She Guevara×Blog

勉強しない子供より、遊ばない大人の方が心配です。

香港へ行ってみた

前回はこちら⬇︎
香港へ行ってみた
香港へ行ってみた
香港へ行ってみた
香港に行ってみた

一夜明けて朝。

image
 
夜勤明けで香港に来たもんだから、
昨晩は死んだ様に眠った。

せっかく買った香港のビールも、
一口飲んで記憶がない(笑)

image

ちなみにこっちのビールは7〜8HK$(105円程度)
ペットボトルのお茶より安い!

さて、早速朝から街を散策。

image

香港観光はザックリ分けて二つの島、
というか沿岸部に決めてました。
それが九龍半島と香港島。

image

今僕がいる宿は九龍島にあって、
フェリーやトンネルを通って車や電車で
主要部のある香港島へと足を伸ばせる。

image

香港に来て先ず向かった先がビクトリアピーク。
いわゆる絶景ポイントで有名な場所。
香港で一番高いところからこの国を眺めてみたい。

本来は夜景を見るのにオススメスポットなんだけど、
これ以上男二人でロマンチックな雰囲気を
醸し出すワケにはいかない(笑)

後はもう一つ行きたい場所があった。

というわけで、
先ずはフェリーに乗って香港島側にある中環(セントラル)という街へ。

image

通勤にも使われるフェリーには地元の人も沢山乗り込む。
冷房の効く席と吹きっ晒しの席がある。
料金は一緒だから全員迷わずクーラー席へw

片道3.4HK$(50円程度)と、とてもリーズナブル。
10分もかからず対岸の香港島のセントラルに到着。

image

セントラルからはバスに乗り換えて、
ビクトリアピークへ!

ちなみにこっちのバスは基本ダブルデッカー(二階建て)。
もちろん座るのは二階の最前列(笑)

image
 
クネクネ道をバスでひたすら登る。
ビックリするぐらい荒っぽい運転でガンガン走る(笑)

そうしてビクトリアピークに到着。

image

昼間でも十分絶景じゃないか!
しかも街にカミナリ落ちててある意味レアな光景(笑)
いやはや先行き不安な天気になってきたよw

香港へ行ってみた

前回はこちら⬇︎
香港へ行ってみた
香港へ行ってみた
香港へ行ってみた

image

夜景も堪能し、
香港へ来る前に予約しておいたゲストハウスへ。

住所は調べてあるし、
グーグルナビで大体の場所は把握してある、
はずだった…

それが見つからない。
探せど歩けど見当たらない。

こうなったら人に聞くしかない。
とりあえず何のお店か分かんないけど、
スタッフさんに宿の住所を見せてみる。

ココへ行きたい。

どうやら想いは伝わったようだけど、
『チョァ〜ジェンコンサァーチョムサァーツィイ〜』
みたいな事を言われる。

もう何一つ分かんないよ。

単語すら勉強してないから、
何言われても理解どころか聞き取れないからね。

とにかく笑顔でンゴーイ、ンゴーイ言ってみた。
余りに言い過ぎて後半インゴーインゴーになってたわ。
絶対感謝の気持ち伝わってないよね。
(ンゴーイはありがとうの意味)

ジェスチャーで何となく理解出来たので行ってみるが、
結局元の場所に返って来ただけだった(笑)

image

次は繁華街の大きなビルに入り、
セキュリティーっぽい人に聞いてみた。

しばらく考えて思い出した様に
付いておいでって案内してくれる。

これは頼もしい!!
加えて今までにない親切さ!

着いて行ったら、


ただの裏口に出た。

お前も道を知らんのかいwww 

何だかんだで2時間近く宿を求め彷徨(さまよ)い続ける。
もうここしかないと見つけたビルの入り口。

7階までエレベーターに乗り、
念願の目的地に到着…

image


で、

看板コレだよ。

image

分かるか!
そんなん絶対分からんわ!! 
むしろ地元の人も知らんのうなづけるわ!!

