gvsag















ひょんなことから葛飾区鎌倉図書館で
こんなワークショップをやることになりました。

そもそもは、
図書館の職員の人からの相談がきっかけです。

・利用者さんたちのスポーツ新聞の
 奪い合いが激しくて困っている。
(少なくとも喧嘩はしないでほしい。)
・その人たちの多くはたぶん巨人ファン。
 巨人戦があると来ない。または帰っていく。
・欲を言うと新聞だけでなく、
 本にも興味を持ってほしい。

この課題が一時性のイベントで解決できるのか。
そもそもそんな人たちは参加してくれるのだろうか。

ま、そういう難しい悩みは
図書館の職員のみなさんに任せて、
自分の頭で考えられる
面白いことをやってしまおうということで、
こんな講座を企画してみました。


かく言う私も昔は巨人ファンでした。
しかし、90年を過ぎたあたりの巨人戦が
子どもながらにつまらなく感じ、
金銭にものを言わせた
大型補強に頼っていく頃から
完全に気持ちが離れました。

反面、1992年のシーズン終盤の
ダイエーホークスの試合が
非常に面白く映りました。
弱いながら個性的な選手が多く、
シーズンが終了してから、
度重なる逆転勝ち、
サヨナラ勝ちを続けることに
不思議な共感がわいたのです。
以来、中途半端ではありますが、
ホークスファンを続けてきました。

なので、それなりにプロ野球の世界には
興味関心を持っていますし、
好きな選手が載るスポーツ新聞を
いち早く読みたくなる気持ちもわかります。

平日の午前中ですが、
巨人ファンの方、アンチ巨人ファンの方、
ぜひご参加ください。

「巨人 VS アンチ巨人 〜名シーンを声に出してよんでみよう」

【日時】平成26年11月5日(水)午前10時〜12時
【会場】鎌倉図書館 大会議室
【定員】20名(先着順)
【対象】中学生以上
【申込方法】10月31日(金)午後8時まで受付
      鎌倉図書館のカウンターまたは電話でお申込ください。(開館時間内)
【講師】福原忠彦氏(葛飾まちづくり劇場 代表)
【参加費】無料
【お問合せ・申し込み先】鎌倉図書館
                 電話:03-3650-7741