はりねずみの独り言(福岡 遠賀郡 岡垣町 海老津駅 整体 リンパマッサージ)

整体師はりねずみの日記です。私が日々啓発された出来事などもお話します。

旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ 公式サイトへ

2012年01月

〜するべきの呪縛

こんにちは。
お昼の時間になりましたね^^

最近、あるジャンルの本を10冊ほど
読みあさりました。

面白いもので、同じようなことが書いてあるようで、
細かく見るとかなり違う視点がそれぞれにあり、
それでいてやはり共通点が多かったように思います。

僕が以下に狭い視野で学んできたかが
分かる気がします。

人間、ひとつのことに集中すれば、それは凄い力になるし、
それを続けたら人より抜きん出た力になると思います。

専門化、プロ化していこうと思えば、やはりその流れに
乗ることで突出したスキルを手に入れることが
できるようになると感じます。

僕のように不器用な人間には、多くのことを同時にこなす
能力がないから、この一点集中が居心地がいいです。

たとえば、同じ分野の専門書をたくさん読むというより、
その分野でもっともとっつきやすいものを、
ボロボロになるまで、何度も読むほうが僕にはやりやすいです。

ただ、いつまでもそれをやってるとやっぱり視野が狭くなります。

そして、ひとつしか知らない分だけ、
物事に対して「〜であるべき」と考えるようになりました。

最近になって、この年になって、「〜あるべき」って
考え方が自分の中で本当に邪魔に感じます。

たとえば、自転車は歩道を走るべきでないと
強く感じていたら、たまたま歩道を走っている自転車を
みかけるだけでイライラしないといけません。

英語でいうと、「have to」とか「should」みたいな考え方になり、
結局それを正そうとしてしまいます。

僕が体を整えるときは、絶対にこうじゃないといけないと
思っていないのに、日常だと「べき」で考えていたことが
かなり多かったと気がつきます。

〜するべき

これを少し柔らかくすることで、僕はもっと楽に
なれそうな気がします。

何気に耳に残る




年末の深夜にやっていたやつ。
しばらく耳に残っていたので、もう一回観ることに。

まあ、一度見たら二度目はあまり笑えなかったけど、
僕は面白いと思いましたよ。

勝てない…

誰かこのゲームのレベル2で
圧勝できる人がいたら教えてください<(_ _)>



いのしし…何回目だろう?

ガソリン価格が急騰するんじゃないかと
言われておりますが、僕のように田舎に住んでいる者は、
まじでピンチでございます。

周りが山に囲まれておりまして、遠くに行くには
必ずと言っていいほど、山を越えないといけません。

といっても、峠という程度のものですが、
それでも車なしで超えていくなんて考えられません(>_<)

僕が趣味でやっているダーツのお店は、
車で30分くらいのところですが、やはり山を越えます。

この冬場にあっては、路面が凍結していて、
超えることが出来ない日も時々あります。

そんな山奥なので、イタチ、タヌキなどは
辺り前に遭遇しますが、最近はイノシシも、
かなりの頻度で見かけます。

車を避けないような、デカイ犬がいるな〜
と思っていたら、それがイノシシだったりするから
本当にびっくりです!

歩いて遭遇していたらと思うと、恐ろしい…

昨日は、そんなことを考えながら、
イノシシの肉を食べておりました(笑)

だって、近所の人が持ってきてくれるし、
うまいんだもん!

油が一発でダメになるけど、天ぷらも
凄くお勧めです(^^♪


最近読んだお勧めの本です♪


2週間で一生が変わる魔法の言葉(じゅもん)

鼻歌歌ったのに

ちょっと良い天気だった時、
久々の天気に胸を躍らせながら、

「ある晴れた昼下がり〜♪」

と歌い出したまでは良かったが、
それが「ドナドナ」だと分かり…



急にブルーになりました(;一_一)

反復しましょ

習慣ってある意味、才能に近いと感じます。
恥ずかしい話し、僕は最近まで万年床でした。

冬場になると、朝起きた布団の形に沿って、
またもぐりこむという感じで、僕なりには、
効率が良かったわけです。

何しろ、一日の中で寝るとき以外は、
全く用事がないのが、自分の部屋!

