ふっきーの演劇ワークショップ日誌

演劇ワークショップと言ってもいろいろ。自分の考える「演劇」や「ワークショップ」を、現場だけでなく率直な言葉で発信していきたいと思い、このブログを作りました。が、最近は地元葛飾区立石の関係の発信が多くなってきております。

新年の抱負

2018年新年の抱負

明けましておめでとうございます。

今年も新年の抱負を考えてみました。


「ワークライフバランスの実現」



具体的には以下の目標をたてました。


 新たな家族との共同生活を軌道に乗せる。

 寝る前にストレッチをして、0時前に寝る。残業を減らす。

 演劇を使った介護予防事業を始める。



 は、一番嬉しい変化です。
現在はパートナーと一緒に「結婚契約書」を作成したり、
生活後に使う「役割分担表」「収支計画書」などの
準備をしたりしています。
*これもなんのこっちゃ!?でしょうが、
 おいおい紹介していきたいと思います。

1児を持つ共働き夫婦となる予定なので、
新しい家族との生活がうまくいくように
デザインをしていきたいと思います。
たぶん、今まで体験しなかったことが多いので、
ここに自分の成長の余地があると考えています。



 先月40歳になりました。
年末に親戚の子どもたちを
肩車したら腰痛になったり、
年始に新年会のはしごをしたら
食べ過ぎで翌日が動けなくなったり、
自分の健康面も
気をつけなくてはいけないと真剣に思いました。
そこで、現在は年始から
寝る前に簡単なストレッチをしています。
できるだけ、0時前に寝て、
早起きをするように心がけます。

昨年は大幅に残業を減らせました。
今年も引き続き、
残業を減らせるように工夫をしていきます。


 私の最大の強みは「演劇」なのですが、
定期的に発揮できるチャンスがありません。
仕事にするかどうかは考え中ですが、
元気な高齢者を対象に、
演劇を使った介護予防事業に挑戦したいです。



そして、今年のテーマは「小さくまとまらない」


狭い組織で働いていると、世の中の大きな流れや、
当初の志を見失ってしまう可能性があります。
常に社会にアンテナを張り、
地域の課題解決の一翼を
担っていきたいと思っています。



本年もよろしくお願いいたします。

2017年新年の抱負

明けましておめでとうございます。

どのぐらいの頻度で更新できるかわかりませんが、
本年もブログは続けていくつもりです。
お付き合いをよろしくお願いいたします。 

今年の新年の抱負は
「ワークライフバランスの実現」にします。 

詳しくは以下のことです。


…冥蟆雜郢業を安定させ、残業を減らす。

▲僉璽肇福爾叛婚。将来の家庭の基盤を築く。

1薹爐鮖箸辰特楼菠餝腑吋▲轡好謄爐鬚弔るイベントをする。


,皚△皀廛蹈札梗体は
かなり細かいことになるので、
ここでは割愛します。


私の夢は、当事者性を持って仕事や生活をすることです。
なので、現在の高齢者の通所施設も、
自分や家族が通うことを想定して
サービスをしたり、改善したりしています。

結婚すれば、しただけの課題がありますし、
それに伴い、仕事に比重を置きすぎる
生活のスタイルも改めなくてはなりません。


地域で豊かに暮らすためにはどうすればいいのか。
またそのために必要なものは何かを考え、
実践していく一年にしたいと思います。

は2015年「葛飾インフォーマルサービス・フォーラム&シアター」
2016年「最期まで暮らせる地域を一緒につくる交流会」
の延長の企画となります。
私の強みを存分に活かした事業をやって、
葛飾区ならではの地域包括ケアシステムづくりをしていきたいです。


以上、いい年になりますように、
楽しみながら頑張ります! 

