Daily trivialities

One Heart チャリティーTシャツ受付中です。くわしくは、http://www.oneheart-proj.net で。

T&F

Word Championships Daegu 2011

27日(土)に始まった世界陸上。
今日で三日目。

これまでの二日間、見どころいっぱい。


ケニア女性の強さを見せつけられた女子マラソンと女子10000m、

まさかの失格、男子100m決勝


長距離のケニア、短距離のジャマイカ、選手の強さの源について考えようとすると、想像を絶するハングリー精神に行きあたります。


男子の200m予選は、9月2日(水)の午前11:10スタート。

まさかの失格から立ち直れるか!見どころだ!


今日の決勝種目は、男子ハンマー投げ、やり投げ、女子砲丸投げ、女子400m、男子110mハードル、女子100m


室伏選手の金メダルに期待!

劉翔がんばれ!


テレビで見られない結果は、IAAFのサイトで!
http://daegu2011.iaaf.org/

8市2郡対抗陸上

今年も懲りずに行ってきました。神奈川県の8市2郡対抗陸上。40歳以上の部。

スタートは13:00

グランドコンディションは35度〜。あち〜。

とはいえ、気温の割には風が気持ち良かったりして多少は気がまぎれる感じでした。

IMG_6514
今年はおしゃべりも上手になってって何でもよくわかってきたムジャキングに大声援をしていただけるのではと密かな期待をしつつスタート地点へ移動する母さんです。

実は、走る前の準備運動がほとんどできませんでした。

ジョギングに行こうとするとムジャキングが大泣きで走ってついて来て、暑い中大泣きする姿を見て気の毒やら、人目が気になるやらで結局ウォーミングアップほとんどできず。


IMG_6527
芝生スタンドからムジャキングが声援してくれると信じて、それをココロの支えにスタートしましたが、13:00ということもあって眠気が襲ってきた娘は走っている母さんをほとんど認識できていなかったらしく、声援は聞こえず、、、。

残念。

でも、今年も心に響く声援を競技場内各所でいただき、なんとか最後まで真面目に走り抜けることができました。

結果は去年とほとんど変わらず、40代の2位で12分29秒。


暑い中応援してくださった方々に感謝感謝です。



私も他の種目を応援して帰りたいところでしたが、猛暑の中で昼寝できないムジャキングが限界っぽかったので無理せず退散することになりました。



一年ぶりのトラック7周半、、、最後の一周ってなんであんなに苦しいんだろ、、、。




熱中! 陸上部 Vol.5

こんな雑誌があったとは!!!
中身のボリュームを考えると割高な感じがするけど、読んでて面白いし、わかりやすい!しかも、Vol.5は「リレー大特集!」思わず本屋さんで手にとってレジに進んでました。


顧問も必読だ〜〜〜!!!

熱中! 陸上部 Vol.5
http://www.sportsclick.jp/bukatsu-jhs/track-field/new/index.html

東京マラソン本番

子育ての合間に天気と相談しながらバギーランを続け何とか練習を積んできたので何としても完走したいと願っていた東京マラソンでしたが、10kmすぎでリタイヤでした。

応援に来てくださった方々に感謝です。
完走できなくて申し訳ありませんでした。

先週ムジャキングが風邪をひいていたので私にもうつった模様です。

マラソン当日の夜明け前に気分が悪くなって吐いてしまい、お腹もくだってきて、ひさしぶりのマラソン大会ということで緊張もてつだってか、カラダに力が入らなくてスタートするか迷っていました。

朝、Natura仲間の顔を見たり、選手待機場所でなつかしい面々に会っているうちに元気をいただきなんとかスタートしたものの、5km手前から気分が悪くなり、5kmで辞めようと思うものの、審判員の方に励まされ続走。

その後、沿道の方々やランナーの方々に「がんばって」と何度も声をかけていただき、気力をふりしぼって応援隊が待っている芝公園を目指したのですが、あと2km届かずリタイヤでした。

あと2kmくらいならなんとかなると元気な時は思えますが、5kmで辞めようとしたのを10kmまで行っていたので、もうそれ以上は前に進めずでした。

ビックサイトで着替えるまでも過酷な状況でしたが、ビックサイトから新宿の宿舎に戻ってからどんどん熱がでてきて動けなくなり、2時間横になってなんとか帰り仕度をして家族3人で自宅を目指しました。

道中ムジャキングが大泣きしたりしてしんどかったですが、なんとか帰宅、ムジャキングに卵雑炊を作って食べさせて、もう限界とばかり布団に入るものの、発熱のせいで体中が痛いので寝られず、頓服を飲むことにしました。

薬を飲んで8時には就寝。

今朝4時、大汗かいて起床しました。

昨日に比べるとものすごくカラダが楽になってるので感動です。


今日も一日ムジャキングのお世話がんばれそうです。

いよいよ東京2011

いよいよ今週末は東京マラソンです!

これまでの練習経過を月間走行距離でふりかえると、

10月 13km 当選するといいな〜と思ってた
11月 60km 当選したのでやばい走らなきゃの月
12月 93km ゲストランナーに任命されホントにやばい走らねば!
1月 120km 週末のLSDでなんとか距離を稼ぐ月
2月 115km いよいよ本番へ向けての月

42kmのマラソンを走るためだというのに、月間100km前後で臨もうとするなんて無謀すぎかもしれませんが、10月の時点に比べればマシなカラダになってきた気がしています。

昨日の横浜国際女子マラソンを観戦しているうちに、ああ、来週3時間15分が切れればコレに出られる権利がもらえるのに、、なんて思いましたが、今の走力で3時間15分なんてとてもとても無理だなあ。。。


とりあえずサブ4目指して走ろっと。(今の私にとってはサブ4だって決して低いハードルじゃないんですが、、)

横浜国際女子マラソン

昨日は横浜国際女子マラソン役員でした。

朝6:40の電車で山下公園を目指し、帰宅は17:00

8:00 山下公園集合
8:30 点呼完了
9:15 主任打ち合わせ後、全体打ち合わせ
10:30 それぞれの持ち場へ向けて貸し切り路線バスで出発
10:50 20km関門地点到着

20km地点に到着してから仕事が始まるまで2時間くらいあったし、なんだか朝から待ち時間がいっぱいで潮風に吹かれてカラダが凍ってきたので、レースが始まるまでマラソンコースをジョギングすることにしました。

11:00 役員のくせにコースジョギング
本牧公園からマラソン2km地点まで行ってきました。

12:00 配置についてスタートを待ちながらケータイワンセグ視聴

スタート後も結構暇だったので、20km地点に停まっていた電気自動車(ニッサンのリーフ)を見せてもらったり、20kmから交代する女性白バイを見たりして結構楽しんだり。

20km地点は往路の6km付近なので12:30ごろになるとレース観戦(役員は応援しちゃいけないってのが切ない、、)

