ふっきーの演劇ワークショップ日誌

演劇ワークショップと言ってもいろいろ。自分の考える「演劇」や「ワークショップ」を、現場だけでなく率直な言葉で発信していきたいと思い、このブログを作りました。が、最近は地元葛飾区立石の関係の発信が多くなってきております。

August 2009

9/12(土)移動まち歩き劇『立石散策劇場』

96441c9d.jpgいよいよです。というか準備に追われ、毎日バタバタしております。
去年の『呑んべ横町物語』に続くイベント『立石散策劇場』。
今回はワークショップの参加者と一緒にまち歩きをしながら、
取材をしてきたことの発表を演劇風にしてみようという試みです。

午前・午後の2コースあります。
どちらもびっくりするような出会いが満載の立石のコースです。
簡単に解説をすると・・・。
『立石様万華鏡コース』
町の地名の起源である奇石立石様を一つのテーマにした川沿いのコース。
立石の町の発展がいかに川と結びついていたかを垣間見ること間違いなしです。

『立石巡想語りコース』
立石の南北の商店街・繁華街を練り歩くコースです。
年配の女性の方に多く話をうかがうことができました。
駅前がにぎやかだった頃、元気だった頃の立石の光と影が見えるコースです。

今回は外でのイベント。保険にも入るため、締め切り厳守です。
予約制となっております。

興味がある方、お早めにお申し込みください。

**************************

9/12(土)まち歩き移動劇『立石散策劇場』

立石の人でも地元のことをなかなか知らない!
7月18日から始まった全8回の演劇ワークショップ。
立石好き、演劇好き、まち歩き好きが集まって、
町の人たちに取材。
驚くような立石の昔の姿が明らかになってきています。
9月12日はワークショップのメンバーで町歩きをしながら、
演劇の手法を使って立石の魅力を紹介します。
どんなふうになるかは当日のお楽しみ。
立石の町を舞台に立石散策劇場の幕が開きます!

【日時】9月12日(土)
 ◎「立石様万華鏡」コース(仲見世→東立石→川沿い→立石様)
   午前9時〜正午
 ◎「立石巡想語り」コース(南口→諏訪神社→スナック街)
   午後3時〜午後6時
 ※町歩き2時間・そのあと1時間で裏話交流会を予定しております。
  雨天の場合、町歩きの内容が変わる場合がございます。

【場所】京成立石駅改札集合
【定員】各コースとも30名(多数の場合、地元の方を優先の上、抽選)
【費用】500円(資料代・実費)
【申込】メール・電話にて、
    ?住所?氏名?年齢?電話番号?希望コース
   (両方の場合は、優先順位)を記入の上、
    9月3日(木)までにお申込みください。
    イベントの性質上、参加にはご予約が必要です。
    当日飛び入り参加はできませんのでご了承ください。

    MAIL:fukky@edg.or.jp TEL:080-6767-8362
【問合】TEL:080-6767-8362
【備考】主催:立石散策劇場実行委員会
   社会連帯委員会助成事業

怖い買い物

買い物

昨晩、職場の同僚が立石に引っ越してきたので、
お祝いパーティーがありました。
自分流の簡単料理をふるまおうと買い物をしました。

夕方6時。
お目当ての商品は「納豆、安くて量の多いお刺身、夏野菜」
(水俣の吉本さん直伝簡単料理です。)

せっかくなので、地元の仲見世商店街で買い物をしようとしたのだけれど、
八百屋はすでに閉店。お刺身は量が少ない割に高いものしかなく、
結局、手に入れられたのは納豆のみ。しかも4パックで200円。
同じものを仕入れるならば、スーパーの方がはるかに安い。

むむむ。しかたなく、結局、スーパーに戻りました。
夕方過ぎのスーパーのレジは人でごった返しています。
レジを打つ従業員も、お客さんもどことなくせわしない。
でも、この時間に買える商品はスーパーにしかない。
だから、ついつい利用してしまいます。

その後、講座で使う切り出しナイフをさがしに
100円ショップに行きました。こちらのレジも大混雑。
でも、この時間に安い商品はここでしか売っていない。
「なんでこんなにお客さんが来ているの?早く帰って」
というような表情でレジを打っている若い店員を見て、
なんだかとても切なくなってしまいました。

こんなふうな過程で手に入れた食材と道具。
なにかとてつもない大きな間違いをしている!?
怖いです。
♪ラブ・ユー立石(先輩&友人柳田さんの人気ブログ)
Profile

ふっきー

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