ふっきーの演劇ワークショップ日誌

演劇ワークショップと言ってもいろいろ。自分の考える「演劇」や「ワークショップ」を、現場だけでなく率直な言葉で発信していきたいと思い、このブログを作りました。が、最近は地元葛飾区立石の関係の発信が多くなってきております。

葛飾散策劇場

11月シーズン『葛飾散策劇場』再び!

IMGP4513
大好きな地元を、大好きな演劇で紹介したい!
そんな想いで立ちあげた「葛飾散策劇場」が大好評です。

事前に取材した地域の人たちを芝居仕立てで紹介します。

ひとりだったら、地元の人がいなかったら、
絶対に回れないようなコースをご用意しました。

店内、店先、軒先、庭や公園を劇場に変えて、
ゆったりと送る日本初の演劇紹介まち歩き。

9月の『葛飾散策劇場』を未体験の人はお早めにどうぞ!


A.立石様の謎を追え〜地と血をめぐる物語〜 土曜午前(『間宮兄弟』餃子ランチ)

RIMG0090
地名の由来になった立石様。
そして、かつて売血に
多くの人が訪れた製薬会社。

葛飾に欠かせない川をテーマに
地と血をめぐる立石のディープな物語をお届けします。

【日時】2012年11月10日、24日、12月8日(土)の各日 
    午前10時30分〜午後1時
【参加費】大人2,200円/学生2,000円

※A、Bは土曜通し券を予約することができます。
 チケット代は大人4,000円。学生3,500円になります。
※前回の参加者の感想はこちらをご覧ください。



B.立石クラシックス  土曜午後(ワンドリンク&名物すいとん鍋)

IMG_7717
仲見世商店街、映画館などの娯楽施設、
呑んべ横丁、スナック街がなぜできたか。
なぜ町が変わってきたのか。
葛飾区随一の歓楽街だった
立石を浮かび上がらせます。

【日時】2012年11月10日、24日、12月8日(土)の各日 
    午前2時30分〜午後5時
【参加費】大人2,200円/学生2,000円

※A、Bは土曜通し券を予約することができます。
 チケット代は大人4,000円。学生3,500円になります。
※前回の参加者の感想はこちらをご覧ください。



C.立石働き方大図鑑 〜働き方ワークショップ〜  日曜午前(玄庵のちょっと贅沢ランチ)

IMGP4371
働き方の入口にいる若者、
働き方に悩んでいる方、
地域で起業したい方におすすめ。

地域で働いている人たちの
ライフストーリーをひもとき、
参加者で働き方についてじっくり考えます。

【日時】2012年11月11日(日)
    午前11時〜午後2時
【参加費】大人3,000円/学生2,500円
※前回の参加者の感想はこちらをご覧ください。



D.呑んべ横丁はしごツアー 水曜夜間(3店舗サービス付き)

NCM_0235
言わずと知れた立石「呑んべ横丁」。
ひとりではなかなか開けられない

魅惑的な扉が並んでいます。
そこで、毎回合計3軒。

ママとお店の魅力を演劇で紹介します。

【日時】2012年11月7日、14日、21日(水)の各日 
    午後7時〜午後9時
【参加費】3,000円(未成年は不可)
※前回の参加者の感想はこちらをご覧ください




【集合場所】京成立石駅改札
【定員】各コースとも10名(先着順・最低3名で成立)
【締切】期日の3日前
【申込み】ヾ望コース名 希望日(第2希望まで) 氏名  
      で齢  ソ蚕蝓 ´Δ艦⇒軅
      をご記入の上、HPよりお申込みください。
【備考】A、B、Cのコースは荒天の場合、
    『葛飾散策劇場』を中止することがあります。
    その際は、開催日当日の開始2時間前までにご連絡します。

【案内人】
プロフィール
福原忠彦(ふくはらただひこ)
1977年葛飾区立石生まれ。企業組合演劇デザインギルド所属。
2006年に葛飾に戻り、地域の住民たちと一緒に演劇づくりを始める。
『呑んべ横丁を物語る日』(2008年)、『立石散策劇場』(2009年)を実施。

【主催】葛飾まちづくり劇場
【申込み・問い合わせ】
TEL: 090−4003−5873 /FAX: 03−3692−3088
こちらからお申込みください。

「呑んべ横丁はしごツアー」が読売新聞江東版で紹介されました!

