日本産科婦人科学会(日産婦)は14日、体外受精した受精卵に染色体の異常がないかを調べて子宮に戻す「着床前スクリーニング」と呼ばれる検査について、名古屋市立大など6施設で臨床研究を実施すると発表した。

 日産婦は、既に検査の対象となる女性の登録を開始しており、流産の予防に有効かどうかを確かめる。東京都内で開いた倫理委員会で承認した。

 検査では染色体の異常が原因のダウン症なども判明するため、生まれる命の選別につながりかねないと指摘されている。

 倫理委の苛原稔(いらはら・みのる)委員長(徳島大教授)は「諸外国の報告があり、有用性があるのか考えないといけない時代になった」と説明した。早ければ3〜4月にも実際の検査が行われる見通し。

 6施設は名古屋市立大のほか東京女子医大、藤田保健衛生大(愛知県)、IVF大阪クリニック(大阪府)、セント・ルカ産婦人科(大分市)。1施設は施設名の公表に同意していないという。

 日産婦は着床前スクリーニングを指針で禁止していたが、不妊に悩むカップルの増加などを背景に2014年に施設を限定して試験的に実施する方針を決定。実施条件の設定などに時間がかかっていた。35〜42歳で3回以上の体外受精で妊娠しなかった女性や、流産を2回以上経験した女性など計180人を対象にまず先行研究として実施。体外受精で作った受精卵の初期段階で、一部の細胞を取り出し染色体の数を調べる。先行研究の結果を見て、その後の本研究の症例数を決める。

 この分野で実績のある慶応大も臨床研究に参加する予定だったが、より厳格な基準が必要として、別の枠組みで実施することを検討している。

 日産婦はこれまで、夫婦のいずれかが重い遺伝病を持つ場合などに限り、受精卵を調べる「着床前診断」について、個別の症例ごとに審査して認めてきた。

 ※着床前スクリーニング

 体外受精させた受精卵を子宮に戻す前に染色体の数に異常がないかどうかを検査し、異常のない受精卵だけを戻して妊娠、出産を試みる生殖補助医療の手法。通常は受精卵が数回分裂した初期段階で、一部の細胞を取り出して調べる。重い遺伝病や流産の原因となる特定の染色体異常を調べる「着床前診断」はすでに実施されているが、健康な人を含めて網羅的に染色体異常を調べるのが特徴。「スクリーニング」には、ふるい分け検査の意味がある。


 1月10日よりソフトオープンし、16日より新クリニックにて本格診療を開始しました。

 オープン初日の16日凍結胚移植の方も妊娠が成立、設備の大きなトラブルもなく順調な滑り出しとなりました。

image2017-01-11-12-24-58

筑波大発表


 寝不足だと太りやすくなるのは、夢を見る浅い眠り(レム睡眠)の減少が関係している、とする研究成果を筑波大などのチームがまとめた。
レム睡眠が少ないと、砂糖(ショ糖)や脂質を過剰に食べることがマウス実験で確かめられたという。英科学誌イー・ライフに発表した。

 睡眠不足の人は、睡眠が十分な人に比べ、高カロリーの食品をたくさん食べ、肥満になりやすいことが知られていたが、仕組みはわかっていなかった。

 筑波大のミハエル・ラザルス准教授らは、飼育ケースの底に金網を敷いた不安定な環境にマウスをおくと、レム睡眠だけが極端に減る現象を応用。味の違う複数の餌を選ばせたところ、通常の状態で飼育したマウスに比べ、ショ糖が多い甘い餌と高脂質の餌を約3割多く食べた。

 次に、味や香りなどを判断する役割を担う脳の「前頭前皮質」と呼ばれる部分の働きを遺伝子

改変技術で抑えて同じ実験をすると、高脂質の餌はたくさん食べたが、甘い餌を余計に食べようとはしなかった。寝不足で甘い物を食べたくなるのは、この前頭前皮質の働きが関わっている可能性があるという。

 ラザルス准教授は「なぜこうした現象が起こるのか不明だが、睡眠の総量が減ればレム睡眠も不足し、肥満の一因になりうると考えられる」と話している。(吉田晋)


  移転の混乱の中・縁起の良い話題を2題・・・・・

 都内あるタクシー会社・ 縁起のよい福タクシーに偶然乗ることが出来ました。

  3500台のうち5台が都内で走行中のこと・

運転手さんの話では・・予約乗車は出来ず偶然の産物とのことでした。

2017-01-11-23-16-25




 10万本に1本の割合で遭遇する恵比寿ビールの福恵比寿・

 通常のラベルの恵比寿様は、片手に1匹の鯛を抱えています。

 写真でお分かりのように、10万本に1本の福恵比寿様は両手に鯛を抱えています。

 それが2本も・・・この幸運を開院と皆様の妊娠につながるよう祈願いたします。

2017-01-11-23-17-162017-01-11-23-18-20



 すべての設備の移設が終わり、各部署ごとの最終点検に入っています。

 ペッパーも魚たちも準備万端です。

2017-01-11-12-27-232017-01-11-12-24-58
2017-01-11-12-28-27


2017-01-11-12-22-58


 岡田准一さん主演の映画『永遠のゼロ』 見ました。

 戦争は悲惨ですね。

人の心から物質まですべてを破壊する憎むべき行為で二度とあってはならないことです。

2016-12-18-15-03-43



 今年は移転に伴いさらなる妊娠率の向上を求め多くの方に妊娠の喜びをお伝えしたいと思います。


2016-12-18-15-01-082016-12-18-14-59-43


 12月29日より、1月16日まで一般診療は休診となります。

 1月に採卵・移植を希望される方は、診察枠がございますので電話にて予約をお受けいたします。
 詳しくは、ホームページをご覧ください。

  また、急用の際には、080-1114-3121までご連絡ください。

米国の研究グループは、乳製品の摂取と精子の質低下が関係するのではないかとの仮説を設定。2009年から2010年、189人の男性を対象に、食品の摂取頻度、精子の数、精子濃度、運動率、奇形率、射精量を調べた。乳製品の摂取量と精子の形態異常とは、逆相関にあると見いだした。

全脂肪乳製品の摂取量で上位半分の群は、下位半分の群よりも正常形態の精子の割合は3.2%少なかった。

低脂肪乳でも同様な傾向は見られたが、1.3%少ないにとどまった。

全脂肪乳製品の摂取量増加は、精子の運動能力の減少にも関係していた。

 研究グループは、不妊治療において乳製品の摂取制限が有効である可能性を指摘している


 来年の1月に移転いたします。

 新クリニックでの診療開始は16日からとなります。  詳しくはホームページで・

2016-12-22-09-11-24

↑このページのトップヘ