ふっきーの演劇ワークショップ日誌

演劇ワークショップと言ってもいろいろ。自分の考える「演劇」や「ワークショップ」を、現場だけでなく率直な言葉で発信していきたいと思い、このブログを作りました。が、最近は地元葛飾区立石の関係の発信が多くなってきております。

葛飾以外−飲み食い

祝!祝!祝!嬉しい!Cafeゆうじ屋オープン

3月6日15時にオープン!

開店時間に合わせて、
三軒茶屋「Cafeゆうじ屋」に行ってきました。
IMGP3517
店長は実方裕二さん。

ゆうじさんは先天性の脳性まひ。
手足は十分に動かず、重い言語障害もあります。
生活するだけでもすごい!と思ってしまうのに、
ゆうじさんは障害を個性に変えて、
明るいエロおやじのキャラクターを前面に活かした漫才をやったり、
介助者を使って作る料理の腕を活かして、
宅配デリバリーをやったりと、
障害者の可能性を広げてきました!


ゆうじさんの強みは
「物怖じしないコミュニケーション」と
「機動性抜群の電動車イス」だと思います。
20年近く、誰にも真似をできないような事業をやってきました。


↓詳しくは
http://www2.u-netsurf.ne.jp/~yuujiya/ayumi.html


私とは2007年に水俣で一緒に企画をした
「ゆうじ屋のお料理トーク」以来のお付き合いです。
2009年には、葛飾区市民活動支援センターで
「言葉のバイキング。『見て、聴いて、味わって。」の講師を
やってもらったこともありました。


一緒にいるとエネルギーをもらうパワフルな障害者です。


今回は、念願のお店をオープンしたということで行ってきました。


入口はこんなかんじ。
IMGP3520


ふたつの柱が目印です。


ゆうじさんの車イスがギリギリ通れる
オシャレな通路を進むと、奥にお店があります。


すでにほぼ満員。
私たちのすぐ後に、お客さんが入ってきたので、
私と一緒に行った劇場関係のグループは
カウンター席を移動し、階段席に!

オシャレな店内。
IMGP3513

IMGP3514

IMGP3515


半年ぶりぐらいかな。店長のゆうじさん。
開口一番「誰だっけ?」という憎まれ口を叩かれたけど(笑)
IMGP3516



カウンターの中では、若い女性スタッフ3人が気持ちよく働いていました。

頼んだのは、ケーキセット(コーヒー付き)500円。
ゆうじ屋自慢のシフォンケーキと生クリームの組み合わせが選べます。

私は好きなバナナシフォン+いちごとレアチーズの生クリームにしました。

IMGP3518


前は焼きシフォンだそうで、香ばしい味わいを楽しめました。
いやぁ、美味しかった!

昨年の11月から準備をすすめたそうです。


心から開店おめでとう!ゆうじさん!
ほんと嬉しいよ。

また行きます。

「Cafeゆうじ屋」
営業時間:15時〜20時 
住所:世田谷区三軒茶屋2-14-22-102
定休:月曜

友人の住む町にお金を落とすこと

IMGP2912
年に数回会って、
意見交換をする友人がいます。

その人は西の町に住んでいるので、
いつもは中間地点の山手線沿線で
会うことが多かったのですが、
初めてその人の住んでいる町に行ってみることに。

これが実に面白かった。
観光地でも大都市でもないふつうの町。
でも、ふつうではありませんでした。
さらに自分は東のほうなので、
東京の西のほうは見るだけで新鮮。
知らない町というのはこれほど面白いものなのか!

