●●●○− つけとり汁で美味しさ2倍!
山形県最上郡舟形町堀内3198−1
手打ちそば 重作


舟形町の「重作」へ。
IMG_0469
宮城県美里町の「重作」が美味しかったから、本店もぜひ訪れてみたかったのだ。

IMG_0397IMG_0395
IMG_0398IMG_0400
蕎麦以外に「かいもち」やラーメンメニューもある。

■天板そば(1,180円)
IMG_0420-001
いろいろ食べてみたいが一つ選ぶとしたらやっぱり天ざる。

IMG_0428
蕎麦は細打ちの色白で、細い割にモッチリとした食感。
蕎麦単独で食べると蕎麦の繊細な風味と甘味がダイレクトに味わえる。

IMG_0438
正統派の鰹節に少し鯖節を合わせたようなツユにつけても美味しい。

■つけとり汁(200円)
IMG_0419
実は今回は「つけとり汁」も追加注文♪

IMG_0448
「とりつけ汁」は熱々で中に鶏肉も入っている。

IMG_0450
うわぁ〜!鶏ダシの温つけ汁も感動的に美味しい!
長く浸すと温蕎麦を食べてるみたいになって二度美味しい。
これを追加注文して大正解!  d(*^▽^*)

IMG_0430
天ぷらも盛りだくさん。
海老の他に、サツマイモ、茄子、かき揚げなどが積み重なっている。

IMG_0453
ややフンワリした衣だが、カラッと揚がっていて食感も軽い。
具材の美味しさも間違いなし。

IMG_0407
蕎麦の薬味はネギと本ワサビ。
チューブではなく、根ワサビをちゃんと摺り下ろしたものだと思う。

IMG_0414
古漬けのキュウリも自家製だろう。

IMG_0460
シメの蕎麦湯も蕎麦の風味が豊かで、一滴残さずいただきました。

IMG_0457
蕎麦は250gとやや多めだったが、もっと食べたい衝動に駆られた。
ちなみに蕎麦の器は寿司のゲタのような脚付きで、水切りの溝が施されている。
とても凝った器だ。

IMG_0403
店の造りや調度品もとても立派。

IMG_0392
店内はペレットストーブが焚かれてとても温かかった。

IMG_0463
幹線道路からも外れた山あいの集落で、このレベルの蕎麦が食べられるとは、さすが山形  (^_^)

宮城の「重作」は、残念ながらお店の方がご高齢のため閉店してしまったそうです。 (T_T)
関連:【重作】とりそば・山菜そばセット(780円)