ブログネタ
パパの子育て に参加中!
ゆうぱぱです。

先日、ゆうちゃんが学校で手の平に鉛筆を刺したという。 

血がでたから保健室で見てもらった そうだ。

先生は、「芯がのこってないか、お医者さんで診てもらうといいよ」と言ったそうだ。

見た目、大丈夫そうだけど、ゆうちゃんが心配になっている。

 パパ「大丈夫だと思うよ」

ゆうちゃん「思うってことは、絶対じゃないでしょ。もし残ってたらどうするの?ママが膿んじゃうって言ってた」

パパ「そうだね。絶対じゃないね。切ってから中見ないと分からないね。」

ゆうちゃん「切るの?」

パパ「たぶんね。そうしないと分からないと思うよ。でも、たぶん、残ってないよ。それでも行く?」

ゆうちゃん「・・・・ いく。入ってらやだから」

そうは言ったものの、切るのは嫌らしい。ずっとおとなしかった。

ゆうちゃん 「もう寝る」

いつもより30分も早く寝た。

そして翌日。パパはまだゆうちゃんが寝ているうちに会社に出かけた。ママからきいたところでは、起きてきた時に、

ゆうちゃん「ゆうちゃん、もう覚悟がきまったの。今日はお医者さんに行くの。パパとお話して、決めたの」

とか言ったらしい。一晩中考えてたのか????

皮膚科で診てもらったところ、芯は残っておらず、鉛筆の色が残っているだけらしい。
レーザで焼くと色も取れるらしいが、手のひらなので、そのままにした。 

切ることはせず、すこしほじっただけで済んだらしい。よかったね。