☆はらぐろぱんだのなんでもつぶやいちゃうブログ☆

マイペースなラジオリスナー【はらぐろぱんだ】が マイペースに独り言なんぞつぶやいてます(笑)

☆対広島東洋カープ10回戦☆

4連勝中のジャイアンツは、5連勝と好調の広島カープを京セラドームに迎えた。序盤から点の取り合いが続く中、ジャイアンツは同点で迎えた6回にエドガーのタイムリーヒットで勝ち越しに成功、その回さらに2点を加えた。先発内海は五回途中で降板したが、マウンドを引き継いだ福田、西村が好投、最後はマシソンがきっちり抑えて接戦をものにした。ジャイアンツはこれで連勝を5にのばすとともに、オールスター前の9連戦の初戦を勝利で飾った。 
 
 
初回に先発・内海が好調のカープ打線につかまる。先頭の天谷に中堅へのヒットを許すと、菊池にタイムリーツーベースヒットを打たれ、先制されてしまう。菊池は谷のエラーの間に三塁まで進む。続く梵の右翼へのタイムリーヒットで2点目を奪われた。 
 
一方の打線はカープの先発・大竹を前に、3回まで走者を出すことが出来なかった。 
 
内海は2回から4回まで、たびたび走者を背負いながらも要所を抑え、追加点を与えなかった。 
 
4回、ジャイアンツは一死から谷が右翼にヒットを放つと、坂本、村田がヒットで続き、満塁とする。阿部の打球が敵失を誘い、その間に谷が生還。1点を返した。なおも満塁の状況で高橋由の押し出し四球、エドガーの敵失で2点を加えて逆転すると、更に古城の犠牲フライで4対2とした。
 
しかし5回一死から内海は連打と犠牲フライを浴び、カープに同点とされてしまった。その後、広瀬への死球で二死一、二塁となったところで、2番手の福田にマウンドを譲った。福田はエルドレッドを空振り三振に切って取り、ピンチを脱した。 
 
福田は6回もカープ打線を三者凡退に抑えるすばらしいピッチングを見せた。
 
その裏、高橋由は一死から死球で出塁すると、相手のバッテリーエラーの間に三塁を陥れた。すると、エドガーが中堅にタイムリーヒットを放ち、勝ち越しに成功。さらに、古城のヒット、隠善の四球で満塁とすると、長野のヒットと谷の犠牲フライで2点を加え、カープを突き放した。 
 
7回、8回は3番手の西村が危なげない投球で0点に抑える。 
 
3点のリードを奪ったジャイアンツは、8回、エドガーが四球で出塁すると、代走の鈴木尚が二盗、続く古城も四球で無死一、二塁のチャンスを作る。寺内の送りバントで一死二、三塁としたが、長野、谷が倒れ得点することは出来なかった。
 
9回はクローザーのマシソンが中盤に奪ったリードを守りきり、試合終了。ジャイアンツがオールスター前の山場である9連戦の初戦を白星で飾った。 
 
 
 
 
内海の調子が今一つでしたが、打線が見事にカバーしましたね
 
 
 
福田・西村・マシソンのリレーで登板過多が心配される山口を休ませられたのもよかったと思います
 
 
 
それにしても
 
 
 
エドガーって何気にいい仕事しますよね
 
 
 
 
 
 
 
 
 


☆対阪神タイガース12回戦☆

ジャイアンツネタが貯まりかけているので一気にいきます
 
 
 
東京ドームで行われた阪神タイガースとの12回戦は、3回に先制を許したものの、中盤に打線が固め打ちで3点を奪い、逆転勝利を飾った。先発のホールトンは安定した投球で、7回を投げ切り6勝目。終始投打が噛み合ったジャイアンツが、連勝を4に伸ばした。
 
