ゴロゴロのツケ

やっぱりしてしまった徹夜。
なんだかストイックみたいだが、実際は昨日の朝から夕方までたっぷり時間があったのに、その時間フル活用でたっぷりゴロゴロ怠けてしまったので、そのツケが深夜に回ってきた。
取り組んでいたのは来月から始まるある作品と、9/4のトムハウスイベントのネタ。どちらも深夜テンション込みで中々楽しく取り組めた。書き上げて帰ってすぐ家を出てもう朝劇モードなので余韻も無ければ何を書いたかも明確には覚えていない。夜中のラブレター的な事件が起きなければ良いが、とりあえずほのかに気分の良い徹夜明けの今でございます。

これから期間限定土曜チームの千秋楽。なんだかんだで四ヶ月も。最後は満席のお客様が来てくれる模様。本当にありがたい。
さぁVIZZに着く、いってきます!

黙々準備隊


今回急に生まれたトムハウスのマスコットキャラクター、トム熊ちゃん。何気なく作り過ぎて、逆に愛着が湧いております。何かしらグッズ化できないかしら。

すっかりトムハウスも終わり(といっても終わったあとのアレやコレを随時やっておりますが。更に今日夕方にはトムハウス関連でちょっとした発表ございます、気にかけて頂けると)、次に向かって早速ファミレス。朝から粘っておりますが、流石に昼時になりまして混み合い過ぎてて、とはいえこちらもここからが大事なところなので一人で折衷案を考えて、追加で"とうもろこしのポタージュ"を頼みました。これでこの席の延長権利を確保。ありがとうファミレス、世の中にあってくれてホントに良かった。

ほとんど発表されてませんが、なんやかんやで来年春くらいまで色々予定が決まってきたので昨日は今年の残りと来年用の手帳を買った。今年までは百均の手帳だったのだけど(とはいえ百均とは思えないハイクオリティー、凄いぜダイソー!)、今年はちょっと贅沢に1000円越えの手帳を買って少し自分にハッパをかける。

とにかく30になる今年、来年は今まで以上に楽しくする予定で、今まで叶わなかった仕事やプライベートのアレもコレも一つでも多く叶えていく。それを欲張りと捉えられるかもしれないけど、楽しめないほど抱えきれない分量にならないようにバランスを考えて、その一つ一つが上手くいくように今から動いて、無謀にならないよう全てに注力する。その上で、自分が怠けられない程度にスケジュールで尻を叩いておく。楽しむことが大事と常日頃言っているが、僕は今より絶対的にまだまだ進化したい訳で(というかしないと未来が無い)、ヘラヘラしたい訳じゃなく、真剣にヒリヒリしたいので、今の自分よりちょいとキャパ越えの状況を少し先の未来に置いておく。そこへの逆算の今からの時間が成長に繋がる大きな期間かと思っている。

本番(勝負)のタイミングはもちろん大事だけど、実はそれまでの時間で大体の勝負は着いている。
こだわるなら本番より準備。誰も見てないとこで何ができるか。
本番と違ってわかりやすく見てくれてる人が少ないからモチベーションとして難しかったりするけど、これが中々世の中捨てたもんじゃなかったりで、やってれば案外誰かが見てくれてる。積み重ねに未来があると気づいてから、暇な日なんて無くなった。
今日も黙々準備隊の皆さん、共に頑張りましょう。

「トムとジェニファーロペス」終演

トムハウス千秋楽から一夜明け、今どんなかと言うと、まったく声が出ない。先ほど電話があって出たら第一声が「ほひほひ」みたいになっていて自分でビックリした。もう一回公演があったらできなかったと思うくらい。でもそれくらい千秋楽は妙なテンションでみんなで声を張り上げ続けたからかな。メチャクチャだったけど、なんて楽しい時間だったろう。ワクワクしてたまらなかった。

3年ぶりのトムハウス公演。「トムとジェニファーロペス」が無事幕を閉じた。3年ぶりの公演は、僕らがその間に過ごした時間を良くも悪くも実感させられる再スタートで、トムハウスが立派な家になるにはまだまだ時間がかかりそうだけど、でも取っ掛かりくらいは見つかった。それがデカイ。それが嬉しい。

