2012年10月

ブーメラン・ディスク①

ええシリーズ思いついた!と、すぐシリーズ化してしまい
その後忘れる、飽きる等でほっぱらかすのは悪い癖

性懲りもなく新シリーズだ

一時期好きだったアーティスト

音楽の嗜好が変わった・飽きた・作品のクオリティが落ちた
ダサく思えてきた・ただなんとなく etc...etc

そんな理由で手放してしまったレコードあるでしょう?

わたくしもたくさんございます
で、1周廻って「やっぱエエわ!」「なんで手放してしまったの!」
と又せっせと買い漁る、そんなブーメラン・ディスクを紹介しませう

記念すべき第一弾アーティスト(第二弾あるのか

skan

すかんちです

なんで手放したんやろ?
熱狂的に大好きゆう事もなかったが出るアルバムは全部買ってたのにね

先日偶然遭遇したフリマでオール100円とゆう事で
すかんち・サニーデイサービス・憂歌団・ムーンライダーズ・フリッパーズギター
などを購入したところ
「おお、やっぱすかんちはエエ曲多いな~」となった次第

さっ、ボチボチ集めていこー

あっ、でも1枚だけ残していたディスクがあって
それはインディーズ時代の超貴重レコードを限定CD化したモノ

skan2
スカンチン・ロール・ショウ(1988/2007)

別に価値が出たら売るとゆう気持ちはないけれど
手放したモノがプレミアついたら胸糞悪いから残してただけ・・・

きっちり現在¥5000~からの相場になっております
哀しきコレクターのサガやな



メロディー・演奏ともに文句のつけようが無い、大好きだった曲
(ラズベリーズへのオマージュ丸出しなとこもナイス)





それは、やっぱり別

レコード・コレクターのはしくれとしては
好きなアーティストならば、やはり同じ作品でも
ジャケットが違ったり、Mixが違ったり、発売しなおしたりしたら
やはり手に入れてしまいますわネ・・・

でも何時の頃からか何かアホらしなってきて
1枚あったらええわ~ってなって、職場に出していきましたわ・・・

でも、やっぱこれは別

my
The Who/My Generation(1965)

いわずと知れた1stアルバムのUK Original盤
なにか不満気な表情で見上げる4人のまあイカす事よ!

今は無きベーシスト&ドラマーの爆発的に凶暴な演奏に
数十年後の音楽少年達は「えっ、これがPunkってゆう音楽ちゃうの?」
って言うんだろうヨ


my2

で、これがビッグベンがイカしてるUS Original盤


my3

いろいろ盤


そして大枚はたいた・・・

my4

日本Original盤

これは日本のデザイナーもがんばった!
イカしたジャケだよね~
欠席した卒業写真並みの扱いの本人達はいっその事無しにしても良かったな

オイラがこの商売に足を突っ込んで2,3年経った頃
これの帯付が100万円で売れたって聞いて
ぶったまげた事があったな~(真偽の程は確かめてないが)


へへっ、これは別これは別・・・もっと集めな
あっ!オランダ盤(通称・香港カバー)も持ってんのに載せんの忘れた







安レコ居酒屋③

ハッと思い出してしまった1年ぶりのこのシリーズ

ワンコインで購入できるであろう安レコードの名盤を語ろうヨって事です

roman
Romantics/In Heat(1983)

アメリカのR&Rバンドなんだけど
とにかくルックスは言うに及ばず何から何まで野暮ったい!
この4枚目のアルバムで世界的に大ブレイクするのだけども
何でヒットしたのか良くわかりません、
ヒットチャートを駆け上がったシングル「Talking In Your Sleep」にしても
当時も今もヒットする要素が思いつきません!
(意外と彼らはブレイク前のアルバムが良かったりするのだが)

では何故にこのコーナーで取り上げるのかとゆうと
「One In A Million」ってゆう
パワーポップの超名曲が収録されてるからさ

roman2

しかしこの名曲のジャケもすごいよね
各自微妙にテイストが違うが、野暮ったいところだけはピシっと揃ってるし

極めつけはPVですよ!
野暮ったい演出に、野暮ったい女優人、野暮ったい本人演技に野暮ったいファッションと
三拍子も四拍子もそろってます・・・

でもね・・・曲は素晴らしいの

いつまでも削除されない事を祈りつつ・・・どうぞ!