「樹木希林」と「死」と私

kiki1










(宝島社HPより転載)


1月5日。

宝島社の広告が大手新聞に掲載され、話題になりました。


ミレイの『オフィーリア』をモチーフに、
樹木希林さんが小川の中に横たわります。


そこに書いてある言葉がすごい。


「死ぬときぐらい好きにさせてよ」



そして、文章が続きます。


「人は必ず死ぬというのに。

 

 長生きを叶える技術ばかりが進歩して

 

 なんとまあ死ににくい時代になったことでしょう。

 

 死を疎むことなく、死を焦ることもなく。

 

 ひとつひとつの欲を手放して

 

 身じまいをしていきたいと思うのです。

 人は死ねば宇宙の塵芥。せめて美しく輝く塵芥になりたい。

 それが、最後の欲なのです。」




死ぬこと。それは自由になるものでしょうか。

 

私は地域のデイサービスに勤めています。

デイサービスは高齢者の人たちが地域で生活し続けられるように、
職員の手伝いや見守りで食事ができたり、お風呂に入れたり、
トイレに行けたり、交流の場が持てたりするところです。
 

言うなれば、できるだけ「長く生きる」ための場所です。
そこは選んで来る人もいる一方、中には家族の都合で来る人もいます。
そして、年に数人は、死ぬことによる「別れ」もあります。


 

私がこの広告を見てショックだったのは、
仕事柄、「死」が身近にあるのに、
自分の「死」は遠いものだと、
どこかにうっちゃっていることに気づいたからでした。


 

いつ死ぬかわからないから、
一生懸命生きるという考え方もありますが、
私はその考えはあまり好きではありません。


 

やはり「こう死にたい」と考えることは、
「こう生きる」と意思を持つことや
行動を起こすことにつながると思うのです。

 

また自分の「死」をもっともっと意識することで、
身近な人たちの「死」に寄り添うことが
できるかもしれないと思うのです。

 


今簡単に答えが出せる問題ではありませんが、

今年は「死」を考える一年にしていきたいと思います。 




2016年新年の抱負

私なりに「新年の抱負」が全然達成されなかった

2015年をふりかえり、反省をしました。



大きな抱負と各項目が合っておらず、

成果が出しづらかったのだと思います。

なので、今年は思い切って、
次の3つのことを実行します。



’知症を予防するプログラムをつくり、広げる。
 

▲僉璽肇福爾鮓つける。
 

寝る時間、考える時間を確保する。




大風呂敷を広げてみました(笑)
,蓮◆屬海劼弔献妊ぅ機璽咼垢錣家」で実施する仕事です。
もうすでにやれている部分もあります。

実際に問題のある方がデイサービスに通うことで
症状が緩和したり、身体機能が改善したりする
例をたくさん見てきました。 
しかし、プログラムには
まだ改善の余地があります。
実際の効果と評価の仕方を検証し、
使いやすい形にして、
外へと発信したいと思っています。

そのためには、自分自身も
勉強し直さなくてはなりません。

職員だけでなく、地域の人も巻き込み、

仕組みを作っていきたいと思います。

※そのプロセスで「演劇」を使っていく予定です。



△蓮▲廛薀ぅ戞璽箸任后

一応、婚活もやっていることはやっているのですが、

忙しさにかまけて、自分が想定していた

「ユニークな婚活」ができていません。

なので、本腰を入れていきたいと思っています。

※途中でプロセスも報告をしていく予定です。



は、去年両方とも確保できなかったことです。

そのため、結果的に非効率的な動きに

なってしまったように思います。
勇気を持って、時間をつくります。 



一度きりの人生。
後悔がないように、

以上3点を、楽しみながら頑張ります。
ブログ更新も頑張ります。
みなさま、今年もよろしくお願いいたします。 

2015年新年の抱負

あけましておめでとうございます。
とは言っても、
なんだかんだやっている間に、
はや半月が過ぎそうになっています。


遅ればせながら、新年の抱負を書きます。


昨年同様、

「演劇が持つ力を地域に広げる」


というのは変わりませんが、
それをするためには
今の働き方や生活の仕方では
いけないと考え始めました。

自分の地域での
生活&活動スタイルみたいなものを
再構築していこうと思っています。


具体的には以下の5つを実現します。


ヽ訃の保育園や学童クラブ、
 図書館、よその福祉施設で
 演劇ワークショップをやる


私が働いている法人は
保育園と学童クラブを持っています。
せっかく身近なところに
違う活動領域があるので、
相談をして小さな挑戦をしてみます。

また図書館は一昨年、
去年とやらせてもらいました。
今年も引き続きやらせてもらいます。

よその福祉施設が一番ハードルが高いかな。
これも徐々に小さなつながりが
できてきているので、
頼んでやらせてもらおうと思っています。

*このぐらいなら
無理なくできるかなと思います。
欲張らずにやってみます。


⊇擦狆貊蠅鯤僂┐


私が家を出ることで、
家族との距離や関係を見直してみます。

祖母が98歳。両親がともに70歳前後。
これまで、お互いがお互いを
サポートをすることで
よい家族関係が成り立ってきました。
とは言え、祖母が亡くなったり、
私が結婚したりすることで、
生活が大きく変わることが予想されます。

