ふっきーの演劇ワークショップ日誌

演劇ワークショップと言ってもいろいろ。自分の考える「演劇」や「ワークショップ」を、現場だけでなく率直な言葉で発信していきたいと思い、このブログを作りました。が、最近は地元葛飾区立石の関係の発信が多くなってきております。

November 2013

葛飾区議会議員のtwitter利用具合をまとめてみた

参考までにfacebookを利用しているかどうかも。
(2013年11月23日15時現在)

*選挙公報に載っている名前を検索にかけて  
 調べてみた。
 別名でtwitterをやっている場合はわからない。  
 facebookは公表していない場合もあるので、
 「?」にしています。
*もしこの時期までに使っていて
 載っていない方がいらした場合は、  
 教えてください。
*twitterを使っている人は太字にしてあります。


無題















































もちろん、使っているかどうかが
即座にその議員の仕事具合を反映しているわけではない。
またベテラン議員がSNSを使いこなすは至難の業だと思うし、
ネット以外での有権者とのコミュニケーションを
大事にしている方もいるだろう。
しかし、ネット選挙も正式に解禁された上、
国会議員選挙でもSNSの影響力は無視できないものとなっている。
また若者の声を拾ったり、
逆に政治に無関心な若者に考えを届けたりするには、
非常に有効な方法ではないだろうか。

近年では、安部総理や橋下大阪市長など、
積極的な情報発信をする政治家が目立ち始めている。
興味深い使い方をしているのは、 千葉市の熊谷市長である。

 無題











市民の質問に積極的かつ毅然と答えたり、
防災の情報を発信したりすることで、
自治体の首長として
今までにない広報力を発揮している。
葛飾にもこういう議員が出てきてほしい。

葛飾区区議会議員選挙の
立候補者のSNSの活用度合いを見て、
以下のことを考えた。

 SNSで政治のことを語る人は少ない。

私個人としては、
葛飾区の政治的な情報をもっとほしいと思っている。
特に優先的な課題に対して、
どのような意見や提案を持っているか。
例えば、「立石地区再開発問題」や
「中小企業支援」 「増えつつある福祉の財源」について。
葛飾の課題について、 調べたり考えたりした上で、
どのような意見を持っているのかを
わかりやすく伝えてくれることを期待している。


 公明党はSNSの活用頻度は少ない。

これはとても残念なことである。
公明党に所属する議員は11人。
区議会においては 自民党の12人に次ぐ第二会派だ。
にもかかわらず、 積極的に使っている人がほとんどいない。
組織票があるからいいのかもしれないが、
地域の課題を解決するには
より広い層の意見を聞き、
政策に反映させていく 必要があるのではないだろうか。


M効活用できている人は少ない。

★フォロー=議員が情報をほしい有権者(区民や知識人など)

★フォロアー=議員の情報をほしい有権者(区民)

だとすると、
twitterを使う目的が曖昧な感じがする人が多い。
情報収集なのか、それとも有権者に情報を伝えたいのか。
はたまた有権者と対話をしたいのか。

相互フォローしないと、 フォロア―になってくれないから、
たくさんのフォローをしているように見える人がいる。
こういう人はネット上でのインフルエンサー(カリスマ的に影響力を持つ人)
にはなりづらい。
逆に作ってはみたものの更新が止まっている人も多い。
もともと苦手な分野で続かなかったのか、
また代わりにやってくれる人が見つからなかったのかで
放置されているのだろう。

今月11日が選挙だったから、
あと4年間はこの人たちに区政を託すことになる。
この中からSNSを使った情報収集や
広報の上手な人が1人でも多く出てきて、
区政を身近なものにしてほしいと考えている。

演劇ワークショップになるか、ならないか

私や仲間たちがずーーーーーっと悩んでいることに
「演劇ワークショップの魅力をわかりやすく伝える」
ということがある。


そもそも、このブログのタイトルも
「ふっきーの演劇ワークショップ日誌」だし、
紹介文にも
「自分の考える『演劇』や『ワークショップ』を、
 現場だけでなく率直な言葉で発信していきたい」

と書いている。


でも、巷で流布する「演劇ワークショップ」という言葉の
イメージや誤解なんかも含めて、
なかなか説明するのが難しいのだ。



先日、私が勤めるデイサービスの
レクリエーションの時間に、
演劇ワークショップ(っぽいこと)をやった。

当初はゲームをいくつかして、徐々に緊張をほぐし、
最後に「昔の思い出」を複数の人たちで表現し合う
というのをやりたかったのだけれど、
体調が悪い方も多かったため、
会場ややり方、内容を大幅に変えた。


デイサービスにはいろいろな年配の方が通ってくる。
認知症の方はもちろん、耳が聞こえづらい、目が見えづらい、
半身まひ、声が出せない、車イスを利用する方などなど。
その方々が楽しめるように準備をしていたのだけれど、
結果的に私の考える「演劇ワークショップ」にならなかったと思う。



なぜか。
大きな要因はふたつあった。



”集修鮓合う場の設定ができなかった



もともとは椅子にすわって円を作る予定だった。
しかし、移動が大変だと考え、
複数のテーブル席に座ったままの状態を維持したため、
誰かの発表を見づらい人が必ずいる状況ができてしまった。



▲哀襦璽弸邏箸砲覆蕕覆った

いつもやる演劇ワークショップだと、
1人の作業から徐々に2人、3人、5〜6人と
グループ作業になっていく。
しかし、今回移動が制限された上、
フォローをしてくれる職員が少なく、
1人から2人へ増やすのでさえ、難しい状況だった。

1人での表現でも十分に面白いけれど、
演劇ワークショップの醍醐味は
集団表現のダイナミズムにあると思うので、
ちょっと残念だった。


と、ここまで書いてきて、なるほど!


