2007年09月07日

ケツベスト全曲紹介081 さよならまたね

ケツノポリス5さよならまたね

2007年8月29日
アルバム『ケツノポリス5』収録



「いつまで だって ここで騒いだり 酒を飲んだり 愚痴をこぼしたり したいけど 泣いても笑っても 今日はさよなら 毎晩 だって 皆で騒いだり 酒をこぼしたり語り合ったり したいけど 泣いても笑っても 今日はさよならまたね」

RYOJIの声が切ない。親しみ慈しみ愛しみが滲み出る歌声。アウトロのようなモノヲアルバムの最後に入れなかったことが、ケツメイシの自信を裏付ける。歌詞はこちら

2007年09月06日

ケツベスト全曲紹介080 君色

ケツノポリス5君色

2007年8月29日
アルバム『ケツノポリス5』収録



「何も出来なかった 夜には ヘコむのも分かるけど 君が 君らしく 明日はなりますように と今日は 僕からの 乾杯」

全員で歌っているという珍しさと、ほんわかしてしまう曲調に乾杯。歌詞はこちら

2007年09月05日

ケツベスト全曲紹介079 ライフ イズ ビューティフル

ケツノポリス5ライフ イズ ビューティフル

2007年8月29日
アルバム『ケツノポリス5』収録



「だからこそ言うんだよ 「生きるって素晴らしい」 悩んでる君に捧ぐならばこんな歌がいい 泣きたい日は泣け 笑いたい日は笑え 美しき人生 君のままで」

こうゆう曲を作れるところがやぱり才能を感じます。泣きたくなります。歌詞はこちら

2007年09月04日

ケツベスト全曲紹介078 VS

ケツノポリス5VS

2007年8月29日
アルバム『ケツノポリス5』収録



「「近頃の若者は…」と言う大人が その若者作ったそこのあんたが 頭でっかちで知識あるが知恵無い そこからじゃ全ての真実は見えない もう気づいてる カラクリ見抜いてる 少しでも変えてく俺たちが」

ふざけてばかりいるだけではありません。ケツメイシも人の親です。世の中に対するメッセージ、反体制の先鋒となるべく若者を鼓舞しています。歌詞はこちら

2007年09月03日

ケツベスト全曲紹介077 夢の中

ケツノポリス5夢の中

2007年8月29日
アルバム『ケツノポリス5』収録



「いっそ目覚めぬままこの夢の果て 目覚めぬならと差し出す手 亡きあなたの手 掴むため 手を仰ぎ届かず覚めた夢」

前作「ケツノポリス4」での「朝日」のように、ケツメイシの新境地。「花鳥風月」に似たトーンのトラックにのせて、儚き想いが紡がれていきます。歌詞はこちら

2007年09月02日

ケツベスト全曲紹介076 ハッピーバースデー

ケツノポリス5ハッピーバースデー

2007年8月29日
アルバム『ケツノポリス5』収録



「だけどママがお腹痛め君を産んだって事を 今の君はすべてママがあってのもの その事を忘れちゃいけないの 感謝ありがとうが言えないと 分かったならばさあ! 君のパーティー始め 来年の今日もこんなパーティーがしたい」

