ふっきーの演劇ワークショップ日誌

演劇ワークショップと言ってもいろいろ。自分の考える「演劇」や「ワークショップ」を、現場だけでなく率直な言葉で発信していきたいと思い、このブログを作りました。が、最近は地元葛飾区立石の関係の発信が多くなってきております。

葛飾−飲み食い

閉店前の「宮城」の思い出

ガラリと扉を開けると、
独特のすえたようなにおいとともに、
不思議な世界が広がっていた。


東四つ木、木根川商店街の奥にある
中華料理「宮城」である。
IMG_2803










2月17日。日曜日の昼下がり。
閉店間際と聞き、私は連れ合いと2人で訪れた。


左側の奥のテーブル席には、
初老の常連客とおぼしき2人組。
右側のカウンター席には、
ラーメン屋さんには場違いな
花の植木鉢があり、
その下には猫が食べ散らかしたような
固形のえさがこぼれ落ちたお皿がある。

奥には急な階段と年代物のストーブ。
ストーブの上には
今にも落っこちそうな鍋が置かれていた。

そして、カウンターの奥には
初老の女将さんがいた。

「いらっしゃい」と言われたかどうかすら、
お店の雰囲気が衝撃的で覚えていない。



これから食事をするのか?はたまたできるのか?
と思うに十分な(正直に言ってしまうと)汚さだった。


常連客に「どうぞどうぞ」とうながされ、
入口近くの空いているテーブル席に
おそるおそる座る。
連れ合いの顔も、
当初あった笑顔が消え、ひきつっていた。


年代物の献立を見る。
IMG_2801









失礼ながら初老の女将さんが
できるとは思えないほどのメニューの数。
そして、値段も最近の物価高とは
関係ないように安い。


私は「味噌ラーメンと餃子にしようかな」と言うと、
連れ合いは「ラーメンでいい・・・」と引き気味。
餃子を引っ込める。
カウンターごしに注文をすると、
後ろの常連客から
「俺のは後でいいから。先に作ってあげて」と言われた。
「ありがとうございます」
下町ならではの人情を感じる。


しばらくすると、
カウンターのわきにある
板の下をくぐって、
女将さんが出てきた。

ストーブの鍋から取り出した厚揚げの煮物。
そして、水菜のごま和え、菜の花のお浸しが
卓上にトントンと置かれていった。
すべての食べ物に無料のお通しが
3品つくシステムなのだ。
さすがにこんなに食べられそうにないので、
勢いにつられビールを頼んでしまった。
IMG_2800









よく見ると、
厚揚げの煮物の小皿には
砂っぽいものがついていた。
後から来たビールグラスにも
長年洗い残しがたまったような
痕がついている。

東四つ木にいながらアジア
旅行している気分になれる!と思いこみながら、
乾杯をして喉を潤す。


そのうちに常連客の一人が退店。
入れ代わりにこれまた初老のおばさんが入ってきて、
先ほどの男性が座っていた席に座った。
いつの間にはおじさんのテーブル席には
ティッシュの上に柿の種が広げられていた。
「これ美味しいんだよね」とおばさん。
「そうだよね」と女将さん。

ラーメン屋なのに、持ち込みOKなのだ。
さらに新たなお客さんが入ってきた。
今度は私と同世代ぐらいの男性で、
この場所とは縁遠そうなさわやかそうな雰囲気だが、
慣れたようにカウンター席に座る。
全員が見知った常連客なのだ。


「俺のは後でいいよ」と先ほどのおじさん。
「あ、あたし、頼んでいたっけ?」とおばさん。
「まだだね」と女将さん。
慣れたように「チャーハンとおつゆ」とおばさんが返す。
先ほどの青年は、これまた慣れたように
どこからかグラスと炭酸を持ってきて、
勝手に飲み始めた。


