちゃこのメンバー。デビュー40周年を経て昭和の素敵な時代の歌や出来事を再発見
ジャッピー!編集長
映画雑誌「ジャッピー!」を主宰する編集長
映画や昭和歌謡に底知れぬ造詣を示す昭和博士
ハピイ氏橋
昭和のあれやこれやをイラストにして解説。
独自の目線で昭和の面白さを掘り起こすイラストレーター
記事検索
ギャラリー
  • 梶芽衣子さん、新文芸坐にて熱く語る! PART2
  • 梶芽衣子さん、新文芸坐にて熱く語る! PART2
  • 梶芽衣子さん、新文芸坐にて熱く語る! PART2
  • 梶芽衣子さん、新文芸坐にて熱く語る! 
  • 梶芽衣子さん、新文芸坐にて熱く語る! 
  • 梶芽衣子さん、新文芸坐にて熱く語る! 
動画配信
自分史記念日倶楽部

あなたの自分史はドラマに満ち溢れています。自分の記念日にそんな自分史ドラマを映像に残してみませんか?

>>詳しくはこちら

上を向いて歩こう
関根忠郎の映画惹句術
看護婦さんの生活と信条
懐かしの昭和の物語 壱
懐かしの昭和の物語 弐
懐かしの昭和の物語 参
  • ライブドアブログ