往路の選手が全員とおっちゃったあとはまたまた暇ひまタイム。ボランティアの整理員さんたちと歓談のひととき。


13:30ごろからは関門時間へ向けて気持ち引き締めお仕事スタート〜。
その前に、先頭集団が通過していくのを見送りましたが、面識のない選手ばかりだったので特になんの感慨もなく、、。あ、でもやっぱり尾崎選手はかっこよかったですね。20kmまでペースメーカーを務めた大塚製薬の森祥子選手のチップを回収して、jogでスタート地点まで帰るという森選手を見送りました。

森選手と少しだけお話しできたのがうれしかったです。とても素直な感じでかわいい人でわたくし彼女のファンになりました。彼女が初マラソンに参戦される時には応援したいです。

その後、後続がどんどんと続き、富士銀時代の同僚Nちゃん、Natura仲間のAさんらを声援したいと思いつつも、アイコンタクトで応援。

関門でタイムアップになったただ一人のランナーは、なんと実業団の同世代、当時800mのチャンピオンだったH先生でした!お会いできてよかったし、H先生も(激務の教員生活の中)練習不足だったけど20kmまでたどりつけてうれしかった、はらちゃんも走ろう!とおっしゃっていたので私もうれしくなりました。(だからといって今の私に国際マラソンは無理だろうなあ、、)

そのほかにもいろいろハプニングはありましたが、関門係終了。


で、選手が全員通過したからって係がすぐに解散できるわけはなく、、交通規制が解かれたコースの片隅で貸し切り路線バスを待つこと数十分。それから寿司詰めのバスで山下公園を目指すものの、ゴール付近の交通規制はランナーが全員ゴールするまで続いているのでバスはのろのろ〜〜〜。ワンセグで見ていたマラソン中継が終わってもまだのろのろ〜〜〜。朝っぱらから外に出ていたので疲れもピークでうとうと〜〜。

15:30ごろ山下公園に到着して交通費をもらって解散〜。


一日長かったけど、いろいろ楽しかったです。選手として走っている時代には知る由もなかった役員生活、大勢の役員さんが大会を支えてくださっているからこそ走れていたんだと今更感謝です。(ん?最後のマラソンからもう13年以上経ってるぞ!ホントに今更ですが)


今週末は東京マラソン!完走目指してがんばるぞ!


横浜国際女子マラソン競技役員

今月20日(日)に開催される横浜国際女子マラソン2011の競技役員会議に行ってきました。

一本の国際マラソンを開催するのにこんなにいっぱい競技役員がいるんだな~と、会議が行われた公会堂に到着してびっくりしました。42kmもあるコースで競技会をするんですから考えてみれば当然なことなんですが、選手の時には意に介していませんでしたね。

神奈川陸上競技協会からの競技役員だけでも800人、業者からのガードマンさんが900人、高校生補助役員が450人、ボランティアの整理員さんはなんと1900人!ほか、案内係員1400人、テレビ他の大会関係者を合わせると、なんと6700人が大会会場となる横浜市内のコースに配置されます。


6700分の1にあたる私の役目は、20kmの関門(本牧公園前)を突破できなかった選手を誘導する係。

選手の気持ちを考えるとなんだか申し訳ない係ですが、エントリーしている211人のランナー全員が20km地点を颯爽と駆け抜けていってくださるよう祈っています。


ゲストランナー!?

東京マラソン2011まであと1か月になりました。

昨日大会ホームページに国内外の招待選手、エリートの部選手などが決定!の記事を見つけました。

なんと!今回私もゲストランナーとして出走です!イエイ!


今回のゲストランナーは5人ということですが、男性は君原健二さん、喜多秀喜さん、女性は浅井えり子さん、朝比奈三代子さん、そして不肖わたくし原万里子。あまりにもビックネームな方々と一緒に呼んでいただいて恐縮の極みですが、完走できるようにがんばるぞー!

横浜そごう前

e1606142.jpg箱根駅伝、おじいちゃんの母校を応援しにきました。

優勝できるかな。

チャレンジランinさがみはら

快晴の土曜日!

チャレンジランinさがみはらの1000mに参加してきました。

今日の1000mエントリーは11名、うちオトナはわたし一人!!!

10人の小学生にまぎれて、(←まぎれられないカラダの大きさでしたが)スタート~。

IMG_5877
うーむ。見事に浮いてます。。。存在が、、。

IMG_5879
トップの少年を抜いてはいかんのではと思いながらも、トラック2周目で少年がへばってきたので追い抜いて最後の100mでラストスパート~。

結構がんばったんだけど、3分50秒でゴール。目標は3分30秒だったのでちょっと残念、、胃腸炎の日々がこたえたかな。。。



IMG_5881
ゴール後、セカンドウインドACの嶋原選手、萩原選手と記念撮影。


1218
3000mに出場した中学生諸君とも記念撮影。


お天気にも恵まれていい一日になりました。


東京マラソンへ向けてまた少しずつ地味~に地道~に走ろっと。

月刊陸上競技

一昨日、10数年ぶりに月刊陸上競技の小森記者と鷹の台でお会いしました。

10月16日に開催された秩父宮賜杯実業団学生対抗陸上競技大会が50周年を迎えたそうです。

私にとっては思い出深すぎる大会です。

50周年なので月刊陸上競技で記念誌を発行するとのことで、18年前のレース(女子3000m)について振り返るという取材を受けたわけですが、たったの8分59秒を振り返るのに長々としゃべりまくり11:00に待ち合わせて終了は14:00すぎ。


小森女史との再会があまりにもうれしくて近況やら自分とは関係ない陸上業界の話しやら、取材内容とは全く関係ない話しをしまくってました。



自分の近況を子育ての大先輩である小森女史(すでにお孫さんがいらっしゃるなんて驚き!!!!)に話しているうちに、


一途に記録を目指して視野がせまーくなっていた選手時代を思い出しながら、


陸上競技がすべてではない、でもあの時自分が陸上競技に打ち込んでいなかったら、きっと今の自分もないという思いにこの日も至りました。



若い時、視野がせまーくなって何かに打ち込みまくった時期を今思い返すと、バカだったなーとか、周りの人迷惑してただろうなーとか、思うこといっぱいですが、そんな物分かりの良い若者ではなかったから、バカみたいに自己チューで頑張れたのかもと思います。


訳がわからず失敗したり悩んだりしていたあの時、今くらいオトナだったら乗り越えられたかもしれないのになあと思うこともありますが、そんな物分かりのいい若者だったらやっぱりあんなバカみたいなエネルギーは出せなかったのかもなあ。



そして、今に至っては、老婆心ながら今活躍している若いアスリートが昔の自分みたいな気持ちになっているなら、なんか言ってあげたい、してあげたいと思いながら、


いやぁ~、そんときはやっぱりわからんもんなんだよね。


老婆心ながらなんか言われても聞く耳持てないだろうし、


聞く耳持てるくらいだったら、そんなにテンパったりしなくて済んでるんだろうし、


まあ、自分のことって後になってみてわかるんだよね。


なんていう思いに至るわけです。







せっかく早起きしたのに、つぶやいているうちに貴重な自分時間が終わってしまった。



ムサビ課題今朝も進まず。。。







東京マラソン2011

昨日、新居のひかり電話が開通して一日遅れで東京マラソンメールを確認しました。

今年も運よく「当選」です!


