以前、初めてのキングス体験を長々と書きました

そこで数回(?)に渡って、
もうチョット役に立つ事を書こうと思います(笑)

というわけで、初心者目線から学んだブラシ編です。

ブラシでのフリーランってやっぱり戸惑います。
僕も思いっ切り出鼻を挫かれたクチです(笑)

image

当初キングスに行った事のある諸先輩方からのアドバイスは、
ターンは板のトーションを使えって事でした。

“あ〜エッヂが使えないんならトーションで曲がんのか〜”と。

とんでも無いw

実際はトーションなんて使えない(苦笑)
トーションって板に体重預けて(踏ん張って)
板をネジるって事でしょ?

それをやろうとした時点で板から重心がズレるw
仮にやるとしても相当の慣れと技術がいるはず。

だから僕は自分が出来る
一番簡単な方法を実践してみました。

“何が何でも板の真ん中に乗る事”

笑えるぐらい単純な事でしょ?笑

板の真上にいれば、
ラインを取るにしても抜ける(飛ぶ)にしても
板がブレる事は少ないです。

だって真ん中に乗るという事は、
全ての方向に均等に力が加わるって事だから。

そうする事でアプローチ中は、
板を自分の真下でコントロール出来るし、
テイクオフの瞬間も大きく板がズレない。
だから横っ飛びも早抜けもしない。

察しの良い方はもうお気付きのハズ。

山でスピンをして横っ飛びする人は、
板の真ん中にいないという事です。

僕もバックサイドスピンは横っ飛び常習犯ですw

対処方はありますが今は置いといて、
そういった自分のクセを知るにはブラシは良い経験になります。

加えて書くなら自分のラインやポジショニングが定められる人は、
やっぱり見ていても安定感がある。

これはブラシに限らず、
SNOVAの様な人工雪でも同じ事が言えると思います。

というわけで、今回はこの辺でまた次回!