進んでいく上で、その道が正しいか正しくないかなんてそんなすぐにはわからなくて、でも僕らはどこかすぐ正解を欲しがるから、決めたことをすぐ変えたり、自分の気持ちより周りの声を優先したりする。夢があって、それが叶う場合と叶わない場合があるなら、叶う場合の多くは、きっと「どれだけ突き進められるか」なのかと思う。どれだけ正解か疑わしくても、どれだけ周りから否定されても、それでも推し進められるか、それが大きな意味を持っていて、とても難しい。みんな早めの評価が欲しいし、知ってる価値観の枠に収めたがる。その要素は他人事では無く、僕の中にも。

誰にとっても一度の人生で、こっから先自分の生きてく責任を取れるのは自分だけ。だったら自分が思った方向に進んでみるべきで、結果その道が間違ってたとしても、突き進め切ったならその間違いは正解にだってなる。(人に迷惑かけちゃダメだけどね)

僕はまもなく30になる。ここまで中々好きな人生を歩んできた。これまでの自分だけの経緯を大事に、さてさていよいよ、自分になる。


トムハウスvol.4「トムとジェニファーロペス」にご来場頂いた全ての方、本当にありがとうございました。楽しんで頂けたでしょうか。また会いましょう(o^^o)

ポカさん、服部くん、ご一緒できてとても嬉しかったです。本当にありがとうございました。
真梨子ちゃん、陳さん、直人、飯田ちゃん、大竹さん、他にも力を貸してくれた沢山のスタッフや友人の皆様、お陰で最後までやり抜けました。本当にありがとうございます!!

そしてトムハウスのトム、渡辺さん。今回「やろう!」と声を上げてくれてありがとう。お陰で大切な時間を過ごせました。これからもよろしく〜。


ありがとう、楽しい夏でした!

あと三回

トムハウス、怒涛の三公演の今日。朝・昼と終わりまして、夜公演へ休憩中。これから準備に入ろうと思うのですが、その前にちょいとブログを。

今回はトムハウスのvol.4であるけれど、その上で3年ぶりの、"再始動"のような位置付けの作品。
ここ数年活動してきて出会ったお客さんや仲間に、僕らのそのまんまをお見せしているところ。気に入ってくれた方も、気に入らなかった方もいるだろう。何の言い訳も無く、これが今の僕らで、とにかくこれに今年の夏は注いだ。

残りは今日夜公演と明日の昼・夜公演の三回。この三回で今年の夏のメインイベントは終わり。あと三回、あと一日。

開場してから終わるまで、全てで丸裸。一から全部作れるというのは、ゾクゾク恐ろしくて、恐ろしいほど楽しい。

如実に体力は奪われていくけど、もはやそれも楽しさの一部。この飛ばし方すると、ここでこんな事になるんか、ならココからこうしたる。あ、上手くいった!あ、ダメなんかい!そんな事の繰り返しの日々。よく考えれば、これまでもずっとそうだった。

先日のブログと同じ文言になってしまうけど、未来を創っていきたい。その為に、何度も挑戦。最後まで。

ご来場頂いた方、連日ご来場頂いている方も、本当に本当にありがとうございます。時間を割いて、来て頂け、本当に嬉しいのです毎回。
だから最後まで楽しませますよ、だってまだ公演は終わってませんからね(o^^o)

トム熊くんは写メフリー。こちらもよろしく。


トムハウスvol.4
「トムとジェニファーロペス」
ご予約・詳細はこちら!

知り得る


トムハウス三日目。ゲストは寺田有希!めちゃくちゃ盛り上げてくれました!


母来た!いつもありがとう。

始まる前に服部くんと!
今日入り時間より大分前に行ったら、もう居て自主練してた!偉い奴!


マッチポンプで共演鷹野ちゃんも来てくれた!めちゃくちゃ性格が良い子!

演劇部。コングラッチェ‼︎のみんなも来てくれた!マジんこありがとんす!

明日の朝コント、ゲストは朝の顔、関森絵美!リハではめちゃくちゃやっておりました、お楽しみに(o^^o)


とにかく待ったなしの本番、もう気づけば残り二日。今回の公演は、本当に急遽開催を決めたから、ちょいとグダグダしてたらこの時間は訪れて無かった。ポカさんや服部くんと熱を帯びて毎日演劇を考えることも、音響照明の陳さんや直人と作品作りをすることも、ゲストさんとの瞬間に賭ける共演も。

これから次、トムハウスをやるのかはわからないのだけど、今の気持ちとしては、是非ともまたやりたい。できる事もできない事も、ここで沢山知り得ていきたい。

色々遠回りして、結局、一から自分の家をコツコツ、トンチンカンチン建てていくのが大事だってとこに辿り着いた。トムハウスだけに。やだ、上手い。


トムハウスvol.4
「トムとジェニファーロペス」
詳細はこちら!