先月末に都内を17km走っただけで右足の親指と左足の中指の爪が死んでしまったのに、フルマラソンなんて完走できるのか?!

まあ、いい目標もできたことだし、ぼちぼちバギーランからはじめよーっと。


東京マラソン今回も楽しみだっ!


かけっこ大好き

IMG_1193
かけっこが大好きなキュウリができました。

食べると走るのが止められなくなるおそるべきキュウリかも?!

第53回 8市2郡親善陸上競技大会

厚木荻野公園競技場で行われた8市2郡親善陸上に行ってきました。

荻野競技場にて
40歳以上女子3000mを完走。

記録は、なんと12分20秒92!

39歳以下の人たちと一緒に走ったのですが、全体で4位(上位3人は10分台なので話しにならない。。。)40代の部で2位でしたー!

そんな記録でも2着とさせていただきうれしはずかしです。


ムジャキングとオットも応援してくれていい記念になりました。(なんの記念じゃ)


いつか本当にムジャキングの応援を受けて走る日を目標に細々とでも走り続けようかなと思いました。

股関節に効く

573f7cd9.jpg
ムジャキングがいよいよガスレンジのつまみを回そうとし始めたのでキッチンに通せんぼをしました。

ゲートはついていないのでキッチンを使う時には通せんぼをまたぎます。

キッチンに障害物ができたおかげで日常的に股関節エクササイズの機会を得ました。

陸上部がハードルを使ってやってる補助運動をキッチンでやってます(^_^)v

女子800m日本代表の岸川選手STCI)もやってます!


菅平合宿でトレーニングする岸川選手


またぎ方によってはかなり効きます。


今朝も雨。

なんとなく気分が上がりませんが家の中にある何気ない場所に面白さを探しながらムジャキングと過ごすとします。

東京マラソン2010

7306番
東京マラソン2010参加案内がきましたー!

私のナンバーカードは7306番!(10kmの部)

楽しみです!

横浜国際女子マラソン反省

今日はせっかく招待選手係になったのに、先月から初めたネットでエイゴが役立つまでに至っておらず残念賞。


来年こそは通訳さんなしでも招待選手係ができるといいなあ。。。


I went to Yokohama last Sunday for officiate of international marathon.

The marathon is very big event for Japanese. There are 6 invited athletes from foreign country include Olympic gold medalist.

My heart pounded violently with expectation for the race.
That is very sunny and windy day. So it is difficult to run at sea side. The runners are suffering from strong wind.

Fortunately, I was work for invited athletes to lead starting line. By the time I met very famous athletes. But it is very difficult for me to speak with athletes. The athletes have to concentrate for the race. So I could not to speak to them.

Moreover, I can’t speak English fluently. I wonder even the athletes are relaxing I could not to speak with them.

The Russian athlete, Miss Avitova to won the race. The result time is 2h27min
After all, I met a Italian athlete at the hotels elevator. I talk to her congratulations for run the whole distance.

I hope I will officiate of the marathon next year too. And I will speak English well before the next November.

招待選手係

快晴の今日。

横浜国際女子マラソンの役員をやってきました。

役員受付するまでは、走路員だと思っていたのに、会場に着いたらいきなりの配置換え。招待選手係になりました。

初めての大会で、内容もよくわからない中で配置換えされたので、あちゃー、大丈夫かなあと思いましたが、何とかお役に立てたようで、よかったです。

配置換えのおかげで、何年かぶりに会えた陸上関係者の方々も多かったので、とてもうれしかったです。

来年も役員になったら、選手のみなさんが、さらに良いコンディションでレースにのぞめるよう、がんばるぞ!

IMG_0662

横浜国際女子マラソン

11月15日(日)は、第1回横浜国際女子マラソンです!お天気に恵まれて素晴らしいレースが展開されることを期待しています。

当日、私も交通整理係として参加しまーす!

交通整理員まりんこ立ち位置
私の立ち位置は、スタートゴールに近い県民ホール前

周回コースで3回は選手を見られると思うとワクワクですが、役員なので、応援できないよぉ〜。

関係各位のランナーの皆さま、熱い視線だけは送らせていただきますので、がんばってください!

女子800m

とっききー
ときめき新潟国体、注目していた女子800mの決勝。400mの日本記録保持者、丹野麻美さんが日本歴代3位の記録で優勝!さすがです。今回は勝負に徹していた様子でしたから、本来の力を出し切れば1分台も可能なのかなと思わせる走りでした。

日本人選手にとっての800mは、オリンピック、世界選手権の参加標準記録になかなか届かず、世間の注目も集めにくい種目ですが、同郷広島の久保瑠里子選手が自己最高記録で2位、神奈川の岸川朱里選手(STCI)も自己最高で3位ということで、今回の国体は私にとってとっても興味深いレースでした。

若い力が充実してきた女子800m、1分台一番乗りがだれになるのか、この先楽しみです!






育児ブログ・ランキング
クリックよろしくおねがいします。

ありゃ?

男子50km競歩、オーストラリアとロシア勢が先頭。強い!

25kmまでは6番手を歩いていた山崎選手が30kmでは名前がない?失格しちゃったか?!
12th IAAF World Championships in Athletics-Berlin 2009-Live Results

無題

面白いぞ世界陸上

なかなかリアルタイムでTV観戦できないのですが、ネットで速報を見るたびに「うーん、見ればよかった」と思う見所満載の世界陸上!

明日の夕方はメダルの期待ふくらむ山崎選手の男子50km競歩!

そして週末はいよいよ男女のマラソン!

どちらの種目も日本時間のゴールデンタイムに行われるなんてステキステキ☆

加納選手がんばれー。
セカンドウインド川越監督のブログによると加納さんの調整は順調そうですね。加納さんの得意なレース展開になると、赤羽さんにも勝機が出てくるかも?