そうこうしているうちに、
私たちの味噌ラーメンとラーメンができあがり、
カウンターに置かれた。
あうんの呼吸のように、
青年が私たちのテーブルまで運んでくる。 


ああ、私たちは宮城のコミュニティに
お邪魔をしているよそものなのだ。
「す、すみません」

「どこから来たの?」と女将さんに聞かれたので、
「奥戸から」と答えると、「遠いね」と一言。
川を隔てて反対側でも「遠い」という感覚である。
でも、私たちのような一元客にも
疎外感を感じさせないのがこのお店のよさである。

IMG_2802






恐る恐る手をつけた味噌ラーメンはふつうに美味しかった。
連れ合いが頼んだラーメンはシンプルなしょうゆ味。
メンマにチャーシュー、シナチクがのっていて、
ふつうに美味しかった。

しめて、1,260円。安い、安すぎる。


こうして3,40分ほどの小旅行は終わった。


店を出るなり、どちらともなく
「すごいお店だったね」との言葉が流れた。
   
閉店1週間前の貴重な思い出になった。


IMG_2814












IMG_2813

「SHIBAMATA FU−TEN」に泊まってみて思ったこと

「柴又についに宿泊施設ができたんだってよ!!!」

そう叫びたい気分だった。
有名な観光地なのに、宿泊施設がない。
遅きに失した感もあるが、ついにできたのである。
葛飾区民として単純に嬉しい。
喜びついでに、地元の飲み仲間と行ってきた。
葛飾区の旧職員寮を改装したそうである。
内部は予想以上にオシャレで、快適だった。

IMG_1254











さてさて、内部はいろいろな人が紹介しているので、割愛。
強く思ったのは、柴又が周遊型の観光地から、
滞在型の観光地へとシフトできるかどうかが
問われているということだ。

周遊型では、数時間楽しめればいいが、
滞在型では、1日以上楽しむコンテンツがなくてはならない。
その準備が果たしてできているだろうか。
体験をふりかえると同時に課題を考えてみる。

〕漆をどこで調達するか

宿には自炊設備はあっても、食事はついていない。
そこで、私たちは食事を持ち寄ることにした。
待ち合わせは宿に19時。
用意がいいHさんは柴又駅前にある
「Pizzeria luna e Dolce」の
ピザを2枚予約していた。
「このお店、ミシュランにも載っているんだって」
と下調べも欠かさない。さすが!

見事、待ち合わせ時間に全員遅れてきていたので、
ピザを持ったHさんを誘って、
19時20分に居酒屋に入るという暴挙に出た。
入ったお店は駅前の「やきとり福茂」。
見事あたり!焼きそら豆をあてに生ビールを飲む。
IMG_1252









まさに幸せ。
入って10分後、
遅れてきたN夫妻から連絡があったので、
私はこのお店の焼き鳥とポテトサラダを
テイクアウトで持っていくことにした。
そして、飲み物と乾きものは近くのコンビニで調達する。
IMG_1264









正直に言うと、立石の仲見世商店街あたりで
総菜を買ってしまおうか迷ったのだ。
でも、せっかくなので、柴又で買う挑戦をしてみたかった。
19時でも買える店は少ないので、
時間が遅ければ遅いほど、
駅前のコンビニ頼りになってしまうだろう。
柴又の夜のお店、ぜひとも頑張ってほしい。

あと宿泊施設にはシャワーしかない。
お風呂に入りたい人は銭湯が遠い・・・。

朝食をどこでとるか

朝はNさんの通勤とNさんご子息の通学の都合で7時集合。
残されたHさんとNさん妻と私の三人は
朝食をとれるところを探すことにした。
あてにならないのは、Rettyというページ。
「柴又で朝食がとれる19店」と書いてあるのに、
後半のほとんどのお店は隣町、高砂である。
また7時から開いている店はなく、
高木屋は開いてはいたが、草団子の仕込みをしていただけで、
食べられるわけではなかった。
そこで、朝食をとれるお店をさがす。
駅前で2軒あった。