 
ホールトンは完璧な立ち上がり。阪神打線をテンポよく打ち取り、2回までをパーフェクトに抑えた。 
 
一方の打線は決め手を欠き、1、2回と得点圏までランナーを進めたが、得点出来なかった。 
 
3回、ホールトンは今成に二塁打を許す。二死二塁のピンチでマートンに中堅にタイムリーヒットを打たれ、先制を許してしまった。
 
しかしその裏、打線はすぐさま反撃に転じる。長野、谷の連打が飛び出すと、坂本がきっちり送りバントを決めて、一死二、三塁とする。ここで村田は右翼へ犠牲フライを放ち、同点に追いついた。
 
 
なおも二死三塁とチャンスは続いたが、阿部が右翼フライに倒れた。 
 
4回にも打線がつながる。先頭の高橋由が右翼線への二塁打で出塁すると、エドガーもヒットで続く。さらに、古城が中堅にはじき返すタイムリーヒットを放ち、高橋由が勝ち越しのホームイン。下位打線の3連打でジャイアンツがリードを奪った。 
 
3回には得点を許したホールトンだったが、以降は立ち直り、4、5回と阪神打線をノーヒットに封じ込める。
 
5回も打線の勢いは止まらない。先頭の坂本がヒットを放ち、村田は死球で出塁。阪神は安藤から加藤へ投手交代するが、阿部が右翼フェンス直撃のタイムリー二塁打で3点目を加えた。
 
打線の援護を受けたホールトンは6回も三者凡退に抑える。7回には二死から新井良とブラゼルに連打を浴びて二死一、三塁のピンチを背負ったが、代打の桧山を右翼フライに打ち取り、このピンチを切り抜けた。
 
8回には4連投となる山口が登板し、三者三振に抑えて阪神に流れを渡さない。その裏、打線はエドガーの四球などで一死二塁のチャンスを迎えたが、鈴木尚と長野が倒れて、無得点に終わる。 
 
2点差の9回にはマシソンがマウンドに上がった。坂本の好守もあり、簡単に二死とした。しかし、新井貴のヒット、続く新井良の右中間への二塁打で1点を返されてしまう。なおも二死二塁と一打同点のピンチは続いたが、代打の浅井を遊撃ゴロに打ち取り、試合終了。最終回の阪神の反撃を振り切り、ジャイアンツがこのカード3連勝とした。
 
 
 
この試合はやっぱりホールトンの好投が大きかったですね
 
 
 
先制点を許しても崩れなかったのがよかったです
 
 
 
去年のパ・リーグ最多勝も伊達ではありませんね
 
 
 
 
 
 
 
 
 


☆対阪神タイガース11回戦☆

日が経ってしまいましたが、対阪神タイガース11回戦について書きます
 
 
 
東京ドームで行われた阪神タイガースとの11回戦は、2点ビハインドで迎えた5回に、相手のタイムリー失策と高橋由の犠牲フライで3点をあげ逆転した。七回にも高橋由のタイムリーで追加点をあげ、突き放して3連勝。2番手の高木京がプロ初勝利をあげた。
 
ジャイアンツの先発・杉内は初回を三者凡退に抑える完璧な立ち上がりを見せる。 
 
一方の打線は阪神の先発・能見の立ち上がりを攻める。1回裏、谷、坂本の連打と村田の死球で一死満塁と先制のチャンスを作ると、阿部が犠牲フライを放ち先制に成功した。 
 
2回表、杉内は連打を浴び無死一、二塁のピンチを迎える。ここで関本を空振り三振に打ち取ると、さらに三盗を試みた新井貴を阿部が刺し、一気に二死を奪った。しかし続く大和にタイムリー三塁打を打たれ同点とされると、さらに今成、能見にも連続タイムリーを許し逆転されてしまう。
 
