2013年09月

島唄レヴュー⑲

DSCN5479


これもジャケ買いした1枚なんですが・・・

エイサー太鼓の人のつもりみたいですが
どう見ても短剣ふりかざして襲ってくるターバン巻いたインド人でしょ?

しかし、これがまた超大御所のレコードなんですヨ


DSCN5478
今日んちばらな/嘉手苅林昌withでいご娘(1977)

林昌さんに囃子がでいご娘でっせ!
珍しくやまと言葉で唄ってはります

そーゆーところがイカすよな!林昌さんは!
俺が林昌さんやったら絶対いややもん
こんなジャケットで出されるの

器がでかいわ
それとも、な~んも考えてなかったのかな?

おそらく後者の気が・・・








いいね!

わたくし、最近になってFacebookに登録してみました

3週間ぐらいが経過したんだけどサ
嗚呼、またあの天邪鬼がなんかゆうとんで~
ぐらいに思ってもらえればいいんですけども・・・


あのいいね!」ボタンいるか?


「読んでるよ~」
「あなたの事、気にかけてるよ~」
「僕(私)の事も気にかけてね~」

的なアピールのスイッチに思えるのサ

何もそれがダメとかじゃなくてネ
実際読もうが読まなかろうが
面白かろうが面白無かろうが
相手に特に関心あろうが無かろうが
ボタン押せば一応アピール完成だもん

いいね!が50あってコメント0ってのは
なんか違和感を感じる・・・

「ありゃハロー程度に考えればいいの」
「コメントするのは面倒」
「逆に向こうもコメント返さなあかん手間をかけさせるから悪い」
と言われれば、そうやな~とも思うしな・・・

わからんようになってきた・・・
考えすぎやと笑っておくれ


そんなこんなで
今日もオイラは多少の居心地の悪さも感じつつ
せっせと「いいね!」を押し続けるのサ









花嫁

昨日、所用で滋賀県の石山へ・・・

歩いてるとめちゃくちゃ懐かしい看板発見!


yome

おお!花嫁学校ではないですか!

所謂ピンサロのはしりみたいな店です
純なレディーのために説明しますとピンサロ=ピンク・サロン
まあ、お触りとかありのキャバレーって感じですか(それ以上のサービスのある店も・・・)

誤解なきよういっておきますが
懐かし~ってのは、昔よく通ったとかじゃなく
(オイラ風俗関係はウブなんです

小学生の頃、はっきりとは店の実態が理解できていないけれども
何か妖しい空気は感じ取ったアホガキ共が(含むMe)
同級生の女子をからかう文言として
「オマエなんか花嫁学校ぐらいしか入学でけへんわ~」
と、デリカシーのかけらもない事をよく言ってたものです

それの類似の自虐的フレーズとしては
「決めた!俺ラーメン大学に入学するわ!」
てのがあったな(そんな名前のラーメンチェーン店があったのよ


そして話は戻って
昨日の看板の上部分をズーム


yome2レル

・・・
まあな、左は男子がソソラれるのわ、まあわかります・・・

右!右!右~!!

パンツが見える超ミニのセーラー服に文金高島田

ひとつ教えてほしいんだ・・・
これに萌える男子いる?
こんなレディーと出会ったらこわいわ・・・



あっ!書いてて一つ思い出した!

小6ぐらいの頃、駅前を歩いていたら
「あきおちゃ~ん」とオイラを呼ぶ声が・・・
振り向くとそこには花嫁学校の入り口の前で
マンガのような厚化粧をした近所の顔見知りの
オバチャンが手を振っていたのサ・・・
そのオバチャンはオイラの1コ下の友達のオカンで
他のオカンよりずば抜けて年いってて
貧乏で(まっそれはオイラの町はみんなそうやったが
日頃は近所をシミーズ(古っ)1枚で歩いてるような人やった

そのオバチャンがぶっサイクな化粧とあられもない姿と
満面の笑みとでオイラに手を振ってたの・・・


ザ・昭和のせつない思い出・・・









テンションMAX!

今日チャリンコで出勤途中に出くわした光景


ten


朝っぱらからオイラのテンションMAX!

なんと説明すればよいんだろう?
この光景は無条件にテンション上がるな~


そこで他にワタクシが無条件にテンション上がる事柄を
思いつくままに書いてみよう・・・


ten5

中古レコード屋さんで日本盤のLPレコードを買ったところ
中に帯が隠れて入っていた時




ten2

焼きソバやスパゲティナポリタンの上に目玉焼きが乗っていた時




ten4

楽器に囲まれた時




ten3

めっちゃ内気でおとなしい感じの娘が
家業の八百屋や魚屋などの威勢が良くなければいけないとこで
学校or仕事終わりに、けなげに手伝ってる姿を見た時


おっと、変な方向にグングン突き進んでいきそうなんで・・・


このへんでヤメときます











島唄レヴュー⑱

なにも引っ掛かる事もない
もっと言えば魅力のないジャケットのレコードを安いからと
買ってみたところよくよくクレジット見れば凄いレコードだった!
って事は長年レコード収集してるとたま~にあるんだけども

最近ゲットした沖縄民謡がまさにそのパターン


chi
普久原朝喜/浜千鳥・貫花


チコンキーふくばる、こと沖縄民謡の父・普久原朝喜さんの吹き込みです

表ジャケには演者のクレジットもなく安いから裏も見ず買ったんですけど
(なんせ沖縄ではハンパない量買うからゆっくり見てられない
2曲とも名曲やし買っとけ~てなもんです

もちろん普久原朝喜さんってだけで嬉しいんだけど
驚くべきはその録音状態さ!