それをいいことに?散らかし放題だったわけです(^_^;)

年末の大掃除の時に思いのほか、時間がかかったのを
きっかけに、掃除しやすい環境をつくるべく、
布団をあげるようになりました。

さて、人が当たり前にやっていることを
普通にやるようになって、気づくのは、
習慣に強い感情をこめてはいけないということ。

感情とかやる気には必ず変化があり、
あがったり、さがったりしますよね。

でも、本当の習慣はそんなことに関係なく、
気がついたらやっているものだと
ようやく気がつきました(*^_^*)

淡々とやる。
そこに感情を込めずに、ただただやってみるだけ。

今年は師匠を見習って、粛々と続けることを
身につける年にしたいです。

さて、寝転がってテレビでも見よう!
はっ!?Σ(゚д゚;)


何してんだか

お仕事をされている方はみんなそうだと思いますが、
郵便局や銀行にいこうと思っても、なかなかいけないことも
多々あると思います。

たとえば、単純にお金をおろすだけじゃなくて、
わざわざ郵便局や銀行で振込をしないといけないとか、
そういう特別な用事を、会社の昼休みに終わらせようと
思って、なんとか時間をつくろうとします。

その辺りの事情は僕も同じだったりします。

んで、わずかな時間でバタバタと用意して、
郵便局の駐車場に到着。

いつもは多いのに、今日に限ってあっさりベストポジションを
確保できた!

そう喜んで、車を降りようとしたら、
肝心な物を忘れている…

なんてことはありませんか?

今日は久々にやらかしました(^^ゞ
Mさん、ちゃんと荷物お送りしますけど、
そういう事情で送れますので、すみません!



よー頑張った!

一日を振り返って、ちゃんと自分を褒めていけることって
なかなかなかったりします。

特に自分で自分のことが嫌いと言う人なら、
あんまり自分のことを褒めることなんてないと思います。

もし、褒めようと思っても、

「自分の一番良い時に比べたらまだまだだ。」

「あの人と比べたら全然頑張ってない。」

というように、比較対象を無理矢理つくってきて、
自分を褒めることをわざわざやめることすらあります。

確かに、自分で自分を褒めたら、
そこで満足してしまって、成長が止まるのでは?と
考えることもあるかもしれません。

そうした、「まだまだ」の精神は、向上心に繋がると
思いますが、だからと言って、自分のことを
低く見積もってしまう危険性もあると思います。

たとえ、結果が出てなかろうと、100%でなくても、
やるべきことはやれたと思うなら、
自分で自分のことを褒めて良いと僕は思います。

自分で自分を褒めることで、我々は良い休息を
とりやすくなるからです。

「良く頑張った!」と自分に言い聞かせる時、
我々の脳の中で、α波が出ていることが、
科学的に証明されています。

そうなると、副交感神経が働き出して、
体は休息を求めるようになります。

仮に「もっともっと」と向上心を燃やすにしても、
寝る前には、一旦それを考えるのをやめて、

「今日は良く頑張った!でもきっと明日はもっと頑張れるはず。
今日も一日耐えてくれた体、ありがとう。」

という具合に考えた方が、明日に弾みがつくと思いませんか?

もちろん、本当にクタクタな時は、自分を褒めるだけにして、
「もっとだ!」と感がなくていいと思います。

もし、「そんなに褒められるほどのことはやってないよ」
と思われるのなら、せめて、
「どうしたら、自分が満足できることが見つかるだろう?」
と脳に質問を続けてみるといいと思います。

脳は、何日経とうと、その答えを出そうと働き続けます。
なので、質問だけは続けて、
今できることだけに集中すればいいのではないでしょうか?

大丈夫。自分で自分を褒めたからと言って、
簡単にダメになる人なんていません。

拍手コメント

応援してくれる方と、アヤをかけたような
書き方をしてくる人といるようです。

応援して下さる方、いつもありがとう。

同じ名無しでコメント下さる方でも、
よくわからないコメントを下さる方、
あなたもありがとう。

できれば名乗ってくださると嬉しいです(^^ゞ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
訪問者数
  • 累計:

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
エディッタ
edita.jp【エディタ】
本のエディッタ
クリック募金
参加コミュニティ
  • ライブドアブログ