こんにちは。マノヒロミ(ぴよちゃん)です。
伝える
先日、こんな記事を書きました。
 →庶民は庶民。王になろうとするな


「庶民(ジェネレーター)は、王(マニフェスター)をマークしていち早くマネせよ」

私も庶民(ジェネレーター)。
こんなことを提言するくらいなので、私も何人かマークしている人がいます。

私がマークしている一人、フォトスタイリングのお師匠様でもある窪田先生が、ブログで本を紹介していたので、さっそく読んでみましたよ。


いいものを持っていても、伝え方が悪ければ台無し 

この本は、以前ベストセラーになった「伝え方が9割」をまんがにしたもの。


まんがなので、すごくわかりやすいんですよね。

仕事も恋もうまくいかない主人公の女性編集者・舞が、ナゾのオネエ・マリアに「伝え方」を伝授されることで、ステップアップして行く物語です。


主人公の舞のように「他人に正論をぶつけて玉砕する」ということ、よくありますよね。
まじめにがんばっている人ほど、こういうことが多いと思います。

せっかく、内面にいいものを持っているのに、これはもったいない。
自分が損するだけでなく、世の中にとっての損失にもなりかねません。


でも!
これって「伝え方」が悪いだけ。そして、その「伝え方」には、誰にでもできる技術があるのです。

この本は

1.「イエス」に変える3つのステップ
2.「イエス」に変える「7つの切り口1」
3.「イエス」に変える「7つの切り口2」
4.「強いコトバ」をつくる技術

以上、4章から構成されています。


「イエス」に変える3つのステップ

私たちはつい「〇〇してよ」と、自分の願いをそのまま口にしてしまいます。
これはダメダメな伝え方なんだとか。

なので、ひとつ目のステップとして「自分の頭の中をそのまま口にしない」

そして、ステップ2。
「相手の頭の中を想像する」

その後、ステップ3。
「相手のメリットと一致するお願いをつくる」


たとえば、主人公の舞は「くさいからタバコを吸わないで」とマリアに言うものの、断られてしまいます。


それを……、
「マリアの頭の中を想像する」
 →マリアはお肌のコンディションを気にしている。

「マリアのメリットと一致するお願いをする」
 →「タバコをやめるとお肌が驚くほどきれいになりますよ」

こういうお願いの仕方に変えるだけで、成功率がグンとアップするのです。


あなたのお願いを実現させる答えは、自分の中にない。
相手の中にある。

これ、忘れちゃいけませんよね。


「イエス」に変える「7つの切り口」とは 

ハート


3つのステップのうち、「相手の頭の中の創造する」ときに使える「7つの切り口」
それは……。

「相手が好きなこと」
「選択の自由」
「認められたい欲」
「あなた限定」
「チームワーク化」
「嫌いなこと回避」
「感謝」
以上7つ。

例えば、女好きの先輩におつかいを頼みたいとき。

「あの会社の受付に、かわいい子が入ったんですって! ちょうど届け物があるんですけど……」

という頼み方をする。
(相手が好きなこと)


ウェイトレスが、客にデザートを注文してほしいとき。
「デザートいかがですか」というと断られてしまうけれど、

「タルトとアイス、どちらかいかがですか?」
(選択の自由)
と、おすすめすると、注文してくれる可能性がUPする。


……というかんじ。

長くなってしまうので、全ての例は書きませんが「なるほど!」と目からウロコが落ちますよ。


相手に刺さる「強いコトバ」をつくる技術がある

花束

私もついブログのタイトルをテキトーにつけてしまうのですが……。

主人公の舞も、雑誌の特集のタイトルをテキトーに決めては没にされてしまいます。


相手に刺さる「強い言葉」をつくるには、センスが必要だってあきらめてませんか?
でも、これも技術で作れてしまうのです。


「強いコトバ」を作るには、5つの方法があります。

1.サプライズ法
2.ギャップ法
3.赤裸々法
4.リピート法 
5.クライマックス法 

じつは、この記事のタイトルも「サプライズ法」を使って作りました。
「そうか!」っていうところですね。


その他の方法も「たしかにこれ、見たことあるかも」というような、プロも使っている技術なんですよ。


コピーライターはもちろんのこと、ブロガーやアフィリエイターも、知っておくべき技術だと思います。



主人公の舞と一緒に成長していける気分のなれるこのまんが。
まんがなので、すっと納得できます。


楽天、アマゾン、キンドル。3つから買うことができますよ~。
あなたはどこから買いますか?




参加しています↓


ブログランキング・にほんブログ村へ


banner_22


スポンサードリンク