私が考える「演劇ワークショップ」の構成要素は

・見る、見合う関係
・集団表現のダイナミズム


にあるのだなと思った。

なので、
「演劇ワークショップ」の言語化をするアプローチとして、
逆に縛りをたくさんつけた
不自由なワークショップをやってみても
面白いのではないかと思い始めている。


例えば、「絶対に笑わない」とか
「『ダメ』しか言えない」とか
「他の人と話せない」とかね。


どうでしょう。

政治家と仲よくなろう

先日、葛飾区議会議員選挙が終わった。
投票率は41.67%に下がった。(前回は47.46%)
半数以上の有権者が選挙を棄権したことになる。

ところが、私にとっては
選挙はとても身近なものになってきた。
知人が何人か立候補していたし、
SNSや人づてに紹介も何件かあった。

だから、今回の選挙では、
マニフェストを見比べて、
誰か具体的な支持を表明しようと意気込んでいたのだ。

しかし、できなかった。


選挙公報で、どの候補者の欄を見ても、
この人はいいことばかり書いているけれど、
本当にやれるのかな・・・
課題の裏付けが甘いんだよな・・・
偏っているよな・・・
都議に立候補したのにまた区議?・・・
と思ったり。

もしかしたらネットには書いてあるかも
と思って、HPをのぞいてみても
どこに顔を出した的なブログがあるだけだったり、
キャリアしか書いてなかったり、
質問シーンが強調されているだけだったり。
なかなかぴんとくるものがない。

かと言って、駅頭の演説はほとんど聴く機会はない。
自転車通勤なので、駅にあまり行かないし、
たまに行っても用があっての移動だから
立ち止まることはない。
町で会うのは、名前連呼の街宣車ばっかり。
挙句の果てには、
一方通行を反対に走ってきたり、
交差点間際の迷惑なところで
演説をしたりしている候補者もいた。

う〜ん。旧来の選挙活動ばかりを目にして、
新しいことをやろうとする人が見受けられない。
みなさん、実行力がないのか、
情報発信が苦手なのか、
それとも本当に中身がないのかわからない。

厳しい・・・。


はて。

私自身も政治家に対して厳しい・・・。
厳しすぎる。

なぜこんなに厳しいのだろう。

きっと期待が大きいのにもかかわらず、
政治家に何を期待していいかわからないからなのだ。

だから、漏れ聞こえてくる
ふだんの行動や態度に腹を立ててしまう。


ふつうのおっちゃんやおばちゃんが
たまたま政治家になったと思う程度でいいのではないかな。

全ての分野に完璧な人がいるわけではないし、
ある程度の名誉欲や自己顕示欲、金銭欲だってあるだろう。
そこを前提に、お付き合いをしていくのはどうだろうか。


/Т禧世埜ない

政党が書いてあると、国政同様、
こういう主張なんじゃないか・・・と思ってしまう向きがある。
でも、政治家云々の前に同じ地域に住んでいる人たち。
運命共同体なのだ。
ならば、○○の意見を持った
おっちゃん、おばちゃんとして見てみよう。
政治のイメージが少しは楽になる。
(多額の税金を投入している点は大目に見よう。)


知り合いを増やす。そして質問をする。

政治家と知り合いになると
「投票をお願いされるのでは」と警戒してしまいがちである。
でも、逆に知り合いを増やして、
何か困り事やわからないことがあったら、
複数の人に聞いてみたらどうだろうか。
そのときの答え方で、
それぞれの人の考え方や専門性がわかるかもしれない。


F韻顕歛蠅療事者

何度も繰り返すが、
地域の政治家は赤の他人ではない。
本来、同じ課題を一緒に解決していく
当事者であり、パートナーであるべきなのだ。
なのに、現在の不幸は両者が
そうは思っていないことにある。
少なくとも区民はそれぞれ
いろいろな問題を抱えているはずだから、
身近な議員にそれを発信してみたらどうだろう。
そこから何か新しいことが始まるかもしれない。



結論。


地域のおっちゃんやおばちゃんと仲よくなるみたいに、
政治家と仲よくなろう。
仲よくなれば、同じ区民。
選挙に落ちても関係は変わりません。
(仲よくできない人は政治家であってもなくても、
仲よくできないおっちゃん、おばちゃんなだけです。
と割り切る。)

一人会議を開く

本日、葛飾近辺の某ホテルで一人会議を開きました。

「一人会議」なので、もちろん、一人。
一人であれば、誰にも見られる心配なく、
自分の思ったことを正直に書けます。

自分自身が今、問題だと感じていることを整理し、
優先順位をつけ、課題解決のプロセスを考えていきます。
*かなり本気度が高いです。

自分の頭の中で処理されていることを
実際に視覚化してみると、いやぁ、びっくり!

無意識のうちに逃げていたことや
後回しにしていたことが見えてきました。

まぁ、わかっていたことですが、
最近、私はデイサービスの仕事に
明らかに時間を割きすぎていました。

さて、ここからが本番。
新たな領域が見えてきたので、
どのように行動に移すかを考えています。

とりあえず、ブログもご無沙汰していたので、
備忘録も兼ねて、書いていきます。

みなさん、またのぞいてやってください。




♪ラブ・ユー立石(先輩&友人柳田さんの人気ブログ)
Profile

ふっきー

Recent Comments
Recent TrackBacks
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