北京オリンピックは残念な結果でしたが、ラドクリフ選手には世界のママさん代表としてかっこよくぶっちぎって欲しいです。

わくわく

なつかしいですね。

97年アテネ大会閉会式
日本時間の昨晩から始まった第12回世界陸上競技選手権大会。結果はともあれ幸運にも12年前にマラソンで出場できた思い出深い大会です。

大会初日は、日本時間の26:25スタート予定の女子10000mをテレビ観戦しようと思っていたのですが、目が覚めたのは26:50でした。残り2000mだけ見れました。小さな佐伯選手が力いっぱい走って笑顔でゴール。なんだかほほえましかったです。

このところ、授乳のタイミングなんかがあって毎晩25:50あたりには目が覚めていたので、目覚ましもなんにもなしで10000mの時間に起きていられるだろうと思ったけど、どういうわけか昨日は目が覚めませんでした。まとめて4時間寝られたのはよかったけど、スタートから見たかったなぁ。。。

今日の注目は、女子100mの予選(18:55)と男子100mの決勝(28:35)です。

競技への情熱

スポーツスポンサー獲得Lab.というBlogで、筆者の岩田さんは、スポーツと企業のかかわり方について3つの段階を示されています。

以下Blog記事より抜粋
---------------------------------------------------------
(1)開発や宣伝を全て選手が背負うワークス型・専業スポーツ選手型

(2)競技結果を大きく期待される企業スポーツ型・兼業スポーツ選手型

(3)選手活動を企業が応援する(スポンサード)・自力スポーツ選手型

フィジカルスポーツ界の「企業スポーツ撤退、廃部」は、わざわざ廃部にしないで、
名前だけでも存続させて、選手はフルタイムで働きながら、練習場を確保して、
スポンサーを集めるとか、副業・アルバイトを認めさせるとかして、
活動し続ければいいのですけど、そこまで情熱はないのかなあ。
(企業スポーツには詳しくないので、それぞれ事情があるのだとは思います、すいません)
---------------------------------------------------------

(1)は、いわゆるプロという感じでしょうか。陸上競技などのフィジカルスポーツは、(2)のタイプが多い。岩田さんは、「すみません」と断りつつ、(2)が叶わなくなった競技者は(3)でがんばれないのか?という問いかけのような感想をもたれているようです。

(3)のように競技とは別で生計をたてて、競技生活をする道もあるけれど、それはとても大変なことだと思います。でも、岩田さんが感じられるように、その大変さを乗り越えるほどの情熱は持てないまま、少しでもいい環境で走ることを望む態度があるのかもしれません。(うまく表現できませんが、、)そんなことを言っている私も、兼業スポーツ型で10年間競技生活をさせていただき、生計を立てていましたから、偉そうなことは言えません。

陸上の長距離選手を抱える女子の実業団チームは、90年代に筍が生えてくるがごとく増えていきました。私が所属していた富士銀行も90年代に発足し、残念ながら数年前に廃部になってしまいました。

どんどん実業団が増えて、売り手市場に立たされた選手たち(私も含めて)はひょっとすると本質的に勘違いさせられていたのかもしれません。(うーんうまく言えないけど)

マーラ・ランヤン『私の人生にゴールはない』『私の人生にゴールはない〜視覚障害を持ったトップ・アスリートの挑戦』(早川書房2002)という本は、アメリカの陸上中距離選手であるマーラ・ランヤンの半生が書かれたものですが、彼女は視力の大半を失いながらもシドニーオリンピックの女子1500mで8位入賞、5000mのアメリカ室内記録を作ったことで有名なアスリートです。

視覚障害を持ちながら健常者並みに走るだけでもすごいのですが、尊敬すべきは、彼女がYMCAでのインストラクターや小学校で教師をしながら、自分でコーチを探してトレーニングに取り組む姿です。やがて、スポンサーを見つけてランナーとして生計を立てようと決心するのですが、それまではシューズを一足買うのも大変なことだったようです。日本の実業団で故障中も手厚いサポートを受けていた私にとって、彼女ほどの走力があるのに、アメリカではウェアやシューズを新調することが大変だったという事実はおどろくばかりでした。

現役の日本人選手たちがこの本を読んで視野を広げられると、自分なりの競技生活の形を模索する手がかりができそうです。

TWILIGHT GAMES

こんな企画があったとは!しかももう6回目!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
第6回 トワイライト・ゲームス大会要項
The 6th TWILIGHT GAMES

1.主   催 関東学生陸上競技連盟
2.後   援 読売新聞社、報知新聞社、日本テレビ放送網株式会社 東京都
3.特別協賛 サッポロビール株式会社
4.協   賛 本田技研工業株式会社、ミズノ株式会社、敷島製パン株式会社
5.運営協力 (社)東京陸上競技協会
6.期   日 平成21年7月26日(日)
開始17:00 終了20:00
7.会   場 代々木公園陸上競技場(織田フィールド)
8.種   目 (男子) 100m 400m 800m 1500m 110mH
400mH 4×100mR 走高跳 走幅跳 砲丸投 やり投
(女子) 100m 400m 800m 1500m 100mH
400mH 4×100mR 棒高跳 三段跳 やり投
9.出場資格 全員招待(関東インカレ・日本学生個人選手権入賞者 他、一部関東学連OB、
OG、関東学連強化委員推薦者よりトラック各種目16名選出
フィールド各種目8名選出 男女800m、1500mは20名程度)
10.宿泊旅費 交通費全額支給 宿泊は交通の便に応じて関東学連で用意する。
11.その他 ヽ銅鑢椶箸3位までを表彰し、副賞を与える。
⊇仂豼手は所属チームの正式ユニフォームを着用すること。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

やるねえ、関東学連!

全員招待選手でナイター陸上。
真夏の夜、ビール片手に代々木の森で観戦だなんて楽しそう!

観に行きたい!けど、来年か再来年かな。。。

日本選手権

土日はNHK(16:30〜18:00)で陸上競技の日本選手権を観戦しました。

オリンピックイヤー明けで新たなエースの台頭に期待が集まった今年の日本選手権。我が家のお姫様がなかなか夜寝付いてくれないので、睡魔と闘いながらのテレビ観戦でしたが、見所満載ですごくおもしろかったです!

女子5000mでは、主導権を終始ゆずらない堂々したレース運びで、中村選手(天満屋)が優勝。見ていて気持ちよかったし、勝つために必要な気持ちを改めて見せつけられた気がしました。

日曜日、一番感動したのは、女子走幅跳。枡見選手(九電工)が5回目の跳躍でB標準突破!やったー!思わず涙がこぼれた枡見選手の顔を見て、私も涙ぐんでしまいました。(子どもが生まれると涙もろくなる?!)

男子走高跳では、故障に苦しんできた醍醐選手(富士通)が優勝。世界選手権出場も決めました。
醍醐選手のインタビューにも静かに感動させられました。

男子1500mは、5000mを制して代表にも確定している上野選手(ヱスビー)の撹乱作戦?で、タイトル狙いの選手たちが予想していたであろうラスト勝負とか、中だるみのない面白いレースでした。

ひそかに応援していた女子の800mは、残念ながらB標準突破ならず。優勝した陣内選手のインタービューは、タイトル狙いのレースにきっちり勝ったことを喜ぶものでした。

女子の3000m障害もテレビでやって欲しかったなぁ。。。

次のテレビ観戦は、ベルリン世界陸上!夜泣きの姫様のおかげで、ドイツからの放映にも耐えられる?!

