2012年12月

今年も一年ありがとうございました。

早いもので2012年も、あっという間に今日で終わり。

しかし、今年もいろんな事がありました。

沢山のイベントに参加させて頂きました。

沢山、友人が出来ました。

沢山の仕事を頂きました。

沢山の知り合いが亡くなりました。

沢山・沢山・・・

全てが自分にとってプラスでした。

相馬・南相馬市民の為に多くの方々が支援して下さいました。

僕の事を沢山の人々が心配して下さいました。

昨年も今年も、沢山の「愛」を実感しました。

とても、辛い事や大変な事もあったけれど「幸せ」を感じて今年一年過ごさせて頂きました。

みなさまのおかげです。

ありがとうございました。

来年は、どのような年になるのかわかりません。

震災後、本当に何が起きるのか全くわからないと感じています。

でも一度しかない人生です。

来年も楽しく生きたいと思っております。

来年も沢山の『出逢い』がありますように・・・

みなさまも、どうぞ良い年でありますよう心より願っております。

今年一年、本当にありがとうございました。

来年も、ど~ぞ宜しくお願い申し上げます。

相馬市
モリタミュージック 森田文彦

Fighting Guitar Man TOUR 相馬公演決定!!!



昨日のブログで多くの方々にご意見やご感想を頂きありがとうございます。

「部外者」とか「外の人間」と表現している方がいますが、僕はけしてそのようには思っていません。

相馬であっても、相馬市以外の地域の方々であっても、同じ気持ちで一緒に歩んでいると思ってます。

みなさんの言葉とても心に染みましたし考えさせられました。

感謝です。

これからも、是非みなさんと考えながらアクションを起して行きたいと改めて感じました。

さて、今年は本当にいろんな事がございました。

中でも、普通では考えられないLIVEが相馬市で開催して頂きました。

くるり&細野晴臣 (ゲスト 山口洋)

LIVE IN SOMA CITY VOL.2(仲井戸”CHABO”麗市&山口洋)

先日の「Smile Together」でのHEATWAVE

特に、この3公演は驚きでした。

「まさか!?」と相馬の人たちも驚いていました。

今でも、夢のようです。

そして、LIVE IN SOMA CITY VOL.2で、まさかのジョイントをしてくれたCHBOさんが3月17日(日曜日)に再び相馬に来てくれる事になりました。

LIVE IN SOMA CITY VOL.2がスタンディングオベーションの大喝采の中終了し、次にCHABOさんに会えるのは、いつになるかなぁ~と思っていた、つい先日。

菅くんから電話が来て、このLIVEが決定しました。

会場も同じ「Food&Bar101」

今から、ワクワクです。

なにか相馬ならではの事を考えないとなぁ~???

ってな訳で、1月19日からチケット一般発売されます。

このLIVEの詳細は「GiP」まで・・・

ちなみに、相馬市内のホテルも今からだと取れますよ。

ステーションホテル」「ホテルふたばや

また、今回は日曜日という事で開演時間が18:00・・・日帰りもOKです。

公共交通機関

仙台⇔相馬(代行バス)

ぜひ、みなさま相馬市に「仲井戸”CHABO”麗市」さんのLIVEを観に来て下さい。

感謝の気持ち。

俺が、子供のころ父親にぶっ飛ばされた事がある。

それは、正月にお客さんから「お年玉」を頂いて「ありがとう」とお礼を言わなかった時だった。

普段は、何も言わない父親が、そのお客さんが帰った後に烈火のごとく俺を怒鳴りつけぶっ飛ばされた。

そして、その日の夜に父親に連れられ、その方の家に行って、きちんと「ありがとうございました」とお礼をした。

その時の父親が、とても怖かった。

今でも憶えているくらい怖かった。

何かを、やってもらったり頂いたりした時は、お礼を言う。

とても、当たり前の行為。



震災後、全国から相馬市に全国の方々から沢山の支援を頂いた。

それはそれは、普通に、この田舎町で生活していたら体験できない事やプレゼントが数多く寄せられた。

そして、一年半以上が過ぎても、未だ沢山の支援を受けている。

本当に、有り難いと心から感謝している。

でも、一部の市民は、それに慣れてしまったように感じる。

どこか当たり前に思っているように感じる時がある。

先日行なった子供たちのイベントで、様々な姿を目にしてとても悲しい思いでいる。

詳しくは、書かないけれど・・・

このイベントは全国の方々が、いろんな形で相馬市の子供たちを笑顔にしてあげたいと言う一心でサポートしてくれた。

新日本製薬さんが多額のお金を拠出してくれた。
ヤイコは、忙しい最中にTシャツにサインをし多くのファンの方が購入してくれて、そのお金を全額託してくれた。
その他、全国の多くの方々が相馬の子供たちの為に貴重なお金を託してくれた。

