はりねずみの独り言(福岡 遠賀郡 岡垣町 海老津駅 整体 リンパマッサージ)

整体師はりねずみの日記です。私が日々啓発された出来事などもお話します。

旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ 公式サイトへ

2011年08月

やらかしているし…

今日は久々の事件でした。

昨日、姉の再就職祝いを兼ねて、
兄弟3人だけで、飲みに行くことに。

まあ酒が弱い3人ではないですが、
結構気持ち良く酔ってしまいましたよ。

それが昨日の話だったのですが、
今日ある時点で財布がないことに
気がつきましたΣ(・ω・ノ)ノ!

で、どのタイミングで気がついたかというと、
ファミレスに入って、注文をした時だったのです…

ああ、またやらかしてしまった。
さてどうしたものか?

家からファミレスまでは5分。
今から往復したら、料理が出た時には
なんとか戻ってこれる。

確か出掛けにカバンに財布をいれて
慌てて家を出てきたはず・・・

カバンをあさるけど出てこない(・。・;

代わりに出てきたのが、預金通帳。

ああ、これならお金をおろしにいける!
ここから、銀行までは3分だ!

迷っている場合じゃないな、
さあいくぞε=ε=(;´Д`)

なんとかお金をおろして帰ってくると、
料理が出ていました。

ここから家まで5分程度で帰れるものの、
次の予約時間まで30分だから、
あんまりゆっくり食べていられない。

バタバタ食べて、家に帰り、財布を探すが、
まだ見つからない。

その内、予約の患者さまがみえられて、
捜索は中断。

昨日はいつまで財布を持っていたのだろう?
たしか焼鳥屋さんで清算したまでは覚えている。

んで、今日はどこに移動しただろうか?
あそこと、ここと、いくとしたらここで…
なかったら、どうしようか?

このとき安心と不安の比率は1:4くらいだったろうか
まあ、なんとかなるさ・・・うん。

妹にメールしたり、おかんに目撃証言を
もとめてみたり、人を巻き込んで捜索。

結局、黒い財布は、黒いカバンの中にうまく
伏兵していて、見えにくかっただけだったらしい(^_^;)

こうして人騒がせな捜索は2時間で終了。
アラフォー男のやることじゃないね…ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

どこ見てんのよ!?

こんにちは
はりねずみこと、ハリーです(・∀・)つ

朝から暑いですなあ(_´Д`) アイーン

と、書き始めたけどなんか書くことが
なかったりするんだよ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

というわけで、整体師ハリーが施術中、
何を見ているかをお話しましょう。

僕は患者さんから
「先生どうして体の中身が見えるんですか?」
と聞かれることがあります。

だって、僕にはレントゲンの診断できないもん・゚・(ノД`;)・゚・

そしたらこの手で判断するしかないじゃないですか!

んで、触った感触と外からの見た目で
判断するしかなくて、それで自分の手に聞くんですよ。

だから、服の外から見て、
B地区まで見えてるわけじゃないよオオーw(*゚o゚*)w

多分、施術だけだったら目が見えなくても
僕は結構やれると思いますが、その分
かなり疲れるんだろうな(^_^;)

でもね、手で触らなくても、ずっと悪い個所の
雰囲気を何百回、何千回と見てきたら、
意外に分かるようになるもんですよ。

たとえば、あなたの友人が定期的に
あなたのわき腹を背後から突いてくるとしたら、
最初は無防備に何度もやられるかもしれません。

ただ、だんだんやられる時の傾向や、
背後から忍びよってくる友人の気配などが
だんだん読めるようになり、ついには背中に
目が付いているようによけれるようになります。

そうしたもので、人は集中したら、
「気」のようなものが見えちゃうもんなんです。
(実際、気配なんていいますよね。)

理屈じゃなく、本能の部分として、
人には最初から備わっているもので、
原始時代の人間だったら、現代人の何倍も
この力を活用していたはずなんです。

治療家だってそれは全く同じなんですよ。

というわけで、あなたの痛いところを
チクリと当て続けます(゚∀゚)アヒャヒャ

2年ぶり

今日またも、久しぶりの方がお見えになりました。

以前、おいでになった時はストレスからか、
まぶたの痙攣や、視点が定まりにくいという症状もあり、
眼科で治らないということで、紹介されました。

なぜウチなんだと思いましたが、
できることは全部やったと記憶しております。

目に関することは全く改善がなく、
腰などの症状は全部とれたということでした。

それから来院がなかったので、
手掛かりがないままでしたが、良い解釈は
なかなかできないものです。

大抵は、満足できないから2回目がないと
僕は解釈しています。

ところが今日、その方が来院されて、
前回の治療の後、転勤で山口に渡られて、
今もなお、そちらにいると知らされました。

関門海峡を渡り、本州から福岡に来られて、
当院に来て頂いたということでした。

前回の施術の後、すべての症状がとれて、
今月に入るまで、ほぼ不調はなかったそうです。

なんとも嬉しい報告でしたよ。

当時に比べると、僕もパワーアップしているので、
今回辛いという肩と首は、すぐに結果が出て、
これも成長の証、テーピングを添付して再発予防を
しておきました。

結果が出ていたことは本当にうれしいですが、
これだって患者さんが勝手に治ってくれたにすぎません。

僕らができるのは、治るきっかけづくりのみ。

しかもこうしてフィードバックがないと、
僕らは良い症例に加えることすらできません。

今日も患者さんに喜びを頂きました。
本当にありがたいことです。

投げたらすっきり

こんにちは、めずらしくこの時間に更新しております。

今日は定休日なのですが、急患を1名、
そして、出張が1件入っております(^_^;)