リリース年のクレジットがないけども古い録音なのは間違いないわけで・・・
楽器もそうやけども朝喜さんの唄声がとにかくリアル!
とてつもなくクリアーで生々しいんだよ

このレコードは凄いわ

それでさらに良くクレジットを見ると・・・


chi2


名前がひらがな表記になってるけども
囃子の大城みさ子ってのは間違いなく大城美佐子さんです
声はキャピキャピと若々しくはあるが
今の声の面影がありありやもん

めっちゃええもん手に入れて幸せだよ

だからレコード漁りはやめられないのよ・・・

これしかし何年の録音なんやろ?
その他のエピソードも含め知りたいわ~

「ああ、そのレコードはねえ」って沖縄民謡・鬼マニアの方!

連絡お待ちしております




ヘラヘラしてへん

少し前にわっさわっさ生えてた白髪を見て
ちょっと染めてみたろか?と思ったわけさ

だけんども、作業がめんどくさいから
より簡単なヘア・マニキュアにしてみたの

キャー
あっとゆうまに真っ黒でチョイ若くなった

・・・と喜んでたのもつかの間

一週間もしないうちにみるみる
茶色とゆうかオレンジとゆうか金髪とゆうか
そんな三色が交じり合った髪になってきたのさ


一つ言っておく・・・

チャラいと思ってかかってくるのはエエけど
大怪我すんで


hera









したいのよ

日曜日に第39回大正エイサー祭りにいってきた

リマJackのリマッちもお囃子でがんばってたゼ


yu


エイサー時には可愛い乱入者も


yu2


唄者・大城敏信さんの横で唄三線してた娘
唄上手かったな・・・(キャワイイしな


yu3



沖縄からの名桜エイサーの時は美しい夕日が・・・


yu4


あ~オイラも
エイサーの地謡がしてー!!




くれよ

先日のCDに引き続き
今日は沖縄系有名フリーペーパーぴらつか暦の編集部さんから
届いた上間綾乃さんの大型ポスター



pos


いや~今作品はプロモートにリキはいってますな

よしっ!じゃあオイラも頑張って宣伝するからさ

次は事務所の方々
ツアーチケット招待券よろしく


人間とは欲深く、調子にのる生き物よのう・・・









バチ・・・当たる?

話は一昨日のこと・・・

さあ!この日は待ちに待った
沖縄民謡・情け唄の女王金城恵子さんの
今年吹き込んだ新作「想い」の発売日


bati


当然の事、開店前に大手レコードShopにいってGet!

もう一聴して気に入ったヨ
脇を固めてるのが徳原清文・田場盛信てのがまたタマラないじゃないの

そんなきっついメンツに混じって
My Friend カワイイちゃん石川陽子さんも頑張ってサポートしてます


bati2


で、ニコニコ聴いているうちにハッ!となったのサ

き、き、今日は上間綾乃さんのCDの発売日でもあった


bati3


わたくし、この方を当然リスペクトしておりますし
わけあって速攻で買って当然の立場でもあるわけですネ

こ、これはイカン!明日にでも買いにいかねば!


と思っていたところに「郵便で~す」の声が・・・
みるとオイラの店みたいなちっこいとこには
あら珍らしい大手レコード会社からの郵便物

あけてビックリ!


bati4


あららー、上間綾乃さんの販促用のサンプルCDですよ


う~む・・・
これで済ましたら・・・

バチ・・・当たるよな~










Free Bird

先日リマJack初の単独Liveをやってきたヨ


asi


単独も初なら2部制で合計14曲とゆうボリュームも初で
着物で自分らのLiveも初と、初めてづくしで
色々しくじった部分もあるが、今はまあこんなもんでしょう


asi2


楽しむ余裕はあんま無かったけども
演ってよかったヨ



Lynyrd Skynyrdの名曲Free Bird のように
自由にいろんなとこで演っていきたいゼ



-Free Bird-

明日にも俺はここを離れるかもしれない
もしそうなっても俺のことを忘れないでほしい
ともかく旅をし続けなくちゃならない
この世には見てみたい場所がたくさんありすぎるから

仮に君のそばにとどまったとしよう
そうなればきっと物事はこれまでどおりに行かなくなる
なぜって俺は鳥のように自由でありたいからだ
この自由な鳥はもはや変えられない
なあ 鳥を変えることは無理だ
この鳥は変えられない
誓って言うが俺は変わらない

さよならベイビー 甘美な恋だった それは確かにね
でもこの気持ちを変えることはできない
どうか悪く受け取らないでほしい
お天道様はお見通しだ
責められるべきはすべてこの俺にある

神の恵みを
俺は変わらない
俺は変わらない
空高く舞い上がれ
フリー・バードよ







記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