放出するで

沖縄関連の書籍どんどん出していくわ

hou


中にはヒッソリと沖縄アクターズスクールの写真集なんか混じってたりも
するので、その筋の人も注目だ






狂い咲き&ラーメンたべたい

今年も我が家のゴーヤ君はがんばってたくさん収穫させてくれました
でも、もう枯れ枯れで・・・

cra

でも未だ処分できないのは1匹成長中のゴーヤ君がいるからです

cra2

ん?
ちょっ、ちょっと左になんかあるよね?


cra3

きゃーっ
まだ生まれますか
もうすぐ11月だぜ・・・

で、もしかして他にも?と念入りにさがしてみると・・・

cra4

ひゃーっ
また1匹
そのあと又1匹見つけて、成長中1匹ベイビー3匹だ
京都はめちゃくちゃ寒おすのにね~

ところで昨晩なにげに作ってみたラーメンが
あまりにサイコーの出来栄えなんでアップしてみた(but ブレブレ
豚骨系なんでキクラゲもちゃんともどして調理したし、煮玉子も上手にでけた

cra5

けっこう仕事が丁寧デス
ごちそうさまでした!オレ!







悪人

先週おおかみこどもの雨と雪観たもんやから反動で
本日はコイツを観たヨ

out
アウトレイジ ビヨンド(2012 北野武)

全員悪人!てのが前作からのキャッチでもあるんだが
見事なほどに全員悪人だった前作と比べると
チラホラと良い感じのかたが(含むタケちゃん)・・・
その点は多少不満ではありましたが、面白かったヨ
前作もいい味出してたけども
今回にいたっては小日向文世さん主演といってもいいんじゃないか?

グロの耐久性がないワタクシ
前作は下向いてやり過ごすシーンが何個かあったけど
今回は口汚くののしるシーンがめいっぱいで
グロはソフトになったので、ホッ

ところでオイラにとって悪人といえば
店にも、おフランス製のポスターがでんと貼られたコイツに決定

out2
時計じかけのオレンジ(1971 スタンリー・キューブリック)

out3
アレックス(マルコム・マクダウェル)


この映画程、衝撃を受けた映画はないです・・・
これからもないでしょう・・・
(去年、どこぞの日本の俳優さんの時計じかけの舞台のポスター見てイラッとなったワ

映画でも音楽でも文学でも影響を受けるのは
当然そのクォリティは大切でありますが
それより何よりも体験した年齢が重要なんだよネ


こんなワタクシですから
未だにベートーヴェンの「交響曲第9番」と
ジーン・ケリーの「雨に唄えば」を拝聴すると
チョッピリ凶暴になるデス




おおかみこどもの雨と雪とオレ

アニメを映画館に観にいくなんて、いつぶりでしょう?
ガキとの付き合いで行ったのは別として
自発的にいったのなんて「ルパン三世 カリオストロの城」以来じゃないかい

ookami
おおかみこどもの雨と雪

上映期間終了も間近で映画評ってのもアレなんで細かくは語りませんが
子を持つ親であれば程度の差はあれ、グッときて当然の作品でありますナ

泣いた、泣いたと聞いてたもんやから身構えて鑑賞

オープニングから中盤にかけて絶えずウルウル状態
こんなんクライマックスでどんだけ泣いてしまうねん
と心配してしまったが、意外と中盤以降は素の状態のわたくし

思うに鑑賞していくうちに、親目線から
いつのまにか息子目線に変化してしまったんでしょう・・・
クライマックス・シーンなんて
「もうええっちゅうねん、捜しにくんなやー」って思ったもん

まあ母親と話すとイライラしてしまう
未だ反抗期消滅の予兆がみえない人間以外は
最後まで感動ですヨ、駆け込みで観にいってはいかが?