全員がまだ元気なうちに
変化をしておきたいと思いました。

もちろん、近くに住みますし、
必要なフォローを
していくことは変わりありません。


生活のパートナーを見つける


そろそろ生活をともにする
パートナーを本気で見つけたいと思います。
ユニークな婚活を開始します。


せ超箸鯊臧に減らす

昨年は施設長の体調不良&休職により、
私の残業時間が本当にひどかったです。
以前の職場でもひどい時期がありましたが、
それ以上に仕事漬けというかんじになりました。

やりがいはありますが、
自分自身の生活とのバランスを崩してしまっては、
元の子もありません。

残業を減らす工夫を随所にして、
月の残業をこれまでの半分に
減らしたいと思っています。


イ發辰肇薀佞縫屮蹈阿鮟颪

ふっきーの演劇ワークショップ日誌が開設されてから、
今年で9年目をむかえました。
更新頻度は落ちているものの、
ほそぼそと続けられることができています。

今年はもう少し頑張って
私が考えていることややっていることなどを
伝えていきたいと思っています。
目標は週1回。月4回。年間48回ほど。

無理せずやっていきます。



以上、今年もよろしくお願いいたします。

今年はこれをやりません!

今年は年明けから、私に相談や依頼が相次いでいます。
有償のものもあり嬉しい反面、
私の手帳がヤバいことになっていることに気づきました。


ちょっと考えてみます。


デイサービスの仕事は週休2日で、
基本は17時30分まで。
仕事終了後、月に2~3回、
演劇デザインギルドや
葛飾まちづくり劇場の打ち合わせが入ります。

また4月前半までは、
世田谷パブリックシアターの『地域の物語』や
甲南女子大学の新入生のための演劇ワークショップなどが
すでに入ってきており、ほぼ休みがありません。

そのため、私は自分の生活と健康を
守っていきたいと思います。


ヽ訃区内の演劇ワークショップ以外の
 ボランティアは原則的にやりません。

▲ぅ戰鵐箸郎蚤臟6回までしかやりません。

お付き合いの飲み会&集まりには行きません。



以上です。

2014年新年の抱負

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


今年も基本は昨年と同じです。

「演劇が持つ力を地域に広げる」


昨年は「社会」だった個所を「地域」にしました。

今年は葛飾で演劇ワークショップを
行っていきたいと考えています。


今まで葛飾区では
一部をのぞいて
私たちがやってきたような
演劇ワークショップはほとんど行われてきませんでした。

身近で進行できる人を知りませんし、
特に宣伝をしたことはないため、
効果を理解してくれる人もいなかったからです。
また私自身も仕事や企画で一時的にやっても、
立ち消えになることが多かったです。


他の誰かを巻き込んで実施をするためには、
その人に演劇が持つ力を説明できなければなりません。
にもかかわらず、
「体験してもらうのが早い」とか
「お金ではないのであればやらない」とか言って、
逃げてきた部分もあります。


私は演劇が持つ力を信じていますし、
効果を疑ったことはありません。

なので、
今年は第三者に魅力を説明することから始まり、
最低月に1回ずつぐらいのペースで
演劇ワークショップを実施していきたいと思います。


私が演劇ワークショップを通じてできると
思っていることです。

○いつもとは違う方法で人と出会う
○自分で体験し、考えたことを
 声やからだを使って表現をする楽しさを知る

葛飾区で、
演劇ワークショップを企画してみたい方、
ぜひご相談ください。

今年は無償でも時間と目的さえあえば、
引き受けていくつもりです。
*有償であれば、なおさらありがたいですが・・・。

やらないことを決めた

有名なブロガーのちきりんさんのブログで
「来年の抱負) やらないことを3つ決めよう!」というエントリーがありました。




ビジネスの戦略本には「戦略とは、やらないことを決めること」という趣旨の記述がよくあります。

やらないことを明確にしておかないと、結局は「アレも大事、これも大事、おっと、こっちも忘れちゃならない」みたいになり、結局すべてやることになります。その結果、何もかも中途半端になってしまうのです。

