ブログネタ
子育て に参加中!
ゆうぱぱです。

昨日の地震、大きな被害のニュースがいっぱい伝わってきます。
心配です。

我が家は八王子にあります。ゆうぱぱの勤務地も八王子です。
比較的被害は軽くてすみました。

地震発生時、ゆうぱぱは会社の実験室(1F)で実験中。
大きく揺れたので外に出てみたら、建物が大きく揺れてました。
建物がこんなに湾曲して揺れるものなのかとびっくりしました。
6Fにある別の実験室では棚が倒れてました。

同じころ、ゆうちゃんとユーママはスイミングスクールに行ってました。
地震発生の後、付き添いの親たちは皆駐車場に避難。
プール中だった子供たちはプールサイドでビート板を頭にのせて待機。

その後、
ゆうぱぱの会社では避難とかもなく、通常通り会議とかもあったりして、「大丈夫なの?中止したほうがいいんじゃい?」って感じでした。
うちの会社、危機対応が甘いんじゃない???

ゆうちゃんのスイミングスクールはすぐに中断。
車で自宅に帰ってくる最中、電信柱がぐらぐらゆれてるのが見えたそうです。車を運転してても車がユラユラゆれてる感じだったそうです。

夕方、
八王子駅に向かう人があまりに多く、車も動けない状態。
駅にも人があふれてるらしい。
防災無線から
「JR全線、京王線は運転を見合わせてます。復旧の見込みはありません。駅には向かわないで待機してください」
との連絡が流れてくる。

同じころ、ユーママとゆうちゃんは近所のお友達家族とキッズルームに避難。

日が落ちたころ、
JRもバスも動かないので、ゆうぱぱは歩いて帰ることにした。
結局2時間ちょっとかかって帰ることができました。
一日立ち仕事の実験をした後の2時間はかなりしんどい。
とはいえ、帰れただけ幸いでした。

そのころ
余震も収まってきたころを見計らって、ユーママとゆうちゃんも自宅にもどってました。いつでも避難できるように準備されてました。

その後、何度か大きい余震。長野でも大地震。新潟でも大地震。茨城沖でも。。。。一晩なかなか眠れない状態でした。
ゆうぱぱとユーママの実家は茨城。ゆうぱぱの妹夫婦は埼玉。
どちらも何とか連絡とれて無事を確認できました。

朝方余震も収まり、寝ることもできました。

今回の地震で思ったこと

携帯電話、弱すぎる!
全然つながらん。こんな時こそ必要なのに!

歩いて帰る道がわからない!
今回はgoogle mapで最短距離の帰宅経路を検索して、印刷したものを手に帰ってきたけど、自分がどこを歩いてるかわからないまま歩いてた。帰宅難民という言葉が身近に感じられた。

同僚には帰れない人もいた。
夕飯とかコンビニで買い出ししてた。コンビニありがたい。

帰宅支援センターとかもあるらしい。
しかし、どこにそんなものあるのかわからん。
何をしてくれるのかもわからん。
いざという時にちゃんと使えるようにしておかないとね。

緊急地震速報、役に立たん。
携帯電話に緊急地震速報が届くように設定している。
もうすぐ大きな揺れが来ますよ、という連絡がくるやつ。
速報を受信すると、携帯から大きな警告音が鳴り響く。
しかし、ここ数日、ほんとに大きな地震のときには一度も速報が来ていない。しかも、余震になってからというものの、僕の携帯に何度も速報が来ているが、一度も大きな揺れは来ない。真夜中にも鳴り響く大きな警告音のおかげで何度起こされたか。。。
この信頼度の低い速報、何に使えばいいんだろう。

ゆうちゃんもユーママもゆうぱぱも怪我もなく無事。
あ、今朝のゆうぱぱは昨夜歩いて帰宅した影響で足が痛い。。。それくらいでよかった。