She Guevara×Blog

勉強しない子供より、遊ばない大人の方が心配です。

July 2014

大ちゃん〜本物 VS 偽物〜

さて、前回の人生二度目のキングスの続きです。

4c57751a.jpg

今回は偶然にも羽島ローカルの皆もいたので、
キングスにいながら羽島気分でした。

羽島ローカルって事は、

『あっ、大ちゃんおはよー♪』

もはや慣れっこです。
むしろ眉毛一つ動かしませんよ。

『やぁ、おはよー。』そんな感じの免疫出来てます。

でもね、そんな軽い受け流しがこの後、悲劇をもたらすんですよ。




羽島で本当に大ちゃんって呼ばれている
ローカルさんも来ていたんですよ。



コレは由々しき問題ですよ。

だって僕、ニセモノだからね。

本来僕、大ちゃんじゃないからね。
何かの間違いで大ちゃんって呼ばれてるだけだからねw

僕なんかより“大ちゃん歴”長い先輩の前で、
図々しく大ちゃん気取るなんて。

いえ、僕ホントは大ちゃんじゃないんです。諸事情で今はそう名乗っています…』

そんな事、恐ろしくて言えない。

もうね、覚悟を決めて大ちゃんを偽り続けるしかナイ。

そんな事を知ってか知らずかホークキッカーを飛んでいると、
ミドルキッカーの方から『大ちゃんさ〜』とか聞こえてくるんですよ。

その度にね、
(゚Д゚≡゚д゚)ハッ!?とかって振り返っちゃうワケですよ。

本物の大ちゃんが皆と談笑していらっしゃるんですよ。

ニセモノの大ちゃん的には、
シゲちゃんも会話に入れてよとか思っちゃうのよ。

でも今は大ちゃんなのね。
大ちゃんの中の人(シゲちゃん)はとっても複雑な心境なのね。

でね、羽島でよく知ってるユミちゃんって子がいるんですけど、
その子がこれまた偶然キングスに来たんです。

98236ff5.jpg

こりゃいよいよシゲちゃんに戻れるぞと。

(=゚ω゚)ノ来てシゲちゃんコール!いつものチョウダイ!





『あっ!大ちゃ〜ん!!おはようゴザイマ〜ス♪』


af32d8ba.jpg




   …




725066c5.jpg

もうね、どんだけ空気が読めるんだと。
この後に及んでまだシゲちゃん追い込むんかと。

“ユミちゃん”改め、“読め(空気)ちゃん”にしてやろうかと。

まぁイイコなんでね、とってもイイコなんでね。
手作りのお菓子とか作っちゃう女子力高い子だからね。

えっ?キングスの話しをしろって??

そんなの大阪キングスでキャンプを開催している、
本物の大ちゃんのブログ読めばイイじゃないか(涙)

人生二度目のキングスを体験して来た。

足首の痛みがマシになって来たので、
亀君が大阪キングスに連れて行って来れました。

image

二回目ともなると、気持ちドヤ顔です。

気分はすっかりローカルですが、
まだローカルさん達とは打ち解けられません(涙)

そんな僕が初心者向けのフリーランスペースで、
一丁前にウォーミングアップですよ。

フリーランスペースなら
僕より後輩ばっかりだからね。

唯一キングスで調子に乗れる場所だから
そこは大目に見て頂きたい。

ちなみに今回は、ホークジャンプのリップが
上がっている方で練習してみました。

ホラ、最近のキッズもスゴイけど
女の子達も勢いあるからね。

皆気付いてないと思うけど、
30歳までなら背中に翼生えてるから

40近くなると、その翼が消えていくんですよ。

だから今のウチに無理にでも
飛んでおかないと飛び方を忘れちゃう。

翼が無くなっちゃうと、自分が飛ぶより
意識を飛ばす事の方が多くなるからね。

いやもうホント危ないよそうなると。
僕が人の顔や名前が覚えられないのは、
きっとそのせいだ。


そうそうHYWODのマオちんがいたので、
板のダリングをお願いしました。

image

僕ね板が走る様にと、
しっかりベースワックス塗ってきてたんですよw

そしたらさ、ワックスじゃダメなのね。
やっぱりロウソクが良いんだって。

ワックスだと板が止まっちゃうって。
で、ロウソク塗った後は水をかけた方が良いんだって。

僕さ、何を勘違いしたか自分に水を掛けてたよ
それもさ、頭のテッペンから爪先までしっかり水浴びたよ。
飛ぶ前から一人ビショビショだよ。

何かさ、スッゲー汗っかきの人が
来ちゃいましたみたいになってるよ(涙)

ちなみに亀君にはドヤ顔でロウソク塗った後は、
板に水を掛けた方が良いよって教えてあげたけどね(笑)


今回は前回と違い、
友達に沢山出会う事が出来ました。

というわけで、
次回は大ちゃんキングス編ですwww

エミネムさんが室内ゲレンデについて教えてくれるそうです。

エミネムさんが、数ある室内ゲレンデの中でも
SNOVA羽島について教えくれるそうです。

関係者の皆様方、僕は悪くない。
エミネムさんが勝手にやっただけだ。

でもコレを見て羽島に行く人が増えると嬉しいぜメーン。


ブラシを滑って学んだ事

さて、久しぶりですが忘れたワケじゃありませんよ。

ただちょっと気が向かなかった付かなかっただけですw

というわけで、
前回はブラシで滑る際に気を付けた事を書きました。

板の真ん中にポジションを取ると、
ブラシ(アプローチ)での滑りは安定するので、
ストレートジャンプで大きなストレスを感じる事は無くなると。

問題はスピン

スピンは抜けも重要ですが、ライン取りも重要ですよね。

93

特にブラシではそのライン取りがシビアだから余計に。

だからこそ一つ一つの動きを見直す必要があり、
今までの自分を見つめ直す事が出来るんだと思います。

僕も過去には色々ありました。
それこそ良いコトだけじゃなく悪い(略)

ここで人生を見つめ直し始めたら、
今夜は眠れなくなるのでヤメておきます。


ブラシではライン取りの大切さを身を持って知りました。

アプローチに使用されるブラシの毛先って、数センチ程度です。

雪の上の様に力を入れれば噛むわけでも無ければ、
強い力で板を切り替えせるわけでもありません。

ブラシがシビアだと感じるのは、
そういう影響からだと思います。

雪の上だと大きくラインを振っても、
抜けの瞬間さえ気を付けていれば、
スッポ抜けたり激しくマクラれる事って少ないじゃないですか?

でもブラシだとラインを振れば振るほど、
抜けた瞬間にとんでもない態勢になる。

ブラシでの動きは何かを付け加えるんじゃなく、
無駄な動きを省く引き算が理想な気がします。

それって今までの自分のやり方を変えなきゃいけないんだから、
もうスノーボードが嫌いになるぐらいグダグダになる(笑)

何となく飛んでた自分のライン取りに、
いかに無駄な動きが多い事か。

無駄な動きと余裕を持った動きもまた違います。

無駄な動きは次の動きを妨げるけど、
余裕を持ったゆったりとした動きは次の動きのタメを作れる。

回せる人と回らない人の違いは、
いかに効率良く力を繋げれるかだと思います。

よく言う抜けてから回すってアドバイスも、
抜ける前にちゃんとカタチが出来るから可能であって、
アプローチでライン取りが出来ていないと、
動きの全てがチグハグになってタイミングが狂います。

つまり一番分かり易く体感できる変化がライン取りって事です。


本題に辿り着く前にこんなに長くなっちゃったよ…

また気が向いたら付いたら続きを書きます(笑)
カレンダー
原田布団YouTu部
バックフリップへの道2012↓ バックフリップへの道2009↓ トリックラボ前編↓ トリックラボ後編↓ とある悲劇の奥伊吹↓
エミネムさんが室内ゲレンデについて教えてくれるそうです。
HaradaFuton-T.G.I.F.2015
↑T.G.I.F.12 - Imaginary Line T.G.I.F.11 - GENEYMAR T.G.I.F.10 - JIBLIO T.G.I.F.9 - LOSS AND ANGEL T.G.I.F.8 - A TENSION PLEASE T.G.I.F.7 - EDAMAME T.G.I.F.6 - Dinoshiro will(not) Die T.G.I.F.5 - A→Z T.G.I.F.4 - CUSTOM MADE T.G.I.F.3 - Ride with the InD′s. T.G.I.F.2 - BUMP+CHILL T.G.I.F. - 2DAYS/4HOURES
U like it?!
livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