え〜〜、少し前の話ですが・・・。
せっかくのネタ???なんで書いておきましょう。
ここのところ
派遣会社への登録へ行ったりしててお昼に間に合わない事態が発生していました。
で、出かける前にオニギリを握ってテーブルに置いて出かけてました。

その日は、帰宅したのが1時半位だったかな?
とにかく私もおなかがすいてますので
テーブルの上のおにぎりを食べました。

味に変化はなし(笑)
でも、なんか糸ひいてる・・・。

それを見ていた葉が、「お母さん、そのオニギリなんで糸ひいてんの?」
って言われて
「あっ」って初めて悪くなってるって気付く私

あまりの疲れに
糸ひいてる=悪くなってる
って事実に気付かなかったです。
一口、二口は私のおなかの中に入っちゃったんだよね(涙)

私、元々胃腸弱いんで
こんなもの食べた日にゃあ、大変です。

でも、とりあえず梅干食べたら、お腹痛いの治まりました。

ここで、ちょっと方言の話
この程度のオニギリの悪くなった状態を
私の生まれ育ったところでは???

「このオニギリねまってる」って言います(笑)

標準語で、悪くなってる位の状態かな?
なんかさぁ、とっさに言葉にならないことあるんだよね〜〜〜。
頭の中で、必死で「ねまってる。ねまってる。・・・
う〜〜ん、これ標準語で何ていうんだ???」って
考えちゃうんだって(笑)

因みに最初にこのことを友達にメールして教えた時
「腐ったオニギリ」って表現しか思いつきませんでした(汗)