尖ってた頃

image
尊敬するイナジュンさんと。勉強になるこの人はホント。

昔はとんがっていた。とマッチポンプ調査室室長に言われたこの原将明ブログ〜歌うようにね〜
とんがっていた覚えがないので、「どんな尖り方してました?」と聞いたところ、

「なんでテニミュ出てたのにチケット売れねーんだ!」
「俺テニミュだぞ!」
「チケット売れないのはそっちが悪い」

などと言い放っていたと言われ、我ながら耳を疑った。
二つ目までは内容に難ありではあるが、まだ意味はわかるとして、三つ目に関してはもう文脈がわからない。
確か当時は、初めてのマッチポンプで、自分に何ができるかを考えた時に辿り着いたのがブログ更新で、書くこと有ろうが無かろうが毎日更新することを決めて書いていたので、迷走を繰り返し、結果いつの間にか尖っていたのだろう。

そう考えると、最近は尖っていないなーと思うけど、尖ろうと思って尖ることでも無いと思うので、それはそれで。また自然と尖るときも来るだろうし、今は今の時間の流れ方がある。
そういえば昨日かな?白倉さんともそれに似たニュアンスの話をした。
今自分が興味あることはこれで、だからココにチャレンジしてみる、的なこと。
周りからは過去の結果だとか、未来への期待だとか色々言われることもあるけど、とにかく集中すべきは今で、あの頃の自分にしかできなかったこともあれば、未来の自分にしかできないこともあれば、今の自分にしかできないことが、必ずある。
きっと昔尖ってた事を今思い出し、物思いにふけるのにも、何か意味があるのだろう。

「テニミュに出てたんだぞ!」と叫び尖ってた頃を懐かしく思いながら、今は少し大人になった僕は思う。
「桜飛礫、観に来て欲しい。とても素敵な作品ですし、それにだって、僕はテニミュに出てた人なのだから」

テニミュで行けるところまで行く。


「桜飛礫」ご予約はこちら
予約特典ピクニックはこちら
image
image

「桜飛礫」公演ゲネ無事終わりました!

image

マッチポンプ調査室「桜飛礫」公開ゲネが終わりまして、今日は初日。
あんまりお客さんをちゃんと入れた公開ゲネの経験が無いので、感覚としては昨日ガッツシ初日だったんだけど、今日の本初日は、一体どんな空気感なんだろう。変わらず楽しめたら良いな。
昔から才能よりも経験を信じていて、役者として成長するには一度でも多く舞台の上に居たいし、居れる時は少しでも何かを掴めるよう無駄にしたくない。
そんな中で、どんな経験をしたいかという選択の中で、僕はマッチポンプを選びたくなる。
それはそこに居る人が好きだからか、単純にファンだからなのか、感覚だから曖昧だけど、でも間違いなく僕の役者人生で、マッチポンプの舞台は大きな経験になっている。
昨日の公開ゲネでも、時折そんな事がよぎりながら、少しでも何かを掴みたくて、体から湧き上がる感覚を大切に、1シーン1シーンを演じた。
やっぱり舞台は楽しいし、幸せな仕事をさせてもらってるんだなー、と実感した昨日。
今日から28日まで続く怒涛の公演。
失敗恐れず、挑戦していく。

予約はこちら
予約特典ピクニック詳細はこちら

image
image

マッチポンプ調査室、明日から!

マッチポンプ調査室第七回公演「桜飛礫」小屋入り帰り。
マッチポンプ恒例の迫力の映像は、それはそれは圧巻で、こればっかりは朝劇ではできないので「劇場公演て良いなぁ」と思う。
映像の力に後押しされ、本番どんな熱が舞台上に乗るのか、更に楽しみが増した今日。

小屋入りは夕方だったので、それまでは進めておきたいアレヤコレヤを一気に。朝ミュージカルから朝劇渋谷から朝劇下北沢から、、、どれもこれも大切で、でもどれもこれも大切にするにはそれだけの熱意が必要。ドンドン過ぎていく時間と日々に、ちゃんと地に足つけて進んでいけるか。時々流されては、何度も立ち上がり、もう流されまいと歩き出す。その繰り返し。
僕の人生は、決して順風満帆でも無ければ、チャンスや変わるキッカケを沢山逃してきた。それでもまだ進んでいきたいと思えるから、そんな日々に意味を感じてるんだろうと思う。
僕はどれだけ上手くいかなくても脚本の仕事がやっぱり一番魅力を感じていて、その理由はもしかしたら、そんな日々に意味を感じる瞬間がわかりやすいからかも。