ひとつはコーヒースタンド。もうひとつはおそば屋さんである。

17360615_1337913419602543_1222465027_n








「煙草吸えます」と必要以上に大きく、
何個も書いてあるところが
喫煙しない私にとっては恐ろしい。
悩みに悩んだ末、コーヒースタンドに入る。

これが正解だった。
82歳のおばあさん(←そうは到底見えない)が
一人で切り盛りしているお店。
シンプルながらトーストが美味しく、居心地もよかった。

IMG_1281








正直言って、もう少し選択肢があると楽しい。
特に参道のお店、開けてくれないかな。

D食をとった後、どうするか

私たちが朝食を終えたのが8時過ぎ。
観光地に行くにも時間が早すぎるので、
柴又八幡神社の古墳探しを皮切りに、
住宅街を散策した。
私は用水路の上の道を発見したりで、
かなり楽しかったのだが、
さんざん歩かされた2人はお疲れのご様子。
高木屋さんでお茶休憩をして、
柴又帝釈天にお参りをしに行くことになった。
IMG_1287









その後、シクロポリタンタクシーに乗れればよかったのだが、
その日はあいにくお休み。
仕方なく、矢切の渡しに乗ろうということになった。
私の中ではこの体験が一番楽しかった。
川に囲まれた町、葛飾なのにもかかわらず、
葛飾で船に乗ったのは生まれて初めて。
とても新鮮で気持ちがよい体験だった。
IMG_1297












そして、せっかくなので、野菊の墓散策へ。
ひたすら畑の中を歩く。

IMG_1295








私は「野菊の墓」はDVDで見たことがあるが、
同世代は小説も映画も見たことのない人の方が多いだろう。
まして外国人は・・・。
特に「野菊の墓」の世界観が初心者でもわかるものもなく、
物足りなく感じた。
記念碑まで行き
帰りは三人でなぞなぞをして帰ってきた。

柴又帝釈天近辺以外にもう少し楽しめるコンテンツがほしい。
葛飾に広げれば、
水元公園や立石の居酒屋はしごなどがよいだろうか。

いずれにせよ、宿泊施設のスタッフには
外国人にせよ、日本人にせよ、ニーズに合わせた
高度なコーディネート機能が求められる。
そして、柴又地域では、
食事や娯楽のコンテンツの充実が課題だ。

宿泊施設ができたことを機に、変わるチャンスである。
大いに頑張ってほしい。

12/31(月)トホイチ店長太田裕己の大みそか持ち寄り鍋カウントダウン

IMGP4591

トホイチ店長太田裕己さんと不思議なバイク。

高砂にトホイチという面白い場所があります。
その名の通り、京成高砂駅から徒歩一分の場所に、
パソコンが5台置いてあるスペースがあります。
それが「トホイチ」。

なぜか、今年の4月からトホイチハイボールの交流会を始め、
いつの間にか、IT専門家が集まるスポットになってしまった不思議な場所。

でもね、面白い人が集まる場所には、
面白い企画が生まれるんです。

ということで、店長の太田さんの
「大みそかを一人で過ごす人のためになにかをしたい!」
という熱い想いで口説かれ、
今回協力をしています。
と言っても、まだ何も考えていないので、
来たメンバーで楽しめることを用意できればいいのかな。
1人でも、2人でも退屈な方はぜひトホイチにいらしてください。


【日時】12月31日(月)午後8時〜午前1時
【参加者数】1名
【開催場所】トホイチ(京成高砂駅から徒歩1分)


※私、ふっきーも協力しています。
 以下、トホイチ店長太田裕己さんの文章。

「ここ数年寂しく一人年越しなんだよね」
「じゃ〜材料持ち寄ってお鍋やりましょう」

楽しく年を越そう!全員で越せば怖くない(笑)です!!
参加費はありませんが
食材、アルコールお願いいたします

MADUIYA IN THE DARK(まづいや・イン・ザ・ダーク)

1月31日。亀有まづいや来訪。
私がかねがね「行きたい!」と言っていたら、
座・スーパーマーケットの田村啓子さんが聞きつけ、
新年会をすることになった。
総勢7名。


何度も書くが、田村さんは中途の視覚障害者である。
同じような障害者が楽しめる場をつくるために、
亀有を中心に落語会や朗読会、
コンサートなどのイベントを定期的に開いている。