待望のイベントソング。僕の周りで起こる誕生日には必ず歌うことになります。あとは冬の曲が聴きたいです。歌詞はこちら

2007年09月01日

ケツベスト全曲紹介075 恋の終わりは意外と静かに

ケツノポリス5恋の終わりは意外と静かに

2007年8月29日
アルバム『ケツノポリス5』収録



「部屋を 見渡せば思い出ばかり 君が去ってから早二年余り 一人取る食事も慣れたよとうに なんて言ってまた思い出す夜に」

ケツメに失恋を歌わせるとこんなにもリリックで切ないバラードに仕上がります。そう、恋の終わりは意外と静かに……。歌詞はこちら

2007年08月31日

ケツベスト全曲紹介074 ケツメイシ工場

ケツノポリス5ケツメイシ工場

2007年8月29日
アルバム『ケツノポリス5』収録



「河野部長が種まいて 大塚専務が切り裂いて 吉田社長拾い出して パート田中また切り裂くの」

「ケツメの作り方」を意識させる、ケツメの曲の作り方。歌詞はこちら

2007年08月30日

ケツベスト全曲紹介073 歌謡い

ケツノポリス5歌謡い

2007年8月29日
アルバム『ケツノポリス5』収録



「伝わる 無駄なく 発す言葉人群がる 体のみならず 心も揺らす 上手く謡うよりその心奪う」

「カーニバル」「ダンス」と続いた焦燥感を堰きたてる一曲。歌詞はこちら

2007年08月29日

ケツベスト全曲紹介072 スタート

ケツノポリス5スタート

2007年8月29日
アルバム『ケツノポリス5』収録



「行こうぜ 今 幕が開く ここでぼんやりしてたら 明日が泣く」

待望のアルバムの幕開けを飾る、まさにスタートを予感させるアップナンバー。アルファの二人もいい味出してます。歌詞はこちら

2007年08月20日

失われた町/三崎亜記

失われた町
失われた町
posted with amazlet on 07.08.29
三崎 亜記
集英社 (2006/11)
売り上げランキング: 58262

構想・構成は素晴らしいと思ったが、構文にややありきたりなものを感じてしまい、興奮はしなかった。大切なものはいつか突然に失われる可能性があるが、それでもその瞬間まで精一杯生きようというメッセージが延々と。

以下、反転で備忘録
回収員・茜と画家・和弘 由佳と勇次と潤 首元スカーフの管理局・桂子さんと写真家・脇坂さん 月ヶ瀬

2007年08月01日

となり町戦争/三崎亜記

となり町戦争
となり町戦争
posted with amazlet on 07.08.01
三崎 亜記
集英社 (2006/12)
売り上げランキング: 45125


ときおり挟まれる文書がリアリティを与える。しかし登場人物ののんびりとした語り口には全くリアリティがない。結局のところ、戦争を軽く捉えている気がしてならない。現実の戦地は、こんなものではないだろうが、自分も経験したことはないので大きなことはいえない。

以下、反転で備忘録
香西さん 役所の公共事業としての戦争 偵察業務 意識するかしないかの違いだけ

2007年07月21日

グランド・フィナーレ/阿部和重

グランド・フィナーレ (講談社文庫)
阿部 和重
講談社 (2007/07/14)
売り上げランキング: 11984

オタク小説を書き続ける阿部氏。ご本人はどんな感じの人なのか、けっこう気になる。というより、けっこう心配してしまう。大丈夫ですか? 犯罪に手を染めてないですよね? と訊きたくなる。そんな小説。

以下、反転で備忘録
ちーちゃん 亜美 麻弥 ロリコン DV 演劇勿忘草 

2007年07月17日

みんな元気。/舞城王太郎

みんな元気。
みんな元気。
posted with amazlet on 07.07.17
舞城 王太郎
新潮社 (2007/05)
売り上げランキング: 79280

読者は元気じゃない。舞城作品の暴走ぶりは苦々しいが、目を離せないというのは怖いもの見たさに通じる。本当はとっても深い深い深いお話かもしれないけど、うーん。

以下、反転で備忘録
みんな元気。は空飛ぶ人さらい家族との対決を人生の選択にのせて Dead for Goodはサドな友人の仕打ちで不随になった男の話 矢を止める五羽の梔鳥は山火事と首切り殺人の妄想の話 てゆーか全部妄想

2007年07月13日

きみにしか聞こえない ―CALLING YOU/乙一

きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)
乙一
角川書店 (2001/05)
売り上げランキング: 2465