18歳から飛び込んだこの世界で、未だに手探りばかりの日々で、そんな中で今居れる場所に意味を感じ、感謝して、まずはそこでぶつかれるだけぶつかろうと毎回思う。
今の僕にとってのそれが、マッチポンプ調査室第七回公演「桜飛礫」
想いを沢山込めてあります。
いよいよ、明日から。
良かったら受け取りに来て(o^^o)

image
image


ご予約はこちらから
予約特典ピクニックの詳細はこちら

予約特典ピクニック

予約特典はピクニックなのです。

image

マッチポンプ調査室「桜飛礫」の話です。
ちなみに誤解なきよう、これは公式とは全く関係ない、僕が勝手にやっていることです。
そもそもは前回マッチポンプさんに出演させて頂いた時に、何か予約特典をやろうと思い立ったのだけど、ブロマイドとかは普通だしそんな需要もない訳で、なんか変なのやりたいなーと思ってやってみたのが“予約特典 バーベキュー”だった。
特にお芝居の内容とバーベキューに関連性は無く、単純に楽しそう。という理由でやってみた訳だけど、コレがまぁーー楽しい。まぁーーーーー楽しい。
言っておくが、コレは前提として、みんなで遊ぶ、というだけで、僕が楽しますなんて意気込みはサラサラない。なんなら自分が楽しむ気だけをしっかり持って臨ませて頂いたのだけど、それを許してくれるバーベキュー参加者のみんなのお陰で、それはそれは食べて飲んで笑ってハシャいで踊って楽しんだものだ。
てな訳で、またマッチポンプさんに出演できるとなったらやらない手は無い、と今回も企画。
次はどうしようか?と考えた時に前々から決めていたピクニックに決めて、予約特典としました。

この“ピクニック”という予約特典。かなり大雑把ですが、特典部分は参加権のみで、当日かかるお金や準備代などは各自持ち。それをご了承頂いたメンバーで行く、「みんなで遊ぶ、ただの休日」
それが、「予約特典 ピクニック」の正体だ。

日時は7/9(日)に決定。場所や時間はまだ決めてないんだけど、都内からそんな遠くなくて、昼くらいからが良いかなぁ?と思ってます。オススメの場所とかあったら教えてください。理想は海とか見ながら、クレヨンで絵が描きたいです。

ちなみに一人で参加の方も大歓迎!気まずいと思うかもしれないけど、みんな元々知らない同士だから、歩いて汗かきながら、少し勇気出して話したりして、楽しいと思いますよ(o^^o)寂しかったら俺に話しかけてください。物凄い口下手ですが、お互い頑張りましょう。笑

そんな訳で、マッチポンプ調査室「桜飛礫」劇場入りです。先に行っておきますが、今回も本編とピクニックは全く関係ありません。が、楽しんで貰えるよう全身全霊で頑張ります。

image
image
image
image


劇場でお待ちしております(o^^o)

マッチポンプ調査室「桜飛礫」
予約はこちら

image

貫く

今日もマッチポンプ稽古。いよいよ本番に向けての機運が高まり、今回の答え探しが始まった感じ。
今回のマッチポンプは、今までと違う挑戦でもある気がしていて、稽古していてのいつもと違う違和感、その中に答えがあるはずと、毎度感じたものを大切に稽古に臨んでいる。

自分で作るときも、いつもぶつかる壁だけど、「自分の良さ」だとか「いつも同じ感じ」だとか、変われば良いわけでも無いし、変わらなければ良いわけでも無い。何が正解か毎回わからない中で、目指した一つの答えを信じて貫く力が最後には必要になってくる。
今回マッチポンプ調査室脚本・演出の白倉さんが信じたものが、結果的にいつもと違うものだったりして、それが今回の答えと貫く姿は、はたから見ていてやはりカッコイイ。
それは少しでも好かれようとか、嫌われたくないとか思ってたら中々できないもんだと思っていて、劇団5454にも毎度思うけど、“いつもの”を捨てて、今の自分達を打ち出す強さがあるやつらが、未来を創っていくんだろうと、自分に問いかけるように学んでいる。