まあ、楽しいから良いのですが、
時々、ちゃんと休めよ言われております。

昨日、予告通りダーツに行きましたよ。
僕もその店の多くの人と顔見知りになり、
僕の通り名も「先生」。

まあ1か所くらいなら、調子の悪いところは
その場で見ることがあります。

さて、それはさておき、
そこは本当にいい人ばっかりで、
ついつい時間が経つのを忘れてしまいます。

高校生くらいの子もいるのですが、
その子らも結構しっかりしております。

ダーツってやってみると凄く繊細な競技で、
1か月やっていてもまだ全然、中心(Bull)を射抜く
回数は30投に3回あればいい方…

凄く集中するので、1日に何があったのか
忘れてしまうほど、没頭するほど。

もうちょっとうまくなれば、
さらに楽しくなるんだろうけど、
すっかりはまっておりますよ。

というわけで、今日もいってまいります!






気持ち悪い!

今日のお昼休みは自分会議。

喫茶店に籠って、読書も少しやりました。
最近は、自分の思ったことを本の余白に書くので、
本はぼろぼろになります。

自分で頼んだコーヒーのLサイズは
胸やけを起こすのには十分な量でした(>_<)

考えがまとまったり、今後の予定が少しずつ決まって
精神的にはかなりすっきりしているのに、
体調のせいで気分は最悪…

今度からコーヒーの量は考えないといけませんな。

今日の収穫は、本から学んだこと。
これを「分かる」に高めて、「実行できる」に加工して、
「あたりまえ」のレベルにできたら、きっと快適になりそう。

僕は腕を売るというより、価値を売る職種だと
考えるようになりましたよ。

頭も飽和したところで、ダーツに行ってきます!

流れを信じますか?

麻雀のような勝負事では、「流れ」という言葉を
使うことがあります。

まあ、スポーツでも同じですよね。

流れって何かというと、傾向、つまり「偏り」のような
もので、これは自分のところに来たり、
相手のところに行ったりします。

勝負事ではこの流れと言う波に
うまく乗ることで、勝ちが近づいてきます。

ところが、この流れと言うものを
信じない人もいます。

たとえば、サイコロを振って奇数が出る確率と
偶数が出る確率は、確率からすると2分の1に
なるはずですよね。

そうすると、奇数が5回連続で出たとして、
次に偶数が出る確率も本来なら2分の1のはず。

だから、たとえ奇数が5回連続で続いても、
次に偶数が出る確率はきっちり2分の1だと
言い張るわけですよ。

まあ、そこだけ見たら納得するかもしれません。

ところが、この場合全体の流れをみると、
ここは偶数が出る確率は2分の1よりも
高くなるということが言えます。

なぜか?
確率とは、試す数が多ければ多いほど、
ほぼ均等に割り振られるからです。

具体的にいうと、サイコロを10回振っても
奇数と偶数の出る目は、単純に2分の1にならないことが
多々あります。

しかし、1万回も振ったなら、限りなく2分の1に
近づいてくると言えます。

すると、偏った目が出続けると、確率は
それを均等にしようと働くと言えます。

白い粉と、赤い粉を混ぜると
必ずしもピンクにはならず、
少し白いところと、少し赤いところのように
偏りが出るんだと思います。

今、僕を取り巻く流れがいいのか悪いのか
それはわかりません。

だけど、良い流れをつかむにも、
その準備が大事だと思いますよ。

僕の準備は、今はひたすらシュミレーションすること。
そして、思いついたものをひたすら試して、
良いものは続け、悪いものはやめる。

今はそれしか思いつきませんな。

ああ、今日は面白くない記事になってしまった。
でも、これでいいんです。

考え事は

考え事はやっぱり家でやるもんじゃないね。

特にPCの前では余計なことしかしないから、
無駄に時間が流れていく。

1年前の自分なら、時間さえあれば
喫茶店読書をやっていたものだったなあ。

なんかわからんけど、自分の治療院では
ダメな場合があるんですよ。

一歩で良いから外に出て、なんか娑婆の空気と言うか
違う空気を吸ってみたいものなんですわ。

で、今日は大雨で集中豪雨だし、
福岡市内では竜巻が発生したらしいし、
雷もガンガンなっているしで、喫茶店籠りは
明日にお預けするとしようか。

最近よくわかること。
それは、やっぱりペンを持たないと自分の頭は
うまく回転してくれんってことかな。

官能小説書くときもペン書きだしw
(悪乗りしていますが官能小説は書いていませんよ〜)

やっぱり僕はライターなんだろうな。

快楽を増幅するもの

僕らはある意味「快」を売る仕事ではないだろうか。

治療家の仕事を漢字一文字で現わすと、
「治」、「癒」、「整」など、色々な一文字に
なると思うのだけど、その裏にあるものはなんだろう。

共通して言えるのは、「苦」ということになるのでは
ないだろうか?