いいなー乙一。短編の切れ味が鋭い。鋭い分、痛みを伴うけど。いいよ。

以下、反転で備忘録
CALLING YOU 頭の中の携帯電話でつながった二人。一時間ずれている相手が死ぬことをわかっていながら。数年ずれていた女性は未来の自分 傷KIZ/KIDS 触れると傷を移せる少年。誰も信じられなくなる世界で、二人で生きていく 華歌 列車事故で入院した三人。自殺した少女の生まれ変わりではなく、その子どもが花に宿ってハミングする。実は三人とも女性だった

2007年07月06日

ネコソギラジカル(上)十三階段(中)赤き征裁VS橙なる種(下)青色サヴァンと戯言遣い/西尾維新




まさかこんなに早く読破してしまうとは自分でも驚きだったが、むしろ読み終わらないと次へ進めないという後ろから押し出される形で、読まされた感じ。それでも話の展開、結末云々はともかくとして、あれだけの強烈なキャラクターを最後まで書ききったのは、やっぱりすごいことなのだと思う。いやー長かった。お疲れ自分。あとは零崎の人間シリーズかあ。はあ。

以下、反転で備忘録
いーちゃんの見舞いにきた浅野みいこが奇野頼知の毒に 闇口崩子と石凪萌太がみいこ救出に 一里塚木の実が空間製作 ノイズは校門でリタイヤ 絵本園樹はドクターで右下るれろは人形士 闇口濡衣は早々に手を引き、時宮時刻は二重の操想術をかける 澪標深空と澪標高海は双子の殺し屋 古槍頭巾は十二代目で先代のために無銘を探している 宴九段は滋賀井統乃の名でチームに在籍 想影真心は人類最終として、哀川潤は人類最強として人類最悪の西東天とER3のMS2によって創られた 人類最弱のいーちゃんは狐さんとの戦いに勝った後、請負人業を始め、骨董アパートの跡地のマンションで、青色ではなくなった玖渚友と暮らしている

2007年07月02日

ケツベスト全曲紹介071 サマーデイズ

また君に会えるサマーデイズ

2007年6月27日
シングル『また君に会える』収録
アルバム『ケツノポリス5』収録

「夜も更けたなら日差し恋しい 冬になりゃまた夏待ち遠しい 誘われる黄昏が夏の終わり悟らせる 惑わせる季節に僕らただ遊ばれる やがて湧き出す夏への思い を過ぎてから感じても遅い この季節思い出に何足そう 書き足そうか そうさ「ありがとう」」

オレンジ色に染まった海辺の夕焼けを眺めながら浸りたい曲ですね。夏だ海だビールだギャルだ!的な曲だけではないところが、ケツメイシの詩的才能の真骨頂。歌詞はこちら

2007年07月01日

ケツベスト全曲紹介070 ダンス

また君に会えるダンス

2007年6月27日
シングル『また君に会える』収録


「ただ揺らせ 体 音に身任す 猛烈情熱の元に従う このノリ言葉じゃ説明できん そこにある感覚情熱がメイン」

まさに言葉じゃ説明できないノリの曲。『カーニバル』にも似た雰囲気を持つけれども、これは真っ暗なクラブで聴くと体が動き出すような。歌詞はこちら

2007年06月27日

ケツベスト全曲紹介069 また君に会える

また君に会えるまた君に会える

2007年6月27日
シングル『また君に会える』収録
アルバム『ケツノポリス5』収録


「青く透き通る 空に白い雲が踊る 今年少し大人な君に溶けてく 降りそそぐ 光に潮風にそよぐ 今年また会えた この夏に溶けて行く 君を乗せて行く 夏が終わればそっと君は 僕の知らない場所へ帰る また君に出会う事が出来るなら この恋を 夏の君を ほっとけはしないから 君を連れ去ってく」

男女六人夏物語の続編として聴いています。夏だけの恋、夏だから恋。夏に会う恋、夏似合う恋。とーけーてーいーくー。僕はケツメと冬にも会いたい。歌詞はこちら