2013年10月

ゆめ

僕が今やっているCD屋という職業は「人様に夢を与える」職業だと思って仕事をしている。

みなさんには、どう映っているのかは分からないけれど。

そして、僕はこの仕事を通して自分の夢も叶えようとしている。

今までも、いくつもの夢を多くの方々の協力で叶えさせて頂いた。

僕はカレンが生きていた時に「カーペンターズ」のコンサートもフレディー・マキュリーが健在だった頃の「Queen」のコンサートも「マイルスデイヴィス」も「フランク永井」も・・・etcも実際に見た。

それは、51歳になった今でもワクワクする。

先日、相馬市の山間部にある「玉野小学校」でサッカー教室をMY LIFE IS MY MESSAGEと福島ユナイテッドFCそしてフレスコキクチの協力で行った。

子供たちの「夢」が叶った日だった。

あの子供たちが大人になって、その日の事を想い出してワクワクしてくれればと思っていた。

そして、今日かれらの手紙が届いた。

大井美夕さん


長澤伊吹くん


佐藤舞祐くん


早速、堀下に届けた。

これは、すべて堀下が居たからこそ叶った出来事だからだ。

彼女は今日・明日にはママになるだろう。

出産前に彼女の玉野小の子供たちへの夢が、こんな形で返された事に幸せを感じるに違いない。

きっと、元気なクソガキが誕生するだろう!!!

なんか!すごく感動したし、すごく嬉しかったし、すごい幸せを玉野小の子供たちからもらってしまった。

みなさん「夢」叶えてますか???

一人ひとりの「MY LIFE IS MY MESSAGE」



先日も、ご紹介いたしました。

11月2日(土曜日)Open 16:00 Start 17:00
相馬市 フレスコキクチ相馬店 「菊地蔵」
チケット 3,500円

ボーカル・レス「THE BOOM」
   やまたかとちぎ

のLIVEですが、このLIVEは
「そうま・かえる新聞」で頑張ってくれているトッシーが事務所との交渉から様々なLIVEに関する事すべてを彼女1人で行っているLIVEです。

彼女は、相馬にある企業に勤めている「ふつぅ~のOL」です。
つまり、コンサートなどとは縁のない素人なのです。

その彼女が「ど~しても相馬でLIVEをして欲しいBANDがいるんです」と相談を受けたのが昨年暮れだったと記憶してます。

僕は、勧めませんせんでした。

それは自分でもLIVEを企画して運営している立場で、どれだけの苦労があるか、ストレスがどれ程のものなのか知っているからです。

でも、彼女は「このBANDのLIVEに全国から相馬市に集まってもらって今の相馬市を見てもらいたいし、相馬市の方にも観てもらいたいんです」と・・・

彼女には、この「やまたかとちぎ」を通じて多くの方を幸せにしたいと願う想いが伝わって来ました。

僕らが今まで活動してきた「MY LIFE IS MY MESSAGE」

「生き方がメッセージ」
どうぞ私たちの行動を見て下さい。
共感したなら参加しませんか?
と僕は、考えて今までやってきました。

彼女のメッセージが、このLIVEにあります。

こんな交通の便が悪い私たちの街です。

でも、この街の人間にふれあってみて下さい。

まだまだ先の見えない所を実際に見て下さい。

その困難に笑顔で立ち向かっている人々を見て下さい。

何より、みなさんに相馬を知って欲しいと願うトッシーと会話をしてみて下さい。

何をするにも、それなりの「覚悟」というものがあります。

特に人を集めるイベントはリスクもあります。

それを覚悟で前を向いて一歩一歩歩んでいる姿を見てやって下さい。

お金も時間もかかります。

でも、それ以上の価値を来てくれた方々に感じてもらえるような企画も考えています。

ぜひ「菊地蔵」で盛り上がりましょう!!!

チケットのお問い合わせは当店まで・・・

モリタミュージック
e-mail)
happymoritamusic@gmail.com

HP
「やまたかとちぎの”いいあんべぇ”in 相馬」

YAMA&TAKASHI&TOCHIGI(from THE BOOM)




2人のギタリストが魂込めて演奏した新・相馬盆唄 



渋谷でCHABOさんの63歳を記念するBirthdey LIVEの初日を観て来た。

10日から12日の3日間まったく内容の違うLIVEをする!!!

それも長時間のLIVE

自分の父親が亡くなった時の年齢が60歳だった、あの時の父親はとても年老いて感じたものだった。

それが63歳で3時間ものLIVEを行うCHABOさんのPOWERはどこから来るのでしょう?!

先日、おかげさまで無事に終了した「MY LIFE IS MY MESSAGE TOUR 2013」

この映像は、「新・相馬盆唄」

相馬の人間にとって「相馬盆唄」は夏になれば、各々の地区で櫓を立てその地区の方が、歌を歌い笛や太鼓やお囃子を櫓の上で演奏し、やはりその地域の方々が櫓を囲んで踊る風物詩・・・

そして、今は行っていないけれど各地域の方々や企業の方々が集まってパレードする。

相馬市民ならば曲を聴いただけで身体が動く、そんな民謡は「相馬盆唄」なのだ。

僕もパレードの時はワクワクしていた。

オリジナルのはっぴを作ってみんなで踊ったものだ。

そんな「相馬盆唄」をRocKにアレンジして、今回のTOURで全国で演奏してくれた。

FINALの相馬市「菊地蔵」では、相馬市民のお客さんは、ほとんどの方が涙して聴いていた。

私たちにとってのソウルが「相馬盆唄」なのだ。

あの時の2人のパフォーマンスは圧巻だった。

いろんな想い出が浮かんで来た。

僕たちの為にCHABOさんは命を削って音楽で伝えてくれているようだった。

それが伝わって来たからこそ、相馬市民の方々は涙し、年配の方は2人に手を合わせた。

とても素晴らしいパフォーマンスに映像作家の林さんが魔法のような編集をして下さりこの映像が完成した。

今でも鳥肌が立つ!!!

みなさんからPOWERを頂き僕たちは元気を沢山頂きました。

本当に、ありがとうございます。

さて、今日も頑張るぞ!!!

やまたかとちぎ 11月2日 菊地蔵

先日のサッカー教室をさせて頂いた小学校で、校長先生が、とても興味深い話を聞かせて頂いた。

震災後、多くの方々がPTSD(外傷後ストレス障害)で悩んでいる。

正直、自分も昨年末から、この症状が急に現れ悩まされている。

子供たちの中にもとても苦しんでいる子がいる。

しかし、その一方で「PTG(ポスト・トラウマティック・グロース)」と言うものがあると・・・

文字通り直訳すると外傷後成長というものだ。

とても悲しい苦しい、衝撃的な経験をして、たしかにその時は激しく傷ついても、その後、むしろ素晴らしく人間として成長することがあることを、言うそうだ。

確かに、その小学校と中学校の生徒を見ていると自分が同じ歳の時と比べ物にならない下の子たちをケアしている姿を何度も見た。

被災地と言っても本当に様々だと思った。

この世の中はバランスで成り立っている。悪い事だけではない、その分なにかのプラスがもたらされる。

自分も、震災後に多くの方々の行動や話を聞いて成長とは言えないかも知れないが思考が変わった。

「そうま・かえる新聞」のスタッフも、まさか自分がこんな事(相馬・南相馬の今を全国に発信する)をするなどとは思ってもみなかっただろう?

その「そうま・かえる新聞」のスタッフで毎日、相馬市の線量をツイートしてくれたり、先日のMY LIFE IS MY MESSAGE 2013 FINALの時に彼女手作りの「かえるのマスコット」をお客様にプレゼントしたりと目立つ事なく肝心な所をしっかり支えてくれている「そうま・かえる新聞の天使」Toshieちゃんが、ナント!!!LIVEを企画してくれたのだ。

これも震災がなければ、こんな事を考えなかったでしょう?!

さて、そのLIVEとは・・・・・・・

YAMA&TAKASHI&TOCHIGI(from THE BOOM)


やまたかとちぎ(from THE BOOM)の“いいあんべぇ”in相馬

日時 11月2日(土) Open 16:30 Start 17:00
会場 フレスコキクチ相馬店「菊地蔵」
チケット 3,500円

彼女の想いを受けて、フレスコキクチさんもPAのヒロさんも僕も、そしてかえる新聞のメンバーも協力する事になりました。

いつも陰で支えてくれているToshieちゃん。

今回は、僕達が少しでも役に立たないと・・・

てな訳で、モリタミュージックで15日からチケット販売致します。

通販でも、もちろんOKです。

ちょっと日にちもないので、せっかく相馬に来てくれる皆さんに僕達が何か出来ないか現在検討中!!!

ぜひ、みなさん11月2日は相馬市「菊地蔵」でBOOMを歌いましょう!!!


 

約束の日

僕達は、この日が来るまで本当に試行錯誤をしながらたどりついた。

子供たちの約束を守るために・・・

それは昨年末に行った「Smil Together」という堀下さゆりが中心になって行われたイベントの準備段階での話だった。

訪れた相馬市の小学校でも一番山奥の小さな小学校(生徒数は11名だったかな?)へ行って堀下さゆりと山口洋がLIVEを披露して、その子達に「将来の夢」を色紙に書いてもらった。

その時に「サッカー選手になりたい」と言う子供が多かった。

「今度、サッカー教室やるから」と気軽に言った事が・・・こんなにも苦労するとは思わなかった。

福島県に住む子供たちは唯一福島県のPROサッカー・チーム「福島ユナイテッドFC」が大好きなのだ。

福島ユナイテッドFCの選手に来てもらって一緒にサッカーが出来れば、子供たちは大喜びだろうと、多くのサッカー選手やら、J-1のチームではなくて福島ユナイテッドFCにお願いしようと試みた。

その学校の校長も「福島ユナイテッドFCの選手に来て頂けたら、ありがたい」とリクエストもあった。

多くの知り合いにも協力してもらったり

沢山、電話もした。

でも、音楽関係の知り合いは多くてもスポーツ関係の知り合いは殆どいない。

みんなで「やっぱり無理か」と諦めかけてた時に、たまたまフレスコキクチの副社長と別な件で話をしている時にサッカーの話になった。

なんと、福島ユナイテッドFCにコネクションがあると言うではないか!!!

こんな近くに強力な助っ人がいたとは!!!

そして、翌日にフレスコキクチの社長が福島ユナイテッドFCへ電話をしてくれて今日を迎えられた。

またもやフレスコキクチさんに助けられた。

先日の「フレスコキクチpresents MY LIFE IS MY MESSAGE TOUR 2013 FINAL」もフレスコキクチさんのサポートがあってこそ実現できたLIVEだった。

僕達のプロジェクトを支えてくれている相馬を誇る企業なのだ。

そして、今日

前日の雨でグラウンドが使えないので体育館でサッカー教室が実現できた。

中野くんも高野くんも、そして今回かえる新聞に新しく入ってくれたNEW佐藤くんも仕事を休んで参加してくれた。

僕も、ある仕事をキャンセルして参加させてもらった。

福島ユナイテッドFCから3名の選手が忙しい中をスケジュールをさいて来てくれた。

もう、子供たちの顔ったら最高だった!!!

真剣に取り組んでいる子もいれば、いかにも嬉しそうな笑顔でボールを蹴る子・・・etc

僕達が、そんな子供たちの姿に元気をもらった。

最後に福島ユナイテッドFCの清水選手が「本当は、僕達が君たちを元気づけに来たのに逆に僕達が君たちから元気をもらいました。」と子供たちを前に言った言葉は、まさに僕達も先生たちも同じ気持ちだったと思う。

「やってよかった」と心底おもった一日でした。

福島ユナイテッドFCの
清水選手・野田選手・大原選手ありがとうございました。

僕は、今日から「福島ユナイテッドFCのサポーターになります」

すっかりファンになりました。

福島ユナイテッドFCのホームページには、こう書いてあります。

<活動理念>
スポーツを通じて、「福島」を元気にします
スポーツを通して、「子供たち」 に夢を提供します
スポーツを通して、世界に誇れる「福島」を創造します

さて、今日の様子をタカノ君が撮った写真で感じて下さい。

子供たちの顔に感動しますよ。

IMG_5261


IMG_5452


IMG_5448



最新コメント
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