NCM_0007
本日の読売新聞江東版で、
「呑んべ横丁はしごツアー」とともに、
葛飾まちづくり劇場の代表としてご紹介いただきました。
よかったらご覧ください。

「[東京の記憶]路地酒場 元は商店街『立石呑んべ横丁」

『葛飾散策劇場』がJCNコアラ葛飾テレビで紹介されました!

NCM_0001

特集で、すごくわかりやすくまとめていただきました。
現在、JCNコアラ葛飾テレビさんのHPで見ることができます。
*半分よりも後半です。
もしよかったら、ご覧くださいませ。

【葛飾散策劇場のニュースの見方】
http://jcntv.jp/index.php を開く(地域設定は「葛飾」を指定)
▲肇奪廛據璽犬硫蕊瑤砲△襦BBkoala」のバナーをクリック。別ページが開く。
J送日(10/4)を選択し、
 左側の「DAILYNEWS」の画像をクリックすると再生する。
*10月中は見ることができそうです。
*FirefoxやGoogle chromeだと見られない場合がありそうです。
 その場合は、通常のInternet Explorerの方が無難です。

まちが劇場に変わる「葛飾散策劇場」9月始動!

葛飾散策劇場チラシ表

ただの観光ガイドではありません。
地域に住んでいる人たちを丁寧に取材しました。
取材をした場所やその近辺で、演劇仕立てで、
まちや人を紹介していきます。
参加者やまちの人たちとおしゃべりをしながら、
葛飾の新しい魅力に囲まれながら、
ゆったりと送る日本初の演劇紹介まち歩き。



A「立石様の謎を追え〜地と血をめぐる物語」土曜午前(『間宮兄弟』の餃子+食事つき)

地名の由来になった立石様。そして、かつて売血に多くの人が訪れた製薬会社。
地と血をめぐる立石のディープな物語をお届けします。

【日時】2012年9月8日(終了)
         9月15日(終了)
         9月22日(終了)
         9月29日(募集中)の各日  午前10時30分〜午後1時
【参加費】大人2,200円/学生2,000円


B「立石クラシックス」土曜午後 (ワンドリンク&名物すいとん鍋つき)

仲見世商店街、映画館などの娯楽施設、呑んべ横丁、スナック街がなぜできたか。
そこに住んでいる人たちの証言をもとに、
葛飾区随一の歓楽街だった立石を浮かび上がらせます。

【日時】2012年9月8日(終了)
         9月15日(終了)
         9月22日(終了)
         9月29日(募集中)の各日 午後2時30分〜午後5時
【参加費】大人2,200円/学生2,000円

※A、Bは土曜通し券を予約することができます。
 チケット代は大人4,000円。学生3,500円になります。


C「立石働き方大図鑑」日曜午前(玄庵のちょっと贅沢ランチつき)
立石には新旧いろいろな働き方の物語がつまっています。
旧職安、若者、菓子屋、古本屋、おそば屋など
ひとつひとつの場所の歴史と、店主のライフストーリーをひもときます。

【日時】2012年9月9日(終了)
         9月16日(終了)
         9月23日(終了)
         9月30日(募集中)の各日 午前10時〜午後1時
【参加費】大人3,000円/学生2,800円
     ※就活中の学生応援割引2,500円
      (エントリーシート等就活中であることを
      証明できるものをお持ちください)


D「呑んべ横丁はしごツアー」水曜夜間(3店舗サービス付き)

言わずと知れた立石「呑んべ横丁」。
ひとりではなかなか開けられない魅惑的な扉が並んでいます。
そこで、毎回合計3軒。ママとお店の魅力を演劇で紹介します。

【日時】2012年9月12日(終了)
         9月19日(終了)
         9月26日(締切)の各日 午後7時〜午後9時
【参加費】3,000円(未成年は不可)


【集合場所】京成立石駅改札
【定員】各コースとも10名(先着順・最低3名で成立)
【申込み】ヾ望コース名 希望日(第2希望まで) 氏名  で齢  
      コ慇犬どうか 住所  Г艦⇒軅
      をご記入の上、メールかFAXよりお申込みください。
     (※複数名の場合は同行者の、ぁ↓イ發書きください。)

【備考】A、B、Cのコースは荒天の場合、
   『葛飾散策劇場』を中止することがあります。
    その際は、開催日当日の開始2時間前までにご連絡します。

【代表・案内人プロフィール】
福原忠彦(ふくはらただひこ)
1977年葛飾区立石生まれ。企業組合演劇デザインギルド所属。
2006年に葛飾に戻り、地域の住民たちと一緒に演劇づくりを始める。
『呑んべ横丁を物語る日』(2008年)
『立石散策劇場』(2009年)などを実施。

【主催】葛飾まちづくり劇場
【申込み・問い合わせ】
TEL: 090−4003−5873 /FAX:03−3692−3088
メール:k.m.theater12@gmail.com

地元の人に演劇で案内してもらうと旅は100×10倍楽しいPART2

Guide:Tadahiko Fukuhara

IMGP4400



Enjoy Tateishi Together!


「Tateishi Crassics」

Chika-do
DSC_0739


Suzuki Syokuryohinten
DSC_0746


Roji
IMGP4413


Hamaya
IMGP4416


Nakagawa
IMGP4420


Tateishi ko-en
DSC_0762


Hakata
IMGP4435



Last 2Days. 9/29or30

Welcome To Tateishi&Katsushika!

「立石働き方大図鑑」もようやっと始動!

9月16日(日)、一週間遅れで立石働き方大図鑑も始まりました。
参加者6名+サポート1名。
IMGP4364


しかし、なんとこの日は熊野神社の大祭に合わせて、
立石一帯がお祭りモード。

町の至る所から、祭り囃子が聞こえてきます。

取材先のひとつ。
和菓子の伊勢屋さんは、祭り関係で仕出しが忙しく、
今回は店頭でのご紹介。
商店街の変遷や、ご主人がどうして和菓子の道に入ったかなど。
IMGP4365



この場所はどんなところだったかなぁ。
IMGP4369



今話題の綿菓子屋ふわり。
店主竹内力也さんはチャレンジをし続ける人です。
起業して2カ月とちょっと。
同世代だけに、私自身が身につまされる話が多かったです。
ニコ生で1,000人以上の人が見ている中での演劇でした。
少し怖かったのは内緒です。
IMGP4378



岡島書店。
「俺そんな話し方しているかな?」と言われつつも、
番台を占拠させてもらいました。
売るよりも買う方が大事なんだよという、
めったに聞けない古本ビジネスのお話。
IMGP4384


最後は、そば処玄庵。
社長の貝塚さんの生き方はダイナミックそのものです。
本気でやった遊びが
仕事につながっていく半生をご紹介しました。
IMGP4388



ランチ交流会。みんなで贅沢な時間を過ごしました。
IMGP4396
IMGP4391



*ちなみにこの日の参加者のレポートがあります。

☆演劇企画くすのきの高塩さん→http://www4.ocn.ne.jp/~kusu/taka.html

☆「サークル鼓狸(こだぬき)」のブログ
『 葛飾散策劇場に行ってきました!』→http://k-donntohare.jugem.jp/?eid=121

地元の人に演劇で案内してもらうと 旅は100×10倍楽しい

Guide:Tadahiko Fukuhara

RIMG0165



9/22or29 am10:30〜pm1:00



Enjoy Tateishi Together!



「Tateishi-sama no nazo wo oe」


RIMG0090


RIMG0153


RIMG0172




9/22or29 pm2:30〜pm5:00



Enjoy Tateishi Together!


「Tateishi Crassics」


IMG_7717


鈴木屋食料品店


スナック街の人たち




9/23or30 am10:00〜pm1:00



Enjoy Tateishi Together!


「Tateishi Hatarakikata Daizukan」


IMGP4366


IMGP4371


IMGP4380



welcom to Tateishi and Katsushika!

『呑んべ横丁はしごツアー』も開始!

9月12日。
初の呑んべ横丁はしごツアーの日。
参加者6名+関係者1名+取材1名。

待ち合わせ時刻は19時。
京成立石駅が帰宅客やら、
一杯ひっかけ客やらで、
最もごった返す時間です。


私の衣装はソムリエ仕様。
NCM_0223
*写真は後から撮影。

念には念を入れて、ソムリエナイフまで
ポケットに忍ばせておきました。
手にはすごく目立つ「葛飾散策劇場」の旗。
旗を持って、一人ぽつねんと立っている姿は、
何かの罰ゲームのように見えたことでしょう。
沢山の人がふりかえって見ていきます。
いやぁ、最初の方が来るまでは
冷や汗を沢山かきました。


集まったみなさんに
簡単な自己紹介をしてもらった後は、
夜しか歩けない立石の飲み屋街を散策。


「ブラタモリともやサマみたいですねぇ」と
みなさんのワクワクする顔を後ろに、
細い路地を案内していきました。


呑んべ横丁に到着すると、しばし自由行動。
昭和遺産呑んべ横丁をじっくり見てもらいます。
外側から見る呑んべ横丁の建物も十分面白いんです。


そして、午後7時30分から店内へ。
呑んべ横丁の中でも、スナックらしい
個性的な3軒を選ばせてもらいました。
「伯爵」「知花子」「BARニュー姫」

サービスは各店舗にお任せですが、
どのお店もしっかりとお酒を出してきてくれます。
なので、飲める方は3杯は飲めます。


そして、各30分の間に、
演劇紹介と、
ママと、または参加者同士の交流が繰り返されてきます。
NCM_0224


演劇では。

スナックをやり始めたきっかけ?
なぜ呑んべ横丁でやったか?
呑んべ横丁はどのように変わってきたか?

