1.水俣について
私がこのブログを始めるきっかけになった事業です。
2006年4月から11月まで、水俣病公式確認50年事業のため、
熊本県水俣市に滞在しました。

「第一回演劇ワークショップが始まった。でも・・・」(2006.4.16)
「第三回ワークショップ終了。今回の進行はひとりでした。」(2006.6.4)
「わからないものは怖いですか?」(2006.8.4)
「本番リポート1」から「大きな拍手のカーテンコール」まで(2006.10.14)


2.立石での活動について

2007年、地元の葛飾区立石の再開発計画をめぐる活動に始まり、
徐々に町や人の魅力を紹介する演劇をつくりようになりました。

「宣戦布告」(2007.4.26)
 ↑若気の至りですが、当時の勢いみたいなものが現れています。
「立石再開発をチョット学んでみよう!会〜上演〜」(2007.12.9)
「立石再開発をチョット学んでみよう!会〜客席から次々と〜」(2007.12.9)
「中立まちづくり宣言」(2008.9.27)
「『呑んべ横丁を物語る日』御礼&当日レポート」(2008.11.17)
「『立石様万華鏡コース』その1〜駅の立石様〜」(2009.9.21)
 ↑町歩き移動劇「立石散策劇場」の発表レポートです。


3.葛飾区市民活動支援センターでのお仕事について
2008年、立石の活動の延長で始まった
葛飾区市民活動支援センターのお仕事。
中間支援組織の運営を通じて、
広報やマネジメントを学ぶことになりました。
ここでつながった人たちも大きな財産です。

「駐輪場のスタッフを全員が引き受けてくれた」(2010.10.22)
「2010コラボかつしかまつりご報告」(2010.11.9)
「百聞は一見に如かず〜葛飾版社会起業塾」(2011.7.27)
「2011コラボかつしかまつり ボランティア大活躍」(2011.11.21)
「市民活動支援センター退職のごあいさつ」(2011.12.28)


4.葛飾での事業について

2012年ほぼ1年使って、葛飾で
社会的な事業を興そうと挑戦した記録です。

「かつしか希望の若者シンポレポート」(2012.4.6〜16)
「私のやりたいことと『勝手公共』」(2012.8.18)
「『葛飾散策劇場』始動!」(2012.9.11)
「『呑んべ横丁はしごツアー』も開始!」(2012.9.17)
「『立石働き方大図鑑』もようやっと始動!」(2012.9.20)
「2012年ふりかえり」(2012.12.31)


5.なぜか人気の記事

「山谷に嫉妬したくなるような名店を発見」(2009.2.3)
「葛飾区の河川が氾濫したら」(2011.6.2)
「日本人の仕事観に対する大きな疑問〜『仕事と日本人』を読む〜」(2011.9.27)
「東京シューレ中学校「大葛祭」で廃校利用について考える」(2011.11.16)
「祝!祝!祝!嬉しい!Cafeゆうじ屋オープン」(2012.3.6)
「灰皿を投げる演出家は今もいるのだろうか」(2013.2.3)
「協同労働の働き方の問題点」(2013.2.8)