2005年11月30日

DC店舗開設裏話

大塚のDCに通っていたころの話です。
お店に電話をすると、電話番の「おばさん」が一言
「私がいっていい? サービスするから。」といわれ
意志の弱い私は、思わずOKしてしまったのでした。
このときの「おばさん」とその後、風俗店舗の開設に至ることに。

いわく、「ママが今度、大塚の店を廃業して鶯谷に移るんですって。」
「それで電話番の私にお店の権利やら、電話、控え室など、おそろい
店舗セットを譲ってくれることになったの。」
「20万ぐらいの運転資金を出して共同経営しない?」と、のたまう。
はて、「うまいはなしだけど、どうしたものか?」と、1週間考えました。

そのころには、この「姫」とへんてこりんな内縁関係に。
「話を疑うなら事務所に着てみたら?」といわれて、ものは経験と
のこのこ見に行きました・・・。
大塚駅前から数百mはなれたマンションの1室。
建築年がかなり古い物件で中はぼろぼろ。
6畳にコタツがあって、せんべい座布団が4つ。
「女の子用の薬があるのよ。」といって見せてもらった薬は
STD治療薬、カンジタ治療の塗り薬、坑鬱剤やら、睡眠薬・・。
人生を考えさせられました。

とりあえず、20万渡して店舗開業に踏み出ました。
新聞・ネット宣伝やら、ショバ代、警察届出やら姫の面接やら
出費はかさむ一方、なのに稼動の姫は電話番の「おばちゃん」
を入れて 3名と泣きたくなるような状況です。

どうなることやら。この後の話はまた後で。

harahebi at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月29日

姫との接し方(私の場合)

私の場合、最初は「ナイタイ」の三行広告でした。

最近、手入れや不景気で料金値下げ競争が激しいです。
特に三行広告に乗せるお店は、鶯谷や巣鴨のお店に引っ張られて
つぶれるお店も多いみたいです。
ある風俗嬢に聞いたところ、大塚界隈のお店は893関連の圧力で
値下げに踏み切れずに、店を閉めて鶯谷に動いたところも多いんだそうな。

さて、本題です。
私は姫の容姿よりサービス重視の方なので
年増の姫でも戦闘は可能なんですが、いかんせん
勃起力維持が困難なのでフェラの上手な人が必要です。
若いころは何も考えなくていいと思うのですが
40歳をすぎてめっきり持続力が衰えたことを実感します。
その分、愛撫に時間をかけますが、
ソフトタッチと「じらし」がポイントかと。
風俗嬢のほとんどは、本気で逝くことはありません。
本気で逝けば体力が持ちませんし、その後の商売の支障になります。

私の場合、指でまずは1回逝ってもらうことが多いのですが
逝きたくないので逝く手前で指を抜いてしまう姫も多数います。
クリ派も中派も使う指は1本だけ。

今日は、中派の場合の攻め方(私見ですが)を御紹介しようかと思います。
2本になると中派の場合、奥が攻められないので、指1本で奥を狙います。
力任せ、一気に奥と言うのは御法度で、手前側の入り口から
「じらしてあげる」優しさが必要です。
クンニの後、まずは手前側1〜2cmでこすってあげます(肛門側が有効)。
次にGスポット側を攻めてポイントを探ります。
ゆっくりからだんだん激しく。
このとき、指の形状や角度がポイントになります。
最後は、姫によって場所が変わりますが、
大体、亀頭のカリが当たる部分を中心に攻めると有効でしょう。

愚息で行う内容も同じ部分を中心に攻めていくといいでしょう。
激しく動くよりは、ポイントを突いた攻めが必要なんだと思います。

このごろ実感しているのは、姫との身長差です。
私はいくぶんか背が低いので、いろいろな姫との経験から
痩せ型、身長差5〜10cm程度がベストフィットです。
なぜかといいますと、先述の亀頭の位置なんです。
女性が興奮状態であれば、膣長は短くなって、
平均的なペニスの長さでも十分に子宮口手前を攻めることができるのですが
やはり、女性の膣の奥にある子宮口手前を重点的に攻めるには
ある程度の長さが必要になってきます。
身長に応じて膣長も長くなると思いますので、
私の場合は、私の身長−5〜10cmと言うことになります。

ポイントで攻めるのに、大きなピストン運動は必要ありません。
大きなピストン運動になればばるほど、先述のポイントに亀頭が
到達する時間間隔が長くなるからなんです。
序盤戦は手前の往復運動3〜5回のあと、奥まで突き立てるが基本。
よく言いますけど実際そのとおりなんです。
(AVでは膣奥に挿入したときに女の子が声を出してますよね。)
最後は奥に挿入したまま前後に小刻みに動いてあげると良いと思います。