初日から観光どころか、
街を把握出来るぐらい歩いた(笑)

香港へ行ってみた

前回はこちら⬇︎
香港へ行ってみた
香港へ行ってみた

image

バスで小1時間揺られ、
尖沙咀って香港の繁華街に到着。

ちょうど良い時間。 
何が良いって香港といえば100万ドルの夜景。

毎夜20時になると巨大なビル群が様々な光を放つ、
シンフォニーオブライツというイベントが開催される。

ちょうどその時間を狙って来たんだけど、
港はすでに先約がいて大混雑w

image

ありがたい事にあまりの暑さとジメジメ感に、
早々に去っていく人も多い(笑)

だから後ろから眺めていても自然と最前列に行ける。

image
 
このライトアップは事前に知ってたんだけど、
ガイドブックやテレビなんかで見る程スゴい光景ではない。
アレをイメージしていくとガッカリ感がハンパない(笑)
十分綺麗だったけどね。

僕の前にいた、とある日本人のツアー客が
『えっ?ショボくない?!
でもこれカップルで見れると最高だね!』って言ってた。

その後ろで男同士で見てる
僕等の気持ちがお前らに分かるか。

お前らみたいな下心丸出しと違って、
純粋に夜景を楽しみにきた
僕等の気持ちなんてきっと分からないだろう。

そりゃあもう…


大変羨ましゅうございます(涙)


夜景も見れたし次は宿探し。
男二人にロマンチックなんて要らぬ。
安宿で十分だ。

というわけでバックパッカー御用達のゲストハウスへ。
泊まるだけだし、ほとんど宿にいないからな。

が、今回この選択が大きなミスを生むとは、
この時は知る由もなかった… 

香港へ行ってみた

さて、約3時間半のフライトを経て無事に香港に到着。
実は今回、珍しく一人ではなく男二人旅。
さてさてどうなるか。

image
 
とにかく香港国際空港がデカい。
空港内の移動に電車が通ってるぐらい広いw

あと冷房ガンガンで寒い。
とにかく寒いw
香港に限らずアジアって除湿の為にか、
エアコンガンガンつける国が多い。

にしても寒い!
とにかく冷える!
トイレどこだ!トイレどこだ!

image
 
空港から街への移動手段は色々あるけど、
僕が選んだのは市バスでの移動。
何せ安い。

空港から街まで20分程で運んでくれる
エクスプレストレインもあるけど、
価格はバスの3倍。 

時間はあるから市バスで1時間かけてノンビリ向かおう。

image

ちなみに広東語でバスは巴士、タクシーは的士と書く。
これを覚えておけば何とかなる(笑)

image

空港から街までのバスは、
33HK$(約460円 1HK$=14円)

オクトパスカードといって日本でいう
ICOCAやSuica的なカードが非常に便利。

コンビニやスーパーだけでなく、
スタバやマクドでも使えるので今回の旅では大変重宝した。

オクトパスカードは空港や駅で購入可能で、
デポジット50HK$+現金100HK$=150HK$支払えばOK。
ちなみにカードへのチャージは50の倍数でしか出来ない。
(例:50HK$、100HK$、150HK$)

image

香港の夕暮れを眺めながらバスで街へと向かう。

にしても、

寒い!!

バスもエアコンガンガンじゃないか!
トイレないぞ!トイレないぞ! 
カレンダー
原田布団YouTu部
バックフリップへの道2012↓ バックフリップへの道2009↓ トリックラボ前編↓ トリックラボ後編↓ とある悲劇の奥伊吹↓
エミネムさんが室内ゲレンデについて教えてくれるそうです。
HaradaFuton-T.G.I.F.2015
↑T.G.I.F.12 - Imaginary Line T.G.I.F.11 - GENEYMAR T.G.I.F.10 - JIBLIO T.G.I.F.9 - LOSS AND ANGEL T.G.I.F.8 - A TENSION PLEASE T.G.I.F.7 - EDAMAME T.G.I.F.6 - Dinoshiro will(not) Die T.G.I.F.5 - A→Z T.G.I.F.4 - CUSTOM MADE T.G.I.F.3 - Ride with the InD′s. T.G.I.F.2 - BUMP+CHILL T.G.I.F. - 2DAYS/4HOURES
U like it?!
livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