2008年01月19日

家の外観

家づくりでは間取りと並んで重要視されるのが外観です。

設計士さんによっては外観から入る方と間取りから入る方がいらっしゃるようです。私の場合は「安全・安心のいえづくり」というコンセプトが先にあったので間取りが最優先でした。

ところが、出来上がった外観を見ると、さして特徴のない面白みのない外観でした。

周りの家がシンプルモダンで美しく、しかも「美しさをあきらめない」と銘打ったプロジェクトであったので、頭の痛い問題が浮上しました。

建物がシンプルなので南欧風、スパニッシュコロニアル風で外観の色をアクセントにしようか。それともタイルや石を貼り付けて洋風モダンにしようかと悩みました。

一番の悩みどころは、外観を凝れば凝るほど金額が増えていくことです。(当たり前ですが)

「自分はどんな外観が好みなのか、それをしっかり決めて伝えることが大事だ」と親族に助言されても、好みの外観は「タイル張りですかぁ。今の予算ではきついですねぇ」とあっさり却下。いかにお金をかけずに好みに近づかせるかの戦いの始まりです。外観を決めるのに工務店さんのアドバイスを受けながら、話し合いをすること、およそ5時間。時計の針は深夜0時まであと10分のところを指していました。

ようやく決定し、好みの外観に近づかせることができました。

白い外壁に石を張ることにしたのです。来週、今回決めた外観をシミュレーションソフトで確認するので、どんな出来栄えか楽しみです。

余談ですが、屋根と外壁は耐久年数の長いものを選びました。屋根は通常10年の耐久性がある製品が標準らしいのですが、30年の耐久性が補償されている商品を選びました。

10年経って屋根の色褪せを修復するとなると、足場だけで50万かかるそうです。30年補償されているということは、かなりの節約になります。

外壁も白で汚れが目立つ色ですが、雨で汚れが落ちる仕様にしました。

住んだ後にお金のかかる家にはしたくないので、設備のグレードを落としてでも、この部分にはこだわりました。

しかし、最近ではインターネットで建築材を安く販売していて、高級タイル張りの家なども夢ではなくなってきました。(わがプロジェクトでは夢でしたが)

ただし、タイルは材料が安く入っても、張り手間の費用が高いことを忘れてはなりません。(わがプロジェクトもそれで断念しました。トホホ)



happynonko at 01:10│Comments(2)TrackBack(0) 「ハウスプロジェクト」by チームKUNIZAKI 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 渡辺裕紀   2008年02月06日 18:26
本日は弊社商品、水蔵のお問い合わせを頂き誠に有り難うございました。ご不明な点などが有りましたら、お気軽にご連絡下さる様お願いします。
また、弊社防災製品の中には、女性でもお手軽に発電できる、ポータブルなガス発電機(カセットガス)などのありますので、興味がございましたら、あらためてお問い合わせ頂ければ幸いです。

マキタ沼津
防災営業部
 渡辺裕紀
2. Posted by 宮崎加苗   2008年02月27日 21:35
はじめまして。ブログの記事と関係ないのですが、ホームページの質問コーナーに書き込みがうまくできませんでした。申し訳ありません。
大阪府池田市からこの3月、私がボランティアで作成したコピー誌、「地震からこどもを守るハンドブック」を発行していただくことになりました。
国崎先生のだんごむしのポーズ、防災ベストの着用など、先生のお名前やHPアドレスとともに紹介させていただいておりますので、おくればせながらご連絡さしあげます。
画像や文をそのままコピーしたものではなく、アイデアをもとに独自に作成しました。
営利目的ではなく、今年4月、市内保育所や子育て支援施設に無料で配布されます。
もしこの行為が著作権上問題がございましたら、大阪府池田市の子育て政策課にお問い合わせください。
先生の女性の立場に立った防災アドバイスはとても共感できます。これからもますますのご活躍お祈り申し上げます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