田村さんと飲み会をやるからにはアイマスクを!
目が見える人がアイマスクをすることで、
田村さんたちとコミュニケーションがとりやすくなる。


自己紹介は全員アイマスクをしてやった。
男の人は声で若さがわかるらしい。
自分が来ている服も説明するのだが、
何を着ているか無頓着なので、忘れてうまく説明できない・・・。
言葉が大事なのだ。


まずは名物おでん。

お皿に辛子を取ることから始める。
器とさじを人に持たせてもらい、
手探りで、辛子を移すお皿をさがす。
辛子自体にすくった感触がないので、難しい。
勘で辛子を皿につける。
IMGP3325


IMGP3326


まづいやのおでんは規格外に大きく、
ナイフが一緒についてくる(らしい)。
そこで、見えている人が一人分の大きさに切って、
皿まで運んでくれた。
「ここからが勝負!」といきたいところだが、
辛子のつけた皿の位置を忘れてしまう誤算。

対面の田村さんからアドバイスが入る。
「そういう場合は、○時の方向にあるって言ってもらえばいい」


なるほど。

不器用ながらも、
大根、がんも、厚焼玉子、牛すじなどに辛子をつけて頬張る。
ひとつひとつに出汁がしみこみ、美味しい。

調子にのって、一つ実験。
私たちがいたまづいや2階では、
注文はインタホンを通じて、階下にする。
そこで、アイマスクをしたままの私は
みんなのお酒の注文をまとめて、店員に頼むことに挑戦した。

まずは5人ほどのお酒のオーダーを記憶。
その上で、インタホンのある位置まで移動する。
こちらは3メートルほどなので、それほど怖くはない。
が、思っていた以上にインタホンまで高さがあり、
人から言われてようやくインタホンを押すことができた。
私はインタホンが低い位置にあると思いこんでいたのだ。


その後は、もうひとつの名物お好み焼き。
IMGP3327


そして、バター焼き。
IMGP3328


真っ暗闇のまづいやを堪能した一日となった。

日本全国で「○○を楽しまNIGHT!」をやろう!

4月29日。
「葛飾を楽しまNIGHT!」を
お花茶屋「四季彩々『真澄』」にて行いました。

「どこかで聞いたようなタイトルだなぁ」と誰かに言われました。
あはは、ごもっとも。
2年前にやったイベント『立石を楽しまNIGHT!』からの転用です。


これだったら私にも気軽にできるなぁということを思いついたので、
形にしてみました。

以下、友人・知人に出した呼び掛け文です。



●被災地&個人店応援プロジェクト『葛飾を楽しまNIGHT!』

被災地応援=被災地で生産されたお酒を飲み、野菜を食べる!

個人店応援=お店で飲食をする!

長期的目的=葛飾の面白いお店発掘&面白い人材発掘

今回の震災の余波。
節約・節電・自粛のため、地域の優良店が苦しんでいます。
「夏まで持たない店が出てくる」という切実な声も出始めています。
地域に優良店がなくなったとき、困るのは住民です。
そこで、被災地を応援しながら、
同時に地域のお店を応援する企画を立ててみました。



ご協力いただいたのは、
3月のミニ交流会「かつしか若者ライブトーク」
ゲストスピーカーとして出席してもらった20代、30代のお三方。
私を含む、それぞれが二、三人の人を連れて来て、
紹介し合おうということも目的です。



「被災地支援」
今回は前々日に有楽町の交通会館前のブースに行って、
野菜を仕入れてきました。
しかし、平日だったため、
最大の風評被害地福島県の野菜は出ておらず、
青森県産の長いも、
茨城県産の新玉ねぎ、アイスプラント、ニラなどを仕入れました。

福島県八重洲観光館に問い合わせをしたところ、
そこでは特に扱ってはおらず、
江戸川にあるアンテナショップもあるにはあるが、
お菓子類が中心で、野菜はあまり出してはいないとのこと。
被災地応援フェアみたいなものは
主に民間の業者が自主的にやっているようです。
何らかの事情があるのかもしれませんが、
ここらへんにも官の弱さを感じました。


