津軽から、エロ同人愛をこめて。~エロゲー・同人レビューBLOG~

 主にDL.site.comやDMMで購入可能なエロ同人、電子コミックの単体話の感想を描いてます。現在積みエロゲも絶賛消化中。リンクフリーでコメント、トラックバック大歓迎です。よろしくおねがいします。pixivURL:http://pixiv.me/turunomaru

JKアイドル、ガチ交尾

作品概要
 サークル:Satyrion 作者:ブンガロ 基本CG:12 おまけ:AEアニメーション 価格:756円
本作のあらすじ
 新人アイドルのJKが中年マネージャーに媚薬漬けにされて事務所の社長の相手をさせられたがあげくクラスメイトの男子にも脅迫されてしまう。
本作の見所
 キモい中年や根暗な男子など凌辱の花形の竿役にうら若い肉体が貪られます。ペットボトルに溜めた精液ぶっかけでステージ衣装を汚したり、アイドルとしてのウリであるロングヘアーで髪コキ、アイドルモノ定番のライブ中のローターとツボを押さえています。根暗い男の子にまで体を強要されて学校でも居場所がなくなっていくと容赦がないです。

 おまけのボイス付きAEアニメーションは肌のテカった塗りも相まって艶めかしいです。オートモードもあってチープながら抜きに特化した使用です。おまけストーリーは衣装差分も交えてほぼ本編のCGをフルに活用した大ボリュームな内容ではみ毛上等なボンデージ風のステージ衣装が堪りません。クラスの男子とも晴れて恋人同士でマネージャーや社党との嵌め撮り動画も寝取られプレイに使って公私ともに順風満帆とエロCGらしいハッピーエンドです。
総評
 この値段のエロCGとしてはかなり力が入っていてお勧めです。アニメとか複数のライターを起用して後日譚など新しい事に挑戦しようという同人らしい熱さを感じました。
販売サイト
(DLsite.com)(DMM.com)
サンプル画像
JKアイドル、ガチ交尾JKアイドル、ガチ交尾JKアイドル、ガチ交尾JKアイドル、ガチ交尾
Satyrion 過去作
援○交際JK瑞希 不祥事を起こした強気女社長を無理やり脅してハメ撮りセックスしまくる日々人妻ひとみ(38)

とろけまくり抱きチンまくら

作品概要
 サークル:Free Style 作者:おれんじぶる~ 基本CG枚数:9 価格:756円
本作のあらすじ
 前作とろけまくり発情同性交遊のヒロインの抱き枕風エロCG集です。
本作の見所
 仰向けの男の娘を下から見下ろす抱き枕アングルがウリの作品です。男の娘の布団に潜り込んで中でフェラしたり、アイオタのカメラマンのケツにアナルビーズを突っ込んでバキチンにして男の娘アイドルのケツを掘るとふつう逆だろというシチュが多くです。肌色差分、水着差分が豊富で抜きどころ満載です。
総評
 相変わらず気持ちよさそうなアへ顔に興奮しますね。シチュ的にも前作から継続したモノが多くファン的に嬉しいです。次回も同じ路線で言ってほしいです。
販売サイト
(DLsite.com)(DMM.com)
サンプル画像
とろけまくり抱きチンまくらとろけまくり抱きチンまくらとろけまくり抱きチンまくら

ビッチハント! 〜性悪女狐家畜化計画〜

作品概要
 出版社:三和出版 掲載誌:Comicマショウ 2016年7月号 作者:転生くん ページ数:16ページ 価格:340円
本作のあらすじ
 援交おやぢを”狩る”事がライフワークのJKが化け物みたいなガタイのおっさんに逆に狩られちゃうお話
本作の見所
 実に4年ぶりとなる転生君の読み切り作品です。最初はおやぢちょれーしてた世の中舐め切ったメスガキが圧倒的な腕力と巨根の汚っさんに組み敷かれるという展開は凌辱モノの王道です。美人局紛いな真似をやっておいてオボコというのもキテますね。後は流れる様な転落絵図。弱味を握り家族までいくとヤクザばりの脅し文句で薄汚れた欲望を吐き出す内にJKは妊娠。うら若い妊婦を一切顧みず首絞めやボテ腹ヤクザキックと漢の浪漫を見せてくれます。ありがちですけど母娘共々可愛がるという展開はやっぱり良いですね。
総評
 短いページで自分の書きたい事をやっている感じで久しぶりの作品にしては中々のクオリティです。いい加減単行本でないかな。母子相姦アンソロジーも含めればかなりのボリュームになるはずですけどね。次回作の構想は既にあるという事で楽しみです。
販売サイト
(DMM.com)

クラスの性態

作品概要
 サークル:GN 作者:GN CG枚数:47 価格:756円
本作のあらすじ
 とあるクラスの女の子は全員非処女だった―近親相姦、乱交、成年彼氏と多種多様なシチュで性生活を堪能できます。
本作の見所
 タイトル画像の女子全員非処女という見出しはインパクトありますね。近親相姦と一口にいっても小遣いでつった弟とのサポ抜きSEXから大好きなお兄ちゃん相手だった璃、家族全員で楽しくするものから落ちぶれた父親に肉体関係を強要される悲惨なケースや元PTA会長の祖父に体を貪られる委員長眼鏡デブまで様々です。デブスが多いのが何気にリアルですねクラス全員が可愛いなんてありえませんし。デブ巨乳の子は男子との二穴挿入でのガチンコ乱交が大迫力で一番抜けました。

 女の子同士でできてる子は●学生では双頭ディルドーなんて手に入る訳もないのでゴーヤで代用したりと痒い所に手が届く仕様です。一人称は妾でのじゃ口調という痛いアホ毛の漫画オタ女子はクラスの男子と付き合うという一番真っ当なケースでありながら自分は非処女なのに彼氏にはHさせず鼻であしらう様な真似を
すると一番性悪です。

 陰毛が生えたり生えなかったり発育に差があるのが良いですね。成長期はひとそれぞれ。クラス一番の綺麗
どころが腋毛もさっとしているというギャップにはきゅんときました。クラスの”女子”ですので当然担任の先生も含まれる訳です。ボテ腹で産休直前の状態でクラスの男子にフィストファックされる教室H。お腹の子の父親は―という内容です。
総評
 GN作品では俺のコレクションを同人ダウンロードショップに登録してみた!に続きどすんときた作品です。私は複数のシチュで色んな属性の女の子で抜けるという作品に弱いのです。多様なシチュの中にGNさんの性癖がてんこ盛りで最後まで楽しめました。
販売サイト
(DLsite.com)(DMM.com)
サンプル画像
クラスの性態クラスの性態クラスの性態

淫魔の城外伝~サキュバスに負けた勇者のその後その2~

作品概要
 サークル:雪見日和 作者:イラスト・アレキシ 文章・まに 基本CG7枚 価格:648円
本作のあらすじ
 淫魔の城~爆乳サキュバスの誘惑と吸精~の外伝作品のその2。サキュバス2体に搾り取られる内容です。
本作の見所
 過去作は一切未経験の初見ですが楽しめました。主人公(あなた)は勇者という割にはだらしない体のおっさんです。フェラチオ、本番行為もありますが、アレキシ氏のイラストなら当然パイズリが見所です。縦パイ中出し断面図は何度見ても最高です。ダブルパイズリは青と白の肌色のコントラストが堪りませんでした。
総評
 特に前作を知らなくても抜ける内容でにわかにはうれしい構成です。アレキシ氏の華奢な身体に爆乳というアンバランス感にいつもお世話になっています。青肌のヴェノの高飛車なお嬢様口調とノルの無邪気な口調でしっかりキャラ分け出来ていてそれぞれ好みの方で抜ける内容だったのは良かったです。
販売サイト
(DLsite.com)
外伝1作目 こちらはAVG 爆乳ロリっ娘淫魔が四匹もいて素晴らしいです。
淫魔の城外伝~サキュバスに負けた勇者のその後~

子供がほしいおばさんを無責任に孕ませる。

作品概要
 サークル:モクゾウザブトン 作者:杢 臓 ページ数:漫画36P+イラスト3枚+テキストストーリー3話 価格:756円
本作のあらすじ
 四十路を目前にして子供願望が増してきたおばさん律子がお隣さんの少年健に迫られて子作りするお話。
本作の見所
 今までの様なテキスト+エロCGをHTMLに組み込んだ方式では無く、カラー漫画がメインの内容です。しかし、熟女特有の鬼の性欲で露出コスプレH、ビーチで逆ナン、浮気子作り、黒人3Pとファンの期待を裏切らないシチュが目白押しです。若い男がおばさんを好きにする漫画本編と子作りSEXを覚えて奔放に男漁りするおまけ部分と熟女をモノにする快感と裏で自分で快楽を貪る浮気部分の配分が絶妙でファンの方にも納得できると思います。
総評
 結局律子は10人もの子供を作るのですが第二子が健の父親で吹きました。孫パワーで出来ちゃった婚を認めましたが歳の離れた兄弟もついでにこさえた様です。ちなみに確実に健の子供と言えるのは第一子だけで後はほぼどこの馬の骨の様です。腹違いの兄弟ふくめて自分の種じゃない子供を育てる健がなんとも不憫ですね。最近、商業の仕事も増えてきたためか絵柄が洗練されてバタ臭さが無くなってきた感じです。作風もファンの期待を裏切らない範囲で変化してきているので今後が気になりますね。
販売サイト
(DLsite.com)(DMM.com)
サンプル画像
子供がほしいおばさんを無責任に孕ませる。子供がほしいおばさんを無責任に孕ませる。子供がほしいおばさんを無責任に孕ませる。子供がほしいおばさんを無責任に孕ませる。

あなたの街の触手屋さん

作品概要
 サークル:平胸好き委員会 作者:奥ヴァ ページ数:22+α 価格:648円
本作のあらすじ
 色々な触手を扱う触手屋さんを訪れた女の子。新しい世界に興味津々でさっそく買った触手でオナニーを始めるが……
本作の見所
 産んだ触手を売ったり、育てたりと育成ゲーム的な要素がいくつもあってわくわく感が冒頭からじわじわ出てて引き込まれます。めくるめく触手の世界に魅せられた主人公の女の子はタイトル画像の片眼鏡の店員さんに勧められた水に入れて三分の初心者向けの触手の卵を孵したらさっそく初触手オナニーです。

 蛇の様な太さと長さの触手三匹が本能のままにあそこやアナル、乳首を攻めます。1匹目の予想以上の性感に悶える女の子に触手だけに触発された2、3匹目が続々参加していく過程が興奮します。体内を蹂躙されて大量の潮吹きで気絶するまで攻められます。初心者用でこれだったら上級者向けでどうなるか気になりますね。
総評
 最後にちょろっと出てくる女の子のお姉さんが一番のお気に入りです。ケーキ買ってきてデブ活しようぜとはフランクすぎます。イキ過ぎた女の子に的確に対処する辺りお姉さんも触手経験者っぽいですね。姉妹で触手オナとか美味しすぎるので続編が楽しみです。
販売サイト
(DLsite.com)(DMM.com)
サンプル画像
あなたの街の触手屋さんあなたの街の触手屋さんあなたの街の触手屋さん
平胸好き委員会 過去作
溜まっていたのは不知火も同じだったようです 触手こたつと女の子 ほろぬい

 ぶたコマ300g様のブログらんなさんのビーフストロガノフの2016年 5月後半のどうでもいい話http://b.dlsite.net/RG05370/archives/51769055.htmlに掲載されているガリィちゃんの想い出搾取に触発されたいつもの三次創作です。3パターンあるうちのbバージョンの3次創作であります。作品同士の世界観が繋がっているという設定は大好きなのできねクリパイズリhttp://b.dlsite.net/RG05370/archives/51759940.htmlの前日譚的な内容にしました。

 気の強そうなきねクリに堂々と抜いてくださいとお願いする○○は尋常じゃない。これはきっと何かあったからに違いないと考えた結果です。あくまでも3次創作なので本家の設定とは無関係です。ミカは語尾に”だゾ”を付ければそれっぽくなりますがガリィは裏表激しいので結構キャラ立てに苦労しました。個性的なキャラ達なので最終決戦の時に予備のボディーか何かで限定復活してくれればよかったと悔やまれます。
 何故こうなっているのか、少年には全く分からなかった。夜の8時。いつも通り部活が終わってコンビニで漫画雑誌とジュースを買って家に帰る途中。愛らしい顔の少女に呼び止められた。
 青いメイド服の様なワンピースで異様に生白い肌。可憐な唇から垣間見るサメの様な歯。一切瞬きしないガラス玉の様な碧眼。まるで、等身大の動く西洋人形。都市伝説に出てくるような容姿に思わず怖気づく。
 しかし、外国人で道に迷ってしまったと心底困った様な顔で言われると少年らしい甘い親切心が出てしまった。もし、あの時、無視して家を急いでいれば、言葉巧みに路地裏になんて誘い込まれなければこんな事は……。
(気持ち良い……苦しい……気持ち良い……辛い。)
 一瞬の後悔の後には果てしない苦痛と快楽の渦に飲まれ意識が混濁する。再びせり上がってきた絶頂に乾ききった喉から声なき悲鳴が上がる。数回目の射精とは思えない夥しい量の精液が水で形成されたオナホールを白濁色に染め上げる。
「やっぱり若いっていいわね。前、餌食にした男よりも持ったわ。」
 背後から聞こえてくるいたずらっぽい声は最早耳に届かない。十代の瑞々しさに満ちた薄桃色の肌はどす黒い土気色に変わり、張りを失った肌が弛み無数の皺が亀裂の様に走る。
 老人の様に白くなった髪が夜風に撫でられて散り、落ちくぼんだ眼窩から知性の光が消える。枯れ木の様に変わり果てた身体が音も無くアスファルトの上に倒れた。
「アレ?もう終わっちゃったのカ?。」
 一見死体としか見えないがひゅう、ひゅと掠れた息が皮膚の弛んだ喉から漏れている。今後の人生を生ける屍として過ごすことが決まった少年のがらんどうの瞳をミカは興味深そうにのぞき込む。
「ほら、想い出の搾取なんて面白くもなんともないでしょ。」
 ”ごはん”集めると所を見てみたいゾ!と子供の様な事を言ってついてきたアホの子にため息が漏れる。人形らしい繊細な手の平の上に大量の精液を孕んだ水オナホがボール状になり今度は杯型に変形する。
「うぇぇ!まずっ!吐きそっ!。」
 息絶えた少年の一生分の想い出を美しい顔を心底不愉快そうにしかめながら飲み干すと干物のと化した少年とにらめっこするミカの尖った顎を指で上げて杯型属性の本文を果たす。
 粘膜と粘膜の接触によりガリィの体内で純粋なエネルギーに変換された想い出が数日前の調と切歌との戦闘で消費した分のミカの想い出が複雑な虹色の光となって流し込んでいく。
「おぉ!ちゅーだゾっ!ちゅー!……ガチッ!べろっ!ちゅっ!!。」
 ようやくお食事タイムとなtってテンションが上がったのか想い出の受け渡しはソフトキスで十分のはずの所を長い舌を口腔内に差し込んで無遠慮に貪ってくる。サメの様な歯ががちがちとかち合って物騒極まりない。
(全くはしたない!大人しくしてろっての!。)
 内心、毒づきながらもオートスコアラー最強のミカと正面から張り合っても勝てる訳も無いので不本意ながらも成すがままになる。ミカの貪欲さにうんざりしているとふと強い視線を感じた。
(あら?また覗き見?ほんと人間の雄って下劣♥。)
 路地の角から冴えなさそうな男が身を乗り出している。かくれんぼをやったら間違いなく一番先に見つかる方だと口角を歪める。前の男の様にスマホで隠し撮り等という無粋な真似はしていないが異常事態に対する動揺や戸惑い以上の好奇心を宿した瞳に興味を誘われる。
(ああいうの見ると虐めたくなるのよねぇ♥。)
 想い出の受け渡しを中断して唇が離される。良い所でお預けされたミカの不満気なむくれ面で溜飲を下げたガリィは新しい”獲物”に耳まで裂ける様な獰猛な笑みを浮かべる。本来であればずらかる頃合いであるがガリィの嗜虐心に道が笑みに魅せられた様にその場から動かない。
「ミィカぁ~~♥。新しい”ごはん”が来たわよぉ~~♥。」
「何ト!さっそく捕まえるゾ!。」
 全身からオルゴールの音色を振りまきながらゴシックロリータドレスのフリルをあしらった袖口から伸びた黒鉄
のカギ爪が街灯を浴びて鈍く光る。
「ロケットパァ~~ンチ!。」
 バシュッという短い噴出音と共に有線式のロケットアームが十数メートル離れた○○の首根っこをカギ爪で引っ
かけると凄まじい勢いで引き寄せる。
「ごはん、捕まえた!。」
 可憐な外見からは想像も出来ない戦闘用に特化された無骨な鋼の上腕で○○の身体に嬉しさのままに容赦な抱きしめる。万力の様にみじみしと骨が軋み○○の口からくぐもったうめき声が漏れる。
「全く釣りじゃないんだから……下種は甘い言葉で誘って捕食っていうのが面白いのに」
 ぺろりと舌なめずりをして先ほど毒牙に掛けた哀れな少年の骸をエナメルの靴で踏みにじり優越感に満ちた目で見下ろす。
「あんた、逃げられないんじゃ無く逃げなかったわよね……てっ、ミカ!。」
「早くちんぽ出セ!。」
 おもちゃの中身を早く確かめたくて包装をビリビリに破り捨てる子供の様にシャツとズボンを引き裂くミカを羽交い締めにして男から引き離す。このままでは想い出を集める前にバラバラに解剖されかねない。
「私も想い出を集めたいゾ!。」
「あんたは想い出集めらんないでしょうに……んー、そうねぇ、あんたにも出来るかもねぇ。」
 オナホ抜きもマンネリ化してきたのでミカを使って遊んでみるのも面白いかもしれないと考え直し、レイプされた後の様な半裸の男にしなだれかかる様にして押し倒す。
「あんた、名前は?。そう○○っていうの。」
 怖気なく名乗った○○になお一層嗜虐心を疼かせたガリィは肌も露わな胸元からついと流した白魚の指が下腹部に到達する。破けたパンツの中から浅黒い陰茎を血の気を感じない不気味なほど滑らかな肌触りの掌が包んでゆるゆると扱き上げる。
「あんた、これからどうなるか分かる?。」
 優しく、しかし、有無を言わせず○○を押し倒すと徐々に勃起し始めた亀頭を文字通り人間離れした細長い舌の腹で亀頭の裏筋を舐め上げる。
 ずぞぉぉぉぉぉぉぉ!。
「何ダァ?こいつ!、女みたいな声出してるゾ!。」
 ただの一舐めで表情を崩した○○にミカは好奇心で眼に星を浮かべて輝かせる。四つん這いになって反り返った勃起に噛みつかんばかりの勢いで顔を近づける。
「良い?ミカ。男はねこうされると喜ぶのよ。」
 近寄りすぎて過ぎたミカを一歩下がらせると舌で舐りながら口腔に収めると上目遣いで口内粘膜で亀頭を包み込んで扱き上げる。
 じゅるぅ!じゅぅぅぅ!ずぷぅ!ずぞぉぉぉ!
 口内にびっしりの細かい肉粒の一つ一つが陰茎に吸い付いて撫で上げる。明らかに人間とは構造が異なる。唾液は水で薄めたローションの様な亀頭粘膜に馴染む適度な粘り気。長い舌が狭い口腔内で蛇の様に肉茎に巻き付いて喉奥に引き込んでいく。男に快楽を与えて射精させるためだけが用途の性具の様なガリィの口に腰が吸い上げられた様に浮き上がる。
(気ん持ち良っさそうにしてぇ……なんだか癪ねぇ。)
 敬愛する主がスートの杯を象徴する自分に授けた想い出搾取機巧の働きにほくそ笑みながらも一方的に○○を気持ち良くさせておくのも気に入らない。
(んふふふ……これやると大抵萎えて使い物にならなくなるのよね♥。) 
 可憐な唇の奥に隠していたサメの歯を剥きだしにして陰茎に立てて、大事な息子を断頭台に掛けられたと実感させる。口淫の変化に戸惑う○○をドスを利かせた上目遣いで睨みつけながら血が滲まない程度に研ぎ立てのナイフの様に鋭利な歯を立ててペニスの生殺与奪権を握っている事を○○に思い知らせる。
(ふん、これで人間の雄の分際って奴を……って?あらぁ♥。)
 口の中で肉茎が硬度を増し反り返って亀頭が上顎を圧迫する。予想の斜め上をいく反応を見せた事に自然と口元に笑みが広がる。
「ミカ、こいつ、歯を立てられると喜ぶみたいよ。」
「なんとナ!ずばりヘンタイだゾ!。」
 ぽんと掌を叩いて納得するとおもちゃ箱をひっくり返した様な間の抜けたメロディ。お手本を参考にさっそく実践ときたミカのためにガリィが退けて右側を空ける。腹の下に二人の美少女の顔が並ぶ。哀れな獲物を睨みつけた口が三日月に裂けサメの歯がぎらり
と光る。
「食いちぎられるのを想像して興奮したでしょう?。私たちのお口で引導渡されたい?。」
 鋭利な歯がバキバキの陰茎に食い込みガリィの気持ち一つで大出血という状況に○○は交尾の最中に雌に捕食される雄蟷螂の様に刹那的な興奮に身をゆだねて益々昂っていく。
「あんたの粗末なナニを食いちぎって地面に吐き捨てて、靴でぐちゃぐちゃに踏みつけて繋げられない様にしたげる♥。」
「また大きくなったゾ!やっぱりヘンタイだぞ!。」
 目の前の”ヘンタイ”に好奇心で眼を輝かせたミカも歯を陰茎に立てると大きく肉茎が脈動する。硬質な歯と柔らかい舌の相反する感触がペニス全体を包み込む。人間の女性では決して味わえない悦楽に○○は自分がこの世に生を受けた意味を知った。
「もうちょっと我慢しなさいよ。私の許可なくイッたら殺すから。」
 異形のWフェラチオに今だかつてない恍惚に包まれた○○はガリィが言った傍から既に射精しそうになってしまう。
「まだせーし出したらダメ!栓をするゾ。」
 せり上がる精液をミカが黒鉄の爪を陰茎の根元にぎりぎりと食い込ませる。萎えそうな鈍痛も今の○○には甘美なものとしか感じられない。力加減を間違えればごっそり持っていかれるであろうカギ爪の冷たさに今にも勃起が破裂しそうだ。
「ミカが栓をしてくれたし、私は蛇口をひねろうかしらねぇ♥。」
 中指に唾液を塗りたくると肛門に潜り込ませる。ろくに解していない状態のため引きつるような痛みが走るがガリィの指は蛇の様にうねりながらお目当ての前立腺に到達する。
「雄の身体って面白いわね。みんなこれをやられると気持ちに関係なく勃起するの♥。」
 第一関節を上下させて前立腺を圧迫すると○○の喉からあられもない嬌声が上がる。びくびくと痙攣する腰にクスクスと嗜虐に満ちた笑みがガリィの口元から零れる。
「ほらぁ♥きたきたぁ♥大の男が女の子になっちゃた♥面白いわねぇ♥ミカ。」
「ほんとうだゾ!これ以上大きくなったらどうなるんだゾ!。」
 にちゅっ♥くちっ♥にちゃっ♥にちち♥
 前立腺を刺激されてせり上がる射精衝動を陰茎の根元をミカが鉄の爪で握りしめて堰き止める。蛇口を全開にしたうえでホースの先を折り上げる。際限なくこみ上げる射精欲求が腹の奥で暴れ狂い。恥も外聞も無い女々しい絶叫が夜の路地裏に木霊する。
「クスクス♥なっさけない顔ぉぉ♥声ぇ♥♥想い出搾取する前に廃人になりそ♥。」
 射精を強制的に封じられた○○はドライオーガズムを繰り返す激しい快感に思考を蕩けさせられ今にも正気を失いそうだった。
「べろろっ!ぢゅぅぅぅ!生臭い汁がいっぱいでてきたゾ。」
 射精は堰き止めても滝の様に鈴口からあふれ出す我慢汁をミカはべろべろと舐めとる。ガリィと違いミカには想い出搾取機能が無いため純粋な性感のみを○○に与える。舌先から虹色の燐光を放ちながら想い出が流れ込んでくる。
「ねぇミカ、そろそろ花火をあげない?白くて、くっっさい花火♥。」
「おぉ!花火?なんかわかんないけど見てみたいゾ!。」
 アホの子のミカに白くて臭い花火=射精という比喩が伝わらないのは予想済みなのでそのままミカの爪の力を緩めさせたうえで肉茎を球体関節の手首にスナップを利かせて扱き上げる。
「ほら、ローションのサービスよぉ♥。」
 長い舌を伝わって濃く調節した唾液のローションを陰茎に垂らして滑りを良くする。○○の口から劣情の解放の予感に歓喜のよがり声が上がる。
「ほらぁ♥出しなさぁい♥くっさいヘンタイ精液♥女みたいな情けない顔と声でぶちまけなさい♥。」
「さぁ、シャセーを私たちに見せるんだゾ!ヘンタイ!。」
 ガリィとミカが頬を重ね合せながら亀頭を左右から食いちぎる様にサメの歯を左右から剥く。二人の赤く長い舌が亀頭に交差しながら絡みつき射精をインサートする。
 にじゅっ♥ぺろろっ♥♥じゅるるるぅ♥ずずっ♥
 腹の奥底で煮え立った精液が尿道の粘膜を撫で上げる性感に獣の様な呻くと鈴口が爆ぜる様な夥しい様な大量の射精をガリィとミカの顔にぶちまける。
 どびゅるるるるるるるるっ♥どぷぷうぅ♥♥びゅるるるるっ♥♥
 ガリィのフリルのカチューシャ、明るめのこげ茶の髪に眉、細い顎、ミカの赤い縦ロールにリボン、楕円に朱が差した頬が生臭い雄汁で瞬く間に染め上げられていく。
「あはぁ出る出るぅ!想い出♥たっっくさん♥。」
「がはっ!息しないけど窒息しちゃいそうだゾ!。」
 睾丸ごと吐きだす様な壊れた蛇口の様な射精にガリィとミカが黄色い声を上げる。所々ダマになったヨーグルトの様な半固形の精液を長い舌を器用に浸かって掬い上げる。
「私もこんなに溜めたゾ!。」
 ミカが自慢気に見せつける下顎に溜めた精液をガリィが興奮のままに唇を重ねて奪う。自分の精液を口移しする美少女に射精直後にも関わらず○○
の肉根に早くも活力が戻り始める。
「ぷはっ!こいつ、もう大きくなりはじめてる!。」
「ちゅっ……口は離さない。今、変換した想い出を上げるから。」
 口から漏れる虹色の光がちろ、ちろりと漏れる。厳密には人間のそれとは違うが食欲を刺激されたミカはガリィを押し倒さん勢いで唇を奪い貪る様
に○○の想い出を吸収する。
「さぁ、次、行くわよミカ。あんた、燃費わるいんだから、もっと数をこなさないと……てっ、何?。」
 何かを期待する様な○○の希望を意地の悪い目で踏みにじる。
「もう行っちゃうのカ?こいつ、チンポ大きいからまだ出来るゾ!。」
「ヘンタイだから放置プレイとか面白そうじゃない?人間の女じゃこれ以上の快感は味わえないから。一生、
今日の記憶と共に悶えながら一生を送らせてあげあましょう。」
 いつもなら廃人になるまで吸い上げて使い捨てるはずが何故か生かす気になった。錬金術師キャロルの人格をベースのAI設計のため興味深い個体の観察のために、あえて逃す気になったとガリィは内心分析する。
「変なガリィだゾ……おっ!さっそく次の”ごはん”が来たぞ!。」
 ○○の嬌声を聞いて付近を通りかかった警察官がライト片手に様子を窺ってきている。若く肉体的にも丈夫。
次の獲物にはおあつらえ向き。
「それじゃね○○。もう二度と会う事も無いけど。精々爛れた一生を送りなさい。」
「○○、バイバイだゾ!。」
 異様な二人にニューナンブを構えた巡査を後ろから回り込んだミカが羽交い絞めにしてさっと唇を奪ったガ
リィが想い出を吸い上げる。少年や○○の様に良い思いも出来ないまま若い巡査は魂の抜け殻となる。闇に消
えていく二体の少女人形を見送りながら○○はその場で性感を反芻した。
………
………
………
「なんだよ、お前。人の胸、じろじろと見やがって。」
 身長150cmそこそこの銀髪の巨乳美少女。街ゆく男たちはちらちらと浅ましい視線を投げかけて密かに眼の保養にして通り過ぎていく中、○○だけは違って、彼女の前に立ちはだかった。
「おい、なんとか言えよ。」
 ミカとガリィに想い出を吸い上げられてから早くも数か月がたった。○○は廃人にこそならなかったものの以前
の人格では無くなっていた。更なる性的官能を求めてあても無く街を彷徨う日々。日常生活にすら支障をきたし始めた矢先。自分の欲望がそのまま人の形を成した様な理想の少女と出会った。
「えっ!ヌいてくれ!って……ぶっちゃけすぎだろうが……やっ……ヤッてやるよ。」
 土下座せんばかりに頭を深く下げながた○○に白い頬真っ赤に染めた少女は頭を照れながら掻くと○○の袖愚痴を掴んで人気のない場所へと連れていく。彼女こそ○○の人生を狂わせたオートスコアラーたちと苛烈な戦闘を繰り広げた奏者である事、そして自分の子を数十人も生むことになる運命の女であると知るのはまだ少し先の事となる。

きねクリパイズリにつづく!  

↑このページのトップヘ