遠藤賢司

帰路が恥ずかしいかも

僕が20代後半の時、京都から彼の活動拠点だった
東京代々木チョコレートシティにチョコチョコ(駄洒落やない^^)
通ってたほどハマった時期があったシンガー遠藤賢司!

彼が1991年にリリースした、おそらく世界最大のCDジャケット
(60cm×60cm・通常CDとの比較写真をご覧あれ^^)

「史上最長寿のロックンローラー」

IMG_20170901_114818

我がHappy Jackに入荷しました~♡

悪いけど入る袋がないんで
このまんまの状態で街を歩ける人限定販売です(笑)




見たい!

早起きして部屋をゴソゴソやってたら
恥ずか懐かしいものが(^-^)


kink


20年ぐらい前、やってたバンドが
とあるイベントでバンド名を変えてカバーばっかり演奏した時の曲順表 !


セレクト曲は今とたいして変わらない嗜好でちょっと恥ずかしい(*^-^*)


でも!
このバンド、客で見てみたいゾオ!(≧∇≦)


1Solid State Survivor(YMO)
2Hippy Hippy Shake(Swingin Blue Jeans)
3どうしようもない恋の唄(ルースターズ)
4抱きしめたい(はっつぴいえんど)
5セルナンバー#8(バトルロッカーズ)
6ブラックダリア(オリジナル曲)
7She Does It Right(Dr. Feelgood)
8トンネル天国(ダイナマイツ)
9夜汽車のブルース(遠藤賢司)
10塀の上で(はちみつぱい)
*アンコール*
11恋をしようよ(ルースターズ)
12ファンキーモンキーベイビー(キャロル)


ちなみにその日オンリーに考えたバンド名...

The 殿様Kinks (笑)





となりの町のお嬢さん

いまでこそ日本の70年代フォークもイケるくちのわたくしですが
ロックに夢中の少年には友川かずき遠藤賢司高田渡
まず情報として入ってこず( ̄ー ̄) 完全スルー


そんなオイラも仲の良かったイトコの兄ちゃんが
ギター片手にわめき散らす吉田拓郎の曲は
いやがおうにも刷り込まれたワケで・・・


まあしかし1970年代の彼の生み出す曲は名曲のオンパレードですわネ
みなさまそれぞれ究極の1曲ってのがあるんでしょうね~


で、私の1曲はコアなファンには、なじられるのでしょうが


tonari
吉田拓郎/となりの町のお嬢さん(1975)


このチョイス、いつもの天邪鬼が出たわけでもなんでもなく
純粋に大好きなんス(*≧∀≦*)


田舎の少年が、夏に都会からやってきた年上の女性に
ちょっと遊ばれたとゆうか、おちょくられたとゆうか・・・
で、マジになってしまった彼には当然ハッピーエンドはなく・・・
てな、切なくもなんて事ない歌詞をカントリー調の
牧歌的なメロディーにのせた、なんて事ない曲


聞いたタイミングがジャストそんな出来事に
憧れを抱く年頃ってのも多分にあるんでしょうが・・・
ホント好きな曲だ~
今でもたま~にこのシングルレコード、プレーヤーに乗せて
リピートボタン、スイッチオンで1時間ぐらい連続で平気で聞くかんね!


ん?
じゃあ未だにそんなシチュエーション憧れあんの、オレ?


まあ一度聞いてくれ
     ↓




よけいに下品

全国的に通用するネタか自信はないけどさ・・・

整腸薬のビオフェルミンのTV CMあるじゃん?

女の子が嬉しそうにかつ少しハニカミながら

「出ーた、出ーたーン・フ・フ~

って歌うやつサ・・・


「ン・フ・フ~」のハミングがすんごい下品に感じられるわ

「出ーた、出ーたーう○こ~

とストレートに歌った方がまだマシやぞ!


と、どーでもいい事に噛み付きたい時もある





そんななんでもかんでも噛み付きたい気分にMuchする曲





記事検索
プロフィール

happyjackkyoto

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