反撃に転じたい打線はその裏、先頭の寺内が3年ぶりとなる今季第1号のソロ本塁打を放ち1点差に迫る。
 
 
さらに長野も左翼スタンドに飛び込む同点弾を放ち、すぐさま試合を振り出しに戻した。 
 
 
3回表、杉内は、簡単に二死を奪い立ち直りの兆しを見せる。しかし二死から連打を浴び二、三塁とされると、関本に2点タイムリーを許し、再び勝ち越されてしまった。 
 
4回表のマウンドにも杉内が上がる。8番から始まった阪神の攻撃を三者連続空振り三振に打ち取り、エースの意地を見せる。 
 
5回からは高木京が登板。阪神の上位打線を三者凡退に抑え、味方の反撃を待つ。 
 
その好投に応えるかのように打線が再び奮起する。その裏、先頭の谷がヒットで出塁すると、坂本が右中間に二塁打を放ち、無死二、三塁と大きなチャンスを迎える。ここで村田の放った二塁ゴロを平野が本塁に暴投。一気に二人の走者が本塁に生還し同点とする。その後、一死三塁とすると、高橋由が右翼に犠牲フライを放ち村田がホームイン。この回3得点を奪い逆転に成功した。 
 
逃げ切りを図るジャイアンツは7回のマウンドに抜群の安定感を誇る山口を送る。その山口は三者凡退に抑える好投を見せ、阪神打線を寄せ付けなかった。 
 
その裏、先頭の谷がこの試合3本目のヒットで出塁すると、代走の鈴木尚が二盗に成功。坂本もバント内野安打で続き、追加点のチャンスをつかむ。阿部が四球を選び満塁とすると、高橋由が右翼にタイムリーヒットを放ち、大きな追加点を入れ、7対5となった。
 
山口がイニングをまたぎ8回も登板。先頭の鳥谷を空振り三振に抑え、西村にあとを託す。しかし、連打と四球で一死満塁のピンチを背負ってしまう。ここで迎えた代打・桧山は強烈な当たりを放つが、これを坂本が華麗に処理して併殺打に抑え、ピンチを切り抜けた。 
 
9回はマシソンが登板すると、ふたつの三振を奪うなど三者凡退に抑え試合終了。試合の流れが二転、三転するシーソーゲームをジャイアンツが制し3連勝。2番手として登板した高木京がプロ初勝利となった。 
 
 
 
まさに伝統の一戦にふさわしい試合だったと思います
 
 
 
2番手の高木京介の好投が大きかったと思います
 
 
 
プロ初勝利もしたし、これからも自信を持って投げ込んでもらいたいですね
 
 
 
ただ、心配なのは杉内です
 
 
 
疲れも出ている頃だとは思いますが、5月の月間MVP投手も最近は失点の内容が悪すぎますよね
 
 
 
早く調子のよかった頃の杉内に戻ってもらいたいと思います
 
 
 
 
 
 
 
 
 


☆なかなか更新出来ず☆

今日こそは対阪神タイガース11回戦について書こうと思っていたのですが
 
 
 
いろいろあって時間が取れませんでした
 
 
 
まもなく日付も変わるので対阪神タイガース11回戦についてはあらためて書きます
 
 
 
 
 
 
 
 
 



☆パチンコ2連戦☆

まずは土曜日
 
 
 
この日はよかったんです
 
 
 
ミドルのエヴァ7が打ちたくて見に行ったら
 
 
 
5台中2台が空き台
 
 
 
両方とも誰も回してなかったのですが、悩んだ末に右側の台に着席
 
 
 
しばらくすると左隣の台も打ち出しが開始されました
 
 
 
すると
 
 
 
なんか、やけに賑やかやなぁ…
 
 
 
って思って左の台をチラ見したらビーストモード
 
 
 
台選びを間違えたかなぁ…
 
 
 
なんて思っていたらはずれたらしく…
 
 
 
自分の台はリーチすらかからないショボい展開
 
 
 
こりゃ早めにやめておいた方が無難か…
 
 
 
そう思った59回転目
 
 
 
まさかの
 
 
 
暴走モード突入!
 
