She Guevara×Blog

勉強しない子供より、遊ばない大人の方が心配です。

ボチッと再開。

腰の方も少しずつ痛みが引いてきたので、
羽島も再開しようかと滑って来ました。

image
 
腰痛で無理して肩痛めて踏んだり蹴ったりの前回(苦笑) 
今回は腕も肩上まで挙がる様になって一安心。

正直、整体で矯正して貰うまではホントにヤバかったから。
寝返りうったら痛みで起きる。
朝起きたら手が上がらない。
寝起きなんてホントに倒れたお地蔵さん状態。

どこか悪い時はホントに無理しちゃダメだね。
イイ歳なんだからと自分に言い聞かせる日々ですよ。

 image

まぁ、それでも滑れるだけで楽しいんだけどね。
早く全快(全開)で滑りたいと思うけど、
その前にちゃんと集中して滑ろうと思う。 

なんとな〜く滑ってるとロクな事がない。
なんとなく滑ってると
ホント人にも気付いて貰えないからね。

FBで申請頂いてお知り合いになって、
実際に会ってるにも関わらず気付いて貰えない。
これは由々しき問題ですよ。

かと言ってコッチからは話しかけ辛い。
俺の事知ってるでしょ?的な勘違いだと思われると実に気まずい。

だからイイ事考えたよ。

自分の事を僕とか俺じゃなく、
『シゲはさ〜』って大きな声で言えばイイんじゃね?!

そしたら気付いて貰えるよね。

でもさ、

話し掛けられないんだよ。


話し掛けて貰ってないのに『シゲはさ〜』なんて言ってたら、
大分痛いよ。

いやいや!!
これ以上痛いとこ増えるのは勘弁です(泣)

新しい日記帳。

スノーボードを続ける上で楽しむ事は重要だけど、
やっぱり上手くなりたいですよね?

友達で自分が滑る度にどんな事を心掛けたか、
誰にどんなアドバイスを受けたか、
1日を振り返るスノーボード日記をつけている女の子がいます。

一度見せて貰った事があるんですが、
僕がいつ何処で何を言ったかまで克明に書いてありました。
そりゃもう迂闊な事は言えないぐらい細かく…

ちょっとした調書ですよ(笑)

そのノートも何冊か貯まり、
いつしか彼女のノートの表紙を頼まれ絵を描く様になりました。

image

山だけではなく、羽島(室内)で滑った時の事も書いているので、
滑った分だけノートはページを重ねる。

言い換えれば書き込んだ分だけ滑ってる。
その積み重ねって知らず知らずのウチに経験や知識になって、
自信に繋がっているんだろうな。


今回もまた描いてくれと言われて渡された真っさらのノート。
でも今回は今までのノートとはチョット違う内容になりそう。

その彼女が一年間ワーホリの為、カナダへと旅立ちました。

人とコミニュケーション取るのが苦手で、
実は頑固で変なとこにコダワリが強く何度かお説教した事もある(笑)

次に逢えるのは1年後かな。

色々な経験や体験を重ねて
ノートにギッシリ想い出を書いてちょうだい。

image

願わくばその1ページ1ページがイイ想い出になる様に。

チヅちゃん気を付けて行ってらっしゃい、
また来年逢えるのを楽しみにしてるよ!

