かんちゃん

マッチポンプの妻ラジオ出演しましま。

昨日はホボホボ一周年イベントに参加。話せば長くなりますが、とにかく好きな場所なので、めでたかったです。絶対二周年迎えられるように、自分のできる事をする。

はてさてそんな一周年イベントのお陰ですっかり寝不足だった本日は朝劇下北沢から。
大矢剛康くんゲスト出演。お客さんの中にはユースフル☆メソッドで大矢くんがやったイケてない山下くん役を観てファンになって朝劇も来てくれたという方がいた。山下くん役は出番数でいうと決して多くは無いのだが、その中でそうやって観てくれてる方がいるってのはとてもありがたいし、役者として最高の喜びの一つ。大矢くんはそんな"なんだか気になる"魅力を持ってると俺も思っていて、いつかガッツシなんか一緒にできないかなーと思ったり思わなかったり、そもそも自分で手一杯をそろそろ、ね、ぷっ。

夕方からは(有)マッチポンプ調査室「アバン」稽古。(ご予約はこちら)
女子達が華麗に筋トレしてる中、僕はかんちゃんと二人で筋トレ部を発足。今回の舞台、スタミナ勝負になりそうな気配がし出してるので体作りから。と言えばカッコ良いが単に怠けた体のままじゃ持たないので急ピッチで鍛え直してるだけ、ヒーヒー言いながら頑張ります。

いろどりんちゅが終わってから気づけば一週間。本当に日々は待ってくれなくて、毎日目の前に自分よりキラキラ生きてる人も、自分より必死に生きてる人も現れる。
僕はそれにいちいち羨ましがったり自分を省みて凹んだりする性分なのだけど、良い加減諦めを上手く使っていこうと思う。
人ができるのに自分はできないことはいくらでも見つかるけど、人ができないのに自分はできることは滅多に見つからない。でもその滅多に見つからない一個があれば戦えるかも。その貴重さに気付けるかはその人次第。大切にできるかはその人次第。

ドラクエみたいに経験値もステータスも数字で出ないから、そんな大事な一個が本当に武器になるかなんてわかんないけどね、
だからあとは信じてみるだけ。

原フリークへ








フリークFreak)とは、ある事柄に対して異常に心酔する者を指す。

全世界の原フリークの為に、今回は色とりどりな表情を見せる失礼魅せる原を特集致しました。次回はどんな原が楽しめるのでしょう、乞うご期待。

いろどりんちゅで燃え尽きた体が徐々に再生されていく中、あたくしの日々はというとすっかり(有)マッチポンプ調査室の「アバン」稽古に突入。
もう何を隠そうも無く(何を隠そうも無く?)ただただ大好きな団体ですので、毎日が嬉しい限り。だけどその分自分も作品を押し上げる一部分にならなくてはいけないので楽しんで満足しないように気を引き締めて、でもみんな面白いからまた楽しくなって、ここ数日はそんな日々を送ってます、ビバ夏。

今日の24時にはチラシのイラストが公開され、
劇団イヌカレー・泥犬さんの書き下ろしイラスト。まどかマギカなどで有名な方で、こうやって舞台のチラシを書いてくれるのは初だそうです。
ただ著名な方が描いてくれたから凄いというだけで無く、マッチポンプの世界観とピッタリ合致してるからコレは良い。

今回はどんな世界に連れてかれるのだろう、僕はあれから一年で少しは成長できたのだろう。
出演はもちろん、作演出も含め20代最後の舞台となります。めちゃくちゃ観に来て欲しい。まだ台本も全部は上がってない段階で、そう言いたくなる、そういう団体に関わらせて貰ってます。

「アバン」予約などこちら!

ラジオにも出演しました。
「妻ラジオ」

さてさて、進化していきたいぞ。

いろどりんちゅターチ

あれこれしてたらもう6月後半。
現在進行形的にはすっかり7月出演舞台(有)マッチポンプ調査室のアバンモードですが、まずはこれの事をしっかり記し、ご報告したい。

いろどりんちゅターチが無事終わりました。




ちょっと載せたい写真多過ぎて、とりあえず朝の部を中心にこんな感じに。

いろどりんちゅターチ。ターチとは沖縄語で2という意味で、つまりいろどりんちゅ2。そう、前回の開催から半年と開けずなんと第二回をやってしまったいろどりんちゅ。正直に言うと、第一回目をやる時の気持ちは「年一回のお祭りになったら良いな」だった。
だけど第一回目をやってる最中に会場KeikobaPを提供してくれている雅奈恵さんが「またやろう」と言ってくれ、終わったあとに「年に何回もやった方が良い」とまで言ってくれ、なんだか嬉しくなっちゃって勢いで決めて開催となった今年二回目のいろどりんちゅでした。

勢いで決めたもんだから、実際は感覚的に思ったより早くやってきた第二回に四苦八苦も沢山あった。四苦八苦し過ぎて制作の真梨子ちゃんには特に沢山沢山負担をかけた。途中で「やっぱ年一回のが良かったかな」と思った事も正直あった。

でも、いろどりんちゅターチ当日の一日は、ここ数年で一番幸せだと思うほど、アホみたいに楽しかった。
準備にかかった苦労など吹き飛ばして余りあるほど幸せで、ただただはしゃいで笑って足つって、ご褒美みたいな不思議な一日だった。

ここ何年朝劇をやってきて、色んな事があったけど、その中で確かに積み重なってたものがあって、お客さんと一緒に過ごした時間があって、そのお陰で迎えられたこのお祭りで、過ごさせてくれた楽しい時間。朝劇だけじゃない色んな事も含め、ここまでの道のりを丸ごと大切だったってことを肯定してくれちゃうような、そんな時間で、みんな優しくって、笑ってて、気づいたら俺も笑ってて「あぁ楽しいなぁ嬉しいなぁ」って奥の方からグググっと。

ご来場頂いた方皆さま本当にありがとうございました。
ご参加頂いたいろどりんちゅな皆さま本当にありがとうございました。

楽しかったね。またね。

【朝劇会場】カフェVIZZへの行き方 (南口編)

朝劇下北沢 土曜・日曜の会場cafe VIZZへのアクセスです!
今までの南口からの歩道橋ルートが封鎖されてしまったので、新たなルートでご案内致します!

南口改札を出て右に回ると、リリーフランキーさん作のやべーモニュメントがあるのでその横の道を進む。

横の道を進んで突き当たりを右。
こっちにも実は歩道橋が!やられたぜ!

歩道橋を渡ったらすぐ右に曲がれば、目の前左手にVIZZ!ちなみに向こうに見えるのは井の頭線の下北沢駅!

ご来店お待ちしております(o^^o)


VIZZ CAFE (東京都世田谷区北沢2-23-12 Mビル1F)

(有)マッチポンプ調査室「アバン」原予約特典発表!!!


7月に出演する舞台(有)マッチポンプ調査室「アバン」
去年出演させて頂いたマッチポンプは僕の中でとても大きい経験として残っています。なのでこうやってまた声をかけて貰えた事に心からの喜びを感じると共に、「何か出来る事は無いか。。」と考えておりました。
そんでもって行き着いたのが"予約特典"なのですが、でも「僕で予約してくれた人はプロマイド差し上げます!」的なのはよくあるし、そもそも僕にその需要が無いので却下、となるとどうしよう?と考えて、思い付きました。

公演が終わった次の週の土日のどちらか、7/24(日)(確定じゃないけど恐らく日中)に、原予約者限定のバーベキュー大会の参加特典を付けまーーす!
みんなでバーベキューです!BBQ!夏だしね!
日程は予約してくれたみんなの意見や会場の都合や僕の独断で決めますので希望に添えなかったらゴメンなさい。
更にみんなの食費を全て僕が持てる訳も無く、完全に割り勘です。みんなで買い出し行って、ただただバーベキューをする、の参加権が特典です(テヘラン)

そういえば何年も忙しぶって、夏に夏らしい事して無かったのでね、ここらで理由付けて無理矢理夏を満喫してやろうと。もう僕の楽しみでしかございませんが、良かったら一緒に遊びましょう!

(有)マッチポンプ調査室
「アバン」
原予約特典
⭐️みんなで打ち上げよう!公演お疲れっしたーBBQ大会!
場所→都内のどこか(誰か良いとこあったら教えて!)
日程→7/24(日)13時〜16時
場所→木場公園(雨天延期)
お肉とか野菜とかお酒とか原のコーラとか→みんなで割り勘

参加希望の方は、原扱いでチケットご予約の上、haramasa1028@yahoo.co.jp にご連絡下さい。

「バーベキューなんか興味ねぇ!!」って方も、単純に作品として楽しんで貰えるよう全力の限りを尽くす舞台となりますので、ご予約全力お待ちしております!

てなところです!よろしくお願いします(o^^o)


(有)マッチポンプ調査室
第5回公演『アバン』

【キャスト】

真白希実(プロダクションKARINA、浅草ロック座)
山口磨美(碗プロダクション)
高木薫(オフィス・エイツー)
伊藤慧
穂高(カクシンハン)
佐野眞介(ミュージカル座)
石川詩織(SET)
吉田亜子
津賀保乃(天才劇団バカバッカ)
鷹野梨恵子(無名塾)

田代真奈美
境秀人
稲垣潤一
石田周作
西垣和哉
堀内寛嗣
小薗詩歩
菅啓紀
坂本翠
山近三貴
堀優奈
大園了磨(以上、碗プロダクション)

原将明(トムハウス)
仲井真徹
白倉裕二

ほか

【公演日程】
7月12日(火)19:00
13日(水)14:00(昼割)/19:00
14日(木)14:00(昼割)/19:00
15日(金)19:00
16日(土)13:00/18:00
17日(日)13:00/18:00
18日(月祝)12:00/17:00

【チケット】
全席自由
前売り 3800円/当日 4200円/平日昼割 3500円/アンダー20割 2500円

【チケットお申込み】

【会場】
日暮里d-倉庫
東京都荒川区東日暮里6-19-7-2F
http://www.geocities.jp/azabubu/map_d.html

【アクセス】
「日暮里駅」(JR山手線・京浜東北線・常磐線・私鉄京成線・日暮里舎人ライナー)
南口より徒歩7分

【お問い合わせ先】
matchpump1919@gmail.com

【土曜日】朝劇下北沢6月公演情報!

6月の土曜日朝劇下北沢!

朝9時からのお芝居、オシャレなカフェで美味しい朝食と。素敵な一日の始まり 

★朝劇下北沢★ 

「朝が起きたら」 

■脚本 
福永マリカ 
■演出 
原将明 
■キャスト 
寺田有希・三浦孝太・植田恭平・丸山正吾+ゲスト 

■公演日程 
6月スケジュール
6/4(土) ゲスト 川合智己さん
6/18(土) ゲスト杏実えいかさん
6/25(土) ゲスト大矢剛康さん
朝9時〜@VIZZ

※6/4は寺田有希に代わり関森絵美が出演!
他の日程も出演者が変更になる可能性がございます。その場合はお知らせいたしますが予めご了承ください。             

★予約フォーム 
https://www.quartet-online.net/ticket/asaokib?m=0chjedh

■会場 
VIZZ CAFE (東京都世田谷区北沢2-23-12 Mビル1F) 
下北沢駅西口から1分、南口から2分です。 
★アクセス 
南口から➡︎http://blog.livedoor.jp/haramasa1028/archives/4855268.html 
西口から➡︎http://blog.livedoor.jp/haramasa1028/archives/4877332.html 
■日時 
全日 朝9:00~9:45 (8:30開場) 
■料金 
2500円(朝食・ワンドリンク付き)全席自由席 
■朝劇 下北沢HP 
http://ukonyoshiyuki.com/pg791.html 

★オマケ 
以前下北ブロイラーさんに取材して頂いた記事です♪ 
「リブ・リブ・リブ」➡︎http://www.shimokitazawa.info/news/2014/09/asageki_vizz/ 

【出演!】(有)マッチポンプ調査室「アバン」先行予約開始!

先行予約が始まりました!
年に一度(くらい)の全力出演。
こんな楽しみ中々無いのです。
マジ観に来て欲しいのやつです。
よろしくお願いします!

(有)マッチポンプ調査室
第5回公演『アバン』

【キャスト】

真白希実(プロダクションKARINA、浅草ロック座)
山口磨美(碗プロダクション)
高木薫(オフィス・エイツー)
伊藤慧
穂高(カクシンハン)
佐野眞介(ミュージカル座)
石川詩織(SET)
吉田亜子
津賀保乃(天才劇団バカバッカ)
鷹野梨恵子(無名塾)

田代真奈美
境秀人
稲垣潤一
石田周作
西垣和哉
堀内寛嗣
小薗詩歩
菅啓紀
坂本翠
山近三貴
堀優奈
大園了磨(以上、碗プロダクション)

原将明(トムハウス)
仲井真徹
白倉裕二

ほか

【公演日程】
7月12日(火)19:00
13日(水)14:00(昼割)/19:00
14日(木)14:00(昼割)/19:00
15日(金)19:00
16日(土)13:00/18:00
17日(日)13:00/18:00
18日(月祝)12:00/17:00

【チケット】
全席自由
前売り 3800円/当日 4200円/平日昼割 3500円/アンダー20割 2500円

【チケットお申込み】
特別先行予約(5月23日(月)10:00~31日(火)23:59)
※ご予約の際は、備考欄に"原将明"もしくは"元テニミュの人"と記述して頂けるの嬉しいです!
※上記の期間にお申込みいただいたお客様には、先行予約特典を差し上げます。

【会場】
日暮里d-倉庫
東京都荒川区東日暮里6-19-7-2F
http://www.geocities.jp/azabubu/map_d.html

【アクセス】
「日暮里駅」(JR山手線・京浜東北線・常磐線・私鉄京成線・日暮里舎人ライナー)
南口より徒歩7分

【お問い合わせ先】
matchpump1919@gmail.com

アイデンティティー

朝劇に帰ってきた寺田、お帰り!

山沖くんはゲストでハッスル、盛り上げてたな〜。
んでいつもの人達。

そんなこんなで今日も今日を送ってる僕です。

とにかく本を読むのが遅い。
今、頂いたり気まぐれに買ったりいつの間にかあったりした家にある本を一通り全部読もうコーナーをずっとやっていて、月3本を目指して毎月読んでるのですが、もうとにもかくにも読むのが遅い。おっそい。
前まで一冊6.7時間かかってて「どうしたもんか...」と考えていたが、ここにきてまさかのもっと遅くなった。今は読みにくくも文字数もページも多くも無い小説を読むのに10時間ほどかかっている。
原因は色々あると思うのだが、その中の一つに"集中力"がある。僕は昔から、今聞いてる話や読んでる文章から気づかぬうちに意識が離れ、違うことを考えてる事が多々ある。映画を観ていてもそう、観ていたはずが、数分経って「あれ?今何話してた?」となる。そんな事の繰り返し。
てな訳で、小説は急いで読んでもまったく入ってこないし、ゆっくり読んでもあんまり入って来ないという逃げ場無し状況。唯一の救いは「でも読むの好き」という、どこから湧いてきてるのかメカニズム不明の好きパワーのみである。

思えば僕は寝るのが好き過ぎて授業中はイチローの打率を余裕で超えるくらいには寝ていたし、だけど国語の授業で立って文章を読まされたりするのは何だか好きだったし、作文は無駄に決められた枚数より何枚も書いていた。
集中能力の鬼低さと、文章好き。それが僕の根本か。
あと父さんに教えてもらった将棋、強くは無いけど、先の戦局を考える面白さを教えて貰った。とても感謝してる事。

アイデンティティーを知って凹む事は無くなった。年々変わってく自分が面白いし、その中で変わらないものも見えてくるのも面白い。
今日も笑おうと思うし、君にも笑っていて欲しい。
希望を叫びたいな。

起きる朝

「どうせ誰にも明日のこともわかんないのに、10年後のことなんかわかるわけないじゃないですか」とは朝が起きたらの一節。

深夜の朝が起きたら勉。
新土曜チーム始動にあたり、改めて朝が起きたらを読み勉強し直してる訳ですが、前までサラっと読んでいた言葉やシーンにドキッとさせられる事の連続。
今までの僕では気付けなかったけど、そうかぁこんな想いまで込められていたのか、と発見するたびにお話の魅力が沁み込む。

同じ本とこんなに長期間関われる経験は普通の演劇では中々無い経験。
つまりその経験に、どんな意味や魅力があるのかはみんなよく分かって無いし、手探り状態。みんなで未開の土地に踏み込んでいってるような感覚。
そこには難しさがあり、楽しようと思えばいくらでも出来たり、なんとなく上手くいったり、でもそんな流れていく日々や時間に少し意識を留めて見つめてみると大事な気づきが見え隠れ。

誰かの愛が、そこにもここにも秘められている。迎えに来てくれる愛もあれば、そっとずっと見つけて貰えるのを待っている愛もある。
そんな愛を一つでも多く見つけて抱きしめられる、そんな人になりたい。と思う深夜のジョナサンなのです。
明日の新土曜チーム稽古が楽しみだ!っつうかもう5時間後じゃねぇか!!

4月の映画鑑賞記

さぁやって参りました!早速いっちゃいましょう!
先月観た映画はこちら!


・鬼灯さん家のアネキ
・ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
・モンスターズ・ユニバーシティ
・ミッションインポッシブル/ゴースト・プロトコル
・フィッシュストーリー
・ベイマックス
・バクマン。
・ナイトクローラー
・マイ・インターン
・ソロモンの偽証 前篇・事件
・ストロボ・エッジ
・魔法少女まどか☆マギカ〔新編〕叛逆の物語
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
・ゴールデンスランバー

以上14作品!


多っ!!
なんか今月はブログも更新しないで映画鑑賞にハマっておりました、てへんぺろ。来月は半分以下になります。

さてさてではその中から、原の独断と偏見の好みのみで選ぶ
原チョーーーイス!
今月の原チョイスは、、こちら!!



・モンスターズ・ユニバーシティ
・フィッシュストーリー
・バクマン。
・マイ・インターン
・ソロモンの偽証 前篇・事件
・ストロボ・エッジ
・ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー



やべ多い!!!こっちも多い!!!
楽しみ過ぎて原チョイスが過半数に迫ってしまった。

なので、原チョイスおぶチョイスを急遽開催致します。
原チョイスおぶチョイスは、、



・バクマン。
・マイ・インターン


の2作品となります!パチパチパチー!!!

バクマン。は、原作を知ってる分、「配役逆じゃね?」みたいな違和感はずっとあって、観始めた冒頭もその違和感は続くのだけど、原作は原作、これはこれ、として割り切ってからはいつの間にかそんな違和感は飛んでいき、というかその飛んでいった最大の理由は、見た事ない発想豊かな映像表現の数々。映画に全然詳しくないミーハーな僕からすると、「日本のCGってハリウッドより明らかに技術が劣ってて安っぽくなるからやめといた方がよくねーー」とわかったような事を安易に思ってる部分があるのですが、このバクマン。の映像表現で使われるCGは、そのハードルを、アイデアで乗り越えてる気がして、映像のセンスとテンポに魅せられて最後までめちゃくちゃ楽しんじゃいました。
お話うんぬんは、好きな部分も、うーんな部分もあって、色んなバランスの中まとめたのだろうと思うが、主演二人が漫画というとにかく好きなものに、文字通り命がけで臨んでいく姿にはとても心洗われました。エンドロールも必見。楽しかったーー。

んでマイ・インターン。これはヤバイす。ロバートデニーロ、アンハサウェイ、ヤバイっす。アンハサウェイ可愛過ぎ(これ今更なんでしょう、えぇ知ってますが言いますよ)、そしてロバートデニーロ、なんて素敵なのでしょう、なんて素敵な男性なのでしょう。あれは元が無いと演じられない。ロバートデニーロという人間自体が計り知れないほど素敵なんだろうと感じた。
お話はザックリ言うと、端から見たら絶好調なあるファッション会社が、その実は急激な変化に対応し切れず、中で働く才能はあるが年齢も人としてもまだ若いスタッフ達は色んなバランスを崩してしまっている。そんなところにロバートデニーロ扮する仕事を引退してヨガばかりやって余生を過ごすおじさまが、インターン(一定期間の実務研修)でやってきて、そんなバランスを崩したカンパニーが、たった一人の人格者によって、人が心の拠り所を見つけ、張り続けていた気を少し緩め、一息つく事で、少しずつ忘れちゃいけない大切な物に気づきバランスを取り戻していく、というような話。(と僕は思った)
僕は、自分や周りがバランスを崩しては見つめ直して、といった状況に身を置く事が多い。人と何かを取り組むという事はそういう事。とても繊細で難しい。感情の無いロボットだったら何も起こり得ない色んな摩擦が沢山起こる。でもだから良いんだと思う。だから人間が人間である意味があるのだと思う。
優しくする理由なんて考えなくて良い、誰かが困っていたら、優しくしよう。誰かが苦しそうだったら、側に居てあげよう。そこに理由なんて無くて良い。
そんな事を、ロバートデニーロという役者と人間から教えて貰えたような、そんな映画。刺激的な映画では無いし、人によってはとても物足りないかもだけど、心からオススメ。
あとアンハサウェイまじ可愛い。


あとはモンスターズ・ユニバーシティのお話に込められた優しさがたまらんとか、フィッシュストーリーのお話の構成たまらんとか、ソロモンの偽証 前篇・事件の一通りずっと胸糞悪いのになんて魅力的なんだ後編こんなに楽しみってあるかいとか、 ストロボ・エッジのくだらんラブストーリー映画と思って舐めてたらなんて胸キュンキュンとさせる映画なんだめちゃくちゃハマっちゃったじゃねーかとか、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのとにかくこんなずっと楽しいってある?とか色々語りたいけど長いんだよバカヤローー!!!おわり!!!
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード