2011年09月

2011年09月30日

村クエスト☆1【手引き】

※手引きページ。各クエストごとに、別途、記事ページあり※

【報酬金と契約金の少ないクエスト】

この順番でこなしていくと徐々に難易度が緩やかに上がって吉。
(番号順に進めると難易度がガックンガックン変わることあり)

『LV☆』
01「雪山草摘み」
02「雪の山のガウシカ」
03「肉食竜の討伐!」
04「忍び寄る気配」
05「ブランゴを倒せ!」

役に立つページになると、うれしいな。ほんじゃ〜。

【広告】

happyneet_com at 21:48|PermalinkTrackBack(0)clip!村クエスト☆1 

2011年09月15日

8月の支えられ状況報告(Amazon経由)

2011年8月の
ぼくの人生の大体の感じをお伝えします。

2011年8月の
ぼくの人生を一文で要約すると、
「ノート・片付け・ガングリオン」です。

2011年8月以前の出来事について、
芋づる式に、以下の記事から辿ることもできます。
≪参照記事:「7月の支えられ状況報告(Amazon経由)」

7月と同様に、
2011年8月も、
ノートを使って月の初めに目標を立てました。

背伸びせずに達成できるほどの目標です。

8月の目標の一つを
「押入れ(下段)的な場所に
 本の収納スペースを構築すること」と決めて、寸法を測って、
適合する収納のサイズを1つ当たりで計算で導き出し、
気分良く移動できる距離で、目的の収納ケースを探しました。

ピッタリとサイズの合う
一品は見つかりませんでしたが、
充分に納得できる範囲の収納ケースが見つかり、
8月中に本の収納スペースを構築するという
目標を達成することができてよかったです。

目標を達成することはできたのですが、
収納ケースを購入する段階や
「片付け」の過程で不要品を売り捌く際に、
店員さんの対応に前頭葉が軋む場面を幾度か経験し、

(あぁ、やっぱり、おれは
 人と直接やり取することには向いてないんだな)

こう思うことが何度かありました。

そんな中でも、
目標達成のためにも「ノート」を使い、
「片付け」を含む目標を達成できたので、概ね満足です。

さて、
おそらく聞きなれない言葉であろう
「ガングリオン」について、お伝えします。

2011年7月の半ば頃から、
手の甲に痛みを感じていて、当初、
(腱鞘炎だろうな)と考えて
数日ほど手首を安静にして対処していました。

それが、快復するどころか
8月の半ばになっても痛みがひかずに、
むしろ激痛に変わっていたので、
いい加減痛みから解放されたいと願い、
Webを使って似たような症状を探しました。

そこで見つけたのが「ガングリオン」という症状です。

症状が随所に当てはまり、
(あぁ、これだ。ガングリオンだ)と
納得したことを憶えています。

あまりに痛かったので、
ぼくにしては非常に珍しく、
お医者さんに診てもらいました。

診察の結果、
「まずガングリオンだろう」とのこと。

当面の飲み薬と貼り薬を処方され、激痛が
軽い痛みや違和感程度までには緩和されて、現在に至ります。

せっかくなので、
「ガングリオン」についてまとめます。

【ガングリオン】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

<症状>
・関節の周辺に
 米粒大からピンポン玉ぐらいまでの腫瘤ができる。

・手を使いすぎると腫瘤は大きくなることがある。

・手の甲にできることが多く、
 柔らかいものから硬いものまである。
 (年月が経つほど、硬くなるようだ)

・不快感があるが、
 多くの場合、強い痛みを伴うことはない。
 (神経が圧迫されると痛みが出ることがある)


<原因・病態>
・関節包(関節を包む袋)や
 腱鞘(腱を包む鞘)の変形により生じる。
 (関節包や腱鞘の一部が膨らむ)

・女性に多い。

・手をよく使う人に多いとは限らない。


<診断>
・腫瘤を穿刺して
 内容物が黄色のゼリー状ならば
 ガングリオンと診断される。


<治療>
・診断がはっきりすれば
 放置していても心配はない。

・大きくなるものや痛みが強いもの、
 神経を圧迫する症状などが出るものには
 治療が必要である。

・注射で内容物を吸引したり、
 ガングリオンのふくろを皮膚の上から
 押しつぶすなどの方法が行われる。

・繰り返し内容物が溜まる場合には
 手術により摘出することもある。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まとめてみて、
(確かに、手の甲を膨れ上がったところを押すと、
 中で「ぐにゅぐにゅ」と
 ゼリー状らしきモノが動く感触と感覚があったなぁ)と、
当時のことを実感を伴って振り返っています。