やらないことを決めるのは、ビジネスだけでなく、ほぼすべての組織、そして個人にとって有用な目標の立て方です。





私は人から頼まれるとついつい断れないところがあります。
けっこう頑張って断るようにしているのですが、
押しが強い人だと負けてしまうこともしばしば。

しかも、それが必ずしも
よい結果になっていないことが多いのです。


これを宣言することで
身近な人たちからどう思われるのか、
怖さもありますが、今年ははっきりと宣言してみます。



 ̄薹爛妊競ぅ鵐ルド&葛飾まちづくり劇場以外のボランタリーな活動は
 年に3回までしかやらない。


∋纏以外のSNSをスマホでやらない。 


お付き合いの集まり&飲み会には行かない。




以上です。よろしくお願いいたします。

ご報告と新年の抱負

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


去年一年間、事業の準備はうまく行きませんでした。
なので、相応の覚悟で年明けを迎えています。



今年はシンプルにひとつにします。


「演劇が持つ力を社会に広げる」


*成果の基準は明確にあるのですが、
 発表できる段階で発表していきます。



私は35歳です。
去年は貯金を切り崩して事業の準備をしていましたが、
前々から節約していたこと、
細々とですが、講師などの臨時収入があったこと、
また実家にいられたおかげで、
まだ少しの貯金はあります。

しかし、将来的には、パートナーと結婚したいし、
子どももほしいと思っています。
そのためには、
食べていくための仕事をつくるなり、
見つけるなりしなくてはいけません。


今月、ひとつの職に就きました。
四ツ木にある「デイサービスわがや」という事業所です。
詳しくは後日ご報告します。


私がこの仕事を選ばせてもらった理由は、

・葛飾にあること
・NPO法人中・西会などが運営にかかわっていること(知り合いが多いこと)
・地域で学童・児童館・訪問介護など多角的な運営をやっていること
・理念に共感したこと
・残業が少なく仕事時間が定時なこと
・演劇ワークショップをやらせてもらえそうなこと

です。



この一年間で、
私が抱える課題と強みは痛いほどわかりました。
↓詳細は
「自分のミッションってありますか?」


葛飾まちづくり劇場(名前を変更し、運営方法を大幅に変える予定)
での活動は、仲間たちと一緒に続けていくつもりです。


去年以上に大胆に、早く、楽しく、
いろいろなことをやっていきたいと思います。
本年もよろしくお願いします。

2012年新年の抱負

明けましておめでとうございます。

今年は葛飾区市民活動支援センターを退職して、
一度個人に戻って活動していきます。
並々ならぬ気持ちで新年を迎えています。

ここ数年、地域住民として、センターの職員として、
葛飾区内のNPOや区民の方々と
お付き合いさせていただいていきました。

今年はその経験と蓄積を具体的な形にしたいと考えています。



「NPO法人を設立する」

社員・役員を広く募集し、
今年6月(遅くても8月)の立ち上げを目指します。
年内には職員の雇用ができるように、
事業を軌道に乗せていきます。

法人申請書の作成はもちろん、
経理、税務、労務、HPなども順次準備していきます。
*とりあえず事務所は自宅で始めます。


「葛飾の魅力を発信し、将来的に若者が地元で働けるモデルをつくる」

主な商品として「葛飾魅力発見カタログギフト」を考えています。
葛飾の地域資源が掲載されたカタログギフトを販売します。
ギフトを買うと、葛飾の魅力が学べると同時に、
地元にお金が落ちる仕組みを作っていきます。



「家庭での役割を明確化し、家事の専門性を高める」

個人的には、高齢化が進む我が家で
家族のマネジメントも急務だと思っています。
将来に向けて、仕事・プライベートでもこまめに報告し、
これまで以上に家事の役割を担っていきたいと思います。

*料理では、今までやってこなかった「揚げる」を
苦もなくやれるようになりたいです。


なにはともあれ、
葛飾をもっと楽しいまちにしていきたいと思っています。
本年もよろしくお願いいたします。
♪ラブ・ユー立石(先輩&友人柳田さんの人気ブログ)
Profile

ふっきー

Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