2011年04月

ガイガーカウンター

昨日、東京から10時間以上もかけて友達が相馬へ来てくれた。

待ちに待ったガイガーカウンター(放射能測定器)を持って。

これから、相馬に居る時は、当店前の放射線量をこのブログに掲載したいと思う。

ちなみに本日AM9:00の時点で0.88マイクロシーベルト

問題ない数値だ。

昨日も計ったが相馬市内の線量は問題ない、むしろ郡山や福島の方が高い。

今までは、相馬に友人が来たいと言ってくれるのだが断っていた。

本当の相馬での線量が分からないから、もしも友人が被爆などしたら申し訳なくてね。

でも今日から、この線量計のおかげで数値として見えない放射能を知ることが出来る。

ありがたい。

話を聞くと、この高価なガイガーカウンターは藤沢の方々がお金を出し合って購入してくれたと・・・

涙が出るほど嬉しい。

これは、本来であれば「東京電力」が迷惑をかけている地域の人々ひとりひとりに配るべき物だと思う。

それが、今では原発の影響を受けている人々の手にまったく手に入らない状態。だれが買占めているのだろう?

友人を含め6名で相馬市に来てくれた方々が始めて目にする津波被害の光景。

僕的には、自衛隊や土木・建設業の方々のおかげで被災当初とは比べ物にならないほどキレイになったのだが、やはり彼らはショックを受けた様子だった。

僕が友人に言った「もう津波の被害は後回しなんだよ、今は放射能でビビッているんだ」・・・と

でも彼が持って来てくれた線量計のおかげで安心する事が出来た。

少なくても、僕のお店に来てくれるお客さん達には実際に目で見て安心してもらう事が出来る。

本当にありがたい。

それに今日から、また別の友人がボランティアで相馬へ来てくれる。

今の線量なら問題ないので安心して迎えられる。

頼もしい・・・

さて来月の3日~5日の期間
相馬市の長友公園(相馬城跡地)で津波の被害にあった原釜地区の市場の方々が魚市場を開くことになった。

魚は、地場の物ではないけれど魚がたっぷり入ったはらがま海鮮鍋を無料でふるまう。

もし、ゴールデンウィークに予定のない方は朝8:00~PM2:00まで行われています。

僕は、震災・津波・原発事故の被害も厳しいですが、これから一番の不安は風評被害だと思っています。

相馬は、少なくても今は安心です。

ぜひ相馬市に足を運んで下さい。

1円でも良いですから相馬市のお店で買い物をして下さい。

みなさん必死で頑張ってますので。

宜しくお願い致します。

そして昨日ガイガーカウンターをプレゼントしてくれて相馬のお店でお金を使ってくれた東京と藤沢の方々に心から感謝いたします。

ありがとうございます。

おふくろ移動大プロジェクト

今日から、おふくろは遠方へ避難(レジャー)

今朝、福島駅までおふくろを送ってきた。

なんと、わざわざ仙台からTさんが見送りに来てくれた。

そして東京駅ではホームまでAくんが迎えに出てくれた。

今晩Aくんの家に一泊させて頂いて横浜観光して明日は札幌へと・・・

しばらく彼女は札幌のKちゃんにお世話になる事に・・・

本当に、多くの方々の好意に感謝しかない。

ありがとう。

おふくろは、何十年か振りの一人旅?

めっちゃ緊張して新幹線に乗り込んだ。

果たして札幌での暮らしは彼女は楽しむ事ができるのだろうか?

とにかく余震も続くし原発もじょじょに相馬の放射線量も上がって来ているので、取りあえずKちゃんにお世話になる事にしたのよね。

札幌の水が合えば良いなぁ~・・・

ミュージシャンAくん

一昨日、またまた突然
横浜から友達のミュージシャンが現れた!!!

まったく俺の知り合いはアポをいつも取ってくれない。

でも嬉しかった。

彼はボランティアをしに相馬に来てくれた。

歌じゃなくて泥かきや物資の仕分けなんでもすると・・・

それも車に布団や寝袋を積んで車中泊すると・・・

少なくても暇なミュージシャンでは無いはずの彼。

有り難いけど・・・心配。

その彼に津波の現場を見てもらった。

彼は絶句していた、そして「彦ちゃん、よく生きてたね。選ばれたんだね」と・・・

あの現場を見たらまともな人間は何も言えなくなる。

僕も、そうだった(まともだから・・・)

彼は、さっき横浜へ帰った。

こんなにも心配してくれる事に有り難さを感じている。

この2日間、彼と飲みながらいろんな事を話し合った。

彼の優しさに胸が熱くなる。

俺は、音楽の仕事しかできない・・・不器用な人間。

その事も彼は理解している。

ミュージシャンとCD屋との関係以上の付き合いにいつの間にかなっていた。

僕の事を心配してくれているミュージシャンや音楽関係者の方々に早くお返しをしたい。

まずは、今できる事からスタートしようと、今日もお店を開けている。

一歩一歩・・・

Aくん本当にありがとう。

ありがたい贈りもの。

昨日、長い付き合いのミュージシャンが突然やって来た。


彼は、震災直後から僕に電話やメールをし続けてくれたそうだ。


まったく繋がらなくて、とても心配していたと・・・


彼は、使い古しの炊飯ジャーと鍋そしてお米を持って来てくれた。


こんな事を書くのは彼に申し訳ないが、彼自身せいかつするのも大変なはずなのだ。


そのジャーと鍋は彼が使っていた物だろう。


そのジャーが無かったら彼は、これから米を何で炊くのだろう?


そして、彼はお金の入った封筒を手渡した。


彼の目を見ていたら断れなかった。


彼の好意が痛いほど分かったから。


彼は「今夜は仙台でLIVEだから行くね」と言って車を走らせた。


ありがとう。


彼が出来うることを彼は全て僕にプレゼントしてくれた。


嬉しかった。なみだが出るほど嬉しかった。


心から感謝した。

じいさんの一言

今朝ゴミ出しのために早めにお店に行った。


となりの病院に通うご老人達を目にした。


その中に、演歌のテープを買ってくれるじいさんの姿が・・・


声をかけた。


話をしていると、おじいさんの家は地震で倒壊寸前で納屋は完全に倒壊してしまったと・・・


しかし、そのじいさん


僕が「原発は収束しないと何も出来ないですよ。いつ相馬も避難指示でるか分からないですからね余震も続いているし」と言ったら。


じいさんが

「あれこれゴタク(理由)並べて何にもしなけりゃ何も変わんね。

おめホントは、なまけてぇ~んだべ。

そんなんで亡くなった人に申し訳ね~べ。

放射能も避難指示が出たら考えたらイイんだ。

おめら若い奴がグズグズ言ってなんにもしね~で、どうすんだ。

働げ、一生懸命はたらいてからゴタク並べろ」






俺、がんばります!!!

最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