2016年03月10日

夢を抱きしめて@壱八家 スカイビル店

今日は20時に強引に仕事を放り投げて退社。ラーメン食って帰ろう。

20160310-夢を抱きしめて@壱八家 スカイビル店【要約】神奈川の食材にこだわった、たっぷりトッピングの家系。
【入店状況】2016-03-10 2021到着。満席、外待ち9名、後続9名。まさか壱系店で待たされるとは。家系が少ないエリアだからか。
【注文】夢を抱きしめて(880円)。これはスカイビル店限定メニュー。
【待ち時間】着席まで12分、着席から配膳まで6分。比較的回転は速い。
【麺】長多屋製麺の中太平麺。これも家系王道のものだ。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。
【スープ】ややクリーミーな壱系らしいスープ。醤油は少々強め。久々に壱系で食べたが、記憶にあるスープと少し違う。このメニュー独自かも。揚げ葱も風味を加える。後半からニンニクを加えて定番の味変を楽しんだが、この一杯の場合は生姜のほうがより合いそうだ。
【具】チャーシュー、味玉、青菜、白葱、海苔。やまゆりポーク使用のチャーシューはやや厚めにスライスされたもの。噛みごたえがあり自分好み。味玉の味付けは控えめでスープに合う。青菜の量はほどほど。海苔はしっかりしたもので、ライスと一緒に食べたくなる。
【感想】最近、壱系に行ってなかったが、久々に食べてこの系統の良さを再確認できた。たっぷりの具も嬉しい。神奈川地産地消というコンセプトも神奈っ子に訴える力がある。満足の一杯。
【備考】お品書きより。海苔は蔦金商店、野菜は戸塚区東俣野、卵は相模原市コトブキ園の恵壽卵、チャーシューは「はまぽーく」の肩ロース肉。

harada_toshi at 21:30コメント(0)トラックバック(0)食べ物 | 横浜 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Categories