などを丹念に取材しています。
三者三様の物語。

涙を流した人もいました。
扉を開けてみて、初めてわかる物語。

2008年に「呑んべ横丁物語」をやったときから、
呑んべ横丁で上演して、
その場でママさんたちのことを
紹介したいとずーっと思ってきました。

ようやっと一つの夢が叶いました。
NCM_0225

※現在、19日(水)残1名。26日(水)キャンセル待ちです。
  呑んべ横丁以外も面白いので、ぜひお越しください!

『葛飾散策劇場』始動!

9月8日(土)。葛飾散策劇場初日。
NCM_0214


参加者のほとんどが立石に住んでいたり、
通勤で使っていたり、出身だったりと
関係がある人たちばかりでびっくり!
※写真のSDカードを忘れ、
 サポートの方に撮ってもらったため、
 演劇の写真は掲載できず・・・。


『立石様の謎を追え 地と血をめぐる物語』
参加者4名+サポート1名+不思議な見守り人?1名。

駅の中の立石様がスタート地点。

あらかじめ立石様の謎をいくつか出して、
丁寧に追っていくことにしました。


立石様って、将来にかけての
葛飾を暗示する上ですごく大事です。
誰でも「なぜ?」と思うことの
シンプルな答えを私なりに用意してみました。



その結果?
「実際に立石様を掘ればいい」なんて過激な意見も
参加者の中から飛び出しました。


さらに、
血液銀行で働いていた人の証言もご紹介します。


ある地点で、
立石の地と血がつながるようになっています(笑)


最後は栄屋でお待たせランチタイム。
初代店主の江口さんに、
血液銀行とのつながりや、
立石様近辺の風景がどのように変わってきたかをうかがいました。
NCM_0216




「立石クラシックス」
参加者6名+スタッフ1名。

その名の通り、
仲見世商店街、呑んべ横丁、スナック街という、
立石を構成する上で、欠かすことのできない
三つの場所をおさえていこうというコース。


道中、こんな「あるもの」も見つけました。
なにかわかるかなぁ〜。
NCM_0218


途中、昔の写真を、取材をした地域の人にお見せしたら、
すごく驚いていただきました。

ある参加者は「あれがすごくよかった」
と印象に残ったようです。


いくつかの不思議な出会いがあり、
立石の人たち全員が
参加者のみなさんを迎えてくれているような
幸福な時間を創り出すことができました。


最後はスナック博多。
名物のすいとん鍋をみんなでいただきます。
私はママの苦労話を紹介したほか、
ご本人には、赤線時代の女性の悲しい話を話してもらいました。
NCM_0220



「今回のはズシンと来た」
「立石を自慢できるようになった」
「モヤモヤしていた部分がすっきりした」
などという感想をいただきました。


今週はどうなることか。

葛飾経済新聞さんに紹介されました&参加者申込み状況

演劇で街を紹介する「葛飾散策劇場」開催へ−立石の魅力に迫る
http://katsushika.keizai.biz/headline/777/


*演劇デザインギルドは、企業組合で団体名です。
 この書き方だと、職業の名前のような(笑)


○近日中のコースの参加者申込み状況です。


9月8日(土)午前
A.「立石様の謎を追え 地と血をめぐる物語」 残7名
B.「立石クラッシクス」残4名


9月9日(日)午前
C.「立石働き方大図鑑」残9名

*ここが成立していません!
  2名いらしてくだされば、じっくりご案内できます。
*働き方に悩んでいる方、就活中の学生の方、
  立石で起業を考えている方などにおすすめです。

9月12日(水)夜間
D.「呑んべ横丁はしごツアー」残2名

ご興味がある方はぜひお申し込みください。
http://blog.livedoor.jp/happyfield/archives/51939501.html
♪ラブ・ユー立石(先輩&友人柳田さんの人気ブログ)
Profile

ふっきー

Recent Comments
Recent TrackBacks
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