また、
8月の目標の一つである「片付け」の過程で
拭き掃除や磨き掃除を丹念に行っていたことを思い出し、

(あぁ確かに、このところ、どちらかといえば
 女性的な行動や活動をしていたなぁ)など、

自分に「ガングリオン」が
発生したことに対して妙に納得しました。

加えて、
ガングリオンの当事者として、
(押しつぶすよりも、
 「一部が膨れてしまった
  関節包を本体に押し戻す」の方が、
 感覚や表現としてシックリくるなぁ)と思っています。

以上、
2011年8月の
ぼくの人生の大体の感じを
お伝えさせていただきました。

それでは、
Amazonから発送された商品を、
できる限りで報告させていただきます。

【2011年8月Aamazon紹介料】
−−−−−−−−−−−−−−−−−
 発送済みの商品数:79点
(紹介率 4、00% 一定個数を増えるとUP&1ヵ月ごとにリセット)
 総売上:¥46,702-
 紹介料:¥1,863-
−−−−−−−−−−−−−−−−−

ぼくに「¥1,863-」入ります。
(入金されるのは数ヶ月後みたいです。
 「¥5,000-」を越えるごとに入金されるようです。)

ぼくに紹介料が入る形でのWebショッピング、

「MHP2やこのブログなどを通じて
 お互いの人生がクロスしている時で、
 気が向いたら…、タイミングが合ったら。」

後腐れナッシングな距離感だと、
お互い気ラクで自然かと思います。

このブログを通じてのAmazonでの買い物、
「どちらさまが購入されたか分からない」
この仕様にも助けられています。

2011年8月中に
ぼくに紹介料が入る形で品物を購入いただいた方へ、商品を通じて、
「happyneet selection(仮題):2011年8月」
合計2ページでリアクションしています。

以前、
このブログ経由で注文された後で
このブログ経由以外で購入&発送した形になった品、
あるみたいです。

セレクトショップでのリアクションコメント、
「happyneet selection(仮題)」

「このブログ経由で
 購入がなされたのかをチェックするスペース」

この形としても活用していただけると幸いです。

PCでこのブログの内容を確認された時に、
『「右カテゴリ欄の最上段にある」リンクで
 1.Amazonを開く。
 2.欲しい商品を注文。
 3.購入。』
この流れを一括で行うとO.K.みたいです。
(その他にもO.K.な方法もあるかもしれません)

それでは、
その場・その時・その瞬間で
ファーストインプレッション重視のリアクション群から
書き手独自の感覚で選ばせていただいている
ベストショットコメントのコ〜ナ〜♪へ移らせていただきますっ!!

このベストショットコメントに対して
需要があるのかないのか分かりませんが、
季節の変わり目で不安定になっている今、
アッパラパーな自分のコメントを見ることが

(あぁ、おれってアホだったんだ。アホでいいんだ)

こんな感じで、
自分自身への「生きる」ということへの
ハードルを下げてくれることにもなりそうなので、
今回も実行させていただきますYO!!

それでは
自分で書いた
リアクションコメントを読み直してぇ〜…

−15分ほど経過−

…の!
ベストショットコメントの発表です!

…ドロロロロロロロロ…
(ティンパニの音が響く暗転された会場のイメージで)、

2011年8月のベストショットコメントは〜…、

「IS <インフィニット・ストラトス> 第5巻 [Blu-ray]」

コチラですっ!!(バボン!!)

選定理由は、
『「右向き」「未来」という共通点で、商品画像と
 ジョニー・ウォーカーの話と結ぶことができたから』です。

あと、
『文字数の関係上
 割愛させていただいた、話の盛り付けになりそうな
 「若者の動向」って視点について語りたいから』という
理由もあります。

というわけで、
早速、補足部分を語らせていただきます。

【ジョニー・ウォーカーの話の補足】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

若者があまりウィスキーを飲まなくなり、
ジョニー・ウォーカーの業績が落ち込んでいたことを、
優秀な広告会社の社員達は、

「人生におけるウィスキーの意味合いが変わったからだ」

およそ、このように捉えました。

昔はウィスキーを飲むことがステータスだった。

日本で例えるならば「銀座のクラブで飲む」ような、
社会的な高ステータスや位置付けの、象徴だった。

(やっと、おれも
 ウィスキーを飲めるようなところまで登ってこれたのか)

このように、自分の人生の歩みを振り返り、
社会的・経済的な成功をウィスキーと一緒に味わうものだった。

しかし時は流れ、ウィスキーは、
社会的に成功した上層階級のものだけではなくなった。

時代がウィスキーの価値を変えた。
つまり、ウィスキーを飲む、ということ
そのものの意味合いが変わってしまったのだ。

経済的に大きな成功を収めなくても、
ウィスキーは、まぁ、手が届くものとなってしまった。

そのような状態で、
今までと同じようなアプローチで
ウィスキーを売っていても人の心に響くはずも無い。
響くどころか届くことすら危うい可能性がある。

では、今の時代に合ったものとは何だ?
つまり、今の時代のウィスキーとは何だ?

ウィスキーには、歴史や伝統もある。
だが、ウィスキーの意味合いは、既に変わってしまっている。

そんな中、誰かが気づきます。


成功している人は、歩み続けている。ということに。


努力したら成功するという保障は無いけれども、
成功した人たちは、みんな努力を継続している。

これは、
ウィスキーの意味合いが変わった中で、
時代が変わる前も、変わった後も、変わらないもの。

歴史・伝統を受け継ぐことができ、
時代に合った意味合いを提供できる。

ウィスキーの価値を提案することができる。

ウィスキーを飲むぼくたちは、努力し続ける人でいようよ。
ウィスキーを飲むぼくたちは、登り続ける人でいようよ。
ジョニー・ウォーカーを飲むぼくたちは、歩み続ける人でいようよ。

過去に向かって歩くのではなく、
未来に向かって歩きましょう。

だから、ロゴを右向きに変えましょう。

だから、KEEP WALKING.

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

これが、
広告会社の人たちが、
ジョニー・ウォーカーに対して行った
提案のストーリー(ベストショットコメント補足部分)です。

で、
KEEP WALKING.

日本語版は、


歩き続ける人たちへ。


このコピーを見たとき、ぼくには、
胸を貫かれるような抉られるような、
嫉妬と悔しさに似た形容しがたい感情が生まれました。

そんなこんなもあり、
ベストショットコメントを選ばせていただきました。

(ベストショットコメント、
 「キングダム 23 (ヤングジャンプコミックス)」
 迷ったんだよなぁ〜…)と思っている自分がいます。

以上、ベストショットコメントのコーナーでした。

あ、
ベストショットコメントに選ばれたからと言って、
『特に何があるというワケではありません』。
お聞き届けいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

また、
ぼくのリアクションコメント、
当たり外れ(幅やタイミングも含めて)あると思うので
「期待すること自体を控えて」いただけると、
お互い平和でいられると思います。

このブログを通じて
商品を購入していただき、ありがとうございました。
お読みいだだき、ありがとうございました。

happyneet_com at 09:57|PermalinkTrackBack(0)clip!お知らせ 

2011年09月14日

9月のBBS

基本なんでもありな、BBS。

happyneet_com at 18:53|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!主にBBS 

2011年09月01日

7月の支えられ状況報告(Amazon経由)

