She Guevara×Blog

勉強しない子供より、遊ばない大人の方が心配です。

Made to move (How to)

新しい板に乗る時に気を付けている事。

今日は年に一回あるスノーボードの来期モデル展示会の為、
横浜に向かっています。

image
image

今日が最終日という事もあり日帰りです。
滞在時間より移動時間の方が長いです(笑)


そういや前回の続きを更新してませんでしたよ。
というわけで早速。

まず、試乗をする際に板を3分割にして考えてみる
ノーズ、センター、テールって具合に。
 
メーカーさんによって、
ノーズからセンターは柔らかめに設定されていて、
テールには張りを持たせてある。
またノーズとテールはロッカー形状で、
センターはキャンバー、など。

意外と3分割に設定を変えているモノが多いです。

ターンの入りでノーズを踏みキッカケを作り、
中盤で両足裏(センター)を踏み安定させ、
最後にテールに溜めた力をスピードに変える。

ホラ、意外と滑ってる時の動きも3分割なんです。
そう考えると板の特性が分かってくると思いません?

もちろんターンなんて奥が深いモノなので、
アルペンの方や第一線で活躍しているプロは考え方が違うでしょう。

でも、試乗会です。

別に自分のシグネチャーボードを作ってもらうわけじゃないので、
乗ってみてアリかナシかでも良いと思います。

ここだけの話し、
僕はロッカー形状の板は乗っていて楽しさを導き出せません。
つまり、

ナシです(笑)



それともう一つ。

滑る前にメーカーやお店のスタッフさんに、
その板はどんなコンセプトで作られたモデルか、
どんなフィールドで遊ぶのがオススメか
聞いてみて下さい。

そうすると乗り方のアドバイスや、
他のメーカーとの違いを教えてくれるハズです。

中にはウンチク大好きな人もいるので、
面倒くさい場合はこう言いましょう。

『この板を一言で言うと?』

その一言だけ聞いておくだけで、
滑り方のヒントがつかめます。

どれを使っても違いが分からないというのは、
ある意味どれに乗っても自分の滑り方を貫いているという事です。
時には板に委ねて滑り方を変えてみるのも面白いですよ。

長くなりましたが、
これから試乗される際に参考にしてみて下さい。

良い出逢いがあるとイイですね!

エミネムさんが室内ゲレンデについて教えてくれるそうです。

エミネムさんが、数ある室内ゲレンデの中でも
SNOVA羽島について教えくれるそうです。

関係者の皆様方、僕は悪くない。
エミネムさんが勝手にやっただけだ。

でもコレを見て羽島に行く人が増えると嬉しいぜメーン。


ブラシを滑って学んだ事

さて、久しぶりですが忘れたワケじゃありませんよ。

ただちょっと気が向かなかった付かなかっただけですw

というわけで、
前回はブラシで滑る際に気を付けた事を書きました。

板の真ん中にポジションを取ると、
ブラシ(アプローチ)での滑りは安定するので、
ストレートジャンプで大きなストレスを感じる事は無くなると。

問題はスピン

スピンは抜けも重要ですが、ライン取りも重要ですよね。

93

特にブラシではそのライン取りがシビアだから余計に。

だからこそ一つ一つの動きを見直す必要があり、
今までの自分を見つめ直す事が出来るんだと思います。

僕も過去には色々ありました。
それこそ良いコトだけじゃなく悪い(略)

ここで人生を見つめ直し始めたら、
今夜は眠れなくなるのでヤメておきます。


ブラシではライン取りの大切さを身を持って知りました。

アプローチに使用されるブラシの毛先って、数センチ程度です。

雪の上の様に力を入れれば噛むわけでも無ければ、
強い力で板を切り替えせるわけでもありません。

ブラシがシビアだと感じるのは、
そういう影響からだと思います。

雪の上だと大きくラインを振っても、
抜けの瞬間さえ気を付けていれば、
スッポ抜けたり激しくマクラれる事って少ないじゃないですか?

でもブラシだとラインを振れば振るほど、
抜けた瞬間にとんでもない態勢になる。

ブラシでの動きは何かを付け加えるんじゃなく、
無駄な動きを省く引き算が理想な気がします。

それって今までの自分のやり方を変えなきゃいけないんだから、
もうスノーボードが嫌いになるぐらいグダグダになる(笑)

何となく飛んでた自分のライン取りに、
いかに無駄な動きが多い事か。

無駄な動きと余裕を持った動きもまた違います。

無駄な動きは次の動きを妨げるけど、
余裕を持ったゆったりとした動きは次の動きのタメを作れる。

回せる人と回らない人の違いは、
いかに効率良く力を繋げれるかだと思います。

よく言う抜けてから回すってアドバイスも、
抜ける前にちゃんとカタチが出来るから可能であって、
アプローチでライン取りが出来ていないと、
動きの全てがチグハグになってタイミングが狂います。

つまり一番分かり易く体感できる変化がライン取りって事です。


本題に辿り着く前にこんなに長くなっちゃったよ…

また気が向いたら付いたら続きを書きます(笑)

ブラシを滑って学んだ事

以前、初めてのキングス体験を長々と書きました

そこで数回(?)に渡って、
もうチョット役に立つ事を書こうと思います(笑)

というわけで、初心者目線から学んだブラシ編です。

ブラシでのフリーランってやっぱり戸惑います。
僕も思いっ切り出鼻を挫かれたクチです(笑)

image

当初キングスに行った事のある諸先輩方からのアドバイスは、
ターンは板のトーションを使えって事でした。

“あ〜エッヂが使えないんならトーションで曲がんのか〜”と。

とんでも無いw

実際はトーションなんて使えない(苦笑)
トーションって板に体重預けて(踏ん張って)
板をネジるって事でしょ?

それをやろうとした時点で板から重心がズレるw
仮にやるとしても相当の慣れと技術がいるはず。

だから僕は自分が出来る
一番簡単な方法を実践してみました。

“何が何でも板の真ん中に乗る事”

笑えるぐらい単純な事でしょ?笑

板の真上にいれば、
ラインを取るにしても抜ける(飛ぶ)にしても
板がブレる事は少ないです。

だって真ん中に乗るという事は、
全ての方向に均等に力が加わるって事だから。

そうする事でアプローチ中は、
板を自分の真下でコントロール出来るし、
テイクオフの瞬間も大きく板がズレない。
だから横っ飛びも早抜けもしない。

察しの良い方はもうお気付きのハズ。

山でスピンをして横っ飛びする人は、
板の真ん中にいないという事です。

僕もバックサイドスピンは横っ飛び常習犯ですw

対処方はありますが今は置いといて、
そういった自分のクセを知るにはブラシは良い経験になります。

加えて書くなら自分のラインやポジショニングが定められる人は、
やっぱり見ていても安定感がある。

これはブラシに限らず、
SNOVAの様な人工雪でも同じ事が言えると思います。

というわけで、今回はこの辺でまた次回!
カレンダー
原田布団YouTu部
バックフリップへの道2012↓ バックフリップへの道2009↓ トリックラボ前編↓ トリックラボ後編↓ とある悲劇の奥伊吹↓
エミネムさんが室内ゲレンデについて教えてくれるそうです。
HaradaFuton-T.G.I.F.2015
↑T.G.I.F.12 - Imaginary Line T.G.I.F.11 - GENEYMAR T.G.I.F.10 - JIBLIO T.G.I.F.9 - LOSS AND ANGEL T.G.I.F.8 - A TENSION PLEASE T.G.I.F.7 - EDAMAME T.G.I.F.6 - Dinoshiro will(not) Die T.G.I.F.5 - A→Z T.G.I.F.4 - CUSTOM MADE T.G.I.F.3 - Ride with the InD′s. T.G.I.F.2 - BUMP+CHILL T.G.I.F. - 2DAYS/4HOURES
U like it?!
livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