ふっきーの演劇ワークショップ日誌

演劇ワークショップと言ってもいろいろ。自分の考える「演劇」や「ワークショップ」を、現場だけでなく率直な言葉で発信していきたいと思い、このブログを作りました。が、最近は地元葛飾区立石の関係の発信が多くなってきております。

April 2010

民家の隙間

今日はお休み。
天気がよいので、昼食後、祖母と散歩をした。
散歩コースは中川。
今日の目的地は本奥戸橋を渡って左側にある花壇である。
近所の住民がボランティアで川沿いにいろいろな花を植えて、
栽培しているような場所で、いまが一番見ごろの時期なのだ。
祖母は花が好きなので、花を見ると機嫌がよくなる。
「立石もいいところがいっぱいあるのねぇ」

以前は「立石はなにもない」を連発していた祖母も
最近はこんなことを言うようになってきた。
「そうだよ。いっぱいあるよ」と私は強く同調する。

帰りは、裏道を通って家に帰ってきた。201004291332000

「ここはお宮に出る道だね」と祖母が言う。
「お宮」という言葉が耳慣れず、心地よい。
「お宮」とは、地元の氏神様の原神社。
神社は子どもたちのかっこうの遊び場だった。
例えば、缶けりやドロケイ(泥棒と警察)なんかをやると、
神社がメインの場所、裏道が神社につながるメインストリート、
民家の隙間が鬼や相手とのかけひきを展開する場所になる。
自分たちは窓からテレビの音や話し声が聞こえる民家の脇を、
忍者のように通り抜けて、高い塀ものりこえ、
たくましく遊んでいたのだった。

自分は民家の隙間が大好きだった。
大人にも怒られないように注意をしながら、
誰にも見つからない隠れ方をし、味方と情報交換し、
鬼をあっと驚かすような作戦をたてる。
特に年齢が上のお兄さんたちを圧倒したときなんかは
なにものにも代えがたく気持ちよかった。

あのとき生き生きしていたみんなは元気にやっているかな。
あの頃のみんなは本当にすごかった!

なんちゃって・・・とエトセトラ

文学座の研究所時代の鵜山仁さんが夢に出てきて、びっくりした。
文学座の中でも年間に何本も演出を抱えていた鵜山さんは
常に忙しい方という印象が強く、
5,6回の講義以外でお会いした印象はない。
しかし、役者の心をつかみ、魅力をひき出していくという点で
大いに勉強になった方だった。
鵜山さんは「演技をすることは恥ずかしいこと」だという前提があり、
それをどうやって克服して表現にしていくかを考えてきた人だと思う。

講義でやったテキストは「ロミオとジュリエット」の
有名なバルコニーの名シーン。
ジュリエットの恋の独白をロミオが聞き、
愛を告白しあうもっとも恥ずかしい場面だ。

鵜山さんは、セリフのあとに必ず「なんちゃって」をつけさせた。
演技を大胆にし、自分の自我を安心させてくれる言葉。
自分は演出部だったので、やらせてもらえなかったのだが、
鵜山さんの指示で役者が変わっていくのがとてもよくわかった。

なんちゃって。大好きな言葉である。

4月25日。日中は東立石緑地公園で
Good Stockの野外でのチャリティーライブのイベント。
天気にも恵まれ、大勢の人が訪れたようだ。
自分も知り合いがたくさんかかわっていたので、
仕事の合間にあいさつに行ってきた。
大きなイベントだっただけに少々心配もしていたのだが、
地元の人も好意的に受け入れてくれたと思う。

夜は自分が主催の演劇ワークショップ。
自分が体調を崩しぎみだったので、
野口体操の「寝にょろ」でからだを確認する作業をやった。
その後は演劇の大本みたいなものをつくる練習。
それぞれ持ってきたテキストをもとに、
本が持つエッセンスをどう伝えていくか・・・みたいなことをやった。
3時間だが自分がやりたいことなので、あっという間だ。
今後も「自分の演劇」「自分の表現」の根っこを確認して、
表現につなげていくことができたらよいなぁと思う。
なんちゃって。

アーカイブス野口体操―野口三千三+養老孟司 (DVDブック)
アーカイブス野口体操―野口三千三+養老孟司 (DVDブック)


以上、覚書き。

おおくぼ初入店

先週、立石で集まりがあり、
せっかくなので、入ったことのないお店に入りました。
私のリクエストです。

選んだお店は、餃子の蘭州の隣にある「おおくぼ」。
いかにも大衆酒場といった堂々とした外観ゆえ、
逆に個性的な立石の店舗の中では埋没してしまい、
通り過ぎること数千回。
たまたま入ろうとしたときも満席だったこともあり、
いままで縁のないお店でした。

「いらっしゃい!」
中に入ると、横長にカウンターとテーブル席。
半分の席が埋まっていました。
予想以上に良質な大衆酒場。
「傘まとめておきますよ」
一元さんには厳しい立石ならではの雰囲気ももなく、
年配のご夫婦の丁寧な接客が心に沁み入ります。

