201102181757000
○3/21(祝・月)みなせた稽古場日誌「ナカチャンズハーストリーができるまで〜ねぇ、私の右手さん〜」上映会

私たちの芝居がどんなふうに作られているか知っていますか!?
車イスや言語障害もなんのその、私たちの稽古場は芝居以上に楽しいと評判!
個性あふれるメンバーの激しい議論のさなか、突然起きる大きな笑い。
これは芝居か?それとも本気か?
いつの間にやら老若男女、車イスと二本の足が入り乱れながら、
ひとつの芝居が作られていく。
描かれるのは一人の女性障害者の自立のお話。
果たして芝居は本番に間に合うのか。乞うご期待。


【撮影】番園寛也、杉本曉子、丸岡稔典、平野幸恵
【編集】番園寛也
【構成・製作】水俣世田谷交流実行委員会

【日時】2011年3月21日(祝・月)午後2時〜午後4時(開場:午後1時30分)
【会場】世田谷区立総合福祉センター3階研修室
【参加費】500円(資料代)
【問合せ先】TEL:080-5183-1196(矢崎)
     E-mail:minamatasetagaya@mail.goo.ne.jp
【主催】水俣世田谷交流実行委員会

*この活動は、公益信託世田谷まちづくりファンドの助成を受けています。

【こんなところを見て】
芝居作りの稽古中には、いままで当たり前に演じていたセリフ、
動作に引っかかりを覚え、それを話題に話し始めることもしばしばです。
すると、そのセリフ・動作の背後で支えていた「考え」が、明らかになってきます。
この「考え」は、本人のみならず、周りの人とっても大切な認識であったりします。
私たちの稽古場は、このようなことが、連続して起きてくる場です。

【水俣世田谷交流実行委員会の紹介とこれまで】
2007年より、熊本県水俣市をはじめとする諸地域の障害者と、世田谷に住む障害者が芝居などの表現活動を通じて交流することを目的に発足しました。
2008年1月『春の汽車はおそいほうがいい 水俣・世田谷出会いコンサート』
2009年11月『木村浩子×キミエ群団 生活「お見合い」』
2010年3月『春の汽車はおそいほうがいいPART2 柏木敏治ディナーショー』ほか
雑居祭り、路上演劇祭などで『ザ・やすみつ』『キミエズ・ハーストーリー』の上演