ファンのつぶやき

陸上競技女子100mでA標準突破という素晴らしいニュース、陸上競技マガジンの表紙を眺めながら、だただた「すごいなぁ、、」とつぶやくファン。

女子のトラック種目で今年の世界陸上B標準記録をまだ突破していないのは、800m、1500mと100m障害。フィールド各種目の標準記録突破は依然としてとても難しそうです。

世界陸上ベルリン大会標準記録突破者

女子800mのB標準は、2'01"30、A標準は、2'00"00、世界陸上の今年、春季サーキットのレースが2'05"あたりで争われていることを考えると、実業団に所属して駅伝にも取り組んでいる日本人選手にとって、世界陸上に挑戦するための年間計画は立てにくいのかもしれません。

中距離種目で日本代表を目指しても標準記録への道のりが厳しいので、スピードをいかしながら長距離種目に移行して日本代表を目指したいと考える選手や指導者は少なくないかもしれません。

でもなぁ、「私は800mの日本代表選手です」と胸を張って言える女子選手が出てきて欲しいなあ。。。今年はまだ厳しそうですが、、。

A標準突破!

昨日のビックニュース!
陸上女子100mで福島千里選手がの日本新記録!

えーっ!テレビでもいいから見たかった!と思っていたら、
日本海テレビで日本新記録のレース動画をみることができました。

日本新記録もすごいけど、女子の短距離で世界陸上のA標準記録を突破するなんて、動画を見て、あっと驚きました。このあいだ読んだ『ケニア〜彼らはなぜ速いのか〜』にケニア人のパフォーマンス遺伝子説みたいなのに疑問を投げかけている科学者の話もあったけど、○○人だから無理なんてことないんだと、改めて思いました。

文句なしでベルリン大会出場です。本番での福島選手の活躍もとても楽しみです!

ケニア!〜彼らはなぜ速いのか〜

ランナーズ7月号で紹介されていた『ケニア!彼らはなぜ速いのか』忠鉢信一著(文芸春秋2008)
ランナーズ7月号

ステキな表紙にもひかれ、早速amazonの古本で手に入れて、一気に読み終わってしまいました。

ケニア〜彼らはなぜ速いのか〜
タイトルだけ見たら、なんだか謎解きのガツガツした本にも思えますが、科学者への取材と交流、市民ランナーでもある著者がケニア現地のキャンプへ出向き、朝練習にも参加して書かれた文章に清々しさを感じると共に、自分も旅をしている気分にさせてもらえる本でした。

サッカー選手としても活躍した忠鉢記者は、スポーツの面白さを知ってる人なんだなあと思わせる結末にも好感が持てました。

かなりおすすめ本です!

横浜国際女子マラソン コース決まる

今年の11月15日(日)に開催される横浜国際女子マラソンのコースが決まったとのこと。

日本陸連主催のマラソン大会としては初めての複数周回コース(13.2km/1周)なので、選手は目標をたてやすく観衆は選手を見る回数が増えるという利点があるようです。

参加資格は、フルマラソン3時間15分以内、30km2時間10分以内、ハーフ1時間25分以内とのこと。昨年まで開催された東京のような市民の部はなし。

1周13.2kmの周回コースでやるとなると、市民の部は難しいかもしれませんね。参加資格を3時間15分以内としてもトップの選手と最後尾の選手とでは、1時間近くゴールが違ってくるので、周回遅れの選手が出るでしょうから、大会運営をするにあたり配慮が必要になると思います。ましてや市民の部を作ってしまうと、コースの整備にかなり気を使う必要が出てくるでしょう。

でも、我々市民ランナーにとっては、2周目の最後に、真剣勝負をしているトップ選手と並んで一瞬でも走れるかもしれないというラッキーな場面も出てくる可能性ありです。

3時間15分以内でフルマラソン走るのは、今の私にとっては高い高いハードルなので、審判員で参加できないかな〜。

日本代表を応援しよう!

今年8月15日に開幕するベルリン世界陸上女子マラソン日本代表の加納由理選手は、言わずと知れたセカンドウインドACというクラブチーム所属の選手です。

セカンドウインドACのBLOGで、加納選手が世界陸上へ向けて活動するための協賛金(強化費)を募集していることを昨日知りました。

加納由理さんを応援しよう!

実業団選手のように大企業のバックアップのない中、がんばっている加納選手を応援したい!

1口だけですが、協賛金が一回分のマッサージ代にでもなってもらえればと思います。協賛金を振り込んだら、加納選手のサイン入りポストカードがもらえるそうです。

がんばれ!加納由理選手!

相模原市民陸上競技選手権大会日程

5月23,24日に開催される市民選手権のタイムテーブルがアップされました。今年は麻溝競技場のスタンドが完成。観戦は見晴らしのよいスタンドで。去年までの草レース的雰囲気がなつかしかったりして。

体調よければ散歩がてら観戦に行きたいです。

相模原市民陸上競技選手権大会タイムテーブル

次の活躍の場は栄養学

高橋千恵美さん次は栄養学で活躍
JOCのキャリア支援事業を受けて今春進学をした高橋千恵美さんの記事が朝日新聞の「ちば」版に掲載されました。

高橋さんの笑顔がステキです。10代、20代ではない大学生活をこれから4年間送られる高橋さん。8年前の自分とちょっと重なったりします。今思い描いている4年後もステキだろうけど、大学生活を送るうちに新しいアイデアも生まれて、もっともっとステキな4年後につながるはず。がんばって!

生まれます報告?(画像クリックで拡大します)
そんな高橋さんの新たなスタートを紹介した記事なのですが、朝日新聞の方から、私にも連絡があり、彼女にコメントをということだったのでお電話で自分の近況なんかも話させていただいたところ、思いがけず来月出産のことまで載せていただいておりました。

まあ、そんなわけで私も元気にがんばってますよと朝日新聞ちば版を読んでいる方々にもお伝えできてうれしはずかしな妊婦なのでありました。

STCI主催シンポジウム

STCI主催のシンポジウム『女性アスリートが活躍できる環境整備』が5月12日(火)に開催されます。

STCIブログをチェック!

湘南トラッククラブ会員申込

3月10日(火)湘南トラッククラブインターナショナル(STCI)の上野さんとお会いする機会がありました。
実業団チームの存続が難しくなる企業が相次ぎ、アスリートの将来設計についてますます感心を寄せずにはいられません。

この度、STCIの正会員・賛助会員の申込がスタートしたということなので、微力ながら会員登録しようと思います。

興味のある方、ぜひ一緒に協力していきませんか?

STCIのホームページへは、このブログ右側のバナーからも入れます。

JOCキャリアアカデミー事業

JOCキャリアアカデミー事業の特別奨学推薦入試制度で、オリンピアンの高橋千恵美さんが聖徳大学に合格という記事をSANSPO.comで知りました。

JOCでは、
「企業の人材ニーズが高度化し、トップ選手といえども、引退後の就職や職場への復帰などが容易でなくなっている現状を踏まえ、JOCキャリアアカデミー事業では、トップ選手が、引退後について不安なく競技に集中でき、さらなる競技力向上が図れるよう支援する。さらに、トップ選手が持つキャリアや能力といった人的資源を、広く社会に還元する方法も模索することになっている。」
としています。

JOCの事業でも講師をつとめる田中ウルヴェ京さん訳の『スポーツ選手のためのキャリアプランニング』(大修館書店)の中には、

「我々は、現役時代に将来の計画を立てるための時間を割くと、現在のスポーツパフォーマンスに影響がでるのでは、と懸念するスポーツ選手と多く出会ってきた。-----スポーツに過剰なまでに傾注してしまうと、引退の準備ができないばかりでなく、必ずしもパフォーマンス向上にもつながらない。引退後の準備ができているという状態でスポーツを続けることが現在のパフォーマンスにおいてもプレッシャーが少なくなる。-----一日の、あるいは1週間のうちほんの二パーセントでもいい。将来についての計画を立てる時間を作ろう。そうすれば、キャリアや人生、そしてスポーツに関してもよりよい決定ができるだろう。」

と、あります。

競技に没頭しきっている時間は、将来について考える余地もないくらいかもしれませんが、一息つこうとした時とか故障中には、将来についての漠然とした不安を持つと思います。漠然としているから、自分の不安も計り知れない。そうではなくて、将来について計画を立てながら競技者としての日々を送ることで、落ち着いて競技を続けられるというのは腑に落ちます。

JOCの取り組みを知って、やっとそういう時代がきたのかなと、しみじみ感じます。選手だけでなくて、将来の計画を立てながら今を生きるのは、誰にとっても大切なことなのですよね。

競技者として生計を立てているわけではない今の私は、将来ちゃんと年金がもらえるのかが心配のタネだったりするんですけどね。。。その心配を払拭するために、今考えなきゃいかんことがあるんだろうなぁ。。。

横浜国際女子駅伝

今回で最後となる横浜国際女子駅伝をテレビとラジオで楽しみました。テレビ解説は、増田明美さんと金哲彦さん。ラジオは浅井えり子さんと大島めぐみさん。大島さんのコメントは、現役選手に対する気遣いが感じられました。

日本チームは危なげない走りで優勝。地域選抜の走りも見ごたえありでした。感心したのは、アンカーの渋井選手の走りでした。東京、大阪とマラソンを走った後なので、今は世界選手権へ向けて休養をとりたいところだと思っていたのですが、注目を集める大会でアンカーを務めることに対して、積極的な姿勢に、彼女の器の大きさを感じました。

やっぱり、渋井さん、他の選手とは別格と感じざるを得ない。。。すごい選手だなぁ。

湘南から世界の舞台にチャレンジ

NPO法人(申請中)湘南トラッククラブ・インターナショナル(STCI)は、陸上競技、セカンドキャリア支援、エコロジーを軸に活動を行うそうです。

私は、10年前に実業団選手を辞めると同時に会社も辞めましたが、当時は、実業団以外に所属して競技を続けることは、考えられませんでした。ここ数年で、選手を取り巻く環境はどんどん変わってきて、選手たちの考え方やモチベーションみたいなものも、より高度なものを求められているようになってきていることを感じます。

STCIのような地域に根ざした活動を通して、スポーツをする側も見る側も、更にスポーツの面白みを謳歌できるようになるとステキですね。

私も神奈川県民の1人としてSTCIを応援したいです!




※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。

Get Adobe Flash Player

NPO法人(申請中)湘南トラッククラブ・インターナショナル by 上野敬裕さん




カンタンCM作成サイト コマーシャライザー




フリーペーパーSTEP

http://www.stepweb.jp/
日清製粉グループのClub WGHに登録したら、ジョガーのためのフリーペーパーSTEP VOL.5が届きました。以前から、都内各所で配布されていることは知っていたので手にとって見たかったフリーペーパーです。

期待を裏切らず、ステキな内容に満足。「走る女の保健体育講座」のページは、〜妊娠中や産後のランニングについて〜今の自分にとっては、タイムリーな内容で興味深く読みました。Restart片岡コーチの「走る女のかけこみ相談室」は、分かりやすくて実感のこもった回答。次回も楽しみ。

3時間30分以内のカベ

今年で30回目を迎える東京国際女子マラソン。同時に、今年で最後の開催となるこの大会。昨日(9/5)が申し込みの締め切りでした。

そうかぁ。今年で最後の大会になるのかぁ。と、思うと、なんだか無性に走りたくなってしまったのですが、「国際の部」はおろか「市民の部」の参加資格にも到達しておらず断念。

今年の正月あたりには、出たいなぁ、どこかで資格を、と考えていたのですが、具体的に動かずにいるうちに、まあ、いいかぁ、出なくても、という気持ちになり、8月後半になり、また、出たいなぁ、と思ったものの、時すでに遅し。参加資格をとれないまま、申し込み締切日がやってきてしまいました。

市民の部の参加資格は、2006年11月1日以降、申し込み日までに国内または海外の競技会で、3時間30分以内(マラソン)の記録を出した女性。

惜しいです。2007年の東京マラソン。冷たい雨の中、開運マスクで走って出した記録は、3時間30分52秒、チップタイムは、3時間30分09秒。惜しいなぁ。開運マスクでおちゃらけていてもいいけど、30分は切っとけばよかったなぁ。。。
2007年大会フォトギャラリー
第30回東京国際女子マラソン、沿道に繰り出し開運マスクで、応援かな。。。

バーチャルレースとは?

先週の日曜日、Nikeが織田フィールドでHuman Race 10Kなるものを開催するとのことだったので、オットと2人で出かけてきました。
並んだならんだ
9:00過ぎ、織田フィールドに行ってみると、ほとんど前に進んでいないと思われる行列あり。数日前に受信したランナーズからのメールを見て、面白半分で行ってみたのですが、バーチャルレースという意味を、しっかりと理解していなかったので、少々戸惑いました。

が、戸惑っていたのは、私たちばかりではなく、主催者であるNikeは、集合したランナーの何倍も戸惑っていた様子。受付の行列が前に進む速度は遅々としており、ほとんどの人は、私たち夫婦同様、レースの内容がよくわかっていない。そして、サクサク進まない大会運営に不満顔。何と説明していいものか、わかりませんが、いや〜な空気が流れていました。

バーチャルレースというのは、世界各国の各都市で、Nikeがイベントを同時開催して、Nikeプラスという道具を使って10kmを走るのにかかった時間を測定、そのタイムをネットを使ってランキングするというもので、Nikeプラスをもっていない人には、当日貸し出しあり、ということだったのですが、準備されていたNikeプラスは80台。私たち夫婦だけでなく、集まったランナーのほとんどがNikeプラスを持っていない状況でした。10km走ろうとしても、コースが設定されていないため、Nikeプラスを持っていない人は、どこを走ったら10kmになるかわからない。こまったこまった。

