●●●●− 南三陸の春を告げる丼
宮城県本吉郡南三陸町志津川五日町51 さんさん商店街内
創菜旬魚はしもと


南三陸町の「さんさん商店街」が2017年3月3日にオープンしたときいて行ってみた。

南三陸へのアクセス上のご注意 
三陸自動車道は延伸していますが、「桃生津山IC」から国道45号に抜けるのが最短ルートのようです。
私は「南三陸海岸IC」まで行きましたが、遠回りで時間もかかりました。
 (ーー;)


IMG_1359
オープンから少し時間は経っていたが、けっこうなに賑わいぶり。

IMG_1330
昼どきとあって飲食店はどこも行列。
私が目差した「はしもと」は14組待ちだったが、名簿に名前を書いて辛抱強く待つ  (´д`)

IMG_1371IMG_1369
待っている間にメニューからじっくり選ぶ。

40分くらい待ってようやく案内された。
寒い日だったので、身体が冷え冷え (>_<)

■キラキラ春つげ丼(1,750円)
IMG_1386
でもこれを見ればどんな労苦も報われる。 (*´∀`*)
なんという春らしさでしょうか!

IMG_1380
時間を巻き戻すと、最初はこんな感じで提供される。
丼の上に帆立の貝殻にのせた刺身。

IMG_1388
帆立の貝殻をよけると、春らしい丼が姿を現す。
心憎い演出である。

IMG_1392
黄色の錦糸玉子、赤いイクラ、青菜の彩りが美しい♪
ちなみにご飯は酢飯ではない。

IMG_1401
刺身は新鮮なものが所狭しと乗っている。
黄色い食用菊がまた春らしい。

IMG_1408
志津川名物のタコも大きく切ってあって食べ応えあり!

IMG_1394
春はメカブの季節。
メカブの酢の物も美味しい。

IMG_1395
メカブと言えば、この天ぷらもすべてメカブ!

IMG_1406
メカブの天ぷらなんて初めて食べたが、トロッとしていて実に美味しい。
地元特産を珍しい形で食べられると、こおまで来た甲斐があるというもの。

IMG_1399
味噌汁はフノリで、良いダシだった。


IMG_1414
この賑わいがずっと続くと良いですね。 (^_^)



デザートコースは大好きな「自然卵のクレープ 」を食べようと楽しみにしていた。
しかし、なんと「新・さんさん商店街」に出店しなかったとのこと!
HPには告知されていなかったので、知らずに来てしまった。  (´д`)

IMG_1417
「さんさんマルシェ」内で販売していることもあるそうだが、まっさきに売り切れるのだとか。

IMG_1427
ここで引き下がるわけもなく、代わりにこれを食べてみることに。

IMG_1424
「Vege Cafe」の「タコじゃないけどタコソフトクリーム」。

IMG_1464
屋外に屋根付きのイートインがあるので、寒風吹きすさぶ中、ここでいただきます。  {{ (>_<) }}

■タコじゃないけどタコソフトクリーム(600円)
IMG_1448
ホットコーヒー(100円)も一緒に。
真っ赤なトマトを背景にしたタコのイラストがチャームポイント。

IMG_1462
ソフトクリームは牛乳が濃厚タイプで美味しい。

そして何より特徴はこのトマトのコンポートが驚くほど美味しい!
トマトの青臭さもなく、フルーツよりフルーティー。
ゼリー部分もあって、そこもまた違った食感でイイ。
タコじゃないけど美味しくて満足のソフトクリームだった。



IMG_1345-001
志津川の盤上げも進み、防災庁舎は盛土の谷間から頭だけ出すように見えた。
庁舎の鉄骨には、防錆のためか鮮やかな色のペンキが塗られていた。
震災遺構として保存するための措置なのだろうが、鮮やか過ぎてちょっと奇異に思えた。

IMG_1469
海側には盛土をさらに嵩上げした展望台が設けられていた。

IMG_1502
盤上げしても、人が戻らないと町にはならない。
地元にとっての本当の正念場はこれからだ。