人生の晩年はおおかみこどもオッサンとして生きてゆくのも悪くないかもネ




gapにやられた

音楽雑誌を読まなくなって久しい・・・
新しい音楽シーン?革新的アーティスト?・・・・・興味ありませぬ

素晴しい作品や良質のアーティストは、いつの時代も生まれていく
それはそう!今も当然いるしね

でもヤッパこの20年間のRockは全体的にはクソだわ、クソ・・・

なもんやからオイラの新規お気に入りアーティスト発掘スタイルは
邦楽/洋楽&ジャンルを問わず、店に買取で入ってきたレコード/CDの中から
聞いてみてピンときたアーティストを集めていくとゆう超受身なスタイル(除く・沖縄民謡

ゆえに去年あたりに「銀杏Boyzっていいよな」などと
さもデビューしたばかりの新人発掘!みたいに発言してしまう
トンチンカンさを露呈してしまったりするのですがネ

前置きが長くなりましたが、やっと本題

先日買取で入ってきたCD

ume
うめ吉/明治大正はやりうた(2005)

日頃は檜山うめ吉の名で俗曲師として東京の寄席に出演されているみたい

おっ、チョイとかわいいじゃんかと聞いてみる
(日頃三線なんかいじってるもんやから三味線弾きにも興味アリアリ)

やられたワ・・・
何にかってゆうと、いでたち・使用楽器・音楽ジャンル・年齢(失礼意外といってらっしゃる)
などと相反する、そのロリータ&ウィスパー・ヴォイスにね

抑揚のない(と思える)ボーカルスタイルもツボやわ~
大正モダニズム臭がそこかしこにプンプンするのも大変よろしい

次の日速攻ゲットした1枚

ume2
Umekichi/蔵出し名曲集-Reloaded-(2004)

おおっ他にもアルバムたくさん出てるやん・・・困ったな







島唄レヴュー⑩

今回はファミリーグループの草分け
屋良ファミリーズのコチラ!

nana
屋良ファミリーズ/ナナサンマル音頭(1978)

少しやさぐれ気味とゆうかスレた感じのお姉さま達が良い感じのナイスジャケ

みんな若いのだが、この時点ですでにかなりのキャリア
元々はこんな感じ

nana2

オイラ随分前にこのアルバムをゲットして
その後しばらくしてから、このシングルを手に入れたもんやから
ちょっとドキドキした覚えがあるわ

ほら、仲良しだった親戚のお姉ちゃんとしばらくぶりに再会したとき
その変貌ぶりに戸惑う感じ?

で、一風変わったタイトルは
返還後6年にして本土と同じように車が左側通行に変わる
その日が7月30日なのでそれを記念してのナナサンマルなのです

変更を啓蒙する意味もある歌詞がチョットおもしろい

1番のサビ部分
「車は左 人は~右~」 
フムフム啓蒙するのですから当然の歌詞ですな

2番のサビ部分
「青の信号で スタートだ~」 
 それは以前も同じじゃないの?それとも全く違うかった?
まあいいわ・・・問題は次なのよ

3番のサビ部分
「見せてやろうか 心意気~」
何も一斉に変わる通行方法を守るのに特に心意気は必要無いわけで
実はその前の歌詞が「交通方法変わる日だ」なので
通して聞くと「今まで通り右側を運転して混乱させてやろうか!」
てなPunkな心意気宣言に聞こえてしょうがない

肝心な曲はといいますとコレがいいんです
軽快な音頭に終始絡みつくチープなオルガンがナイス!
(この貴重盤、大きな声では言えないけれどウチに数枚置いてるゼ


こちらは屋良ファミリーズによる
沖縄民謡人気曲「海のチンボーラー」のめっちゃGroovieでHipなバージョン





仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌

今回は特定の世代にはウンウンって話
(てゆうか日頃からその傾向強いが

先日、百貨店を訪れる用事があったのでついでに催事場に向かってみた
何故かとゆうと、人形作家の辻村ジュサブロー展がやってたのよ

sato


オイラ、この人の作る人形結構好きなんだ
(タッチは全然違うが四谷シモン氏も好きだ)

sato2


しかし入り口でしばし考えて、ヤメちゃったわ

何故か?

それは新八犬伝中心じゃなかったからサ

新八犬伝とは南総里見八犬伝を元に
NHKで放送されていた、かなり人気のあった人形劇です
その証拠に3年間464話も放送されたんだよ!
(でも現存する映像は4話分しか無い バカだね~NHK)

学芸会の劇で新八犬伝やる事になり
八犬士の花形・犬塚信乃役に淡い期待をかけたが
This Is 豪快さんの犬山道節役をやらされたのも良い思い出


sato3sato4


主題歌・ナレーションは坂本九ちゃんでした

 



記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