いわし料理の専門店を満喫しました。

大都市のチェーン店にお金を落とすと、
全国に展開しているチェーン店がもうかります。

友人の住む町にお金を落とすと、
友人が住む町がもうかります。

「このお店に(ふだん)また来よう」と友人が言いました。
遠い町に住む私もまた行きたい美味しいお店。
そのお店の料理は友人に住む町に行かないと食べられません。

これぞ贅沢。

酎ハイ街道を行く

玉ノ井を抜けると449号線に出る。
誰が名づけたか「酎ハイ街道」。
酎ハイ好きの私としては、
今回の散策でとっても楽しみにしていた場所だった。

その名の通り、良質の酎ハイを提供してくれる
老舗が並んでいるらしい。

IMGP2903
一軒目「和楽」
「奥様公認酒場」の看板が目を引く。
いいなぁ、こういうユーモア。
中に入ると、慣れた常連客のような人たちでいっぱい。
やや躊躇しながらも空いていたカウンターの奥の席に座る。
職人風のご主人がど〜んと構えるお店。

和楽ハイボールを頼むと、
氷なしのジョッキとビンの炭酸が
三つずつドン、ドン、ドンと置かれた。
さらに目の前には
特製の梅エキスで割った焼酎の瓶がドカッと。
何とも豪快。

炭酸を入れたあと、自分で焼酎をそそぐのだ。
「足が悪くなったから、自分で注いで」
と下町流サービスの洗礼である。
でも、それが逆に新鮮でもある。!

「もっとナミナミ入れないともったいないよ」
とご主人。
ギリギリまで注ぐのがこの店の流儀らしい。
牛モツ煮、まぐろのぶつ、モツ焼き・・・
どれも丁寧な仕事ですばらしい!

山谷方面から来たお得意さんもご一緒に盛り上がった。
続きを読む

山谷に嫉妬したくなるような名店を発見

e7572f37.jpg宿が決まったので、今度は食事をするお店さがしをしました。
歩くないなや、三人とも文句なしでここしかないというお店を発見。昭和の大衆居酒屋の王道を行くような看板と堂々とした門構えの「大林」というお店です。暖簾に吸い込まれるように入りました。

さらにすばらしいのが店内です。高い天井。カウンター席とテーブル席の間に大胆なスペースを設けたつくり。しかもカウンターは使いこまれた木製の机。温かみを感じさせる木製のイスも並んでいます。奥には神棚なんかもあります。一つ一つの調度品に風格が漂っています。
ここでも、反射的に女性の友人が「すばらしぃ!!!写真撮ってもいいですか?」と写真を撮ろうとすると、ご主人が奥から無言で札を持ってきて、我々の目の前にパチリ!見ると「撮影禁止」「携帯禁止」と書かれています。ダメ押しに「うちはダメなんだよ」とそっけない一言が浴びせられました。

その日は自分たちがはじめてのお客さんだったみたいです。
無愛想そうに見えたご主人が「こっちのほうがストーブがあるからいいよ」と中央のカウンター席に案内してくれました。
とりあえずビールで乾杯。あじフライ、モツ煮、ニラ玉炒めというような定番ものを頼みます。どの品も丁寧でおいしいです。せっかくなのでハイボールを頼むと、焼酎を目の前で入れて、炭酸で割ってくれます。注ぎ方のおいしそうなこと。濃さも味もまがい物のハイボールではありません。
こんなにいいお店が山谷にあるとは・・・。立石の数ある名店にも負けず劣らずのお店で、少々嫉妬してしまいます。

われわれがかなりこのお店を楽しんでいるのが伝わったのか、無口な職人肌のご主人が少しずつ変わってきます。
途中でちょっとかわいく「焼き銀杏があるんだけどどう?」と声をかけられました。さすがに「いりません」とは言えません。しばらくすると銀杏が殻つきのまま出てきました。ご主人の右手には小さなすりこぎ棒が。「こうして食べるんだよ」と棒でお手本に殻を割ってもらいます。アツアツの実をまるさんがおいしそうに食べます。一種の参加型の演出なのですね。自分も続いて挑戦すると、力が強すぎたため、殻とともに実もつぶれました。ふたりは大笑い。ご主人も満足そう。
友人がなにか別の飲み物を頼もうとしていると、「焼酎のミルク割なんていうのもあるんだけど」とご主人。無愛想だった人がちょっとかわいくなる。ツンデレの法則でしょうか。こんなふうに言われたら、どんな人でも断れないでしょう。
これも意外といけました。焼酎がカクテルのカルアミルクみたいな飲みやすい味になるのです。

