She Guevara×Blog

勉強しない子供より、遊ばない大人の方が心配です。

Product News

僕がSMITHのゴーグルを勧めたい理由-2

さて、前回の続きです。
前回のブログではSMITHのレンズについて書きました。

IMG_2379

今回は誰もが気になるフィッティングについて。

どんなにカッコいいゴーグルや見易いゴーグルでも、
自分の顔にフィットしないのであれば、
そのゴーグルは避けるべき。

滑ってる最中にゴーグルと顔のスキマから
雪が入ってきたら元も子もないですよね(苦笑)

image

特に日本人は欧米人に比べ鼻が低い傾向もあり、
海外ブランドのゴーグルではスキマが生まれ事も少なくないです。

そこで注目されるのがアジアンフィットと言われる
アジア人向けに改良が加えられたモデル。

SMITHのアジアンフィットモデル(国内正規品)は、
そうしたストレスを解消すべく様々な工夫が施されています。

その中でも大きな特徴がスポンジ部分。
ゴーグルフレームのスポンジ部分は、
要所要所で厚みを変えています。

特にスキマの生まれ易い鼻の部分は、
海外モデルに比べスポンジに厚みをもたせスキマを無くしています。

余談になりますが、フレームにも工夫はされています。
SMITHのゴーグルは特殊なカタチをした、
格子状のフレームで形成されています。

これによりゴーグルと顔の間でサスペンションの様な効果が生まれ、
どんな顔の輪郭にもフィットし易い構造となっています。

ここは店頭で実際手にとって、
試着して貰えると実感出来ます。

さらに細かい事まで書くと、
SMITHはレンズに使われる接着剤まで独自に開発しています。
特殊な溶剤とその割合までこだわり、
今までにない接着強度を達成しています。

そして最後に一つ。

IMG_2380

海外でSMITHを購入される方や、
または並行輸入品でイイかなって
考えておられる方もいらっしゃると思います。

しかし、海外モデルと国内正規品のフィッティングに関しては
別物とお考え下さい

国内正規品は日本人に合わせて、
前述で書いた様にスポンジの厚みなどに改良が加えてあります。
いわば日本人向けの別注品です。 

そして忘れちゃいけないのが保証
何かあった時には保証があるかないかで大きく変わりますもんね。

モリスポ各店舗で取り扱っているSMITHは、
国内正規品で保証もバッチリです。

加えてアクセサリー部門にはアイウェアに詳しい専属スタッフもいるので、
気になる事や実物を見たいという方は是非お立ち寄り下さい♪ 

image

いや〜今回も長くなってしまいました(笑)




だからクロマポップについてはどうした。



 

僕がSMITHのゴーグルを勧めたい理由-1

嬉しいご報告です。
今シーズンから老舗ゴーグルブランド、
SMITHからサポートして頂ける事になりました。

IMG_2356

あっ、コッチのスミスさんじゃない。

IMG_2357

自分が実際に使ってみて、本当に驚かされたゴーグルです。
使ってみた感想も含め、
ゴーグルレビューを書きたいと思います。

長くなりますが、SMITHが気になるという方、
またゴーグルの買い換えを考えている方の参考になれば幸いです。

ミラーレンズってカッコいいですよね。
僕も好きでよく使用します。
 
しかしミラーレンズは見た目のカッコ良さの反面、
曇りや雪が降っている時なんてホントに見えづらい。 
 
ただでさえ悪天候で視界から得る情報は少ないのに、
ゴーグルが見えにくいなんてもっての外です。

しかし僕がSMITHを使った上で、
あえてオススメしたいのがミラーレンズのゴーグル。
 
SMITHのミラーレンズカラーはレッドを基調としています。
だから他社のミラーレンズに比べ見易い(明るい)。


そして僕が今シーズン使わせて頂くIO/7というモデルは、
フォトクロミック(調光レンズ)を装備しています。

IMG_2355

これは光量によってレンズのカラーが変化するという優れものレンズ。

簡単にいうとピーカンではレンズ色が濃くなり、
曇り空だとレンズ色が薄くなるって事です。

いちいちレンズ交換をしなくても済む上に、
ミラーレンズを多用出来るという嬉しさ。
カッコいいと機能をいっぺんにカバー出来ます(笑)

ここでもう少し掘り下げますね。
 
ゴーグルには透過率というものがあって、
この透過率によってレンズの色合いが数値で判断出来ます。

透過率が高ければクリアレンズに近く、
透過率が低ければブラックやミラー色 に近くなる。
 
IMG_2271

フォトクロミックでカバー出来る透過率は、
30〜50パーセント(晴れから薄曇り)
 
つまり雪山で最もゴーグルレンズの交換に悩む天候を
レンズ一枚でカバー出来るって事です。

とは言え、レンズ一枚でカバー出来る程、
雪山の天候は甘くありませんよね。

そこでIO/7はもちろんの事、SMITHのゴーグルには
透過率の高いスペアレンズが付きます。
 
本当に悪天候なら滑っている最中ではなく、
滑る前にレンズ交換を行いますよね。
なのでこのレンズセットで十分だと思います。


そしてクロマポップレンズ!

IMG_2381

これはスゴいですよ〜
細かな地形がホント鮮明に見える!!
という感じで説明しようかと思ったのですが、
これ以上長くなると読むのも大変だと思いますので、
今回はこの辺にしたいと思います(笑)

さて次回はSMITHのゴーグルの
フィッティングについて書きたいと思います♪



オイ、クロマポップはどうした。 



 

僕がSMITHのサングラスを選んだ理由。

最近、老舗アイウェアブランドSMITHの、
Lowdownというサングラスを買いました。
 
どうしても欲しかったモデルだったので、
モリスポでお取り寄せして頂きました。
ありがとうございます。

image

どんなにオシャンティなブランドでも、
どんなにクオリティの高いレンズを使用していても、
自分に全く似合っていないと、
サングラス越しでも誰も視線を合わせてくれなくなります(笑)


その昔僕の知り合いが、
映画レオンのジャンレノに影響を受け、
丸いレンズのサングラスを買いに行きました。


image

いかんせん地方の片田舎なのでそんな洒落たサングラスは無く、
全く色味のないクリアーレンズ、つまりただの眼鏡を購入し、
アダ名が
ジョンになったヤツがいます。

ジャンレノがジョンレノンですよ。

image

とりあえずヨーコオノにも謝れ。


さてさて。
個人的に好きなフレームは、
少し昔のテイストが入ったもの。


普遍的なデザインは、
流行り廃りも関係ないからずっと愛用出来る。


そしてテクノロジー。

image

最近はトイグラスや低価格なサングラスが多いけど、
やっぱり使うなら少々値が張っても偏光レンズが良い。

偏光レンズを雪山で使用すれば一目瞭然。
雪面(や水面)のギラつきを抑えてくれて、
バーン(や波)の凹凸が非常に見易い。


image

高い物にはそれなりの理由がある。
ゴーグルを含めアイウェアには、
そこそこお金を掛けても良いと思います。

そしてフレームとレンズのカラー。


image

僕はオールブラックのサングラスが似合わないと定評なので(2016年当社調べ)、
フレームカラーは茶系のモノを選ぶ事が多いです。

Lowdownのブラウンフレームは薄い茶系のフレームなので、
肌に馴染みサングラスをかけ慣れない方にも是非試して欲しいカラーです。

image

ちなみにサングラスのレンズはブラックやミラーを選ぶ事が多いと思いますが、
僕がオススメなのはブラウン。

SMITHのブラウンレンズは使用用途の高い万能カラーで、
対象物の色をそのまま映し出してくれます。

という事は、長時間掛けていても目が疲れにくいという事です。
なのでアクションスポーツに限らず、
長距離運転をする際にも使い勝手が良いという事です。

そういう僕のリクエスト全てを満たしてくれたサングラスが、
SMITHのLowdownというモデルだったというわけです。

image

フレームがSMITHオリジナルの60年代シェイプという事で、
僕の好みどストライク(笑)
レンズも大き目なので視界が広く保てる。 
加えて偏光レンズと言う事無し!

50年以上アイウェアブラウンとして業界を支えてきたブランドだから
テクノロジーに関しては申し分無いです。

ちなみにLowdown Slim という、
ワンサイズ小さめのモデルも発売されているので、
小顔の方(実に羨ましい)にはこちらがオススメです。 

image
モリスポでもお取り寄せ出来ると思うので、
気になる方はスタッフさんにお尋ね下さい。

というわけで長くなりましたが、
SMITHのLowdownを手に入れて、
ご機嫌だよって事を書いてみました(笑)

モリスポに関するお知らせ。

今年もいよいよモリスポパルコ店がオープンしました。

image

色々とお得なセールも開催中なので、
お近くの方もそうでない方も是非足を運んでみて下さい。
ザックリし過ぎる宣伝に自分でも驚きを隠せません。

それともう一つ。

モリスポブログの方でも記事を書く事となりました。

image

売れっ子ブロガーみたいで悪くはない心境です。

何なら先生だなんて呼ばれてもまんざらでもない気分です。
実際に呼ばれたら完全にシカトするけどね。
先生売れっ子だと勘違いしたいからお高くとまります。


さて、先月スノーヴァ羽島で
モリスポのライダー選考会が開催されました。

image

余り大きく発表もされていなかった様に思いますが、
今回は育成枠という感じでキッズやジュニア達が参加してくれました。

限られた状況の中で自分の滑りを魅せる。
大人でも難しいですよね。

それでも頑張ってくれましたよ。

そんな選考会についての模様は、
後日モリスポブログの方に書かせて頂きます。 

我ながら上手くモリスポブログに誘導出来てると思います。
何なら先生と呼んで頂いてもまんざら(略)
カレンダー
原田布団YouTu部
バックフリップへの道2012↓ バックフリップへの道2009↓ トリックラボ前編↓ トリックラボ後編↓ とある悲劇の奥伊吹↓
エミネムさんが室内ゲレンデについて教えてくれるそうです。
HaradaFuton-T.G.I.F.2015
↑T.G.I.F.12 - Imaginary Line T.G.I.F.11 - GENEYMAR T.G.I.F.10 - JIBLIO T.G.I.F.9 - LOSS AND ANGEL T.G.I.F.8 - A TENSION PLEASE T.G.I.F.7 - EDAMAME T.G.I.F.6 - Dinoshiro will(not) Die T.G.I.F.5 - A→Z T.G.I.F.4 - CUSTOM MADE T.G.I.F.3 - Ride with the InD′s. T.G.I.F.2 - BUMP+CHILL T.G.I.F. - 2DAYS/4HOURES
U like it?!
livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