October 26, 2013

岡山県地方学術講演会を終えて

平成25年10月20日(日)岡山県歯科医師会館において、愛知学院大学歯学会地方学術講演会が行われました。

今回は夏目 長門教授(愛知学院大学歯学部口腔先天異常学研究室口唇口蓋裂センタ―言語治療外来部門)と三谷 章雄准教授(愛知学院大学歯学部歯周病学講座)をお招きし開催いたしました。

当日は雨天の中ではありましたが、40名弱の歯科医師 歯科衛生士の方々にご来場いただきました。

夏目先生には「口腔ケアにおける医療事故防止のために」と題し、歯科医師や歯科衛生士の知識不足による医療過誤の発生事例を紹介すると共に予防法についてお話していただき、実際の介護現場における口腔ケアに直結する有意義な内容でした。
また、愛知学院大学事務局のある国連認定法人日本口唇口蓋裂協会ならび特定非営利活動法人日本医学歯学情報機構が行っている草の根の国際協力についての現状と展望についてをビデオ映像で紹介されました。

三谷先生には「お口の臭い… 一人で悩んでいませんか?最近の口臭治療の実際」と題して講演していただきました。

口臭に悩む状況について事例を交えて紹介されました。強い口臭は認められないにもかかわらず口臭不安を訴える事例、生理的なもの、口腔由来の病的なもの、また全身の状態と関連したものなど様々な事例について解説していただき、適切な治療を行うには、対応する初期段階での慎重な診査・診断、及び十分な説明が必要にな事を勉強させたいただきました。

無事盛会のうちに終了させていただきました事を当日までの準備と手配、ならびに当日の受付、誘導などに協力していただいた皆様に御礼申し上げます。

haraojimasika at 14:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 03, 2012

愛知学院大学歯学部同窓会学術講演会のご案内


「齲蝕予防と歯周治療、ふとした疑問をそのままにしていませんか」

第1部:病気と健康、誰も教えてくれない診断学
 「検診で虫歯って言われたのに、治療しなくていいんですか」「今まで虫歯はないって言われていたのに、そんなに急に虫歯ってできるものなんですか」「歯茎が腫れたり痛たんだりしたこと無いの、歯周病なんですか」、こんなことを患者さんから言われたことはないでしょうか。歯科の2大疾患といわれる齲蝕と歯周病、どちらも初期の段階では無症状で進行します。患者には治療の必要性がわかりにくく、我々にとっても、どの段階で治療介入すべきなのか迷うこともあります。歯の切削や外科的治療等、侵修の伴うことが多い歯科治療において、治療が必要か否か、病気か健康かの判断は重要です。予防や治療の必要性を、診断学の立場から検証してみます。

第2部:都市伝説、まことしやかにささやかれるうそ
 「齲蝕リスク評価をするためにはサリバテストが必要」「メインテンンスでのPMTCは齲蝕予防や歯周病の進行抑制に効果がある」「キシリトールは虫歯を減らす」「喫煙者の歯周病は治らない」「歯列不正があると齲蝕や歯周病になりやすい」え、ほんとに!
 一般社会では、インターネットを覗いてみれば、情報が氾濫し何が正しいのかわからないことがよくあります。テレビの健康番組では、肩書きを持った登場人物の話と、有名な芸能人の反応から、つい信じてしまいます。歯科の分野ではどうでしょうか、専門雑誌や講演会で得た知識は正しいのか?そこで、齲蝕予防と歯周治療に関する“都市伝説”について検証してみます。

講師 岐阜県開業 小牧令二先生
略歴
1981年 愛知学院大学歯学部卒業
1986年 美江寺歯科医院開設
2004年 Swedish Postgraduate Dental Academy(スウェーデン イェテボリ大学 ポストグラジエートコース)修了
著作・業績
・ 8020推進財団 口腔と全身の健康に関する文献調査報告書(供忙周病と糖尿病 研究協力員
・ 「歯周組織検査 パーフェクトブック」クインテッセンス出版社 共著
・ 「歯科相談Q&A」上巻 クインテッセンス出版社 共著
・ セルフケアに結びつく歯周初期治療を考える 「歯科衛生士」2005年 クインテッセンス出版社 連載共同執筆
・ はじめよう予防、正しく学ぼうカリオロジー 「歯科衛生士」2006年 クインテッセンス出版社 連載執筆
・ 新人歯科衛生士これだけは覚えたい!はじめてのブラッシング指導  「歯科衛生士」2009年 クインテッセンス出版社 連載共同執筆
・ これだけは知っておきたい!歯周治療に役立つあの論文 「歯科衛生士」2010年 クインテッセンス出版社 連載共同執筆
・ これだけは知っておきたい!う蝕予防に役立つあの論文 「歯科衛生士」2011年 クインテッセンス出版社 連載共同執筆
・ 歯周治療後の再評価 「歯科衛生士」2012年 クインテッセンス出版社 連載共同執筆

日時:平成24年10月21日(日)  10:00〜13:00
会場:岡山県歯科医師会館 3階 第3会議室
会費: 無料

申込み方法 :お名前 貴医院名 ご住所 電話番号 参加人数を原尾島歯科までFAXまたはEmailでお知らせください。
お問い合わせ:原尾島歯科 TEL 086-272-6480 Email:haraojimasika@gmail.com FAX:086-271-1659

備考:愛知学院同窓会以外の先生方の御参会もおまちしております。歯科衛生士も参加可能です。生涯研修カードをご持参下さい。

haraojimasika at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)歯医者のお仕事 

September 28, 2012

バイオホライゾンインプラントセミナーに参加しました。

所属している勉強会主催のインプラントセミナーに参加しました。

今までにない表面構造を持つ画期的インプラント「バイオホライゾンインプラント」の説明でした。

282115_367135666698708_2086835471_n


haraojimasika at 12:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 25, 2012

口腔インプラント学会に参加しました。

9月22日23日大阪で行われた口腔インプラント学会に参加しました。

ケースプレゼンテーションを行いました。

第42回公益社団法人・日本口腔インプラント学会・学術大会を大阪で9月21日( 金)・22日(土)・23日(日)の3日問,大阪国際会議場で開催されました。
メインテーマとして『インプラント患者目線での安心医療とは』を掲げ,国民の目線からのインプラント治療に対する安心についてをテーマにした学会でした。

特別講演,基調講演,教育講演,ワールドサテライトセミナー,各種委員会主導のシンポジウム,ドイツインプラント学会との交流,国際セッション,若手インプラントロジストのためのワークショップ,女性インプラントロジストセミナー,医療従事者セミナー,関連学会シンポジウム,各種セミナー,専門医教育講座,専門歯科衛生士教育講座,専門歯科技工士教育講座,テーブルクリニック,ランチョンセミナー,ケースプレゼンテーション,市民公開講座等々が行われました。

長時間にわたり少々疲れましたが、有意義な学会でした。

haraojimasika at 11:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)歯医者のお仕事 

September 11, 2012

日本先進医療インプラント学会

第15回日本先進インプラント医療学会総会・学術大会に参加しました。

去年は発表で緊張したのを思い出します。

今年は気楽でした。

うちの医院でメインに使用しているAQBインプラントについての学会です。

ついでに近くにあるサッカー博物館に行きました。

なんと元日本代表に福田正博さんと遭遇しました。


haraojimasika at 12:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 06, 2012

大山にスキー

2月5日 歯科医師会のレクリエーションでスキーに行ってきました。

行き先は「だいせんホワイトリゾート」です。

いつのまにか名前が変わってました。

スキー場は全く変わりませんが。

今年は史上最高の積雪量らしく雪はたっぷりで雪質もバッチリです。

ここのスキー場はとにかく歩く距離がなにかと長いです。

毎年 企画してくれる北山先生ありがとうございます。

こんなキャラクターも滑ってました。スキー場のスタッフの方ご苦労様です。

img_1023552_28159816_0






haraojimasika at 13:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 21, 2011

あなたにぴったりの本物の歯医者を見つけ出す8つの秘訣

以前 どこかで紹介されていました。

良い内容なので載せました。


(1)第1の秘訣:リストアップと情報収集
● リストアップ
通院する歯科医院は近場に越したことはありません。
無理なく通院できる圏内にある歯科医院をリストアップしましょう。
歯科治療は回数かかることが多いので、通院のしやすさは重要です。
近場を選ぶことによりコストと時間が節約できます。
また地元の評判や口コミを集めるときにも濃い情報が得られる場合が多いです。
最終的な候補の歯科医院は2〜3軒にしぼるとよいでしょう。
● 情報収集
情報源は、その歯科医院に勤める関係者・その歯科医院に通院する患者さんからの口コミがもっとも濃いです。
リストアップした歯科医院が明確になれば、情報収集のためのアンテナを張って起きましょう。
自分がその情報を必要としていることを周りの人に伝えて下さい。
自然とあなたの求める情報が入ってくる確率が高まります。
自然とあなたの求める情報が入ってくる確率が高まります。
インターネットから情報が取れる場合はそれも参考にしましょう。
情報をとる際、意外と知っておくと役に立つ項目は、その歯科医院のドクターの専門分野(得意分野)です。
看板への診療科目の出し方を見ればある程度、どの分野が専門かわかります。
また複数のドクターが勤務している歯科医院では、どのドクターが評判が良いのか聞いておくと良いでしょう。ある患者さんにとって相性の悪いドクターでも、別の患者さんにとっては相性が良い場合があります。
(参 考)
看板が小さな歯科医院、できるだけ目立たないようにしてある歯科医院は 穴場であることがあります。そういった歯科医院で口コミの評判がいい場合は 期待できます。
あとは医療関係者が治療に通う歯科医院も良いでしょう。
また他の歯科医院の関係者が、治療に通う歯科医院というのも良いでしょう。
これらをふまえて、いよいよ候補一番目の歯科医院に、予約の電話です。
ちょっとドキドキしますね。
(2)第2の秘訣:電話予約
はじめて歯科医院を訪れるとき、絶対やっていけないのは、予約なし来院です。
急性の症状がある時も、必ず事前に電話をしましょう。
でないと、相当の時間待たされることを覚悟して下さい。
では、歯科はなぜ予約制をとっているところがほとんどなのでしょう?
それは、一連の精密な仕事に、注意を集中させるためです。
その患者さんに集中するために、一定の時間をとってあるのです。
治療内容によっては、時間を長めにとることがあります。
もし患者さんが予約を無断キャンセルしたり、予約なしの患者さんが増えてくると、段取りが狂います。
他の患者さんにもその影響が波及します。誰かの予約なし来院が、まわりまわ って治療結果の低下を招くと言うことにつながります。
良い治療が受けられなくなるということです。まず予約から始めましょう。
なぜ、電話なのか?
これは受付の対応がわかるからです。
最初にコンタクトをとるのは受付のスタッフです。
もし電話して、言葉遣いがぞんざいだったり、暗いイメージがあったり、不快感を感じる場合は、この時点でやめておいた方がいいかもしれません。
(3)第3の秘訣:歯科医院の患者をチェック
第3の秘訣は、その歯科医院を受診した患者をチェックすることです。
ここからは実際に歯科医院に出向いてからの段階になります。
予約しているので待たされることは少ないかも知れませんが、もし時間があれば、待っているほかの患者さんにそれとなく聞いてみましょう。
なぜこの歯科医院を選んだのか? 満足のいく治療が受けられるかどうか?
すでに現場で治療を受けている患者さんからは、最も濃い情報が得られます。
あとは待っている患者さんの年齢層や、患者さんの混みぐあいもチェックしておくとその歯科医院の特徴を理解する材料になります。
(4)第4の秘訣:歯科医院のスタッフをチェック
第4の秘訣は診療スタッフのチェックです。
まずは歯科医院を支えるスタッフの人たちを見ましょう。
歯科のスタッフと言えば、受付、歯科衛生士、歯科助手、歯科技工士を指します。このうち歯科技工士は裏方で表には出てこないので評価はしにくいと思います。ここでは受付、歯科衛生士、歯科助手を見ていきましょう。まずは素直に直感で判断していただければ良いです。
受付の対応はどうか?
予約を取るときの電話での対応の時とくらべ違和感がないかどうか?
(電話よりも直接窓口で会話する方が情報量は多いです。)
歯科医院経営がサービス業であることをわかっているドクターは受付の人を採用するとき一番気を遣うと言います。
なぜなら受付がその歯科医院の顔でもあるからです。
感じの良い受付の方がいれば、ドクターのサービスに対する姿勢がある程度わかります。
スタッフの年齢については、あまり、若すぎない方が良いかもしれません。(個人的には、若い歯科衛生士さん、歯科助手さんは大好きですが、)やはり一緒に仕事をするとなるとベテランのスタッフの方が頼りになるというのが一般的な傾向でしょうか。これは単に人生経験の量の問題です。
さらにベテランのスタッフが長年勤務されている歯科医院はオススメです。
スタッフが頻繁に入れ替わる歯科医院は、治療の品質管理という点で安定性を保持できないという可能性があるかもしれません。(でも歯科業界もけっこう人材難でそんなことばかりは言っていられないんですが……。スタッフ人材確保の問題は一番頭の痛い問題です。)
またドクターの片腕として衛生指導をしてくれる歯科衛生士さんは、相談役として、患者さんにとってはとても心強い存在です。
ドクターに直接言いにくいことを、仲介してくれます。
もし話のわかる衛生士さんが、ある日急にやめたりすれば、安心感が激減しますよね。
あとはスタッフの方々が、あなたが診療室に入ったときに笑顔で挨拶して迎えてくれるか?
スタッフが、元気よく、イキイキと働いているかどうかも重要なポイントです。
肌で感じて下さい。あなたの自然な感覚が大切です。
(5)第5の秘訣:歯科医院のドクターをチェック
第5の秘訣は、いよいよ初診時ドクターのチェックです。
▼ちょっとその前に……
これだけは最低限やって下さい。ぜったいに好印象を与えます。
来院日には、気合いを入れて、かならず歯磨きをしてから、受診しましょう。
これは毎回同じです。『受診前には歯磨き』が合い言葉です。
さて、初診日のもっとも重要なチェックポイントです。
ドクターをチェックしましょう!
十分なコミュニケーションが取れる相手かどうか?
やはり直感を信じて下さい。
まずは、ドクターから、挨拶があるかどうか?
まあ、今の時代、挨拶しないドクターというのはまずいないと思います。
初対面で挨拶しないドクターは、やめておいた方が無難です。(せっかく勇気を出して、受診したのに、挨拶もなしでは、がっかりしますね)
あなたの話をよく聞いてくれるかどうか?
話のできる雰囲気を持っているかどうか?
疑問に思ったことは、早めに質問しておく方が良いでしょう。
質問を受け付けないドクターは、のちのちコミュニケーションに関して困ることになるでしょう。
あとは、あなたの目を見て説明してくれるかどうか?
言葉遣いがきちんとしているかどうか?
などもチェックして下さい。
前向きなことば、わかりやすいことばを選んで説明してくれるドクターはオススメです。
また、やっているところはまだまだ少ないですが、初診時に、みずからすすんで自己紹介するドクター、あるいは名刺を渡してくれるドクターに出会ったら、あなたのお気に入りフォルダに入れておく価値があります。
(6)第6の秘訣:インフォームドコンセント
第6の秘訣、それはインフォームドコンセントです。
一人の患者に割くことのできるドクターの時間は、平均で15分といわれます。
ドクターが治療にとりかかる前にやること。
それは患者さんの状態を把握することです。
そのために、問診(病歴を聞いたり現状を聞いたりします)、視診・触診(実際に患部を視たり触れたりします)を行います。
さらに口の中の全体の記録をカルテに記録します。
その他、歯型を取ったり、レントゲンを撮ったりします。
これらの資料にもとづき、どこが悪くて、どこがよいのか診断し治療計画を立てます。治療する必要があるのかないのか、治療する場合どんな治療の選択肢があって、それぞれどのような利点・欠点があるのか、どのくらいの治療期間、どのくらいのコストがかかるのか、それらの情報を提示するのが普通です。
建物を建てるときも、設計図を引いて、工期がどれぐらいかかって、予算がどのくらいかかるかという計画を立てます。歯科治療もまったく同じです。計画のないところ、良質の治療結果なしです。治療に先立ち、診断・治療計画について十分な説明をし、患者さんに納得してもらうこと、これをインフォームドコンセントと言います。
インフォームドコンセントの手続きを踏んで、治療を開始するのが筋を通したやり方です。
歯科治療というのは一種の契約になりますので、患者さんの承諾がなければ本当は治療開始してはいけないんです。
これだけの仕事を初診日でだけでやるのは無理なので、実際には、予想される治療の概要の説明と資料をとることで終わりです。
再診日に診断、治療計画を説明し、インフォームドコンセントが得られればいよいよ治療開始となります。
ただし、急性の症状がある場合は別です。
痛みで苦しんでいるのに、説明だけして終わりでは残酷です。
最低限、痛みをとる処置を優先してやります。
この場合ももちろん、その処置によってどうなるのか、ドクターは
予想される経過などインフォームドコンセントをとる必要があります。
また、時間に余裕があって、治療を開始した方がメリットが大きい場合はインフォームドコンセントした上で、初診時に治療開始する場合もあります。
あまりないことを望みますが、まったく説明もなくいきなり治療が始まるところや、初診時にいきなり私費治療ばかり勧めてくるところは要注意です。(ただし患者さんサイドが合意していれば別ですが. .. ...。)
また患者さんに無理強いや我慢をしいる雰囲気を感じたら、そこはやめた方が無難です。
つまりインフォームドコンセントが確立できているかどうかがカギです。
(7)第7の秘訣:セカンドオピニオン
第7の秘訣は、セカンドオピニオンが可能かどうかです。
セカンドオピニオンとは、第3者の立場にいる専門家の意見を聞くことです。
歯科医療でも、とくに、矯正治療やインプラントといった自費治療の場合、セカンドオピニオンはおおきな意味を持ちます。
また、もとに戻せない処置の場合は、あらかじめ治療前にセカンドオピニオンを持っておくことはとても大切です。
緊急性のある場合を除き、どうしても、治療前の説明だけでは納得がいかないときは、あなたが他の歯科医院にセカンドオピニオンを聞きに行っても良いかどうかドクターに聞いてみましょう。
本物のドクターなら、患者さんのメリットを優先して、他院のセカンドオピニオンを聞いてくることに抵抗を示さないはずです。
とにかく納得してから治療開始するのがもっとも大事です。
もし最初のドクターの意見と他のドクターの意見とで共通点が多ければ、それが現状での治療の主流と考えて良いでしょう。
もし意見の食い違いが多ければ、あなたが一番納得できるドクターを選べばよ
いと言うことになります。
(8)第8の秘訣:クレームへの対応をチェック
第8の秘訣は、クレームへの対応をチェックです。
インフォームドコンセントもしっかり行った、セカンドオピニオンも確認した、しかし不幸にして、何らかの不満がのこってしまったときは、ため込まずに、率直に自分の意見を言ってみて下さい。
直接ドクターに言いにくい時は、歯科衛生士、歯科助手などのスタッフに伝えましょう。
もしそのクレームに対し、誠意をもって、対処してくれるドクター、または、もし対処できない場合はその理由を納得いくまで説明してくれるようなドクターは一生つきあう価値があります。
不機嫌になったり、文句あるのか!という雰囲気で怒り出すドクターには、わたしもかかりたくありません......。
治療はドクターの説明を聞いて、あくまでもよく納得した上で始めて下さい。
最終的にはあなたが決定権を持ちます。
介入させない(治療しない)というのも、場合によっては選択肢の一つになることがあります………。
残念ながら相性が悪いとわかったらどうしても、相性が悪いことがわかってしまったら、続けて通院することは気が重いでしょう。
たぶん、そのまま行かなくなるんじゃないでしょうか?
それも一つの選択肢かもしれません。
ただし、無断キャンセルはいけません。
電話連絡だけはしておきましょう。
通院するのがむずかしくなったことを伝えて下さい。
しかし、治療を中断するとのちのち症状を悪化させてしまう場合もあるので、すぐに次の主治医捜しを始めましょう。
おわりに いかがでしたか?
実際にはもっと多くのチェックポイントが存在します。
それでもつきつめれば、当たり前のことばかりです。
このレポートに書かれていることを一つ実践するだけでもあなたにぴったりのドクターを見つけだす確率は高くなるでしょう。
人生のパートナーを見つけるのも実際につきあってみないとわかりません。
歯医者だって同じです。
先日、ある有名な日本人パティシエがテレビで紹介されていました。
その人の言葉です。
『あたり前のことをつみかさねると特別になる』
まったく同じレシピ・材料を使っても、作る人がかわると、出来上がるお菓子はまったく違うものになるそうです。一つ一つの動作、温度、タイミングそういったものの積み重ねが結果を変えていきます。 同じだ、と思いました
同じ麻酔剤、同じ歯科材料、同じ器具を使っても、それを扱う人が当たり前のことに気をつけているかどうかによって、痛かったり、痛くなかったりするわけです。これはさすがに一般の患者さんにはわかりません
どうやったらわかるか?
もし、あなたの通う歯科医院によその歯科医院のスタッフが、患者として通院しているとしたらどうでしょう?
手の内を知っているだけに、本当に信頼のおける歯科医院にしか行けないと思います。
あなたが通おうと思う歯科医院のスタッフに聞いてみて下さい。
もし虫歯ができたらどこで治療しますか?
『自分の勤める歯科医院です。』とその人が胸を張って答えたら.........
それが答えです。
(でも、歯科関係者って口腔ケアのしかたを指導する立場ですから、本格的な治療が必要になる人は、一般の人に比べたら多くないんですよね……。)
歯科医療機関選び、歯医者選びの参考になったでしょうか?

なお当レポートの内容のご利用につきましては、自己責任でお願いいたします。
本内容を利用して生じた損害・不利益については当方では一責任を負えませんのでご了承下さい。

haraojimasika at 15:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 12, 2011

日本口腔インプラント学会近畿北陸支部学術大会に参加しました。

「超高齢社会におけるインプラント治療」と題して専門医教育講座が行われました。

インプラント治療をうけた患者さんが高齢になり要介護の状態なった場合の経過や対処法がお話されました。

インプラント治療を始める前にその患者さんが将来を予測してインプラントの適応症か再考すること

またメンテナンスしやすい上部構造に取り替えていくことなどが症例を交えて紹介されました。

haraojimasika at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 09, 2011

命に関わる「歯周病」 その対策は?

NHK生活情報ブログにこんな記事がありました。

http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/1000/99845.html#more


近年歯周病と全身疾患の関係について様々な報告がされています。





haraojimasika at 14:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 31, 2011

臨床歯周病学会び参加しました。

昨日 広島で行われた臨床歯周病学会に行ってきました。

特別講演「再生療法の現在と近未来」と参加型症例検討会に参加しました。





haraojimasika at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 07, 2011

☆☆☆モミジヤフットサルクラブOPEN記念☆☆☆ ----FM岡山フットサルフェスタ2011----

☆☆☆モミジヤフットサルクラブOPEN記念☆☆☆
----FM岡山フットサルフェスタ2011----

この度、モミジヤスポーツフットサルクラブOPEN(12/1予定)を記念して、
フットサル大会を開催いたします!!!!!!!!

出場チーム大募集!!!!!
●オープンクラス →参加制限ナシ
●ビギナークラス →初〜中級者中心。上級者はチームで2名以内
●男女MIXクラス→ピッチ内に女性プレーヤーが2名以上

☆各12チーム募集☆

●開催日時 2011.12.4(日)雨天決行

●開催場所 岡山市東区西大寺南1-2-1 西大寺グリーンテラス内

●参加費 15,750円

●大会商品 各カテゴリーごとに優勝チームには、
   カップ、ユニフォームシャツ1チーム分(5枚)
 ※参加全チームに参加賞として、1時間コート使用無料券

●主催  モミジヤスポーツ・FM岡山

●協賛  三菱地所株式会社


●申込方法 モミジヤスポーツ西大寺本店
      tel   086-943-6000
      e-mail momijiya@mui.biglobe.ne.jp

 お問い合わせ頂いた方に、開催概要と参加申込書をお送り致します。

※参加登録は先着入金順とさせて頂きます。

たくさんのご応募お待ちしております〜!!!!

haraojimasika at 13:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 16, 2011

岡山歯周病研究会に参加しました。

昨日は岡山歯周病研究会に参加しました。

邑久光明園の新井先生の発表でした。

「歯周外科を再考するー外科療法と非外科療法の選択ー」

という演題でした。


勉強になりました。

haraojimasika at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 15, 2011

9月17日午後休診のお知らせ

ご迷惑をおかけします。

日本口腔インプラント学会出席のため

9月17日午後の診療を休診させていただきます。

haraojimasika at 08:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

日本先進インプラント学会

9月11日日本先進インプラント学会で発表しました。

演題は「AQBインプラント1ピースタイプを用いた上顎前歯部審美インプラントの臨床的検討」です。






haraojimasika at 08:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)歯医者のお仕事 

June 03, 2011

患者さんから頂いたメッセージ

今まで治療終了時にいただいた患者さんからのメッセージをスタッフのブログに掲載しました。



haraojimasika at 19:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)歯医者のお仕事 

April 25, 2011

歯科小外科実技実習コース

4月23日24日 6月25日26日 三重県津市のカワラダ歯科口腔外科での歯科小外科コースに参加しました。

様々な口腔外科処置の見学 基本的手技の確認をしてきました。

7月も30日31日 2日間参加します。

診療時間も変更になります。ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願いします。







haraojimasika at 20:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)歯医者のお仕事 

April 15, 2011

歓送迎会

4月13日 一途と春で送別会と歓迎会を行いました。

延原さんお疲れ様でした。

歯科衛生士として約4年半勤務してくれました。

いつも患者さんの事を第一に考えて献身的な仕事ぶりにはいつも感心させられました。

ありがとうございました。

新人の三宅さん 歯科助手として3年の勤務経験もあり、歯科衛生士の資格を取得し当院へ勤務する事になりました。

期待してます。


他のスタッフがお花や色紙を用意してくれ楽しい宴になりました。








haraojimasika at 20:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)歯医者のお仕事 

April 09, 2011

新人スタッフ

今年1月からスタッフの受付の徳永が産休に入りました。

それに伴い新人 受付 秘書に藤原由香里が加わりました。

3月歯科衛生士の延原が退職し、2月から片山と4月から三宅が加わりました。

全員 歯科医院での勤務経験もあり経験も豊富です。


皆さんよろしくお願いします。

haraojimasika at 18:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)歯医者のお仕事 

April 04, 2011

ガチャガチャ 続き

今日 ガチャガチャの玩具 注文できました。

駄菓子とおもちゃの問屋(株)やまぐち
宮城県仙台市若林区蒲町33-21

良かった。

haraojimasika at 19:59|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

April 01, 2011

ガチャガチャ

今日なにげなくキッズルームにあるガチャガチャのおもちゃを注文しようとした。

ホームページから注文しようとするが、うまくいかない。

よく読んでみると震災のため発売中止していますとの事

そうかいつも注文している会社 仙台だったんだ。

ネットで注文してると発注先の住所などほとんど気にしていなかった。

住所をみると仙台市若林区 被害が甚大だった所だ。

大丈夫だろうか?



駄菓子とおもちゃの問屋 株式会社やまぐち

haraojimasika at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)歯医者のお仕事 
QRコード
QRコード
食べログ グルメブログランキング