はぁ〜〜








トムハウス公演三日目のお昼。洗濯して、少し荒れていた部屋を整理して、少し本を読んでリラックス。なんて良いお昼過ぎなんだ、今は明日からの怒涛の二日間のことは考えないようにしよう。

今日は夜19時半から、ゲストに大阪単独ライブを大成功してきた寺田有希を迎えて。1人で大阪で100人以上を呼んじゃうなんて、なんちゅうバイタリティーなんだ。バイタリティーといえば今回音響照明に入ってくれてる陳さんと日本に来た理由などを昨日話していて、その考え方の迷いのなさとか、持ち合わせている信念に「はぁ〜〜」となった。「やりたいなら、やってみて、それで合わなかったらやめれば良いし、まずはやってみる」というような事を言っていたのだけど、その文言だけはよく聞くところだけど、大事なのは誰が言ってるか、だよね。

単身異国に飛び込んで、日本語を一から学んで、そこで知り合いを作って、こうやって色んな繋がりを経て、今それを僕に言ってくれてる。自分に置き換えたとき、僕にはその勇気はあるかな、と不安になるし、だからその経緯をちゃんと経た上での陳さんの言葉はとても心に染み渡った。

それと比べるととても小さな話かもしれないけど、今回のトムハウスも、やれた上で知ったことがやはり沢山。それがやっぱり一番の収穫で、バカならバカなほど、誰よりも挑戦と失敗の経験が必要だ。そこ以外に未来は無い、そしてあとは信じるだけ。まだ決まってない未来を不安視しててもしょうがない、進んでみようぜ、もしかしたらめっちゃ楽しい日々が待ってるかも。そんな日々を掴みたい。
今日も未来を作りに、挑戦しにいく。

トムハウス公演は21日まで、今日明日は確実に当日券出ます!ツイッターのリプライでもご予約お受けできます(o^^o)
是非お越しください!


トムハウスvol.4
「トムとジェニファーロペス」
ご予約・詳細はこちら!

想いの形

昨日は本番前に美味すぎる弁当の差し入れが。コンビニ弁当より全然美味ぇ!!

トムハウスvol.4「トムとジェニファーロペス」の初日が無事幕を開け、一安心の翌日早朝。
ふと冷静になって、あれを今日は二回。土曜は三回やるんだと思うと、昨日あれだけ「楽しかったー!」って言ってた気持ちが嘘のように恐くなってくる。なんだかんだ昨日は楽しくなり過ぎて、ゲネで一時間50分だったのに、本番は二時間を越えてしまったので、今日はちゃんと二時間以内に収めたいと思う。まぁ渡辺さん次第ですが。

トムハウスは5年前から組んでいて、3年前の本公演を最後にちゃんとした公演を打っていなかった。なので昨日は3年ぶりの本格始動だったんだけど、その客席には、その3年間の間、ずーっと「またやって!」と忘れず、言い続けてくれてたお客さんが集まっていた。

怠け者2人で組んでしまった僕たちは、そんな皆さんの声が無かったら、もうトムハウスライブをやってなかったかもしれない。やりたく無かったという訳ではないのだけど、やっぱり3年空くと腰は中々重くなって、あげる理由が必要になってくる。
でもそんな腰を上げられたのは、確実に「待ってます」という声を頂けたから。こんなに活動していなかった僕たちを、それでも待ってくれていて、本当にありがとうございました。

人によっては第一回から見届けてくれてる人、はたまたYouTubeやイベントのみで、本公演は初めてという人。それぞれの想いの形を持って集まってくれた皆さんのお陰で、最高に楽しい初日となりました。

終演後、こんなに「楽しかった!楽しかった!」と言ってたのは初めてでした。また初めての経験ができた、これだけで、やった意味が物凄い。

今日も頑張ってきます!

ゲスト宮原将護ちゃん。流石のエンターテイナー。初日がこの人で良かった!ありがとありがとーーーー!!