メニューも焼きものからおつまみまで、
オーソドックスなものが並んでいました。

おいしかったのは、おすすめで出された「そばがき」。
そば粉を熱湯でかいたものらしいのですが、
これがシンプルで、お酒のつまみによく合うんです。

私が大事にするのは
1.驚き
2.おいしさ
3.コストパフォーマンス

立石にはすべてOKなお店がいかに多いことか。

前のお店も含めて
「紹興酒→ビール→焼酎お湯割り」だったのですが、
「ホイスハイボール」と書いてあるものがあったので、
頼みました。もちろん、濃くて丁寧なお仕事。

201004162156000



炭酸も葛飾産。嬉しい!しばしはまりそうです。

立石一生ビールが美味しいと思っていた「じょんのび」が
店を閉じていました。
あんなに一品一品丁寧に出すご主人はそうそういなかった。
「とりかわ餃子」「豆腐オムレツ」も大好きだったなぁ。
突然、いいお店がなくなる悲しさは身を切られる思いです。

風邪ひき休日

201004211746000
春らしいお天気。
「なんで、あんたは風邪なんかひくの!
 換気しておくからね。開けとくよ。」
庭に面した居間では、おばあちゃんがドアをガバーッと開ける。
「すばらしいでしょ」
祖母は喚気を名目に自慢の庭を見せてくれた。
色とりどりの花も見事なのだけれど、
目立たない庭木に出てきた新芽もみずみずしい。
こんなことに気づくのも、
去年、「おばあちゃんの庭調査団」をやったからなのだと思う。

さてさて、元気な祖母とは対照的に、
最近体調がおかしい私。
昨晩から喉が腫れてきて、
朝起きたら熱があり、鼻水もとまらない。
完全に風邪の症状。

昨日、せまい部屋で半日会議をやっていたから
職場の人の風邪がうつったのだと思う。
そんなにヤワなからだではないのに。

ああ、やってしまった!

とはいうものの、
今日は午後に助成金申請に必須な応募相談を予約していたため、
下北沢のトラストまちづくり協会までトコトコと出かけて行った。

担当者3人を前に、マスクをしながら企画の説明。
自分たちの団体のメンバーは
世田谷の市民活動系の人たちの中で覚えがよいみたいで、
スムーズに相談にのってもらった。
葛飾にもこの種の助成金や相談窓口があるといいなぁと思った。

夜にも集まりがあったのだけれど、
熱もあるので今日はキャンセル。
地元の病院でお薬をもらって帰ってきた。

明日からはしばらくハードな勤務。今日はしっかり休みます。

一日がこうして過ぎて行く

今日は朝から世田谷水俣関係の助成金の申請を書いていた。
午前中で終わらせるつもりがかなり手こずって、
15時すぎまでかかった。

書いた!と思って、フォントや位置を整えるなど、
最終的な手直しをしていたら、
誤って文章を消してしまった。
汗びっしょり。
イヤな予感は的中、保存は数時間前。
収支計画、事業計画等々、
大変だった部分が白紙に戻っている。
泣くに泣けない。

ペースがつかめず、先ほどやっと終了。
4月に数日しかない飛び石のような休日だったのに、
全く休めていない。

悲しい。

勉強の春

5月、すさまじく忙しくなりそうです。
仕事では、私の担当講座が2つ、交流会2つ。そして写真展。
いろいろ大きなプロジェクトの準備も入ってきます。
演劇は、路上演劇祭の本番に、一泊二日の合宿もあります。
きっちり自己管理をしないと・・・と身を引き締めています。

さて、そんな中、勉強を始めました。

○ひとつはホームページ作成について

先日、掃除をしていた際、
昔、知人からもらった本が出てきたのをきっかけに
HTMLとCSSの基本や、画像処理の仕方を学び始めました。
仕事で情報関係を扱っているだけに、いままで
なんとなくやっていたことが具体的にわかるようになってきました。
これは仕事に活動にかなり役立ちそう。
ここ数カ月で、パソコンのスキルがかなり上がっています。


○もうひとつはNPOについて

これも仕事柄、知らなくてはいけないことなのですが、
最近は忙しさにかまけて、積極的にはやっていませんでした。
近年の不況でNPOのニーズの高まりを感じていますので、
自分自身の将来のためにも改めて勉強したいと思っております。

さ、今日も勉強だ!

ジョハリの窓

今年は年初から友人との再会が続いています。
何年に一度そういう年があるみたいで、
今年はまだまだ続きそうな予感があります。

友人たちからはふだんの自分が
気づきもしない言葉をもらいます。

心理学を勉強している人にはおなじみかもしれませんが、
私は「ジョハリの窓」の考え方が好きです。
ジョハリの窓は自己認識の仕方を、
田んぼの「田」の字の四つの窓に例えて、
以下の四つに分けます。

1.自分も他人も知っている自分
2.自分は知っているが、他人は知らない自分
3.他人は知っているが、自分は知らない自分
4.自分も他人も知らない自分

しばらく会っていない友人と会って思うのは、
3の部分を気づかせてもらえることが多いこと。
しかも、適度な距離と以前からの関係があるだけに、
意外と説得力があることが多いのです。

またそういう友人には2の部分を話せることも多く、
結果的に自己開示につながっていきます。

友人たちの存在、本当にありがたいです。
この場を借りて感謝。

追記。
そして、演劇をやる理由のひとつに、
4がいろいろと発見できることが挙げられます。
これは知らない自分や他人に出会うだけに、
怖さもありますが、最終的には楽しさが勝ります。
今年は4も久々に追求したいと思っています(笑)

春満開☆おばあちゃんの庭

IMGP2453
ハナカイドウとサクラ草・・・。
我が家の庭がピンクに囲まれて、お見事です。

おかげさまで、93歳の祖母も元気。
雨の日以外は散歩に、集まりに、庶務に出かけていきます。
毎日、庭いじりもせっせとやっています。

去年の大腸がんの手術が嘘みたい。
逆に、ここ数日、自分が体調を崩して心配をかけています。
そんな私も今日は一日お休み。
春の陽気のようにのんびりと過ごしています。

相思社遠藤さん立石来訪

4月2日。水俣から水俣病センター相思社の遠藤さんが
立石に来てくれました。約2年ぶりです。
先月、水俣のシンガーソングライターの柏木さんも立石に来訪。
地元での愉快な再会が続いています。

自分が住んでいる町で演劇をやりたいという思いは
ずっと前から持っていました。
路上演劇祭をやっていた千歳烏山の物件をさがしたこともあるし、
衣食住に理想的な環境が整っていた
安曇野への移住も考えたことがあります。
でも、決定打は半年間滞在した水俣での仕事。
このブログを立ち上げるきっかけにもなった大きな仕事で、
地域の人たちと一から芝居をつくりあげていく楽しさを知りました。
同時に、地域のために頑張っているたくさんの友人もできました。

この3年間で、たぶん、数百人の人を立石に案内してきました。
(実際に、数えたことはないのですが、イベント等を含めると、
 少なめに見積もっても200人くらいにはなると思います)
でも、水俣の人を案内するときは特別。
かつて水俣を案内をしてもらった人たちに
自分が生まれ育った町立石を紹介できる喜びは
何物にも代えがたく大きいです。

今回は遠藤さんや演劇デザインギルドの花崎さんほか
水俣関係者4人での飲み会。
大勢でも入れるモツ焼き屋さんのミツワがお目当てだったのですが、
混んでいたので、運よく空いていた鳥房にしました。
「相席でもいい?」「そこに靴脱がないで」「ここに荷物置かないで」
矢継ぎ早に鳥房のおばさんの下町流接客の洗礼(笑)
そして「今日は580円と600円だけど、どっちにする?」との質問。
初めてのお客さんだとわからないと思うのですが、
老若男女問わず、鳥の半身揚げはひとり1羽が原則です。
値段は時価なので、入るとまずその確認があります。
それもここ鳥房の一興。
揚げたての鳥の半身揚げにみんなで舌鼓をうちました。
「カニと同じで食べるのに夢中になっちゃうねぇ」と遠藤さん。

その後、立石の桜通りの夜桜を案内し、呑んべ横丁へ。
「知花子」さんに入りました。

遠藤さんの近況・水俣の近況などの話が中心。
23時閉会。美味しく贅沢なお酒でした。
相思社HPの4月7日の職員のつぶやきの欄で遠藤さんが
「個人的には立石の相思社みたいな飲み屋(「食べたらさっさと帰ってよ」)と、最後の日の東京芸大の美術館が良かったです。」
と書いてくれているのは何とも嬉しいです。

今年は自分も水俣に行きます。

最終日のきよし訪問

201003311942000
Iさん夫婦からメールがあった。
「3月31日、きよしに行きませんか?」
その日はたまたま夜の予定が空いていたので、
これは千載一遇のタイミングだと思い、
「行きます!」とすぐに返信した。

きよしは3月いっぱいで閉店する
堀切菖蒲園駅の近くにある飲み屋さんだ。
先日、亀有の江戸っ子をIさん夫婦に案内してもらった際、
おふたりに閉店の噂を話したのを
覚えてくれていて誘ってくれたのだ。

仕事が終わるやいなや、一目散に堀切方面に自転車を飛ばした。
堀切菖蒲園駅で飲むのははじめて。
仕事からの解放感も手伝って、お酒を飲む前からほろ酔い加減。
また堀切の立石とは違った飲み屋街の雰囲気がたまらない。
Iさんの旦那さんYさんいわく、
「葛飾だと立石の次に居酒屋が多いんじゃないんですかね」
とのこと。
この夫婦はかなりのつわもの。
立石の町案内をした際、
Iさんは自分以上にお店を知っていてびっくりしたのだ。
数年前、区内に引っ越して来て以来、
足繁く区内の飲み屋に通っているらしい。

続きを読む
♪ラブ・ユー立石(先輩&友人柳田さんの人気ブログ)
Profile

ふっきー

Recent Comments
Recent TrackBacks
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