そして、函館からは食材が届き関係者の昼食は安全で美味しいお弁当を、かえる新聞スタッフや地元のお母さん方が作ってくれた。

藤沢からは、海さくらの方々が日帰りでサポートしてくれた。

集英社も「なりキり座」の出演を許可してくれた。

そして「なりキり座」の出演者・スタッフが本気でパフォーマンスをしてくれた。

集英社からも沢山の貴重なグッズをプレゼントして頂いた。

地元の企業「フレスコキクチ」や「船橋屋」からも沢山のお菓子が提供された。

浅草にある「ダニュ」が昨年の養護学校のイベントに引き続き今回も高価なルームシューズを提供してくれた。

多忙な中「HEATWAVE」のメンバーが相馬に集まってくれて、これぞロックというLIVEを展開してくれた。

長崎からも、沢山のお菓子を持って工藤くんが来て食事のサポートをしてくれた。

熊本の大津北中からは、巨大な貼り絵と、心のこもったコメントカードが送られて、温かい気持ちになった。

プロデューサーの中野くんは、クリスマスの稼ぎ時にお店を休んで来てくれた。

舞台監督の山品さんは、大道具など監督以外の仕事までこなしてくれた。

PAのヒロさんはPA機材を3ヶ所設置しNTTのネット中継の音声までも受け持ち大忙しだった。

人気写真家の松本さんとトミーが忙しい中来てくれた。

映像カメラマン柴ちゃんも来てくれた。

HWの映像をタローくんが、現地の機材で苦労しながら映し出してくれた。

NTTさんも、わざわざ光ケーブルをはまなす館に配線工事して中継してくれた。

他にも、沢山の方々が関わって、あのイベントが成立っていた。

しかし、残念な事に「かえる新聞」が子供たちにインタビューをした原稿を見て悲しくなった。

「ありがとう」の言葉がなかったのだ。

これは、僕たち大人の責任だ。

僕らは本気で、このイベントを行なった。

忙しい中、堀下は毎日学校に足を運び練習をした。

山口も、様々な問題をクリアするのにミュージシャンという立場を捨てて向かって行った。

自分も、点滴を打ちながら準備をしていた。

感謝の言葉を要求している訳ではない。

ただ、子供たちに感謝の気持ちを忘れさせない事は大人の務めだと思うのだ。

だから、最後にカメラに向かってみんなで「ありがとう」って言って欲しいと子供たちにお願いした。

人間は1人では生きて行けない。

そして、助けてくれた方に対して「ありがとう」の言葉は何よりも大切だと思っている。

相馬市だけではなく全国的に、いろんな問題が起こっているが、この基本中の基本を失くしてはならないと僕は思う。

今回のイベントは、他にも沢山の事を学んだ。

MY LIFE IS MY MESSAGE を続けて行くためには今後いろんな事を変えて行かなくてはならないと思う。

しばらく、考えたいと思っている。

私たちに多くの支援を今年も全国から頂き、心より感謝いたしております。

ありがとうございます。

みなさまの気持ち、本当に嬉しく思っています。

来年も、どうぞ宜しくお願い致します。




記念品

HEATWAVEやくるりファンの方々が遠方よりわざわざこの不便な相馬市へ来てくれる。

今まで、来て頂いた方々に何にも出来ないでいました。

そこで、わざわざ「モリタミュージック」へ足を運んで頂いた遠方の方へ、僕からほんの気持ち・・・

が、完成いたしました。


__ (18)



          これ↑


デザインは、以前モリタミュージックで仕事をしてくれていた柴田くん。

製造は、もちろん南相馬ファクトリー!!!



本音

皆さまのご協力のもと昨日、無事に「福島っ子音楽祭 Smile Together」が終了いたしました。

今まで、沢山のイベントを相馬で行なってきました。

今回は、相馬の方々が沢山協力して頂き感謝しております。

しかし、僕はイベントがスタートしてステージに立った瞬間に頭が真っ白になりました。

200人以上の無垢な子供たちの笑顔を見て、僕は心の中で「ごめんなさい」と子供たちに言い続けました。

そして、この子供たち誰1人も、これから先に放射能の影響が出ませんようにと手を合わせました。

正直、今でも自分の中で消化しきれていません。

参加してくれた子供たちは必死で練習してくれてイベントで素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。

誰もが笑顔でした。

でも、僕は申し訳ないのですが、どうして良いのか分からない複雑な気持ちでいっぱいでした。

本当に、この先この子たちに何も影響が出ないで欲しい。

この大勢の子供たちに何も出来ない自分が情けなくて情けなくて・・・

本当に、子供たちに必要な事は何なのか???

この子供たちの中に将来この国を動かす人間になる子供や世界に影響を与えるような人間も居るかも知れない。

誰1人として、この世に不必要な人間は居ないのです。

その未来を担う、多くの子供たちに僕は守ってあげる事すら出来ない現実。

実際に、多くの素晴らしい光を放つ子供たちを前にすると言葉にならない。

多くの方々が全国から、このイベントの為に集ってくれた。

まさか相馬でHEATWAVEのLIVEが観られるとは思ってもみなかった。

年末で、それもクリスマスという稼ぎ時に、仕事を休んで来てくれたスタッフの方々出演者の方々に心から感謝しています。

そして熊本の大津北中のハートのあるメッセージカードやステージを飾ってくれた大きな貼り絵また全国各地から寄せられたメッセージに心が温かくなりました。

感謝と自分の情けなさが今も交錯しています。

時間をかけて、これからの自分を考えます。

このイベントをやらなければ分からなかった事も沢山ありました。

本来ならば、「最高だったぜ!!!イェ~イ!!!」みたいな事を書くところなのですが・・・こんなブログを書いてすみません。

でも、正直いまだに子供たちの笑顔が自分にとって、いろんな事を考えさせられ整理がつかないのが本音です。

今回のイベントで応援して頂いた全国のみなさまには、重ね重ね御礼申し上げます。

ありがとうございました。

心より感謝致しております。

最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