作品がどう届くかは、その分予測ができないからドキドキソワソワだけど、そのチャレンジに乗らなきゃ男じゃないし、今はその船に乗れてることがとても楽しい。

どれだけ作品の力になれるだろう。そんな今。

image
image
image
image

マッチポンプ調査室、5/23から!
ご予約お待ちしています!
ちなみに予約特典は、ピクニック(o^^o)(7/9)
予約はこちら

image
image

マッチポンプ本番まで一週間

バイクが壊れ、日頃の運動不足も気になってたことだしって訳で、自転車を買った。
6.7年ぶりの自転車生活が始まった初日は、稽古場までの一時間の道のりをエッサホイサと漕いで行き、自分の体力低下を痛感した訳だけど、それよりなにより、稽古場が全然違う場所だと気付き、一時間かけて来た道を一時間かけて即戻ってる最中に体力的に詰んだ一日の始まり。
バイクがどれだけ楽させてくれてたのかを痛感しながら、その結果衰えているものがあることを肌で感じてふと考える。
楽した分失うものがあるように、苦労した分得られるものがある。ドンドン豊かになっていく時代の中で、豊かの真理は自分の中にちゃんと持っていたいなーと思ったりした。
移動手段を変えるだけで、こんな色々考えられるのだから、日々への変化を加えるのは良い刺激になるのだろう。今年もまだ半分以上残っている。色んなところに行って、色んなことをしたいな。

そういう意味で、日々への変化を加えてくれている、というかそれを求めて参加してたマッチポンプ調査室には心から感謝。引きこもり体質のくせに、誰かと会いたくて仕方ない僕は、毎度超楽しみに稽古場に向かっている(場所は間違えるけど)
思えば数年前、自分の価値観をぶち壊されたマッチポンプとの出会いから、僕はこの団体に関わるたびに自分の見つめ直し作業をしている気がする。
今の自分はどんなんか。
どんな自分になりたいか。
今、何をすべきか。
そんな一つ一つの答えが、ここにいると見つけられる気がして、手探りに出来る限りの全力で毎度臨んでみる。

本番まで一週間。何を掴めるのかまだ検討もつかないが、とにかく楽しい。

image
image
image
image
image


劇団イヌカレー・泥犬さんのイラストフライヤーが完成しました。

image

マッチポンプ調査室「桜飛礫」
予約お待ちしております!
https://www.quartet-online.net/ticket/sakuratsubute?m=0fcbige

ユースフル☆メソッド後夜祭

image

昨日はユースフル☆メソッド後夜祭。一部が12時からで二部が16時からだったんだけど、後夜祭ってネーミングであってるのか?なんてことを考えていたら寝れず寝不足で臨む。

ユースフル☆メソッドの後夜祭は実は二度目で、去年の後夜祭ではハルヤと友則の卒業式後のミニエピソードを書いて上演したので、今回もどうせならちょっとあった方がいいだろうと、オマケミニエピソードを。
あんまりしっかりとしたお話を書く状況でも気分でも無かったので、ユースフル☆メソッドのお話が終わった次の日の、ホントちょっとしたおチョケ話にしたのだけど、愉快なキャストも温かいお客さんのお陰で大盛り上がり。書いてよかったと思ったし、こういう機会があるたびに、作品への愛着が増す。

お客さんからは、再演や続編への期待の声が少なからず上がって、それに関しては心から嬉しいし、一つの作品(世界?)を育てるのは好きなので、やりたいなぁと僕も思う。
ただ、もっと今大事に思うのは、その時にどれだけ力を発揮できる自分か、で、死ぬほど楽しかったユースフル☆メソッドだけども、それに関しては「必要とされる自分であろう」という想いが上回る。
どうせやるなら、人生変えちゃうくらいの想いで臨みたいし、そんなやりがいを感じたい。その結果、死ぬほど楽しい時間を過ごせたら、これ以上幸せな事はない。

逆に言えば、そんな時間を過ごせた、ユースフル☆メソッドには心から感謝だな。
次この世界に会えるまで、会えるように、そう思うだけで尻を叩かれる気分。

image

ひとまず卒業。楽しかった!ありがとう!