 
 
途中、時短引き戻しもあり、7連チャン即やめ
 
 
 
 
 
 
1万発には及びませんでしたが
 
 
 
投資 4000円
 
換金  28600円
 
 
 
確変中だったこともありミッションモード成功するし、全回転も見られて上出来です
 
 
 
昨日はジャイアンツ戦を観てから別の店に
 
 
 
守りに入って遊パチばかりを打ったのがいけなかったのか
 
 
 
当たっても小当たりだの単発だのワンセットだの…
 
 
 
ゼロデザイズ
 
 
 
出玉ありの当たりが1回来ただけで、あとは出玉なしの小当たりばっかり
 
 
 
リング
 
 
 
これも出玉なしの小当たりばっかり
 
 
 
頼みの綱のエヴァ7に至っては
 
 
 
ハマってからの暴走モードも次の当たりに確変が引けないワンセット
 
 
 
時短終了後すぐに引き戻すも暴走モードからまたまたワンセット
 
 
 
VTRでリプレイ見てるんじゃないんやからね(#`皿´)
 
 
 
マジでそう思いました
 
 
 
悔しさのあまり112回転やめのミドルのエヴァ7
 
 
 
しかも1パチ
 
 
 
カード貯玉分から400円で突アツ
 
 
 
が、これも単発とはね
 
 
 
投資  17000円
 
 
 
まったく回収することも出来ずに涙の撤退でした
 
 
 
まさに
 
 
 
 
 
 
まぁ、ついてない時はこんなこともあります
 
 
 
強がりを言うとすれば
 
 
 
 
 
 
そういうことにしておきましょう
 
 
 
 
 
 
 
 
 


☆対阪神タイガース10回戦☆

いまさら?って感じですが
 
 
 
金曜日の対阪神タイガース10回戦について書きます
 
 
 
東京ドームで行われた阪神タイガースとの10回戦は、初回に3者連続タイムリーヒットが飛び出すなど、序盤に得たリードを守って快勝した。先発の澤村は粘りの投球で7回途中2失点で6勝目を飾った。 
 
澤村は初回を三者凡退に抑える上々の立ち上がりを見せる。 
 
その裏に、ジャイアンツ打線がメッセンジャーの立ち上がりを攻める。長野と坂本が四球を選び、二死一、二塁の場面で阿部が左翼線へタイムリーヒットを放ち、ジャイアンツが先制する。
 
 
さらに続く高橋由、エドガーと連続でタイムリーヒットが飛び出す。その後も古城が敬遠されて満塁となると、澤村も押し出しとなる四球を選び、4点目を加えた。 
 
ジャイアンツは2回も攻撃の手を緩めない。先頭の谷が特大のホームランを左翼スタンドに突き刺す。
 
 
さらに村田がヒットを放ち出塁すると、高橋由の右翼フェンスを直撃するタイムリー二塁打で、6対0とした。 
 
2、3回と無失点に抑えた澤村だったが、4回に連打を浴びて、無死一、二塁のピンチを招く。一死後、ブラゼルを一塁ゴロに打ち取るが、併殺を狙った坂本が一塁に悪送球し、1点を返された。 
 
3回裏、この回から登板した二神から長野の二塁打でチャンスを作るも、後続が倒れて追加点をあげることはできなかった。打線は3回以降は阪神リリーフ陣から得点を奪うことが出来なかった。 
 
澤村は粘りの投球を続ける。4回から6回まで、毎回得点圏にランナーを背負うも、要所を締めて阪神打線に得点を許さなかった。
 
しかし7回、澤村は3連打を浴びて、無死満塁のピンチを招く。この場面で平野は三振に抑えたものの、鳥谷に痛恨の押し出し四球を与え、6対2となる。続く新井貴を三振としたところで澤村はマウンドを降りる。代わって登板した山口は、代打の関本を空振り三振に抑えて、満塁のピンチを脱した。 
 