美容院の独裁者 - 後編

いやはや前回の続きがまだでしたね。
それじゃあ早速本編に。


オバちゃんの散髪スピードに比例して、
小さな不安はドンドン加速していく。

独裁者カットで会計を済ます人の一言で、
それは確信に変わったよ。

image

『…っとちゃう(違う)なぁ。』


聞き逃さなかったよ。
散髪終えたばかりのオジさんの小さなボヤキを。

次の瞬間、小走りで受付に行きましたよ。

有無も言わさず、
若い美容師さんを指名欄に書き込みましたよ。

分かるかな〜
上半身はユッタリとした動きなんだけど、
腰から下は小走りw

なるべくオバちゃんにバレない様に指名したい。
何故ならオバちゃん受付も兼任してるから。 

バレない様に指名欄に記入し安堵の表情を浮かべる僕。
ちなみに僕の後にもお客さんはいて、
どうやら指名はしていない様子。

そうして順番を待っていると、僕の名が呼ばれた。

こちらへどうぞ〜そう言われ席に向かう。

対峙した相手は、まさかのオバちゃん。 

もうビックリだわよ。
わざわざ指名避けたのに現れるってどんだけプラス思考だよ。
アナタなら東京都知事も難なくやってのけそうだよ。

流石にコレはマズいと思い言いました。

『あっ、ちょっと電話掛かって来たんで僕後回しでイイです!』 

もちろん電話なんか鳴ってないよ。 
相手もいないのにモシモシ言っちゃってるよ。
危険回避にはコレしかない、
もう本能がそう自分に働きかけたね。

で、僕の後ろの人が生け贄に。

いや僕は悪くない。 
僕はちゃんと指名していたし、間違えたのはお店側だ。

そう自分に言い聞かせお店に戻り、

『仕事が入ったので今日はキャンセルでお願いします。』

そう告げてお店を後にした。

もちろん仕事どころか電話は鳴っていない。 

お店(西)と僕(東)の間に出来たベルリンの壁は、
一段と高くなった気がする。

image

でも、もう来ないかな〜(まだ一回も切って貰ってないw)

美容院の独裁者 - 前編

先日、髪を切りに行ったんですよ。
急いでたのもあって、
よくある1000円でカットしてくれるお店に行ってみた。

短くしたかったんで、
パッと やってくれ的な感じでね。

初めてだったんでしばらく様子を見ていたんですが、
美容師の指名なんて出来るのね。

でもさ、初めてだから指名なんて必要無いし、
1000円で切ってくれるなら別にイイかなって感じでNO指名。

そういう時間帯だったのか、そういう客層なのかオジサンが多くて、
席に座って順番待ちをしていたら、
背の低いオバちゃんが、
どエライスピードで髪の毛を切ってくんのね。
 
もう何の躊躇もないって言うか、
一瞬のタメライすら感じさせない。
むしろ何かこう…
ヒラメキみたいなもの感じさせてくれるw

そのスピードたるや、
並んでた人を次から次へと消化してくんのよ。

その隣の美容師さんは若い感じの人で仕事が丁寧。
オバちゃんはその間に3人ぐらい千切っては投げ、千切っては投げw

で、オバちゃんに消化されるお客さんを見て、
トンデモナイ事に気付いたワケですよ。 








全員同じ髪型。





いやいやいやいやいやいやいやいや!
百歩譲っても前の人と同じ髪型なんてオーダーしないでしょw

ましてやオバちゃんが手掛ける髪型カッコイイとは程遠いぞ!!
オシャレとは正反対な位置だぞ!

何だよそのピッチリヘアー!!
こっちはアレだよ、無造作な感じを求めてんだよ!

それじゃあアレじゃねーか!
悪魔の独裁者じゃねーか!!

image

ましてやチョビヒゲなんて用意してねーよ!!

そんな事を思いながら、
不安の二文字がドンドン膨らんでいく(涙目)


まさかの続く(笑)
カレンダー
原田布団YouTu部
バックフリップへの道2012↓ バックフリップへの道2009↓ トリックラボ前編↓ トリックラボ後編↓ とある悲劇の奥伊吹↓
エミネムさんが室内ゲレンデについて教えてくれるそうです。
HaradaFuton-T.G.I.F.2015
↑T.G.I.F.12 - Imaginary Line T.G.I.F.11 - GENEYMAR T.G.I.F.10 - JIBLIO T.G.I.F.9 - LOSS AND ANGEL T.G.I.F.8 - A TENSION PLEASE T.G.I.F.7 - EDAMAME T.G.I.F.6 - Dinoshiro will(not) Die T.G.I.F.5 - A→Z T.G.I.F.4 - CUSTOM MADE T.G.I.F.3 - Ride with the InD′s. T.G.I.F.2 - BUMP+CHILL T.G.I.F. - 2DAYS/4HOURES
U like it?!
livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