はりねずみの独り言(福岡 遠賀郡 岡垣町 海老津駅 整体 リンパマッサージ)

整体師はりねずみの日記です。私が日々啓発された出来事などもお話します。

旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ 公式サイトへ

2011年06月

いい日旅立ち

僕にはちょっとしたジンクスがある。

仕事を含めて、大きな環境の変化があると、
大抵、誰かとの別れがある。

まあ、転職とか転勤に別れがつきものだけど、
別に別れる必要がない場合でも、
そんな別れがあるのが僕の特徴なのです。

で、大方はお互いにしあわせなことが
あるので、それはいつも正解のようにみえます。

妙な具合ですが、必要な別れとは考えにくいような
ちょっともやもやしたものが残りやすいです。

それでも、たったひとつ共通点があるのは、
いつだって相手に素直にありがとうって言えます。

たとえば、ケンカしたりこじれた別れ方なら、
もう二度と会いたくないと思うものだけど、
どちらかというといい思い出の方が多いです。

今回は、そのありがとうが面と向かって言えなかったけど、
いつも感謝の気持ちでいますよ。

昨日会えた人が、今日も明日も会えるとは限りません。

やっぱり感謝の言葉は、会える内に何度も
伝えておきたいものです。

家族、師匠、親友、仲間、この方々にどうやったら
感謝の気持ちを伝えることができるでしょうか?

いつでも、いつまでも

人間関係でこれが通じると思う時、僕らは誰かを
ないがしろにしている時かもしれません。

あやしい修行

最近、ある修行のためすり鉢とすり棒を
多用しております。

怪しいものをつくっている訳ではありませんので、
どうか菅原がおかしくなったと思わないで下さい(^_^;)

実は、この修行、先日親友のYと考え出したもので、
右手と左手を同じ様に使いこなすために
やっております。

主に右利きの人間が多い中で、
左手にはできて、右手にはあまりできないという
動作があることをご存知でしょうか?

右利きの方が、右手を使う時に、
左手よりも何でも器用にこなせると思いますよね?

だけど、純粋な右利きの人が、右手で
「何かものを押さえつけて固定する」ということを
やろうとすると、かなり違和感が出るはずです。

たとえば、たわしをもってまな板を洗う時に、
右手にたわしを持ち、左手でまな板を押えると
本当にしっくりきます。

ところが、これを逆にした瞬間、
右手でまな板を固定するのが意外に大変です。

そして、右手の沽券にかけてしっかり固定すると、
今度は左手が上手に動いてくれません(笑)

このように、右手で何かを押えることをすると、
左手とのコンビネーションはうまく働かないので、
本当に違和感が出てしまいます。

で、なぜそんな違和感が出るかと言うと、
やっぱり、右手にはものを押える能力が
左手ほどは無いからだと言えます。

だから大抵は、右手で何かをやって、
左手で固定するという動作をしますよね?

多分好んで反対の手でやってやろうとは
思わないと思いますし、それでいいと思います。

でも、治療家はそれではダメなケースがあります。

たとえば、僕の場合、
背骨の矯正をするときには、右側からでも
左側からでも矯正をやらないといけないので、
左からはできませんとは言えないのです(T_T)

このすりこぎトレーニングを通して、
必ずや両手のコンビネーションをほぼ平等に
できるようになってみせます(・∀・)つ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

はりねずみ

訪問者数
  • 累計:

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
エディッタ
edita.jp【エディタ】
本のエディッタ
クリック募金
参加コミュニティ
  • ライブドアブログ