2011年7月の
ぼくの人生の大体の感じをお伝えします。

2011年7月の
ぼくの人生を一文で要約すると、
「ノート・片付け・整理整頓」です。

2011年7月以前の出来事について、
芋づる式に、以下の記事から辿ることもできます。
≪参照記事:「6月の支えられ状況報告(Amazon経由)」

2011年7月から、
ささやかではありますが、月の初めに、
ノートを使って目標を立てるようになりました。

背伸びせずに
ゆったりと進めて達成できるほどの目標です。

『(大小に関わらず)
 成功体験は自信に繋がる』

(成功体験を積み重ねたい)
こんな風に思ったのが、理由のひとつです。

成功体験を得るため、
7月の目標の一つに、
「服を入れる棚の中の
 収納スペース構築および片付け」を掲げました。

並列作業が不得手なぼくは、
部屋をブロックに小分けして、
少しずつ少しずつ、片付けを進めることにしています。

各ブロックに小分けされた
部屋の中を一筆書きするように、
直列作業で「片付け」続行中です。

片付けを目標に掲げるようになったのは7月に入ってからですが、
片付け自体は半年前ほどから(考えることも含めて)始めています。

インターネットで「片付け」について調べてみると、およそ、


『片付けることは、捨てること』


こういうことだと分かりました。

モノが少なくなるということは、
処理する対象が少なくなるということで、判断や、
片付けに掛かる手間や労力も減るということだと思います。

ぼくにとって
「物を捨てる」ということは
精神的な負荷が大きいので、基本的に、
「物を自分から切り離す」という手法をとっています。


『売ったり、渡したり、消費したり』


捨てる前に
「切り離す」という観点から
できる限り試した後で、
思い入れの少ない物から捨てています。

そんな中、

『片付いた部屋にいる方が
 片付いていない部屋にいるよりも
 脳の負担は少ないはずだ』

このような仮説も立てました。
アウトプットしたモノがあったので、お伝えします。

『部屋の整理は頭の整理』
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

部屋の片付けを始める時に、

「部屋がすっきりすると、
 脳の一部である目から入ってくるノイズが減るので、
 脳の受けるストレスも減り、
 混乱することが少なくなるのではないか?」

このような仮説を立てたんだけど、
どうやら、この仮説、当たってるっぽい。

部屋が片付いていく…というか、
部屋の片付いている部分が増えている…もっと言うと

「何がどこにあり、
 なぜそれがそこにあるのか?」について

理由付きでコンパクトに説明できるゾーンが増えてくると、
まるで思考が整理されたみたいに、頭の中がクリアになり
見通しがよくなってきているのが分かる。

「シンプルに整理された空間」に近づいているから
「シンプルに整理された思考」に近づいていっているみたい。

身体と頭脳って密接に関わっているから
「生活空間−身体(感覚)−頭脳」のように繋がって、
それぞれの挙動がリンクしている感じがある。


部屋の整理は頭の整理。


床やトイレやお風呂やシンク、次は磨いてみようかな?

部屋が磨かれていくにつれて、連動して、思考も磨かれていく。

こういう風な好循環が起きそうな予想を
こっそりと立てていて、ほんとかどうかを知りたいから。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

こんな感じで、
2011年7月は、
負担にならないように、
負担を減らせるように、
自分のペースで「部屋の片付け」をしていました。

7月当初に掲げた
「服を入れる棚の中の
 収納スペース構築および片付け」という目標も
無事達成することができ、
成功体験を得て解放されたことを憶えています。

「部屋の片付け」の他に、
ブログ記事の時間軸が現在に追いつくよう、引き続き、
2011年6月に再開したブログへの取り組みをしていました。

ブログに対しては
特に自主的・自発的に取り組みたいので
負担にならないよう気をつけておりスローペースです。

オフラインの部屋だけでなく、
オンラインのブログの「整理整頓」も、
引き続き、取り組んでいきたく思っています。

他に
2011年7月にあったことは、

・7月10日前後に、腱鞘炎だと思われる手首の痛みを感じる。
 (ノートの書きすぎ?片付けのしすぎ?磨き掃除のしすぎ?)

・7月15日前後に、
 1日に摂取するエネルギーの目安を
 1800kcalにし始める。

 <理由>
 身長180cmほどで
 30歳過ぎた男性の平均体重は、およそ72kg。

 身長180cmで体重が72kgの人にとっての基礎代謝、
 生きているだけで一日に必要なエネルギーは、約1800kcal。

 よって、

 『おれが標準体重に近づきたいのならば、
  1日に摂取するエネルギーを
  1800kcal程度に調節すれば
  勝手に72kgになっていくはずだ』

 という考え(推測)の元、実行開始(目安、というのがミソ)。

こんなところです。

ノートには
マーゴン(台風6号)について書かれていたり、
目標に掲げている「片付け」などが
キリの良いところまで進んだ時に立ち止まって考えたり、
昼夜逆転生活になったことだったり、いろいろ残っていました。