何と説明していいかわからないのですが、とにかく会場には、いや〜な空気が流れていました。

これは、バーチャルレースに参加するのは無理だなあと思ったので、とりあえず、参加賞でもらえるというナンバーカードつきTシャツを受け取ったら、適当に走って帰ることにしました。

10:30すぎ、私はまだ受付行列の中にいましたが、スタート時間になったので、ランナースタート。
赤Tの行列
走る走る赤T
織田フィールドの中には、赤いTシャツの行列ができました。

スタート時間を過ぎてから、やっと参加賞をいただいて、代々木公園内のコインロッカーに荷物を入れて、オットと2人でジョギングスタート。せっかく来たのだから、懐かしい場所を走ろうと、表参道をゆっくりと抜けて、神宮外苑を目指しました。

外苑を1周後、東宮御所1周、絵画館前の野球場まで帰ってから休憩。帰りはさすがに表参道は混んできていて走れないだろうと思って、国立競技場の横を通って明治通りを目指しました。およそ90分でジョギング終了。

ジョギング後は、富ヶ谷のパン屋さんルヴァンでランチタイム。

暑い一日だったので、オットはしんどそうでしたが、私は懐かしい場所をジョギングできて大満足。現役時代、ここでこんな練習をしていたんだと、オットに話しかけまくりながら走っていると、迎賓館手前の坂道でとうとう、苦しいから話しかけないで、と言われてしまいました。いちいち返事をするのが辛かったらしいです。。。反省。。。

そんなこんなで、まとまらないけど、8月31日(日)バーチャルレースには参加することなくNikeイベントは終わりました。次回の参加は、なさそうです。

NIKE HUMAN RACE 10K

The Human Race 10K
今月31日(日)、代々木公園でNIKE HUMAN RACE 10Kという催しがあるらしい。なんだかよくわからないけれど、あかいTシャツを着て参加費無料で織田フィールドを10K走れるとのこと。

懐かしすぎる織田フィールド。これを機会に久々に走りにいってみようかしら。

NIKE HUMAN RACE 10K

オリンピックマラソン観戦

17日朝、5時半起床。昨日下見をした応援ポイントへ。スタートまでまだ1時間近くあるにもかかわらず、すでに多くの人が沿道に詰め掛けていました。多くの観客は中高年の方々で、選手が走ることよりも中継用のヘリコプター3機が上空を行ったり来たりしている方に興味があるみたいに見えました。

選手が来るまでにまだ時間があるし、トイレに行きたくなったので公衆トイレで用を足し、さて、コースに戻ろうかと思って歩いていくと、なんと、さっき歩いてきたはずの道に帰れない!?公安の人に「ここはクローズ」とか言われて遠回りする羽目に。「なんだよ、意味がわからない!」と悪態をつきながらオットになだめられ新たな応援ポイントを探す私。実は、他の場所に行ってももう入れてもらえないのではないかと不安にもなっていました。が、いろいろあったけど無事に応援ポイントに到着。

2km過ぎ地点、シャッタースピードが追いつかない!
スタート時間が過ぎ、直線道路の向こうに計時の車が見え始め大興奮!いよいよ選手が近づいてきたら、よく見えるようにとオットの背中におぶってもらっての観戦!先頭集団の左側にラドクリフ選手を見つけると思わず涙がでてきました。オリンピックのレースを生観戦して大感激!大満足!

大感激が覚めやらぬ間に、前門へ行ってもういちど見ようと考えていたのですが、混雑しているかもしれないと考え直し、次の目的地を知春路へ変更。知春路駅からゴールへ続く道を歩きながら応援ポイントを決定。35kmすぎの給水所すぎ、小雨が降っていたので木陰に場所を決めました。
給水は通過ギリギリにセット
スタートから2時間近く経っても給水テーブルに何も置かれていないので、「どうして?」と思ったのですが、選手にとって最善の環境を提供するために、先頭が通過する直前までスポーツドリンクを冷蔵庫で冷やしてあったようでした。

36km地点トメスク選手
ドキドキしながらトップを待っていると、ん?誰?と一瞬わからなかったのですが、ルーマニアのトメスク選手でした。しばらくして大きな第2集団がやってきて、そのなかにヤマウチ選手(イギリス)を見つけたときは感動しました。さらに、第2集団から遅れてラドクリフ選手。一生懸命走る姿に大感動。疲労骨折をしていると聞いていたので、思わず涙があふれました。中村選手(天満屋)に声援を送ったあと、気になる土佐選手がいつまで経っても現れない。。。だんだんと沿道の人も動き始め、さみしい雰囲気になってきたところで、最終ランナーの後ろを2台の大型バスが通り、途中リタイヤしている選手が乗っているようにみえました。それでも土佐さんは現れず、「途中で何かあったのかな」とオットと話しながらコースを後にしました。

マラソン観戦後は紫禁城へ
マラソン観戦後は、紫禁城見学へ。あまりの広さに脚が棒でしたが、のんびり休み休み見て回って楽しい一日を過ごすことができました。

16日は観戦ポイント下見

昨晩、ホテル探しに奔走しお疲れだったので、この日はのんびり起床。予定通りマラソン応援ポイントを探しにでかけました。

先ずは、地下鉄2号線で前門駅へ。天安門広場にはすでにテントが張られたりテープで仕切りがされたりと、近づけない雰囲気。ここではマラソンコースのブルーラインを確認できず。次に祟文門駅へ向かい、2km地点過ぎを目指しました。

16日応援ポイント下見
駅から3分くらい歩いたところで、感動のブルーラインを発見!おお!ここで明日本当にオリンピックのマラソンが行われるのだと思うと大感激!道幅も広くないので、選手を間近に見られそう。

さらに、2号線で西直門駅へ移動して13号線に乗り換え知春駅へ。35km地点をすぎてゆるやかに下っていく広い直線道路は絶好の応援ポイント。
鳥の巣まで走ったよ
明日はどこで応援しようかと考えながらオットと2人でオリンピック公園までジョギングしました。

オリンピック公園の取り付け道路の広さにもびっくり!水泳の会場になっている水立方も遠くから見学しました。

東京マラソン 登録完了

東京マラソンの申し込み登録をしました。今回も抽選になるんだろうなぁ。。。どうぞ当たりますように。。。

Amazonで

大阪国際女子マラソンDVD
大阪国際女子マラソンのDVDを見つけました。

記念にと思って先日Amazonで購入。先週は時間がなくて見ることができなかったけど、今晩ようやく鑑賞。THE ALFEEの曲と共に25年分のハイライト。うーん、改めてみるとこっぱずかしい。。。どうして右のほうを向いて走っていたんだろう。。。

35kmからがマラソンなんだなぁ。

大阪国際女子マラソン
今日は、昨年夏に引っ越してきた自宅で初めてのマラソンTV観戦。楽しみにしていた大阪国際女子マラソンをみています。

予想に反せず、福士加代子選手(ワコール)が前半快走。後続の有力ランナーは、積極性を欠いた走りで、序盤から2着争いを展開。復路の大阪城を抜けた辺りから、先頭を行く福士選手の走りが苦しくなってきて、このあと後半どうなるか。

