こんにちは(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!
四つ葉のくまさんことよつくまです
本日もよろしくお願いいたします。

「木」と「樹」ってどっちだっけ?
そんな時がありますよね💦

「ちょっと役に立つ話」カテゴリで
読み方は同じなのに別の意味を持つ漢字や言葉について
勉強していこうかなと思います

第4回の本日は「合う」と「会う」の違いについてです。
BlogPaint
画像はイメージ フリー画像です


◆「合う」を使うケース

一緒になる、一致するという場合に使用する
調和するなどの意味も含まれる

・趣味が合う
・洋服が似合う
・コーヒーとミルクが混ざり合う
・お互いの意見が合う(合致する) etc…



◆「会う」を使うケース

互いに顔を向かい合わせるような場合に使用する
場所を決めて対面するような場合
時間は決めずにばったりと…といった場合も使用する

・友達と会う
・○○商事の社長と面会する
・高校時代の同級生と街でばったり会う
・作家同士が会って話をする(会談する)



もう一つ使う言葉に「遭う」ということばがあります


こちらには主に…
好ましくない事態に見舞われるというような意味があります。

・交通事故に遭う
・ゲリラ豪雨に遭う
・お正月にでかけたらひどい目に遭ったよ etc…



というような意味になります。


今回も英語ですと意外とすっきりします

合う→fit(形や大きさなど) match(つりあう、マッチする)
会う→meet 

ちなみに…
遭う→encounter となります



なかなか難しいものです…
どうしても理解しにくい場合は単語にするといいのかもしれません。

・合致する
・面会する
・遭遇する

といった感じですね



第4回の本日はここまでです。
日本人がわからない漢字の差…勉強していきましょう


よつくまがお届けいたしました*・゜゚・*:.。..。🍀




第3回はこちらから⇓