2011年08月

LIVE FOR SOMA CITY

いよいよ発売になります。

HEATWAVEの魂のLIVE ALBUM 「LIVE FOR SOMA CITY」

素晴らしいオフィシャルHPもできました。

http://no-regrets.jp/heatwave/disc/2011/liveforsomacity/index.html

そして山口くんに無理言ってモリタミュージックでも販売させてもらう事になりました。

嬉しいっす!!!

このアルバムの売り上げから500円が我が街「相馬市」に寄付してくれるという有り難いCDです。

神様・仏様・洋さま・・・

みなさまのご協力お願いいたします。

でも、山口くんのブログ見て思ったんだけど・・・

相馬市や南相馬市の話題は興味がないのかな?

誰もコメントしてくれないなぁ~???

山口くん、忙しい中を真剣にファンの方へ真実を伝えようと必死に頑張って書いたブログなんだけどな。

寂しいなぁ~。

こんな事を書くと山口くんに怒られるかな?

でも寂しいなぁ~・・・

チャリティーCD

ある団体からの今朝の電話

「〇〇の〇〇ってチャリティーのCD置いてある?

今度チャリティー・イベントやるので使いたいんだ

レンタルに置いてないしさ」

???これって、そうとうおかしくないっすか???

自分「在庫ありません」と言ったら驚きの言葉!!!

「じゃ、あなた持ってないダビングしてくんない。

イベントで1回だけ流すだけだからさ」

・・・音楽というものを全く理解していないですよね。

なんの為のチャリティーCDなのか?

こんな人達にチャリティー・イベントと名をつけたモノをやって欲しくない。

おかしいよ。

本当に何かが麻痺してるよ。

アーティストの気持ちなんてまったく考えてない人が多いよ。

それよりチャリティーって、ど~考えているんだろう?

ちょっと悲しくなった今朝の出来事でした。







福1事故

もうすでに福島県だけの問題ではなくなっています。
http://www.youtube.com/watch?v=5n_3NK-tsOU

これが真実としたら許されない
http://www.youtube.com/watch?v=XWc_cT2kVvQ&NR=1

昔のお店

dba1a443.jpg


震災後、津波はこなかったものの相馬市内のかなりの建物が倒壊したり、危険な状態になって取り壊しを余儀なくされた。

その中で、以前ぼくが店舗を構えていた所も解体作業がはじまった。

この店舗は120坪もある巨大店舗だった。

昨日、山口くんと話しをしていて一番最初に山口くんのLIVEをしたのが、この店舗の時だった。

GiPの菅くんが連れてきた目つきの悪いロック野郎!!!

当時スタッフを4~5人引き連れてやって来た・・・なんで、一人でやるのに、こんなにスタッフ必要なんだよ?

と思っていた。

山口くんは山口くんで、僕の事を田舎のCD屋のくせに生意気な態度で、なんだかブイブイ言わせてる感じだったらしい。

自分で言うのも何ですが・・・かなり生意気でした。

ホントすみません。

だって当時、相馬市は人口38,000人しかいないのに120坪の店舗を駅前のドまん前に構えて営業していた。

そして有能なスタッフが揃っていて東北どころか全国的にも一応有名な店舗だったのよ。

まぁ~懐かしい話ですわ!!!

そして今の店舗は3坪、スタッフ俺だけ!!!

普通はずかしくて相馬に、そんな店舗だせないっしょ?と思ったのだが、今はぜんぜんヘッチャラです。

そんなイイ想い出も、この店舗を閉めた時の最悪の想い出も、みんな今となっては笑い飛ばせてしまいます。

いやはや懐かしい懐かしい

思い返してみると、いろんなモノを今まで作っては壊し、壊しては作ってきた自分の人生。

津波で流されたくらいでへこたれないのは、今までのしょ~もない体験からなのだろう?

頂点もどん底も両方経験させてもらった店舗もなくなっちゃうのかぁ~!!!

ぜんぜん寂しくないけど・・・

アラバキ・ロック・フェスティバル2011

昨日、いろんな友達に会えた。

勤めていた事務所が倒産して自分の担当だったバンドを見殺しに出来ないと自ら事務所を立ち上げて頑張っているヤツ。

そして、弘前の師匠とイカシタ弘前の音楽仲間。

音楽でメシを食ってる仲間たち・・・etc

みんなイイ顔していた。

そして、みんな俺を心配してくれた。

握手してハグして話をして拍手してハグして「また、会おうな」と別れる。

その繰り返しが何人も続いた。

みんな、世の中の人々から見たら「駄目な大人」なのかも知れないけれど、みんな人生を楽しんでいる人間ばかり。

「俺に何かできる事はないか?」とみんな必ず俺に聞いてくる。

そして「こんな事したら相馬の人達に喜んでもらえないか?」とアイディアも出してくれる。

なんだろう???この最高の仲間たちは。

共通して言える事は、楽しいことしか考えていない大人たちなのだ。

みんな辛いことも沢山あるだろうに・・・???

楽しい事にフォーカスすると辛いことなど何とかクリア出来てしまう。

世の中そんなものだと思う。

昨日、いろんな友達と話をして改めて感じた。

そして新たな友達もできた。

行くつもりじゃなかった「アラバキ・ロック・フェス」だったが山口くんに誘われて行って良かったと彼に感謝している。

でも、ほとんど後半に会場入りしてLIVEは「ラビッツ」しか観ていないけど・・・

そして、アラバキのプロデューサー菅くんも、めっちゃイイ顔をしていた。

今回のアラバキは震災で延期になり、ミュージシャンのスケジュール調整なども大変だっただろう。
実際に、発電機やテントなど様々な設備機材が被災地で使用している為に不足している為アイディアと工夫で会場造りされていた。照明も消費電力が少ないLEDが多く使用されエコな会場になっていた・・・スタッフの苦労が見て取れた。相変わらず素晴らしいイベントだった。

でも、そんな苦労を一言も口にせず笑顔で謙虚に話をしてくれる菅くん・・・年下なのに頭が下がる。



今回、みんなと会って自分の周りに居てくれる人間が、みな前向きなおかげで自分も震災のショックから早く立ち直ったんだと確信した。

みんなサイコーの友達だ!!!

「類は友を呼ぶ」と言うが自分も彼らと同じような人生を、これからも続けようと思う。

ありがとうアホな大人たち。

これからもヨロシク。
最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