追加点を奪いたい打線は7回、一死からエドガーが四球で出塁するも、後続が倒れた。 
 
8回には西村が登板して無失点で抑える。そして9回からマウンドに上がったマシソンは、二死二塁から鳥谷にタイムリーヒットを浴びるが、続く新井貴を抑えて試合終了。3点差で逃げ切った。 
 
 
 
初回のチャンスに効率よく得点出来たのがよかったですね
 
 
 
澤村は粘り強く投げてくれたけど、途中からヒヤヒヤの連続でした
 
 
 
打線も3回以降は無得点
 
 
 
今はいくら投手陣の調子がいいとは言っても
 
 
 
やっぱり中盤・終盤には追加点が欲しいものです
 
 
 
 
 
 
 
 
 


☆越智投手退院☆

 
 
 
巨人・越智大祐投手(29)が5日、都内の病院を退院した。6月28日に厚労省指定の難病「黄色靱帯(じんたい)骨化症」の手術を受け、入院していた。越智は球団を通じて「下半身のしびれを感じることもありますが、体調と相談しながら、徐々にリハビリを始めたい。ファンの皆様から頂いた応援を力に変えて、東京ドームのマウンドで恩返しの投球をします」とコメントした。
 
黄色靱帯骨化症は背骨付近の靱帯が硬くなり、神経を圧迫する難病。復帰まで長期間を要するが、越智は再起を目指す。
 
 
 
難病ということで心配してましたが、退院出来てひと安心です
 
 
 
越智投手の退院は愛媛県民としても嬉しいことです
 
 
 
越智投手
 
 
 
退院おめでとうございます(^o^)
 
 
 
復帰までにはまだまだ時間がかかりそうですが
 
 
 
今は焦らず治療に専念してもらいたいですね
 
 
 
そして
 
 
 
再び彼の勇姿が一軍のマウンドで見られる日が来るのををたのしみにしています
 
 
 
対阪神タイガース3連戦についてはまた書きます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


☆ワンクリック詐欺☆

先月末から頻繁に出会い系サイトからのメールがケータイに届くありさま
 
 
 
勝手に仮登録とかウザいよね
 
 
 
ほとんどはシカトしてたら来なくなるんやけど
 
 
 
中にはしつこいのもあるんだよね
 
 
 
それらにはそれなりのメールを送ってやったら
 
 
 
退会を受け付けました。
 
 
 
みたいなのが届くわけ
 
 
 
そんなこんなでメールが止まって
 
 
 
もう来ないやろ…
 
 
 
とか思ってたら、数日前からまたメール攻撃
 
 
 
今回は今までのよりしつこい
 
 
 
気が付いたら未読メールの数が10件とか平気でなってる
 
 
 
あまりにウザくて
 
 
 
退会処理はこちらからお願いします。
 
 
 
なんて書いてあるから、そこをクリックしたら
 
 
 
登録完了しました。
 
 
 
だって
 
 
 
 
 
 
てか
 
 
 
 
 
 
って感じ
 
 
 
でも、これって
 
 
 
ワンクリック詐欺
 
 
 
でしょ?
 
 
 
もちろんシカトしてるわけやけど
 
 
 
昨日なんて数分おきに支払いを催促するメールがバンバン入ってきたよ
 
 
 
今のところ、そのメールも止まってるけど
 
 
 
夜が明けたらまた届き始めるのかなぁ
 
 
 
アドレス変えたくないし…
 
 
 
なんかイヤだなぁ
 
 
 
こんな迷惑なことってやめてもらいたいよね
 
 
 
 
 
 
 
 
 




☆6月の月間MVP☆

 
 
 
阿部慎之助選手が6日、6月の月間MVPに選ばれました。通算4度目の受賞は、捕手としては、元ヤクルトの古田敦也さんに並ぶ最多タイとなりました。 
 
阿部選手は6月の20試合で、6本塁打を含む24安打、17打点、打率.338の成績を残しました。6日に東京ドームで行われた受賞会見では、「候補はたくさんいただろうし、選ばれるとは思わなかった。本当に嬉しい」と笑顔。リーグトップの出塁率.434や勝負強い打撃が評価されたことに触れ、「ボールが飛ばない中、出塁が大事。後ろの打者につなぐことを徹底しているのが数字にも出た」と満足そうな表情を浮かべていました。 
 
 
 
今日の試合でも先制タイムリー
 
 
 
慎之助は本当に頼れる選手ですよね
 
 
 
これからもチームを引っ張っていってもらいたいと思います
 
 
 
月間MVPの受賞
 
 
 
 
 
 
今日の試合に関しては、あらためて書きます
 
 
 
 
 
 
 
 
 


☆対横浜DeNAベイスターズ8回戦☆

カードの初戦を落として迎えた横浜DeNAベイスターズとの8回戦は、先制点を許したものの、効果的に得点した巨人が逆転勝利した。先発のゴンザレスは立ち上がりから不安定な投球だったが、5回を3失点でしのいだ。打線は村田のタイムリーヒットで同点に追いつき、高橋由の本塁打で勝ち越しに成功。試合中盤以降はリリーフ陣が抑え、6対3で勝利した。 
 
ゴンザレスは初回、二死二塁のピンチを招くも後続を打ち取り、無失点で切り抜けたが、二回は先頭打者に四球を与えるとそこから連打を浴び、先制を許してしまう。さらに併殺の間に追加点を許し、2点のビハインドとなる。 
 
打線は2回に二死から高橋由の四球とエドガーの二塁打で二、三塁のチャンスを作るも、藤村が空振り三振に倒れ無得点。しかし、三回に先頭のゴンザレスがヒットで出塁すると、2番に入った亀井が右中間を破る三塁打を放ち、一塁からゴンザレスが一気に生還。その後、二死となるも村田のタイムリーでこの回、同点に追いついた。 
 
 
さらに4回、先頭の高橋由に左中間への本塁打が飛び出し、勝ち越しに成功する。
 
 
5回にも長野の四球、亀井のヒットと坂本の犠打で二、三塁のチャンスを作る。ここで続く村田が今日、2本目のタイムリーヒットでさらに2点を追加した。 
 
ゴンザレスはその後もピンチを招き、5回、内野ゴロの間に1点を失ったが、5イニングを3失点で投げきり、勝ち投手の権利を得てマウンドを降りた。 
 
巨人は7回にも亀井が今日3本目のヒットとなる二塁打で出塁すると、二死三塁から阿部のタイムリーでリードを3点に広げた。 
 
8回には先頭のエドガーがヒットで出塁すると、代走の鈴木尚がすかさず盗塁。無死二塁のチャンスとなるも、谷、古城、長野と倒れ、ダメ押しとはならなかった。 
 
ゴンザレスの後、福田、山口、西村と継投。8回にマウンドを任された西村はヒットと四球で二死一、二塁で代打・金城というピンチを迎えたが、これを切り抜けDeNAの反撃を許さなかった。 
 
最終回は守護神のマシソンがマウンドに上がる。150キロ後半のストレートを連発して打者を圧倒。しっかり三者凡退に抑え試合を締めくくった。 
 
 
 
前日の逆パターンで見事な逆転勝ちを決めてくれました
 
 
 
それにしても、マシソンの最速160キロにはびっくりしました
 
 
 
村田も3打点の活躍でしたし、やっぱり4番が打つと打たないとでは違いますよね
 
 
 
坂本に元気がないのが心配ですが… 
 
 
 
今日からの対阪神3連戦もしっかり頑張ってもらいたいと思います
 
 
 
 
 
 
 
 
 



訪問者数

livedoor 天気
こんなヤツです↓

はらぐろぱんだ

コメントありがとうございます!!
楽天市場
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