一歩一歩

image
image
image
image


本日も一日マッチポンプ稽古。
実はバイクが壊れて、久々に電車移動。どうせなら(どうせなら?)ってことで、バスを使わず歩いて30分かけて稽古場に向かう。
普段バイクばかり乗っていて、そういえば歩くことが極端に少なくなっていて、稽古帰りには早速軽い筋肉痛になるほど。
そんな久々にしっかり歩いてみたら、一歩一歩地面感じて歩くことのなんと気持ちいいこと。思えば元々サッカー少年で、演劇始めてからも初めのうちは体を使う芝居が多くて、年中体を動かしてた時間の方が長い訳で、ここ数年は大分怠けていたみたい。
せっかくの機会だし、そもそも新品に買い替える金など無いので、体を動かしていこうと思う。

マッチポンプも気づけば本番まで10日ほどになって、内心ビビっている。僕個人はまだまだ手探り中で、全力で楽しむまでいけてない歯がゆさの中もがいてるなう。
「お、やべーか」と結構真剣に思ったりするけど、思えば結構いつもこんな時期を通って、最後は「あー楽しかった」となる。
この不安が、ここから先の推進力となってカンパニーと作品を作っていくのだろう。
そんなワクワクとソワソワを感じながら、そんな爆進時に置いてかれないように準備準備。

今日は何ができるかな、明日は何ができるかな。目の前だけ見て、精一杯。
そんな事を考えるのにちょうどいい。帰りも歩いて帰る。一歩一歩。


マッチポンプ予約はこちら
image
image

前進

本日もマッチポンプ稽古。
image

マッチポンプではお馴染み、境秀人くん。
根っこから良いヤツなのが滲み出ている秀人のマッチポンプでの愛されっぷりはそれは凄くて、すでにマッチポンプに無くてはならない存在の一人。
かくいう僕も秀人大好きっ子で、稽古の合間合間にちょっかいを出しては相手をしてもらっている。
そんな秀人も、僕がマッチポンプに関わり出した頃は飛び道具的な役回りを主にしていたのが(そこがマッチポンプの肝なのだけど)、段々と比重が大きくなってきていて、それはきっと彼自身が一歩ずつ信用を勝ち取ってるならなのだろう、と、側から見ていて彼のその前進に学ばせてもらっている。

最近のテーマがその“前進”で、とにかく少しずつでも前進していきたい、という事ばかりを考えている。
そんな事ばかり考えていると見るものから受け取るものもそんなテーマに通づるものばかりで、漂流教室で再三出てきた「今を生きろ、この一瞬を生きろ」は、ここ数日何度も頭の中で繰り返し唱えられているし、15歳でJ1デビューした久保くんは、その若さで「一日一日が勝負」と言う。

色んな角度からのアプローチでアレコレとやり方を変えてみては、あぁでもないこうでもないと繰り返している日々だけど、結局のところ何かを変えるにはどれだけ気合が入っているかなんだろーな、と行き着いて、15歳に気合で負けている自分を恥じたりしている。

やりたい事が沢山あるから、前進したい。

マッチポンプ予約はこちら

image
image

叫びキャフン

昨日は寝れずにドラマ漂流教室を一話から観ていたら面白すぎて朝を迎える。
若き日の窪塚さんの存在感とキレキレの常盤貴子さんに惚れ惚れ。昔ながらなトンデモ展開や「いやいやそれは無いでしょ」みたいなことがオンパレードなのだけど、ハマっているとそれがより面白さに拍車をかけるから不思議。面白さの枠は本当に幅広くて、自分の物差しだけで測るのはもったいない。大事なのは、とにかく信じてやり切ることなのかな、なんてよぎったりしながら、絶賛漂流中。

夕方からはマッチポンプ稽古。いよいよ全キャストが揃いだして、今回の座組の雰囲気がわかりだす。今の所マッチポンプ常連組の勢いがやはり凄くてそれにおんぶに抱っこだけども、ここから僕ら客演チームが負けじとどれだけ弾けられるかが大事なんじゃないかと勝手に思っている。白倉さんが前に「魂の叫び」みたいなことを言ってた気がしたりしなかったりだけど、マッチポンプに出るからには、自分の、そしてみんなの魂の叫びを感じたいな。どうなることやら、とにかく楽しむ。

そんで帰宅後は漂流教室挟んだのち、5/14にあるユースフル☆メソッド後夜祭のちょっとした準備。
ホントは何にもしなくてよかったみたいなのだけど、せっかく後夜祭にまで来てくれるお客さんがいるのだから、とひと案練っております。楽しんでもらえたら良いな(o^^o)
というか作業中にパソコンが勝手にシャットダウンして魂が叫んだので今日はこれにて終了。なんでうちのパソコンてどいつもこいつも勝手に電源落とそうとするのかしら、ホントに不思議だわ。キャフン。

マッチポンプ予約はこちら

image
image
image
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード