2006年05月19日

目的効果基準の意義と問題点

目的効果基準の意義と問題点

ファイル名 :zGgdNYyjge.pdf
(http://www.happycampus.jp/pages/data/3/D2263.html)



本文の内容一部

この原則は国家と宗教の完全な分離を要求しているだろうか。分離の程度が問題となる。
思うに、わが国においては、過去に国家と神道が結びついた結果、神道の国教化や他の宗教の迫害など種々の弊害が生じたという経験があり、その反省から政教分離原則が規定されたという歴史があるところ、前記事実に政教分離原則の趣旨を勘案すれば、憲法は国家と宗教の完全な分離を理想としていると考えられる。
他方、福祉国家理念(25条以下)を実現するためには、例えば、宗教的私立学校への公的助成のように、国家が特定の宗教団体に対しても、他の団体と同様に、平等の社会的配慮を行なう必要がある。
したがって、両者の調整の観点から、政教分離原則は国家と宗教との厳格な分離を要求するものであると解する。
そして、国家の行為が、国家と宗教との厳格な分離を要請する政教分離原則の例外として許容されるか否かを審査する上で用いられるのが目的効果基準である。すなわち、目的効果基準とは、国家が宗教に関わらないという「不介入」の要請と、国家が宗教と等距離を保つという「公平」の要請という二つの相反する要請を調整し、それを個別具体的な事
例において判断するための基準であるといえる。

したがって、目的効果基準をより厳格に運用して判断するべきであると解する。すなわち、〔簑蠅箸覆辰森餡氾の行為が世俗的目的をもつものであること、△修旅坩戮亮舁廚文果が宗教を振興しまたは抑圧するものでないこと、その行為が宗教との過度のかかわり合いを促すものでないこと、という3つの要件に従って審査を行い、そのうち1つでもクリアできない場合には当該行為は違憲になると考える(レモンテスト)。

キーワード

政教分離, 憲法, 判例

happycampus4 at 13:46│Comments(1)TrackBack(1)だいがく | だいがく

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. コンビニのオジサマに(*´д`*)ハァハァ  [ 華絵 ]   2006年05月19日 22:56
家の近くに新しいコンビニが出来たんです☆便利なので早速行ってみました。

この記事へのコメント

1. Posted by 当たってます!   2006年05月21日 14:02
1 賞品一覧

1等 111万ポイント
2等 情熱の国スペインツアー
3等 万里の長城中国ツアー
4等 京都料亭ツアー
5等 伊豆温泉巡り
6等 東西線グルメツアー
7等 体験(アクセス券)

詳細はサイトにて!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