「個人店応援」
今回のイベント自体は、たまたま何か所かで
「震災以降、個人店が厳しい」という声を聞いたのがきっかけ。
このまま消費者の自粛・節電・節約志向が続くと、
夏まで持たない店も出てくるそうです。
一か月に一度はみんなでパーティーを開くのは
どうだろうと思ったわけです。


「面白いお店発掘&面白い人材の発掘」
以前から私がやりたかったのがここです。
私もたくさん面白いお店と面白い人を知っています。
そこで、面白いお店で面白い人たちと
新しい面白い人たち紹介しあうことはできないかと思ったのです。

201104291920000

茨城産新玉ねぎ(野菜を作る人)+お花茶屋『真澄』(料理を作る人)+私たち(お金を払って料理を食べる人)のコラボ
「新玉ねぎとソーセージのポトフ風」

おかげさまで美味しい食事をしながら、
面白い人たちと愉快な話ができました。
新たな出会いもあり、実りあるイベントとなりました。

このブログを読んだみなさん、
ファミレスやファーストフードもよいですが、
地域のお店にぜひ足をお運びください。
そして、親しい友人を連れて行ってあげてください。
お店がなくなってからでは遅いです。
こんなことが地域のあちこちで
毎日行われるようになると楽しいなぁと思います。

私も楽しみながら、長く続けていきたいと思っています。

夏まで持たない店も出てくるんじゃない

201104131342000
本日、お花茶屋の『真澄』にてランチ。
天気もいいし、仕事も一段落ついていたので、
今日は弁当づくりをお休みして、
どこかで食べようと思っていたのだ。

1時半過ぎなのに、席がほぼ満員の大盛況。
「たまたまだよ」とご主人。
「夜は全然戻ってこないよ。
被災地の支援をしたいけど、
うちのような個人店は自分のことでいっぱいいっぱい。
夏まで持たない店も出てくるんじゃない。」

節電。節約。自粛。
もちろん、日本全体が苦しい時期だから、
どこも一緒かもしれない。
でも、地域の個人の優良店がなくなったら、
最後に困るのは自分たちだ。

今日は日替わりランチ。
豚ヒレかつ煮と小鉢二品、ご飯、みそ汁、お新香。
一品一品仕事が丁寧で、
まさに「食べ物をいただく」という言葉がぴったり。

おしゃべりも楽しみ、食事も楽しみ。
「ごちそうさま」
あまりの居心地のよさにお金も払わず
出ていきそうになってしまった。
失礼しました。

こんなに楽しんで680円でした。
お花茶屋近辺のみなさま、
もしくは近くにお越しのみなさま、
ぜひ寄ってみてください!

地域の個人店も盛りたてていきましょう。

+choiceの「タコライス」とシュールな二人

IMGP2988
おととい、来月のミニ交流会のチラシに使う写真撮影のために
NPO法人未来空間ぽむぽむが運営する+choiceに行ってきました。

知り合いのブログで紹介されていた。
新発売の「タコライス」に挑戦してみました。

ポルコ曰く
「新メニュー登場 タコライス +choice@青砥(2010/12/16)」

今ならコーヒーがついて650円。
他のランチメニューよりお得になっています。

半熟の玉子をつぶして、
野菜がたっぷり入ったひき肉と一緒に食べると、
玉子の甘さと肉のうまみが絶妙に絡み合います。
レタスやミニトマトも
ちょうどよいアクセントになって食が進みます!

「ポルコ曰く」でも書かれているように、
丁寧な仕事ぶりが伝わってくる「タコライス」でした。

ごちそうさまでした。

写真を撮っていたら、+choiceのウィンドーに
こんなイラストが飾ってあるのを発見。
IMGP2983


色使いの素敵な洋服を着ているふたりの人。
なぜかどちらも少々困ったような顔。
左の人は「そのちょうしでがんばろう」
右の人は「ざんねんだよな」と言っている。
どちらにすればいいのだ?
見た人を途方に暮れさせてしまうようなシュールさが素晴らしい。

+choiceの「キーマカレー」

IMGP2913
青戸にある+choiceに久しぶりに行きました。
写真の中にサンタさんがいるように、
お邪魔したのは実は先月のこと。

運営しているのはNPO法人未来空間ぽむぽむという面白い名前の団体です。
こちらでは飲食ができる喫茶コーナーだけでなく、
区内の福祉施設でつくられた物品の販売をおこなっています。
私はパン類が特に大好き。値段・質ともすばらしいです。

キーマカレーはそんなに辛くはありませんが、
野菜がたっぷり入っていて、マイルドな味付けで
美味しかったです。ごちそうさまでした。

今週末、NPO法人入門・設立講座でNPO法人未来空間ぽむぽむから
副理事長の佐和佳江さんに来て、お話をしてもらう予定です。

そして、来月22日(火)には
「お出かけ交流会〜NPO法人未来空間ぽむぽむ編」
ということで、出張してミニ交流会を開きます。

企画者ながら、楽しみです。

夢にも思わなかったクスクスの一日

201005132004000
昨日はお休み。夜にひとつ予定が入っていたのですが、
相手方から急きょキャンセルの連絡が入りました。
さて、どうしよう?

私は昔から日常ふとした瞬間にできる、
こういう隙間みたいな時間が大好き。
(予定は予定で楽しみにしていたものだったのですが・・・)
そのときいた場所は京成線の堀切菖蒲園駅。
場所と時間をふまえて、頭をフル回転して考えます。

町散策を始めようか・・・。
それとも見たかった映画でも見に行こうか・・・。

あ!近所でご無沙汰している友だちに会おうと思い、
電話をかけました。
「家に来ない?」とのお誘い。二つ返事でうかがうことにしました。

さらにお宅までの通り道にあった友人のお店「真澄」
ビールをごちそうになりながら、
「鳥の丸揚げ」とおつまみを調達。
ビールを買って友人宅に行きました。
スーパーやコンビニの惣菜と違って、すごく丁寧なプロの味つけ。
黒ビールを片手に一品一品をみんなで堪能しました。

そのあとは、北アフリカのクスクスという料理と
メキシコのスパークリングワイン。
(写真がぼやけていますが・・・)
「今朝起きたときにはクスクスを食べるとは夢にも思わなかった」
この友人にはいつも予想を裏切られます。

そのあとは、ジンの炭酸割りをいただきました。
たくさんおしゃべり。よい休日でした。

さて、今日は何が起こるか。
夢にも思っていない料理を食べることになるやも。

最終日のきよし訪問

201003311942000
Iさん夫婦からメールがあった。
「3月31日、きよしに行きませんか?」
その日はたまたま夜の予定が空いていたので、
これは千載一遇のタイミングだと思い、
「行きます!」とすぐに返信した。

きよしは3月いっぱいで閉店する
堀切菖蒲園駅の近くにある飲み屋さんだ。
先日、亀有の江戸っ子をIさん夫婦に案内してもらった際、
おふたりに閉店の噂を話したのを
覚えてくれていて誘ってくれたのだ。

仕事が終わるやいなや、一目散に堀切方面に自転車を飛ばした。
堀切菖蒲園駅で飲むのははじめて。
仕事からの解放感も手伝って、お酒を飲む前からほろ酔い加減。
また堀切の立石とは違った飲み屋街の雰囲気がたまらない。
Iさんの旦那さんYさんいわく、
「葛飾だと立石の次に居酒屋が多いんじゃないんですかね」
とのこと。
この夫婦はかなりのつわもの。
立石の町案内をした際、
Iさんは自分以上にお店を知っていてびっくりしたのだ。
数年前、区内に引っ越して来て以来、
足繁く区内の飲み屋に通っているらしい。

続きを読む
♪ラブ・ユー立石(先輩&友人柳田さんの人気ブログ)
Profile

ふっきー

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