あっという間の2時間を過ごしました。かなり飲んで食べて三人で6,600円。お茶目なご主人とも出会える。贅沢とはこのことです。
こんな優良店なのに、2時間自分たちの独占。
かつては仕事帰りの労働者でさぞかしにぎわったお店だったのでしょう。入口付近には小さな手洗いスペースがあったりして、建築関係の労働者とかは、手を洗ってから店に入ったのだろうなと想像しました。
本当にいいお店というのは、食べ物の味も建物も人も記憶に残るのだと思います。

ここで、女性の友人とはお別れ。南千住の駅まで送り届けて、ほろ酔い加減のふたりで再び居酒屋をさがします。(つづく)

新宿ゴールデン街&二丁目探検

bad774f5.JPG7月8日つづき。勢いにのったまるさんに「あなたに紹介したいお店と人がある」と連れられ、地元の立石を離れることになった。お互いにネットワークを持っている自分たちはこの一ヶ月間で、100人以上を紹介しあっているのではないだろうか。いい意味で立石でのライバルである。

一路、ふたりで新宿へ。まさか朝起きたときは新宿に行くとは思わなかった。
ゴールデン街に足を踏み入れたのははじめてだった。入り口の小道や柳がなんとなく、昔の遊郭の風情を残している。とまるでかつての遊郭を知っているかのように書いているのも、いま色町の歴史を勉強しているからなのだ。立石にも戦後、赤線・青線と呼ばれる場所があった。地域の歴史を調べれば、必然的にそのことともぶつかるはずなので、一応、最低限の知識は仕入れておこうと思ったのだ。
当然、江戸時代に宿場町の機能をもった新宿の歴史も色町とともに始まる。地名どおり「新しい宿」である。こうやって歴史を紐解いていくと、東京が違う角度から見えておもしろい。
一軒目は「花の木」。まるさんにママさんを紹介してもらう。このママさんはお客さんに厳しいので有名な方だそうだ。みんなで話している間にも、なじみのお客さんが数人か来て、そのたびにママさんは「会いたかった、飲みたかった、やりたかったぁ」とおどけて言う。まるさんも社交的な方なので、いつの間にか新しいお客さん巻き込んで話をし始める。コミュニケーションの極意を学んでいるみたいである。
二軒目は二丁目に場所を移して「らいら」。このお店は場所がすごい。香港にあるようなマンションの一角で営業しているのである。まるさんいわく、「連れて来てくれた男の人が信頼できる人だからよかったけど、その人以外だったら逃げていた」とのこと。それほど、お店よりもマフィアの事務所でもありそうな趣のある建物のなかにあるのだ。
ところが、中にいたのは若い女性がひとり。しかもいたってふつうそうな方で拍子抜けした。聞けば、彼女はほぼ同い年でシャンソンをやりながら、アルバイトとして一日、ママさんもやっているらしい。まるさんが紹介したかったのは、別の方だったのだが、立石のスナックっぽい場所で若い人を見たことがなかったので、とても新鮮だった。しかも職業柄、話がうまい。立石ではどちらかというと、ママさんの話を聞きに行ったり、イベントがらみで行ったりすることのほうが多いのだけど、こちらは気の合う同世代の異性と話をするかんじである。立石よりも値は張ったけど、スナックにふらりと通う男性の気持ちが理解できた気がした。
立石から出て、改めて立石のことが見えてきた一日だった。
♪ラブ・ユー立石(先輩&友人柳田さんの人気ブログ)
Profile

ふっきー

Recent Comments
Recent TrackBacks
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