トムハウスvol.4
「トムとジェニファーロペス」
ご予約・詳細はこちら!

創造

さぁいよいよ本日より始まります、トムハウスのコントライブ「トムとジェニファーロペス」

前作「トムハンクス」から3年ぶり。色々と初心に戻ったり、初心を思い出したりしながらの怒涛の稽古期間。
ゲストのチングポカさんと服部くんが居てくれる安心感はこの上なく、とにかく毎日が単純に楽しい。(鬼ほど忙しいけどね!)今まで、稽古期間はもっと苦しいものだと考えていたけど、「稽古は苦しむべきもの」というのは必ずしも正しくは無くて、楽しいものを作りたいなら、楽しいその場を、楽しい自分を、楽しんでる相手を創造した方が良い結果に転がることが多くて、僕は憧れの舞台の稽古場に昔見学に行かせて貰って、演者さんスタッフさん全員が楽しそうに創造してる姿を観てから、ずっとそのスタイルを信じて作り続けている。

笑ってるから楽しい、でもあるし、痺れるほど真剣だから楽しい、だってあるし、楽しいにも様々だけど、結局は一人一人が魅力的に見えたら、それが良い。

生きてる時間をぶつけてます。
本日開幕。



トムハンクスvol.4
「トムとジェニファーロペス」
ご予約・詳細はこちら!

引き寄せる


先日誕生日を迎え、また一つ歳が離れた渡辺コウジをみんなで抱えて。

トムハウス久々の本公演「トムとジェニファーロペス」まで日変わってあと二日。二日、二日て。楽しみはもちろんだけど、それまでにこなすアレやコレやは想像以上で、アップアップになりかけながらも、これまで過ごした朝劇やらプロデュース公演やらの小さな積み重ねの経験が「とはいえイケる」という自信をくれる。事実かどうかよりも、この自信を持てるというのがとても大事だと思っていて、良い物を作るのはもちろん、その前に大事な「良い物を作れる」と思える体。良い結果は、良い結果をイメージした先で生まれやすい。その為に経験はとても大事だと思う。

この時期に来ると、次から次へと各セクションが用意してくれていた物も届く。どれもこれも余すことなく素晴らしくて、これ以上無く公演の成功を後押ししてくれている。
残り二日、あとはもう突き進むのみ。ゲストさんはもちろん、渡辺さん、ポカさん、服部くん、この三人と突き進めるこの一週間は、もはや青春のようになるんじゃないかと理想の日々を思い浮かべる。
イメージできるということは、勝負できるということ。ヒリヒリする楽しい夏の始まりです。
思い出深い夏になりそう。その為に、引き寄せる、その未来。




当然

 眠いぜ、まったく。
書こうぜ、ブログ。
「にゃーー」

本日はネタ稽古とはまた違った角度から本番を楽しくする為の一日。みんなで色々街を動き回って、今年一かもしれない疲労度と、それに伴う充実度。詳しくは観に来てもらって楽しんで貰ってから話せたら。とにかく観に来て欲しい!観に来て楽しんで貰える事を想像して、とにかく頑張る!負けんぞ直射!!

ありがたい事に少しずつ予約もして頂けていて、ブログにコメントで応援してくれたり、ツイッターでリツイートやリプライやイイネでエールを送ってくれたり、本当にありがとうございます。
自分がやりたくてやってるから、正直なんの応援も無くたって、頑張る。でも、誰かが楽しみにしてくれてるってのは、これ以上無いモチベーションになるね。あぁなんて当然のことを言ってるのだろう。当然の事を、当然のように実感した、という事か、案外大事よね、当然を知るって。

今日の朝は、8/14に単独ライブ「想込」
を控える関森絵美さんと朝稽古。今回も書きました、「落語っぽいもの」、ハッキリ言って、めちゃくちゃ忙しい時期にお願いされたけど、絵美さんには数え切れないほどの恩があるので、ここぞとばかりに返しますよ。いつも嫌な顔一つせず、俺のワガママなお願いをこれまでいくつも引き受けてきてくれた絵美さん、これは当然のようで当然では無い。それを忘れないようにしたいね。
「落語っぽいもの」楽しいものになりそうです。もちろんライブは間違いなく盛り上げる事でしょう、良かったら、8/14、彼女の30歳の誕生日、お祝いに行ってあげて下さい(o^^o)




livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード