2018年08月16日

森のレストラン 天満

image

びっくりドンキー系列のえこりん村内のファームレストラン。
ハッピーベジブュッフェ目当てで参上。
ガーデニングの小道を進んで、本当にこの先…?と頭をよぎったころ見えてきます。


image

到着時30分待ち。
記入後5分で自分の後ろの席待ちリストがみるみる埋まってくるほどの人気ぶり。


f/b/fb486f9e.jpg6/e/6e90b8f7.jpg

ハッピーベジブュッフェは1380円。
ハンバーグ類がプラス500円程度で追加出来るのは上手い価格設定。
しかし今回はハッピーベジブュッフェオンリーで。


image

ペペロンチーノ、チリコンカン、レンコンチップス。
第一投目は好きなものから。


imageimage

サラダもたっぷりいただきます。
クレソン、オクラ、ごぼうサラダ。野菜スープも美味しかったです。


imageimage

そして2回目のキーマカレーとコーンスープ。それとデザート。
イチゴムースや白桃コンポート、アイスも四書類と充実。

アイスコーヒーだけでなく、アイスティーもあるのは、女性にも嬉しいのでは。


image

image

imageimage

image

ベジブュッフェだけでも大満足。
いささか食べすぎました。

食後は広い庭園内を散歩。
羊になりたくなるほど気持ちよさそうに過ごしていました。











■森のレストラン 天満

住所:恵庭市牧場262-6
時間:10時半〜18時
(土日祝は21時)
定休:年中無休
電話:0123-39-2051
(最終訪問:2018年7月)  
Posted by haraguro310 at 23:30Comments(0)北広島・恵庭・千歳

2018年08月10日

Cafe Teas Garden

かなり寝かせてしまった記事ですが、よろしければお付き合いを。
2014年9月の訪問記事です。



北広島くるるの森、長沼のクレスなど、札幌郊外にはランチビュッフェを実施しているガーデン系レストランがありますが、恵庭にも発見し、早速訪問。


04e2f626.jpg

サンガーデンというガーデンショップの敷地内にある、Cafe Teas Gardenさんです。


23881afb.jpg
16e384f4.jpg

食前にガーデンショップを散策。
食事をしながらどれを買おうか作戦会議ができるのが良いですね。


7dfab64b.jpg
7188647a.jpg

…とはいえ、個人的興味はやはりこっちです。
散策もそこそこに入店。


a3065343.jpg

営業期間は4月1日〜12月4日頃までとの事。
その間はお休みなし。


98ab915b.jpg

野菜中心のヘルシービュッフェランチは1200円(税別)と手頃。
※H30.8現在1300円

ちなみに木曜日と金曜日はパン曜日との事です。これも気になる。


f4eedc07.jpgb3fc517b.jpg
4d98c433.jpge2479b59.jpg

ビュッフェ以外にもカフェメニューなど、サンドイッチやスイーツなどあれこれあります。


a88a432f.jpg

店内真ん中にビュッフェ台が設置してあります。
焼物、揚物、煮物や自家製豆腐や漬物、ドレッシング、そしてご飯、スープ、麺類、デザートなど品数はそれほど多くないようですが、多くの品目の野菜を使ったバラエティに富んだ料理の数々。
たまたまかもしれませんが比較的頻繁に料理が補充されるので有難いです。


212d081d.jpg

ということで、第一投目。
野菜中心のヘルシーメニューです。
中でもさんまの竜田?揚げがパリパリで美味しかったなあ。


49d9c7df.jpgc278cdc0.jpg

鶏肉のゆずこしょう焼や野菜のデミグラスソース煮などのお総菜や


b6ffb93e.jpg
663fd43b.jpg

2種類のスープやしょうがのパスタ


e1b1e9ac.jpg

そして素朴な味わいで自宅のようにおかわりしてしまったカレー。
美味しかったです。


7867d6e6.jpg
1363a97b.jpg

シフォンケーキやフルーツカクテル、

b998b43d.jpg

そして珍しい?マロンティーまでしっかり楽しませていただきました。


4a10c84e.jpg

例年(今年は不明ですが)。営業最終日にはスペシャルサンクスランチとして少し値段とグレードを上げたランチビュッフェがあるそうです。
ホームページを見ると音楽の演奏などもあるようなのでとても楽しそう。
タイミングが合えば是非お邪魔したいです。



■Cafe Teas Garden

住所:恵庭市西島松561-4 サンガーデン内
時間:10時〜17時
定休:営業期間中は(4月1日〜12月4日頃まで)無休
電話:0123-36-8050
(最終訪問:2014年9月)
  
Posted by haraguro310 at 23:51Comments(0)北広島・恵庭・千歳

2018年08月05日

肉そばけいすけ

再訪が叶わないまま札幌ラーメン共和国の店舗も期間終了し(訪問時の記事は下部の方に)、けいすけロスまではいきませんが、東京までは気軽に食べには行けないしと悶々としていたら何と恵庭に開店したとのこと。


image

image

そりゃあ行くでしょと。
早速フレスポ恵み野へ。


0/b/0b2dd846.jpgf/7/f774ef4d.jpg

f/7/f774ef4d.jpgf/7/f774ef4d.jpg

f/7/f774ef4d.jpgf/7/f774ef4d.jpg

e/8/e8d66533.jpgf/7/f774ef4d.jpg
メニュー

札幌エスタ出店時のメニューより充実感があります。
迫力も感じます。


image

image

ツレの肉そば醤油。
デフォでもその文字に恥じない肉そばはまさに肉たっぷり。
まさにチャーシュー麺的肉そば。


image

丼の肉肉肉肉は、寺門ジモンの肉専門チャンネルを思い起こします。


image

imageimage

しかしこちらは背脂肉そば味玉入り。

こちらもなかなか迫力のある肉盛りっぷり。
背脂がコクを追加し、肉そばがより力強く、うまし。

背脂系を食べやすくしたい配慮でしょうか、みじん切りの玉ねぎボールをほぐしたり、生姜ボールを溶かしたり、コショウを入れたりと味変をしながら楽しめました。



ビールがいつでも290円、サワーは190円とのこと。
次回は醤油以外か、はたまた餃子と肉飯、居酒屋使いもありかも。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


imageimage

imageimage

肉飯やら味噌やら楽しみにやってきましたが、前回と違ったメニューが心を鷲掴み。
冬季限定とのことで即注文です。


image

ツレは前回同様肉そば醤油。
ここでは、これが響いているようです。


image

imageimage

imageimage

こちらは肉にぼそば

まずはスープをひと口すすります。

にぼしがごっつく前面に出てくるかと思ったら、割と上品なにぼし系。
肉そばの醤油味ともまた違ってうましですが、個人的にはもっとがっつり煮干でもいいくらい。
むしろ生姜は好みが分かれますが、上品にぼしが消えてしまうのは残念かも。


にぼしに惹かれて注文しましたが、豚トロ、豚バラ、豚肩ロースの三種のチャーシューが載っています。
自慢の三種のチャーシュー。
肉そばデフォのチャーシューもうまいのですが、豚トロもトロンと柔らかい。さらに本丸肩ロースは王道のうまさでした
肉そば屋のさすがの一杯。通年販売でもいいかもしれません。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

351f00bb.jpg
(2014年10月、札幌エスタラーメン共和国出店時の訪問記事です)


東京・住吉に本店のある肉そばけいすけさん。

杉村大蔵を国王に迎えたらーめん共和国への出店を聞き付け、肉そばという響きと、濃いめ黒醤油のビジュアルにヤラれ自分としては速攻の訪問。


79e8c5b6.jpg

タイミング良く、待たずに入店。
腹減りの勢いそのまま事前に決めていた肉そば&オススメというエッグライスを即オーダーしました。


7ba29c88.jpg7b03d335.jpg

卓上にはお好みで投入できる玉ねぎのみじん切りと割スープの案内。


947f1b20.jpg04d9a569.jpg
5042a595.jpg9b57ee88.jpg

肉そばとエッグライスのメニューを眺めながら待ちます。


9960c3a9.jpg

肉そばにはスペシャルもあるんですね。
2種のチャーシューがトッピングされるそうです。
いずれ、機会があれば。


bb5ea56b.jpga713a7b5.jpg

卓上にはいろいろスパイスがあると思いましたが、使い方のレクチャー。
基本スタンダードな味好き人間ですが、参考までに読み込んでおきます。


15e97822.jpge3a5848a.jpg

そのエッグライスから到着。
これ、ふわふわの卵の下から甘辛のお肉がでてくる嬉しい丼。


b0c4add4.jpg

卓上のカレーパウダーをかけるとまた面白い味わいに。
(さっそく使ってみました)


5b98c68a.jpg94154f3b.jpg

そして、真打ちの肉そば登場。
なかなかのそそるビジュアルです。


27929981.jpg
180cb459.jpg7d10c64b.jpg

濃い色に似合わず意外に濃すぎないスープ。
肉そばだけにたっぷりの肉とスープに負けない麺をわしわしつかみ、一気に啜り上げ、口の中幸せいっぱいになる一連の流れ。


b70eeb96.jpg3bb0fe12.jpg

おろししょうが溶かしたり、卓上のポットから追加自由の玉ねぎみじん切りを追加投入するとさらに風味が増し、いい意味で想像通りの満足感。納得の肉そばです。


ac437aba.jpg41672a7b.jpg

次回は特上肉そばか、はたまた味噌か塩か。
スタンダードな醤油のままでも十分なので、同じメニューにしそうです。
本店の界隈は帰省時によく出没するスポットなので、本店で味わってみるのもいいかもしれません。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



image

背脂系は寒い北海道でもっとウケてもいい気がしますが、提供する店が少なく感じます。
醤油系でない味も試したいところですが、いつも醤油系になってしまうのが悩ましいお店です。









■肉そばけいすけ

住所:恵庭市恵み野里美2-15 フレスポ恵み野 1F
時間:11時〜21時
定休:無休
電話:0123-21-9292
(最終訪問:2018年1月)  
Posted by haraguro310 at 23:56Comments(0)北広島・恵庭・千歳

2018年07月29日

立飲み日昇

image

灘屋さんを出たタイミングで、実はエンジンがかかってしまい、どこか探します。
商店街を奥に進んで出くわしたのがこちらの日昇さんです。


金麦を楽しむ先客は二人組。
もう1組の夫婦と、女性店主でテレビのギャル曽根について、カタコト含め盛り上がっており、女性たちは中国の方のようです。


image

まずは飲み物をと、壁の短冊メニューをひと通り確認。
割とサワーが多く、いろいろなフルーツのものがあります。
知らずに入りましたが、この店フルーツサワーがアタリと見たのでそれに。
ホッピーがポッピーになってます(笑)


imageimage
すだちサワー

すだちてんこ盛り。
このすだちの量、なんだか楽しくなってきます。


image

imageimage

アテも壁貼り短冊メニューから。
大好物の塩茹で落花生もさりげなくありますが、ブタ耳とネギ和え。
豆板醤で和えられたブタ耳とネギが想像以上にてんこ盛り。


image

imageimage

たまらず日昇キウイフルーツサワーに継投。
生果実を凍らせたキウイたっぷり。
しかし焼酎濃いめでこれ以上飲むとヤラれそう。



金麦二人組はビールがなくなると冷蔵庫からセルフで取り出します。
中国人客の憩いの場なのかもしれません。

次回は気合いを入れてフルーツサワー三昧を楽しみたいと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



半年後に再訪。
前回満席も、今回は先客なし。
いや、関係者風と思いきや、お馴染みさんが一杯ひっかけてました。


image

日昇ももサワーで試合開始
氷の代わりの凍らせ果実が見事。


imageimage

ネギチャーシュー300円
コチュジャンで和えたネギの下から赤ピンクの中華チャーシュー。
コチュジャンネギだけでもツマミになります。


imageimage

期間限定のパイナップルサワー380円
何か冷やしパイナップルを食べているような縁日気分になります。
大人バージョンですが。


image

そして、ようやくの塩茹で落花生200円
たっぷりが嬉しい。


気を抜くと酔いが回りそうなので控えめな対戦を心掛けますが、気になるメニューはまだまだ。次回は羊肉と生メロンサワーなんかをロックオンしてます。












■立ち飲み日昇

住所:横浜市南区浦舟町1-1-13 清光ビル 1F
時間:9時〜20時
定休:なし
電話:045-325-8688
(最終訪問:2018年7月)
  
Posted by haraguro310 at 23:27Comments(0)横浜

2018年07月22日

つけものの灘屋

image

よこはまばし商店街を散策。
うなぎ屋さんなど、専門店の奥での飲食スペースを設けている店も多く、飲める店も多そう。天ぷら豊野さん、酔来軒さんへの訪問で何度か通ってますが、商店街の中でどこかに入ろうと決めて来たのは初めて。


image

そんな中目に飛び込んできたのが漬物屋さんの

狡卻肴に一杯いかが

の文字。
そんな言葉をかけられたら、飛び込まないわけにもなるまいとダイブしました。お腹の具合からも漬物という軽さもいいですしね。



店に入ると正面にダーツがあり、お客さんがプレイ中。
邪魔しちゃったかなと思いつつも、開けたら最後、引き返すのも何なので、いいですか?と声をかけ、カウンターへ通されます。
二階がダーツ場のようで、ダーツの会も取りまとめられてる模様。場違いだったかな。


先客のダーツのお客さんは陽気そうな方で、ミュージックビデオがかかると鼻歌を歌ってます。
この時は絢香の三日月だったかな。アウェイでなければ自分も口ずさんでたかも。


image

まずは生ビール500円から。
飲み物は基本的なものはひと通りあるようで、出きるものはお作りしますの文字も。
一升瓶や焼酎、リキュール類の瓶も並んでいます。


9/5/95e293d9.jpg

a/7/a72e3a83.jpga/0/a0ec110b.jpg

アテメニューはおでんや揚げ物の盛り合わせ、サラダ、ベーコンステーキなどがあり、缶詰も何種類か。
しかしここはおまかせでの漬物盛り合わせをお願いします。
(おまかせなので、恐らく500円)


image

程なく運ばれてきた鮮やかな5種類の漬物たち。苦手なものは無いですかと配慮いただきながらも味付けがあっさりで、セロリもきゅうりのような瑞々しさで全部美味しくいただきます。


image

中でもスライス玉ねぎの漬物が素晴らしく、追加でレモンサワー400円で応戦し、充実の漬物飲みを堪能しました。


image

帰り際、新たなダーツ仲間が来店。やはり普段のままの雰囲気はダーツ仲間が集まる店なのでしょう。
腕に覚えがあるなら参戦するのですが無いので、また飲みでこっそりお邪魔したいかと思います。
















■つけものの灘屋

住所:横浜市南区高根町1-4
時間:不明
定休:不定休
電話:045-263-1172
(最終訪問:2017年11月)
  
Posted by haraguro310 at 12:49Comments(0)横浜

2018年07月18日

やきとり工房

image

地元に住んでる時から、会社帰りのバスの窓越しに気になってたお店。
10年越しか、20年越しか、ようやくの訪問です。

外から見ている限り、オレンジの看板は鮮やかですが、何となくひっそり営業している印象でしたが、中に入るとなかなかの盛況。
ショッピングモールの向かいに、酒飲みの賑わいを見つけて、自分としては気分が上がります。


2/0/205ca7b8.jpg

1/8/18385d3c.jpg6/6/666135c3.jpg

b/5/b50428ef.jpg3/4/348d380b.jpg

焼き鳥も飲み物も、割とリーズナブル。
個人的には串鳥を彷彿させるラインナップ。
串鳥には無いメガジョッキのプレミア純ハイが気になります。


image

まずは生!
お通しは切り干し大根。もやしが入っています。


image

ただしこの日は移動日だったのでとても疲れていて注意散漫。
スープか豆乳らしきサービスがありましたが、何だったっけ…これ。
瞬殺したようです。


imageimage

煮込みと馬刺し。
割とどこででもオーダーするメニュー。
安定の味わい。


image

さてさて看板の焼き鳥が登場。

レバー
うずら
ねぎま
そしてハツ

ハツが美味しかったです。
どれも安定の味。


image

image

日・月・祝日と4月、10月の毎日、焼き鳥半額とのこと。
サービスデー狙いだとかなりお得に食べることが出来そうです。
地元に住んでいたら串鳥のようにちょくちょく立ち寄り遣いしてたんだろうなあと。











■やきとり工房 辻堂店

住所:藤沢市辻堂新町1-1-15
時間:午後5時〜翌2時
定休:無休
電話:0466-37-2345
(最終訪問:2018年2月)  
Posted by haraguro310 at 12:51Comments(0)湘南

2018年07月13日

豊魚

image

大船の商店街で賑わっている鮮魚店、鈴木水産さんの二階の回転寿司。
以前から気になっていました。


imageimage

imageimage

回転寿司の前に鮮魚店で、魚チェック。
まるまるとしたイワシは、この後の移動がなければ持ち帰りたいほど。
その他あれもこれもリーズナブルで、レジにも列が。
これは回転寿司も期待大です。


image

c/8/c8d8ab21.jpg

ランチタイムを過ぎた2時過ぎでしたが、回転寿司も4組待ち。
こちらもなかなかの盛況。
とはいえ、回転寿司ではありますが、オススメの品書きがまわるだけで、オーダーごとに握ってくれます。


imageimage

imageimage

imageimage

imageimage

imageimage

お腹が空いていたので、ほぼ一気食いに近い状態。

金目鯛
ぶり
白子
いわし
あじ
生ガキ
三崎産地ダコ
まぐろ
つぶ軍艦
鉄火巻

まぐろがうまい。鉄火巻きは中トロ?でしょうかね。


image
中でもこの名物塩まぐろ。
家でも作りますが、いいまぐろを使っているだけに、うまい。
さすが名物を名乗るにふさわしい。


image

帰るまでお客が切れないといいますか、順番待ち途切れません。
自分が待っているときに感じたのですが、たいてい待つのを諦めて帰る方がいるものですが、このお店のお客はそれが少ないのかと。


ネットでは鈴木水産さんの鮮魚店は大船ジャンボ市場といった屋号のようですが、看板からは見つけられず。
しかし回転市場のネタは、間違いなくジャンボでした。















■豊魚

住所:鎌倉市大船1-20-1 大船ジャンボ市場 2F
時間:11時〜21時半
定休:なし
電話:0467-48-5786
(最終訪問:2018年2月)  
Posted by haraguro310 at 23:44Comments(0)戸塚東戸塚大船

2018年07月09日

立飲み寿司 三浦三崎港 めぐみ水産

image
>
横浜ポルタにある立ち食いお好み寿司のお店。
ツレは何か食べたい、自分は昼酒モードで選んだ結果、こちらに。


image

image

寿しのお品書き。
お手頃価格で、2貫同一価格であれば、組み合わせは自由とのこと。


image

ツレはランチセットから注文。


image

image

こちらは飲み物メニューとアテ。
いいラインナップです。


image

そしてその日のおすすめメニュー。
こちらの情報もインプットしつつ…


image

imageimage

試合開始はラガー瓶と、まぐろぶつ・
通常は290円で、小鉢にたっぷり入ってきてお得ですが、さらにこの日お邪魔した時間はタイムサービスタイム。ありがたいセットです。


imageimage

ツレの匠セット880円。ランチサービスながら中トロ入りの9貫。
満足そうにほうばっていました。


image

こちらは追加のアテで中トロ串210円。
ニンニクタレがかかっていました。


imageimage

ツレの寿司が美味しそうで、お腹も鳴ってきたので、特製トロたく巻350円。
普通のもあるそうですが、出てきてびっくりのボリューム。
こちらも満足しました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


image

imageimage

…ってことで今度は悪友とのハシゴの途中に。
マグロブツにまぐろ3点盛り、つぶ貝と、名前失念の貝類握り。
握りを中心に満足しつつも、もうヘロヘロに酔っぱらってました。。。


image

クラーテルからココへ流れること徒歩3分。
横浜黄金ルートになりそうです














■立飲み寿司 三浦三崎港 めぐみ水産

住所:横浜市西区高島2-16 横浜ポルタ B1F
時間:11時〜23時
定休:無休(横浜ポルタ店に準ず)
電話:045-620-5188
(最終訪問:2017年8月)
  
Posted by haraguro310 at 23:00Comments(0)横浜

2018年07月05日

はとば

image

image

伊勢佐木町ぶらぶらで見つけた粉物屋さん、めりけんはとばが満席。
しかしその佇まいから後ろ髪をひかれ、近くの姉妹店へと突撃。
どちらも24時間営業とはさすが伊勢佐木長者町
看板のバックに炎が描かれ気合い十分。それ以上に目立つ飲み放題からいざ出陣。


image

すでに先客も楽しそうに飲んでいます。
このお店の雰囲気、馴染みやすいです。


0/2/02ef8cbb.jpg

imageimage

するとテーブルには男気ジョッキで乾杯!と、大ジョッキを推奨するメニュー。
しかも飲み放題も大ジョッキOK。
これはガンガン飲むでしょう。


imageimage

大ジョッキ
ハイボールの入った中ジョッキと比べてもデカい。
飲みごたえ満点です。


d/9/d9107787.jpg9/c/9cb37cc3.jpg

0/7/073be8c2.jpg6/7/67189d53.jpg

ガンガン飲むなら、ガンガン喰らう。
いかの沖漬け、冷奴、焼き鳥に鶏ささみ刺し、馬刺し、軟骨揚げと次々に注文。


image
imageimage

サービスメニューのオニオンスライスが何気にうまい。
150円なので1皿ずつ。それと冷ややっこ。


image

大ジョッキはサワーもOK。ちまちま飲まずに豪快に。
隣席の作業終わりの現場兄さんもアテの到着前に大ジョッキを瞬殺。
そもそも大ジョッキが580円って安すぎなのですが。。。


image

imageimage

imageimage

軟骨揚げに焼き鳥、馬刺し、鶏ささみ刺しとじゃんじゃん到着。
酒もススみます。


imageimage

なんてことを思ってたら、イカの沖漬けの到着と共に、仲間は冷酒に手を出した。
早いぞまだ6時前。チャンポン街道に突入してしまいました。


f/b/fbd020db.jpg

近くの粉物屋だけでなく、天王町にも姉妹店があるんですね。
相鉄線沿線ではないけど、行ってみたいところ。


image

ここ、相当気に入りました。
野毛、関内もいいですが、伊勢佐木町も侮れ無し。
帰省の度、ちょくちょくお邪魔しそうです。
















■はとば

住所:横浜市中区長者町8-123
時間:24時間
定休:無休
電話:050-5594-5857
(最終訪問:2017年8月)  
Posted by haraguro310 at 23:30Comments(0)横浜

2018年07月01日

クラーテル

image

imageimage

ちょっとアップの時期がズレると、途端に情報が変わってたりして、記事お蔵入りの危機に瀕します。なので、追加情報ゲットで訪問したキンパイ酒店さん。
どうやら二階で営業しているらしいとのこと。


image

imageimage

imageimage

が、行った先は平成6年から営業されているクラーテルさん。
立ち飲み始めましたの貼り紙が語るように、キンパイさんが閉まっているいま、キンパイ形式のケース出し角打&手作りアテが楽しめるお店になっているようです。
ビール券が使えるのもその証か。


imageimage

カウンター立ち飲みは席料なし、座り席はお通し席料250円。飲み放題もあります。


6/3/631de308.jpg

5/9/5994144a.jpgc/d/cd1ece21.jpg

d/a/da854f92.jpg3/1/31079eb5.jpg

2/6/26bd09b4.jpg8/c/8cb58e38.jpg

焼鳥、枝豆、冷奴から、駄菓子まで幅広いアテ。
ミニ唐揚げ90分食べ放題250円、アイス落花生300円、満州焼き、煮込み、レバフライなどもあります。


image

imageimage

赤星缶290円も見逃せませんが、この日はハイボール気分。2本傾けます。
焼きナスとミョウガのお浸し230円とハムステーキ100円。
チープながら最高のアテです。


image

imageimage

こちらは別日。
飲み物は覚えていませんが、煮込みが食べたくてお邪魔しています。
美味しかった…はず。


image
image

さらに別日。
撮ったのはこの画像たちだけ。
悪友と2人で行ったことは覚えてますが、何飲んだかもさっぱり覚えておらず。
しかし酔っぱらっても足が向いてしまうようです。


image

月〜木6時までと土曜終日は、麦ホップ&串揚げ1本&小鉢で500円というサービスなども注目。
空港バス降りて徒歩2分、横浜駅前に大きな関所ができてしまいましたぞ。












■クラーテル

住所:横浜市西区高島2-13-6 2F
時間:16時半〜25時
定休:日曜
電話:045-441-8514
(最終訪問:2017年8月)










ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



何度か通いながら復活を期していましたが、キンパイ酒店のオヤジさんは旅立たれたようです。お蔵入りにすることも考えましたが、1度だけの訪問記を追加で載せておきます。



0e81cf08.jpg

酒屋店内のたちのみスペースという情報以外聞こえてこないのですが、横浜駅徒歩数分のロケーション。是非とも一度確認してみたかったお店です。


aa6bc499.jpg

6a76273a.jpg

横浜駅のまさに目の前なのに、非日常と言いますか、店内は縦長のまさに酒屋さん。
ここで角打ちが楽しめる喜びも束の間、最初に目に飛び込んできた文字は、

“当店は酒店です。なが居、なが話お断りします”

思いがけない先制パンチですが、はい、心します。


46f019d0.jpg

9fe4fe4b.jpgdf136354.jpg

cda25390.jpgb3fbfee4.jpg

店内はキマリを守ってとの貼紙が無数に。
たまたまなのか、この時は店内に店主と2人。
アウェーだけにキマリに気をつけながらの緊張感少し。


image801bc396.jpg

まずは缶ラガーとにしんの甘露煮缶詰で試合開始。
駅前の喧騒が嘘のように静かな時間。
ゆっくり缶ビールを飲みながら、店内の貼紙の言葉ひとつひとつを眺めます。


cdb3ade6.jpge8821d04.jpg

続いて店名の金盃ワンカップと柿ピーを楽しみます。
そしてぽつぽつ店主のオヤジさんとお話し。

二回目の会計は大きいお札しかなかったのですが、一度両替してからと商売の基本に忠実。王道のご商売。

この日は祭日でしたが、

“お国の休みだから我々平民は関係ない”

と笑った顔が素敵なオヤジさんでした。



82cab10c.jpg

酒店ではグットのみほし、グッドバイ。

陰ながらではありますが、ご冥福をお祈りいたします。







※キンパイ酒店(閉店)
(最終訪問:2015年2月)
  
Posted by haraguro310 at 23:30Comments(0)横浜

2018年06月25日

赤坂うまや うちのたまご直売所 羽田空港店

image

羽田空港駅第1ターミナル、京急から搭乗口に向かう割と一等地にある、たまごかけご飯のお店。
朝8時から営業しているのでまさしく朝ごはんにぴったりのお店です。


9/4/9458c50d.jpg

7/7/77e082df.jpg

メニューは3択で、たまごかけごはんと、丼2種。
朝ではなかったのと、お腹が空いていたのでそれぞれ丼をオーダー。


imageimage

imageimage

imageimage

卓上のご自由にいただける箸休め、長崎の唐人菜もハマります。
夜はこれとビールで、親子丼の到着を待つのも良さそう。


image

imageimage

ぷるふわ、半熟の玉子丼。
これにデフォで生卵が一個つきます。
これ、ある意味究極の半熟アンド生卵かけご飯に変身できるということなのです。


image

ツレの親子丼は、さらに鶏肉が入りますが、このトロトロ親子丼が羽田空港で、しかも750円でいただけるのは嬉しいです。
生卵かけバージョンにできるのもさらなる魅力です。


image

しかもそれぞれ注文したあおさ海苔の味噌汁が、なんともしみじみうましです。


image

しかしこれで終わらせたくないのがワタクシの食い意地。
たまごかけごはんのセットではなく、ご飯一膳と生卵を追加して、単品卵かけご飯もいただきます。
ちなみにセットになると、小鉢2品がつくだけでなく、ご飯2杯、卵2個までOK
ご飯は少なめ、大盛りも選べます。


imageimage

image

真っ白なご飯に濃い黄身のコントラストは日の丸弁当と匹敵する、日本のシンプルご飯の真骨頂ではないでしょうか。
ここのお店で用意している3種のたまごかけごはん用醤油を試しながらいただきます。
たまごかけご飯用醤油、かつお醤油もありますが、個人的にはこの店のたまご用のうちのたまごによくあう醤油が一番好みかと。
たまごかけご飯がぞぞぞっとススム君で、ペロリといきました。


image

翌朝ツレが、昨日あんまり美味しそうに食べてたからと、
ウチでたまごかけごはんを食べていました。
味やお値段だけでなく、しずる感も最高のようです。
もちろんこのお店のたまごかけごはんセット550円は、コスパ最高の朝食でしょう。












■赤坂うまや うちのたまご直売所 羽田空港店

住所:大田区羽田空港3-3-2 東京モノレール羽田空港第1ビル駅 B1F
時間:8時〜21時
定休:なし
電話:03-5756-7766
(最終訪問:2018年2月)  
Posted by haraguro310 at 23:26Comments(0)蒲田・羽田・川崎

2018年06月19日

鳥貴族

image

いまさら感はありますが、こちらも蔵出し記事。

普段あまりチェーン居酒屋を積極的には利用しないのですが、やはり東京は新業態サービスの先進地。
今日の予定は巣鴨でしたが、日曜ということもあり、軒並み良さげな店が開いていないこともあり、テレ東系のドキュメンタリーで見た鳥貴族へ。


7/2/7220abf6.jpg
(2015年5月時のメニュー)


1/1/116a3a9b.jpg

さて鳥貴族、メニュー全て280円ながら、そのクオリティの高さが人気のお店。
駆けつけ1杯目のプレモルを瞬殺し、大ジョッキの金麦生へ。

個人的には金麦生は好きでして、プレモルより美味しいかもと感じたのはこの時だけ?
大ジョッキの飲みごたえも280円。
しっかり堪能しました。


image6/9/69284f2d.jpg

おかわり自由のキャベツ盛りともも貴族は必須。
もも貴族の大きな串は食べ応え十分。


image8/3/8354852a.jpg

ウインナー串やむね肉黒酢香味ソースも美味しい。
画像失念ながら牛串タレ焼も旨かった。


2/1/21812304.jpg2/3/23acf685.jpg

ホルモンネギ盛りポン酢、冷やし焼ももの鳥わさのサイドメニューもいい。


7/4/74dd3f12.jpg

そして繰り返しになりますが、ドリンクメニューが良い感じで、ハイボールは角、ジムビーム、そしてサイズ小さめながら響のハイボールまであり、楽しめます。
瓶のまま供されるオリジナルワインで仕上げ。


image8/e/8ea582db.jpg

〆はこちらも280円の鳥釜めしで満腹。


image

基本鶏肉メニューとドリンクの充実、そして低価格ながら安かろう悪かろうでない部分が人気の理由でしょう。

この時はそのうち北海道にも上陸してくるかともと思ってましたが、類似店の上陸にとどまっています。しかし、なかなか参考になりました。








■鳥貴族

住所:豊島区巣鴨2-1-5-2F
時間:PM6時〜AM2時
定休:年末年始(12/31・1/1) 
電話:03-6903-6626
(最終訪問:2015年5月)  
Posted by haraguro310 at 23:32Comments(0)東京

2018年06月14日

岡むら屋

c75c0db5.jpg

47a605c8.jpg

豆腐煮込みが乗っかる牛めしで人気上昇中と聞き付け新橋店に訪問。
都内に4店舗あります。
実は結構寝かせていた記事で、2014年初訪問時当時は新橋店しと秋葉原しか店舗がなかった記憶です。


1/6/16bd70fc.jpg9/6/96a273cc.jpg

d/7/d717f511.jpg0/3/0386a26a.jpg
(2016年8月現在のメニュー)

店は想像と異なり、大人向けの牛丼屋風。回転率高しです。
酒場使いをしたくなるようなメニューなので、仕事中でなければ迷わず…。


4699a7b2.jpg31b815d3.jpg

208e1ef9.jpg85607566.jpg

なので、おすすめのデラ牛めし。

味噌ベースの味の染みた大根や豆腐をいろんな角度から。
これらを肉とともに掻き込むことが人気の秘密なのでしょうか。


缶ビールが置いてあるようなので次回はサクッと煮込み皿と合わせて軽く立ち寄りたい。




----------------------------------------------------


初訪問の丼が思いの他、評判とのギャップがあったのでリベンジしてみることに。
前回、缶ビール等を提供していることがわかったので。


image

牛皿とビール、これでリターンマッチ開始。


image

牛皿、これはいいです。
トロとろの煮込みは上質のアテ。ビールに合います。
七味や紅ショウガカスタマイズなど、いろいろたのしめます。
個人的には丼より好きというか、酒のアテのほうが、この味が生きる気がします。


image

お試しでビーフスープ。
じんわり染みる、いい〆になります。
いや、ご飯ものと合わせるべきなのですが。。。


image

この日いらした張り切り系定員の接客も心地よかったのですが、しかしレジチェックで金額が合わない様で、途中からその勢いがトーンダウン。
飲食店バイトの経験から、無い事がベストですが、こういうことは少なからずあるのは存じており、お気の毒様とおもいつつ、牛皿ビールの旨さも手伝って、ドンマイですよ心の中でエールを送っておきました。











■新橋 岡むら屋

住所:港区新橋2-15-1 ニュー新橋ビル 1F
時間:10時〜22時半
定休:不定休(ビルの休館日に準ずる)
電話:03-5510-7201
(最終訪問:2016年8月)
  
Posted by haraguro310 at 23:31Comments(0)東京

2018年06月09日

新橋玉木屋

image

佃煮、お茶漬けの老舗、新橋玉木屋さん。
実はある雑誌の年間のスグレモノのページで、ここのグリーンカレーのふりかけの再現率が高いとあり、半信半疑ながら何故か興味が沸き、新橋に行ったついで、時間も空いたことも手伝って買いに行きました。


image

imageimage

フリーズドライと言うよりは、半ナマ状のふりかけです。
少し上品といいますか、頼りない量ですが、そのイメージはすぐ覆されます。


image

なんだこれは。
ともかく風味がスゴイのです。

いやな雑味もなく、これだけの量でもご飯に負けないグリーンカレーが口の中に広がります。こりゃあ凄い。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー


image

グリーンカレーの衝撃が忘れられず、再訪。
お店に入ると前回同様お茶を出してくれます

ふりかけだけではなく、さんまの甘露煮なども気になりますが、今回もふりかけで。
ちなみに札幌丸井にもさんまの甘露煮などが置いてありました。

ふりかけは世界のふりかけと題され、ふりかけの概念が変わりそうなカラフルなパッケージ。
和風だけでなく中華風、洋風、エスニックなものまでさまざまなふりかけがあります。

お店では試食用にふりかけをまぶした超ひと口サイズのご飯があり、トムヤンクン味をいただきましたが、なかなか面白い味。


image

image

今回は和風と中華風を試してみようと、購入したのはうなぎ山椒と搾菜。


imageimage

imageimage

うなぎ山椒はいささか甘めですが、風味が出ています。



imageimage

imageimage

搾菜が食感が面白くて、搾菜のくにゅくにゅ感が出ています。中華のピリ辛な味付けもまた面白いふりかけです。





image

セットなら羽田空港にも売っていますが、好みの味を見つけたいなら是非本店へ。
しばらくの東京自分土産はこのふりかけになりそうです。










■新橋玉木屋

住所:港区新橋1丁目8-5
時間:10時〜19時(土日祝は18時半まで)
※7月、12月は19時半まで
定休:無休
電話:03-3571-2474
(最終訪問:2017年11月)



  
Posted by haraguro310 at 23:15Comments(0)東京

2018年06月05日

秋田屋

ここ、浜松町から徒歩数分なので、クリアは早いだろうと思ってましたが、
来れそうでなかなか機会無し。大門駅からなんて、さらにギリギリまで飲めそう。
たまたま宿泊が大門増上寺前だったのでようやく。


image
外観画像失念、撮ったはずなのに消してしまったらしい。。。
超有名店の秋田屋さんです。

ホテルチェックイン後、お目当てのお店に行く前の細切れ時間でツレに泣きを入れ、ようやくの初入店。混んでいて2階席へ。


image

image

やや閉店に近かったので、いろいろ頼みましたが、どうやら今回の写真整理が悪く、美味しかったホヤの画像など様々消えてしまい、消化不良の初訪問でした。
でも、焼き物の味はさすが。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



image

しかしながらあまりに気に入ったので、翌日口開け再訪。


image

今回はハイボールで試合開始。


image

そして煮込み。
これもマスト。


image

各テーブルにはとうがらしが好きなだけかけてくださいスタイルで置いてあります。
消費が激しそう。


image

そしてたたき。一人一皿しか注文できない品。
肉だんごとも呼ばれ、細かく砕かれた軟骨がアクセントの逸品です。


image

次回は外観看板と、見逃していた瓶ビールで。
タレ、塩の他、醤油味もあるらしいので、ぜひ試したいところ。
ここで引っ掛けて、大門から空港go!ありだと思います。














■秋田屋

住所:港区浜松町2-1-2
時間:15時半〜21時(土は20時半まで)
定休:日・祝・第3土
電話:港区浜松町2-1-2
(最終訪問:2017年6月)
  
Posted by haraguro310 at 23:57Comments(0)東京

2018年06月01日

増上寺

以前は最終の飛行機から無理やり実家に深夜着の強行軍で帰省していましたが、最近は浜松町のホテルに泊まるケースもはさみつつで…実際、実家にも迷惑かけずで、電車乗り継ぎもなくで、楽です。

そのホテルの側に、増上寺の門があります。
朝食前の散歩に出かけてみたところ、ちょっといい感じで、泊まった際の定番行事になりつつあります。


image

この日の朝は曇り。
前回は快晴でしたが、何気なしの散歩だったので画像をほとんど押さえず。


image

image

参道から数分で正面。
増上寺周りをぐるり走る早朝ジョギングのランナー。
部活の生徒集団も朝練で走っています。


image

imageimage

増上寺は徳川将軍家墓所でもあり、特別拝観が行われていました。
その他結婚式や検定試験の会場と、行事も多彩。


image

時期的には2月の訪問でしたが、温暖な気候が続いていたため、梅が咲き始めていました。
多分梅だよね、これ。


image

東京タワーバックの絵になる場所。
最近は外国からの観光客が数多く訪問しているそうですが…


image

土曜の朝、誰もいません。

都内のど真ん中とも言える場所で、この建物を独り占めしながら、この静寂を味わえるとは。
思わず背筋が伸びます。


image

お邪魔したのは季節は違えど、こちらも土曜日の朝。
割と穴場な時間帯なのでしょうか。

増上寺の早朝散歩、おすすめです。











■増上寺

住所:港区芝公園4-7-35
時間:6時〜17時半(本堂参拝)
(最終訪問:2018年2月)  
Posted by haraguro310 at 23:30Comments(0)東京

2018年05月25日

味処 き久好(きくよし)

image

51ace0e2.jpg

帯広駅からほど近く、年季を感じさせる店舗と店名。
帯広時代、何度かお邪魔していましたが、いつの間にか全国のフードコートに屋号のフランチャイズ店が出店しているようです。
このお店自体ではそんなそぶりも見せないですが、フランチャイズ本体のHPでは十勝豚丼の老舗店であることを全面的にPRしており、こちらがき久好公式ページになっています。
ちなみにFC本体のアントワークスさんは伝説のすた丼屋などを展開されています。


image

お昼のピークを過ぎた時間帯の訪問だったので、カウンターには誰もいません。
でもこういうひなびた感じ、好きですなあ。





d/4/d45c513b.jpg4/5/4522ef44.jpg
(2018年3月現在のメニュー)

豚丼は勿論ですが、天丼も味が良かったし、昔ジャンボ豚ステーキと名乗っていたと思われる上豚ステーキも豚久々試したいところですが…


3/2/32434620.jpg

今回はコレにします。
ちなみにまた別メニューにあった、中華ちらしと豚丼が一緒になったという飯豚(いいとん)どり丼980円も、日祝以外の限定20食で気になりましたが、この日は平日でした。


image

imageimage

7枚のロース豚丼。
炭焼きの香りがいい、スペシャルな豚丼。
卓上に常時備え付けの豚丼のタレを足せるのも嬉しく、さらに稚貝の味噌汁が美味しい。


8fc981e1.jpg527052b6.jpg

さてさて別日、かなり昔の訪問時にいただいて美味しかったのがかき揚げ天丼。
ちょっと画像がブレていますが、大きなかき揚げが2枚で具沢山。
天丼が美味しかったので注文したのが大正解。

これ、ご飯を別にして瓶ビールと合わせることもできるかな?
駅近くなので、いつか試してみたいところ。。。


image

フランチャイズの話に戻しますと、この記事を書いている2018年5月現在の情報では、6月に旭川のイオンモールフードコートにも出店予定との情報を得ています。
北海道への逆輸入感のような気がして複雑ですが、フードコートの味も試してみようかなと、そのうちに。










■き久好

住所:帯広市大通南15丁目6
時間:11:30〜14:30、17時〜21時
(日曜は11:30〜15時)
定休:不定休
電話:0155-24-1546
(最終訪問:2018年3月)
  
Posted by haraguro310 at 23:09Comments(0)帯広

2018年05月21日

北の屋台 北子

image

前回か前々回か、帯広に来るとついハシゴをしてしまうのですが、翌朝携帯に残っていた飲んだ後の画像、どこのお店だったかなあと記憶をたどりますが、なかなか思い出せません。一緒に行った方の行きつけになりつつあるお店だったでの連れて行きましたとのことで、お店の名前を聞きましたがやはりどんな時間を過ごしたのか思い出せない。

お店に行けば少しは思い出すかもと思い、今回再訪。
ママさんは常連さんとメダル獲得の高木美帆凱旋の話題、冬季オリンピック明けの訪問だったのですが、やはりここは十勝だなあと。


imageimage

左は初回訪問時の証拠?写真のお通しとハイボール。
右が今回で、ミネストローネ風。
お通しは洋風なのでしょうか?


c/2/c2395122.jpg2/5/25c4007f.jpg

1/9/196d6ebe.jpg9/6/966bad06.jpg

メニューを見ますと、息子さんが作っているチーズを使ったカマンベールチーズの味噌漬けや、じいちゃんの塩辛などがあり、さらに以前は娘さんと切り盛りされていたとかで、家族総出演に近いお店のようです。


imageimage

なので、おすすめシールには心が動いて味噌漬け。
そして合わせて白ワイン。
いいパターンなのですが…


imageimage

左の初回訪問時の証拠その2の日本酒。
なので、今回は焼酎きろくの水割りにしました。
なぜなら…



image

初回訪問時の証拠その3のクラゲのお刺身があったから。
イメージが店名含め洋風でなかったので戸惑いましたが、和洋両方楽しめるいいお店ってことで。。。

もちろん今回もクラゲのお刺身をオーダー。
このメニューがあったら頼まないわけなし。
芋水割りと合わないわけなし。


image

店主のママさんは気さくに、順番に話をふってくれて、話題はハブ酒の話へ。
沖縄ではハブ1匹捕まえると3000円とか。

そんな楽しくお話ししながら、調理模様を眺めていましたが、揚げ物の油は冷めないよう、鍋に蓋をされているとか、屋台ならではの工夫を垣間眺めさせていただきました。
以前はただ飲んだくれてるだけでしたが、昔とは飲みながら見ている視点が変わってきたなあとちょっと感心しながら。。。


やはり、いろんな気づきを与えてくれる北の屋台さん。
個人的にやはり大切な場所です。












■北子

住所:帯広市西一条南10丁目
時間:17:30〜24時
定休:日曜
電話:090-8706-1515
(最終訪問:2018年3月)
  
Posted by haraguro310 at 23:40Comments(0)帯広

2018年05月17日

【閉店】ヒツジ堂

image

image

足寄で発見してしまった、羊肉専門店。オープンは2013年の2月とのこと。
ともかくこれは足を伸ばしてでも行かねばという直感で思い立ち、夜にお邪魔しました。
ランチも良さそうなので、カレーやグリルの羊攻めで再訪したいところです。


6/6/66b551b1.jpg

こじんまりながら、メニューや素材にこだわりを感じます。
洋食系メニューもいろいろありましたが、ここはなかなかお目にかかれないと
感じさせる羊肉メニューからチョイス。


4/1/41f1ff8b.jpg6/b/6b6596e5.jpg

9/d/9d35fd6a.jpg8/3/83502135.jpg

実はお目当だった羊のレバカツが無かったのが残念。
数量限定の羊ロールカルパッチョや羊のカレーも気になります。

そんな中から…


image

タンハツサガリ
これは珍しい食べ比べでしょう。それぞれ食感が異なって面白いです。臭みもない。
ツレはサガリがお気に入り。個人的にはタンに唸ります。
これ、1人一皿食べて良いくらい。あ〜、ワイン〜(泣)


image

羊のトリッパ
羊の食感がいいです。ライスを注文しましたが、ここはライ麦パン載せだったかも。
そうなると当然ワインが飲みたくなったはず。
車だったので、このパターンではやはりライスが正解か。結果。


image

入店時は我々だけでしたが、後から2組来店。
そのどちらも町外から来た方が含まれるようで、自分たち含め3組が町外組。
少なくとも帯広から60キロ1時間はかかりますが、それだけの価値があるのだと心の中で頷いていました。



…と、ここまで書いておきながら記事を寝かせすぎました。
2017年12月末の閉店されたそうです。

ちなみに同じ場所で、同じスタッフの方が新しいお店を開いているような情報もあるので
確かめてみたいところです。
いや〜、このお店も再訪したかっただけに、残念です。








■ヒツジ堂(閉店)

住所:足寄郡足寄町南1条1丁目14

(最終訪問:2016年10月)  
Posted by haraguro310 at 23:29Comments(0)十勝(北)

2018年05月13日

韋駄天 柏

image

以前からお店と豚重の存在は知っていましたが、なかなか場所を特定できず後回し。
ですがこのモダンな建物は、よく通っていた道からも見えていたはずなので、この建物とは違うだろうと勝手に思い込んでいたのかもしれません。


5/e/5e8d71b4.jpg

4/1/4156ab7e.jpge/f/ef29ae10.jpg

建物同様、なかなか上品な店内。ただ、動線が難しそうにも感じます。
隣客と言いますか、割とあちこちの席で天ざるをが注文されてます。
その天ぷらが割と山盛りで羨ましくも、初志貫徹の豚丼でなく、豚重を注文。
メニューの真ん中に配置されているだけに、一押しなのでしょう。



imageimage

ワタクシの上が肉が3枚、ツレの並が2枚。お重やご飯の量は変わらない気がします。
ちなみに温そば小もついてきて、このそばがうまい。


image

山椒がビンビン香ってきます。
お肉は厚めでしっかり肉を喰らっている感じです。
ただ、丼でなく重なので、並ですといささか上品なボリュームかもしれませんが、そばと合わせると、しっかりボリュームに設計されているのかと。


image

そば、豚重、天ぷら以外にも定食や、要予約の寿司などの和食系を中心に清水産の十勝若牛メニューが別メニュー表にありました。
牛玉ステーキ丼ではない牛メニューがかえってこだわりなのかと。

個人的にはこの若牛メニューかスタミナそばが次回の課題かと。









■韋駄天柏

住所:清水町南二条3-9-2
時間:11時〜14:30、17時〜20時
定休:月
電話:01566-2-4947
(最終訪問:2016年10月)
  
Posted by haraguro310 at 23:06Comments(0)十勝(西)