もし、我々人間になんの苦痛もないなら、
快楽って言葉はあるんだろうか?

あったとしても、それは最初だけで、
慣れてしまえば、それは快楽でもない気がする。

光と陰があるように、光があるところに
陰は多くの場合、必ずと言っていほど存在する。

なんか小難しく言っちゃったけどさ、
結局人も、苦痛がなければ快楽がないわけ。

もし、あなたが一生お腹が空かないとすれば、
美味しいものを食べる楽しみは大幅に
損なわれると思いませんか?

もしかしたら、美味しいものだけ食べても
全く健康も害さない体の方が、思う存分
その味を楽しめるかもしれないです。

そこは全く否定しないんだけど、
僕は個人的には、腹が減るっていう苦痛があるから
食べる楽しみもあるんだと思う。

僕らの仕事だってそう。
患者さんが苦しい、きつい、だるい、痛い、
心が折れそうだ、などという苦痛を持参してこられるので、
僕らはそれを変えるお手伝いをするだけ。

最終的に心地良い体を欲してくれるのも、
ストレスや苦痛があるからじゃないですか?

僕の施術などは時として、快楽とは程遠いことも
しょっちゅうやります。

だけど、僕はその時の快楽ではなく、
明日以降、より快適に過ごせるようなあなたの体を
売っているからなんです。

今日、ダーツの仲間が僕にこんな話をしてくれました。

「全く肩が凝らないってことを望むけど、
マッサージを受けるときの快楽は一生味わえないとしたら、
それでも肩こりがないことを望むのかな?」

う〜ん、治療が長引いている人は肩こりが
ないことを臨むんだろうなと思うけど、
肩こりがなくなったら、きっと腰が痛いとか、
背中が辛いなんていうのは目に見えています。

なぜなら、苦痛を感じることで、
その反対にある快楽を感じたいと思っているから!

なんて仮説を立ててみました。
我ながら、どこか無理があると思いますが、
大筋では間違っていないような気がしています。

おかえりなさい

またご無沙汰な投稿になってしまいました。

最近、官能小説の原稿に追われていまして(嘘ですよ)
こっちの文章を書くのを忘れてしまいます。

というどうでもいい話は置いておきましょう(^^ゞ

当院のことを少し話せて頂きますと、
顧客の方の職業が結構偏っております。

一番多いのは、学校の先生で、
なぜか当院の3割ほどの顧客層がここに入ります。
未だに理由は分かっておりません。

次に多いのは看護師の方と自衛隊の方です。
ここの割合はほぼ同数になっています。

中でも自衛隊の方は転勤がつきものなので、
せっかく仲良くなれても、遠くに行ってしまわれることも
多々あるのです。

ちょうどお盆休みなどで、実家に帰っておいでになると、
思い出したように当院に来て下さる方もいて、
本当にうれしい限りです。

実は今日も、そんな方がおいでになりました。

以前は独身だった方ですが、今日は嫁さんを
連れておいでになり、一緒に受けて下さりました。
ちょっと幸せ太りしていたのがうらやましく、
ついつい痛いところを強く押して…なんてことはしません(笑)

奥さんの知らない昔話に花を咲かせたり、
お互いに変わってしまった体型の話で
盛り上がったりして、楽しい時間でした。

表から見ると、万年シャッターが下りている
そんな当院もこうした方々に支えられています。

転勤された方が戻ってきても、その人の事を
しっかり覚えていることでしか、用意はできないですが、
少しでもその記憶を共有したいと思っています。

Uさんご夫妻、お幸せにね!

新生

大変ご無沙汰しております。
整体師はりねずみです<(_ _)>

色々身の周りのことがごたごたしてしました。

おかげさまで、
良いことも悪いことも7月でちょうどリセットされました。

チャンスも目前で逃げていくこともあり、
ピンチも決定的になる前に解消されました。

個人的に小さな約束は20個くらい破られたりして、
本当に凹んでいたんですが、おかげで信頼できる方と
そうでない方がはっきりわかりました。

そして、自分を傷つけるような人も自分の前を去りましたし、
逆にこれからも仲良くしたい人にも出会えました。

官能小説の原稿ももう提出して、あとは印税待ちです。
(というのは、うそです!)

新しいことも始めることができるようになって、
今はダーツにはまってます!

やってみると、1日いろいろ悩んだことも忘れられるほど、
的に集中することができるので、これぞ趣味という
感じで楽しんでおりますよ。

今はそのせいもあるのか、日々の施術や業務を
凄く楽しめています。

今日からは読書ラッシュといきたいです!

小学生の作文のようにたらたらと書きましたが、
とにかくこの8月は何が決定的に変わる予感がしております。
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 累計:

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
エディッタ
edita.jp【エディタ】
本のエディッタ
クリック募金
参加コミュニティ
  • ライブドアブログ