後半の落ち込みを見込み前半積極的に走って、記録狙いのレースを展開している福士選手。初マラソンでこれをやろうとするとは、天晴れです。でも、この後どうなるか。

気になりますが、追い上げはじめた森本選手が福士選手を逆転できるかは、前を行く福士選手次第ってところかな。。。

30kmを過ぎて
後半になり、福士選手のペースが落ちるとともに、マーラ山内選手と森本選手が追い上げて逆転。

後半落ち込んだ福士さん、マラソンに挑むにあたり、準備が十分ではなかったので、42kmを走りきる脚がまだなかったのかなと感じました。

やっぱり、マラソンは後半が大事なんですね。テレビ中継では、マーラ選手のインテリぶりも紹介されていましたが、それよりも私の目を引いたのは、彼女のランニングショーツにくっついている神社のお守り。

外国人であるマーラ選手もマラソンの厳しさに挑む選手の一人なんだなぁと、しみじみ感じた瞬間でした。

35kmからがマラソン
逆転してからのマーラ選手の力強い走り、かっこいい。

フィニッシュ
大阪国際女子マラソン初優勝、マーラ山内選手のフィニッシュ。

丁寧な日本語による優勝インタビューも素敵でした。

第68回相模原駅伝大会

1月26日
予報では雪になるかもと心配された日曜日。始まってみればお日様ができてて寒さも和らぎ、絶好の駅伝大会日和。昨年4月に完成したばかりの麻溝陸上競技場発着の新しいコースで第68回を迎える相模原駅伝が開催されました。

Y川先生の力走
9:30男子の部がスタート。教走会チームで出場したY川先生は第2区を力走。「後ろから抜いてきたNECの人についていったらうまく走れた。ゴール後、彼ににお礼を言った」とのこと。

中学生男子のスタート風景
10:50女子の部、中学生男女の部がスタート。私は2区を走る予定だったので、1区の選手たちをマラソンゲート(?)で見送ってからスタンバイ。

1区のランナーからたすきを受け継いで、意気揚々と2.8kmの道のりをスタート。しかし、このところの練習不足が祟って体が思うように動かない。。。それでもとにかく前を行くランナーを抜けるところまで抜いていこうと力を振り絞りました。ラスト500mあたりで大沢中学校陸上競技部員による応援がとてもとても励みになり、「もうだめだー」と思って気を抜きそうになるのを留まらせました。

2区を走り終わってからは、ラスト300m地点にてY川先生と一緒に駅伝後半の応援。このころになるとよく晴れてきてとっても気持ちいい応援日和になっていました。

駅伝が終わり、チーム解散後、今日のお昼は、昨日からココと決めていた麻溝のキリン食堂で。去年足繁く通った星が丘のキリン食堂とはおもむきが違います。
麻溝キリン食堂

初めての注文は、親子丼。
おなかいっぱい親子丼
おっきな鶏肉がたくさん入った具沢山の親子丼。よく味がしみたたまねぎがおいしかったです。白菜と大根の漬物がついてくるのもポイント高し。

おなかいっぱい。満足した。

教職員陸上大会

今日は、大和スポーツセンターで組合の陸上大会。

10:30に現地集合、35分から開会式。私は女子1種の1500mにエントリー。1種というのは、35歳以下の人が対象なのですが、2種の1500mがないので、私も1種でスタート。

大会記録が5分06秒とのことだったので、がんばれば記録更新できるかなと甘い期待を抱いたのですが、ウォーミングアップをしながら風の強さに不安を抱く。うーん、こんなに風が強かったら、400mを80秒ペースというのは今の私には難しいかなあ、なーんてことを考えながら、目標を5分5秒から10秒あたりにおいてウォーミングアップ。

アップは、大和スポーツセンター近くにある「ふれあいの森」にて。広々とした公園で小1時間動いてからスタート地点へ行き、2年ぶりにスパイクを履くというA澤先生としばしの談笑。

いよいよスタート、1周目はちょっとがんばり過ぎて74秒、800mは2分38秒、うーんこの調子でダラダラペースを落としちゃうと5分10秒も危ないぞと思い、ふんばっていると、後ろからO家先生に抜かれてしまい、闘志がポキッと折られそうになるものの、なんとか2番手でふんばって、5分09秒82でゴール。1着のO家先生は、5分02秒。

今日の上限目標で走っても届かなかった1着のゴールタイム。私のレーススタイルはポロシャツ、短パンでしたが、なんとO家先生のスタイルは、Tシャツにウインドブレーカーパンツ着用でした。なんだかすごい!

1500mの後は、どういうわけか陸上競技場で大縄大会。県内各地区から20名が参加して6分間で何回跳べるかを競いました。

せーの、で大縄をまわすのですが、なかなか息がそろわない。「生徒のほうが上手いなあ」なーんて頭をカキカキしながら先生たちはがんばりました。

優勝したのは横浜地区、第2位は湘南地区、第3位は我が湘北地区。団体種目に挑戦すると、ひとり一人の性格がよく現れてきます。ちょっと、いらいらしながら全体をまとめようとする人もいれば、みんなを励ます前向きな言葉をかける人もいる。とにもかくにも、即席チームはなんとかかんとかチームワークを発揮して第3位。やったー!

お昼の休憩をはさんで午後も競技が予定されていましたが、私は午前中で終わったので、早朝より釣りに出かけていたオットの車にひろってもらい、車中で東京国際女子マラソンを観戦しながら帰宅。

最後のインタビューを楽しみにしていましたが、ちょうど電波がよくなくなり、藤田監督のコメントが聞けなかったのが残念でした。でも、何はともあれ無事に終わって何よりです。北京オリンピックも楽しみです。

明日号砲

いよいよ明日、東京国際女子マラソンがスタートです。野口選手と渋井選手の対決が注目されているところですが、海外から招待されている選手たちとのからみも楽しみ。2時間23分の記録を持っているコスゲイ選手(31)も北京オリンピック代表をかけての出場とのこと。彼女の走りにも注目です。

ここ数年は、マラソンや駅伝中継を見ることも少なくなり、情報収集もしていないので、レース展開を予想しようにもちんぷんかんぷんの私ですが、個人的には渋井選手に100%の力を発揮してもらいたいと影ながら応援しているところです。しかし、新聞やネットの記事をちぇっくする限りでは、やっぱり野口みずきさんが優勝候補の筆頭となりそうですね。

11月18日、東京都千代田区のお天気は、晴れ、気温は10〜18℃、雨の心配もなく絶好の女子マラソン日和となりそうです。
Archives
訪問者数

Recent Comments
Profile
Mariko Kuhara

Create your badge




MAILはこちら




































  • ライブドアブログ