(でも、まぁ、
 お伝えすることでもないかな)と判断したので省きます。

というわけで、
2011年7月の
ぼくの人生の大体の感じを
お伝えさせていただきました。

せっかくなんで
収納に関わる商品群を挙げておきます。
【Amazon】「収納に関わる商品」

それでは、
Amazonから発送された商品を、
できる限りで報告させていただきます。

【2011年7月Aamazon紹介料】
−−−−−−−−−−−−−−−−−
 発送済みの商品数:63点
(紹介率 4、00% 一定個数を増えるとUP&1ヵ月ごとにリセット)
 総売上:¥58,614-
 紹介料:¥2,346-
−−−−−−−−−−−−−−−−−

ぼくに「¥2,346-」入ります。
(入金されるのは数ヶ月後みたいです。
 「¥5,000-」を越えるごとに入金されるようです。)

ぼくに紹介料が入る形でのWebショッピング、

「MHP2やこのブログなどを通じて
 お互いの人生がクロスしている時で、
 気が向いたら…、タイミングが合ったら。」

後腐れナッシングな距離感だと、
お互い気ラクで自然かと思います。

このブログを通じてのAmazonでの買い物、
「どちらさまが購入されたか分からない」
この仕様にも助けられています。

2011年7月中に
ぼくに紹介料が入る形で品物を購入いただいた方へ、商品を通じて、
「happyneet selection(仮題):2011年7月」
合計2ページでリアクションしています。

以前、
このブログ経由で注文された後で
このブログ経由以外で購入&発送した形になった品、
あるみたいです。

セレクトショップでのリアクションコメント、
「happyneet selection(仮題)」

「このブログ経由で
 購入がなされたのかをチェックするスペース」

この形としても活用していただけると幸いです。

PCでこのブログの内容を確認された時に、
『「右カテゴリ欄の最上段にある」リンクで
 1.Amazonを開く。
 2.欲しい商品を注文。
 3.購入。』
この流れを一括で行うとO.K.みたいです。
(その他にもO.K.な方法もあるかもしれません)

それでは、
その場・その時・その瞬間で
ファーストインプレッション重視のリアクション群から
書き手独自の感覚で選ばせていただいています
ベストショットコメントのコ〜ナ〜♪です!

このベストショットコメント、
果たして需要はあるのでしょうか?
(おれに需要があるよ!自己完結だよ!)ということで、
今回もやります!!理由は「書き手の自分が楽しいから」!!

それでは
自分で書いた
リアクションコメントを読み直してぇ〜…

−10分ほど経過−

…の!
ベストショットコメントの発表です!

…ドロロロロロロロロ…
(暗転された会場でティンパニの音を聞きながら発表を待つ感じで)、

2011年7月のベストショットコメントは〜…、

「EPSON Colorio インクジェット複合機 EP-703A カンタンLEDナビ搭載 6色染料インク」

コチラっ!!(バビン!!)

選定理由は、
『色を扱う複合機
 (プリンター&スキャナー&コピー機)のコメントで
 色にまつわる話を展開できた(と思った)から』です!!

あ、
自分で書いた内容を忘れていて、
リアクションコメントの出だしが
あまりにもくだらなすぎて吹き出しそうになった

「金色のコルダ 17 (花とゆめCOMICS)」

こちらのリアクションコメントと迷いましたが
(ベストショットコメント、まぁ、
 誰に期待されているというワケじゃなさそうだし、
 おれにとっての完成度の高い方をえーらぼっと!)な感じで
サクリと気軽に選ばせていただきました。ご了承くださいませ。

以上、ベストショットコメントのコーナーでした。

っと、
ベストショットコメントに選ばれたからと言って、
『特に何があるというワケではありません』。
お聞き届けいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

また、
ぼくのリアクションコメント、
当たり外れ(幅やタイミングも含めて)あると思うので
「期待すること自体を控えて」いただけると、
お互い平和でいられると思います。

このブログを通じて
商品を購入していただき、ありがとうございました。
お読みいただき、ありがとうございました。

happyneet_com at 00:05|PermalinkTrackBack(0)clip!お知らせ 
はじめに読んでおくと平和です
広告
カテゴリー別アーカイブ
「キーワード」検索(ブログ内)
Google

Web全体を検索
このブログ内を検索