おためしあれ。




harahebi at 16:56|PermalinkComments(2)TrackBack(1)

2005年11月28日

アフィリエイト

初心者でわかんないんですよ。
とりあえず、自分の好みから貼り付けてみたりして。


透明モードハーフバックピンク【性欲剤.com】


フェミニンレースTバックブラック【性欲剤.com】


パンジーレースリボンTバック【性欲剤.com】


サイドレースTバックピンク【性欲剤.com】


harahebi at 14:14|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

はじめてのちょんの間

風俗誌の記事につられて自宅に近い町田にいきました。
最初はどんなところか見てみようぐらいの覗き見気分で行ったんですけど。
安さとお手軽さ、若くてきれいな女の子(アジア系の子)に病みつき状態でした。

なにがいいかって、年齢的に勃起力の減衰した年齢なので
フェラ即はめなわけで減衰しているまもなくGOなわけです。
それでもって、たいがいの子はいたす前にあそこにローションを塗るので半立ち状態でもするっと入っちゃうわけです。
あとは腰を振るだけ。むなしいといえばそれまでですけど
やれればいいと思う人には最高なんじゃないでしょうか?
会話もぎこちないですけど成立しますから、
出身地から身の周りからだんだん常連さん状態になるにつれて
情報を入手できるようになりました。

ある日、平日の昼間だけお店に出ている台湾出身の「おばさん」に当たりました。
若作りがうまくて、御年40歳は必ず超えてるとおもうのですが
テクニックがすごいんです。
フェラは私の少なからずの経験から10本の指に入ります。
玉なめ、ディープは当然ですけど、
手を玉にそっと添えて口でゆっくりと上下に動かします。
愚息と玉が口と手に包まれる感触がなんとも言えず女性器に近い感覚になります。
舌先を亀頭の周辺でぐるぐる回すだけの人が多いのですけど、
舌と上あごの間でゆっくりしごく感じで、まさに挿入している感覚でした。
この人とは、あそこの相性がぴったりでいつも2回くらい演技なしで逝ってくれます。
女性の演技やサービス技なんかも見抜けるようになったのは
この人の反応に慣れたからかもしれません。
いろいろな女性のサービス技やら、愛撫や指の使い方、
演技かどうかの見分け方など、
今後、おりに触れて書いて行こうと思っていますので期待してください。

この人とは結局毎週1回デート状態(無料?)になりました。
私はディープなSEXが大好きです。
女性には少なくとも1回は逝ってもらわないと気がすみません。
私のこの時の経験が今でも女性とのいたし方に影響を与えています。
手取り足取り教えてもらったわけではないのですけど、
この人の直接的な反応は大変勉強になりましたっけ。
やっぱり男は回数・経験をこなさないとだめなんだなぁと思います。
次からは少ないながらも私の「おじさま」テクでも小出しにしようかと。

しかし、ちょんの間のいまはもうどこも壊滅状態です。
女性そのものに目覚めさせてもらったちょんの間の復興をせつに祈ってます。

harahebi at 12:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月27日

きっかけ3

きっかけって私の場合もまずは、お風呂からはじめましたです。
横浜のソープでナイスレディでしたか。
初めてついた人が○○さんで、今も現役みたいです。
ホームページを作っていたりして人気の姫さまのようです。

どきどきでお部屋に案内されて、最初の会話が、
「お客さんこういうところ初めてですかぁ・・・。」だったような。
まあ、部屋に案内されてもなにしたらいいのかわからんのですよね。
今から考えるともうそのまんまって感じ。
サービスのいい姫さまで、即尺から開始だったのでびっくりしましたです。
気さくで気取ってなくていい姫様ですよ。
私は会話も上の空で、結局愚息が元気になるまで結構かかったんじゃないかと。
気が合うまでは時間がかかりませんでした。
よく気がつく姫で、苦労している過去もあったりして、なかなか人生訓の多い会話になったと思います。借金話ってこの世界多いんでしょうねぇ。
たしか×1で子供ありだったかと。かわいらしい人です。

緊張すると立たないんですよね。
フェラの時は愚息が言うこと聞いていても、いざとなると減衰する。
若いころはそうではなかったんですけど、歳なんだと実感する瞬間です。
緊張すればするほど、姫に悪いからと努力すればするほど、悪循環なんですよね。
力を抜けるようになるまで時間がかかりましたっけ。
私の場合、性感帯と言われるようなところもなくて、普通感じるであろう胸や乳首の部分、玉なめとかぜんぜん効果なしなんですね。
フェラが上手な人でないとちょっと苦しいことが多いです。
たまたまディープのできる人でこのときは有効打が打てました。

harahebi at 13:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

はじめまして3

とりあえず、日記形式で体験談を思い出した順番で記載していこうかなと。

harahebi at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)